Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

[メンテナンス] バージョン 0.4.1

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

 

艦長の皆さん!

 

バージョン 0.4.1 アップデートに伴い、下記の日程にてメンテナンスを実施いたします。

メンテナンス開始: 日本時間 2015年09月03日(木) 06:00

メンテナンス終了: 日本時間 2015年09月03日(木) 07:30

 

バージョン 0.4.1 では一部の不具合の修正や改良が行われます。

 


 

 

パッチノート

 

 

 

ランク戦

 

新ゲームモード: 「ランク戦」を実装

 

ランク戦はシーズン別に期間限定で開催されるモードのことを指します。第一シーズンの開始は後日公開される予定です。

ランク戦に参加するには、アカウントレベル 9 に達している必要があります。このモードでの試合は、7対7の制圧戦ルールにて実施されます。各チームに参加できる艦艇は一部制限がかけられており、航空母艦の1チームにつき最大1隻、戦艦は最大2隻まで参加することができます。ランク戦で使用される Tier は、シーズン別に定められます。

 

ランク戦に参加したプレイヤーにはもれなくスターが与えられます。このスターが一定数貯まると、より高いランクへ昇格することができます。敗北や引き分けの場合には、所有しているスターの数が減少します。ランクは複数のグループより形成されており、それぞれ低レベル~高レベルに設定されています。グループの難易度が低ければ低いほど、より昇格しやすいよう条件が整えられています。

 

ランク戦の中で一定のランクに達すると、ゲーム内アイテム等が与えられます。

 

バージョン0.4.1 では下記のマップがランク戦に使用されます:

 

 

 

  • 新たなる夜明け
  • 北方
  • 断層線

 

 

艦艇

 

主な変更点:

 

  • 消耗品、水中聴音の有効時間を延長
  • 日本艦艇の攻撃による火災発生率ボーナスを低下。200-203mmで最大になり、それ以下では徐々にボーナスは低下します。
  • すべての駆逐艦のケースメートの耐久性を船体の同等水準まで低下。
  • すべての駆逐艦の火災発生可能個所を4個所から5個所に増加。
  • すべての艦艇の近距離での命中精度を向上 (例: 0.2 km から4 km 程度)、中~長距離での命中精度も若干向上。
  • 駆逐艦の中央部への命中の判定を船体の前後のものと同じに変更。船体の前後に対する斉射と中央部に対する斉射のダメージに違いがなくなります。
  • すべての艦艇の転舵所要時間の表示を変更。変更されるのは表示だけで、転舵所要時間自体は変わりません。
  • 対空特性表示を変更。変更されるのは表示だけで、対空性能自体は変わりません。港での表示では対空値が下がったように表示されるかもしれませんが、これは艦長スキルボーナスを正しく適用させるための措置です。
  • 消耗品:消耗品、水中聴音の有効時間を 40秒 から  90 秒に延長。

  • アメリカ駆逐艦の発煙装置の有効時間を延長。20 秒だったものを Tier に合わせて22 - 30 秒に延長しました。煙幕の持続時間も Tier により 65 - 97 秒だったものを106 - 130 まで延長。

 

 

アメリカ:

 

  • 発煙装置の有効時間を延長。
  • Tier VI から消耗品、対空防御砲火を追加。
  • 駆逐艦 Farragut および Benson に対空重視の船体モジュールを追加。
  • 上位アメリカ駆逐艦の対空重視船体では消耗品、対空防御砲火が利用可能になります。
  • 巡洋艦 Cleveland の 6"/47 (152 mm/47) 砲塔の装甲値を修正: 砲塔の下部の装甲を 37 mm から 38 mm に増加、背面の装甲 37 mm から 25 mm に減少。
  • 巡洋艦 Baltimore の 8"/55 (203 mm/55) 砲塔の装甲値を修正: 砲塔下部の装甲を 19 mm から 38 mm に増加、背面の装甲を37 mm から 38 mm に増加。
  • 戦艦 Wyoming の 12"/50 (305 mm/50) 砲塔を初期船体に搭載時の装甲値を修正: 砲塔下部の装甲を 60 mm から 38 mm に減少、上部の装甲を 160 mm から76 mm に減少。
  • 152 mm AP/SC Mk27 mod. 2 砲弾を152 mm AP/SC Mk27 mod. 5 砲弾に変更。影響を受ける艦艇: 巡洋艦 Omaha、Marblehead およびPhoenix。
  • 12"/45 Mk5 (305 mm/45 Mk5) 砲塔にダメージが入らない問題を修正。影響を受ける艦艇: 戦艦 South Carolina。
  • 12"/50 Mk7 砲の旋回速度を 3.5 度/秒に低下。影響を受ける艦艇: 戦艦 Wyoming。
  • Bliss-Leavitt Mk7 mod2A 魚雷の視認性が高い問題を修正: 発見距離を 1.6 km から 1 km に減少。
  • 戦艦 Wyoming の初期船体での射程を12790 m から 10965 m に減少、視界を 20.33 km から 17.71 km に減少。
  • 巡洋艦 Omaha の射程距離を修正: 射程距離を11500 m から 13465 m に延長。上位船体での視界を18.39 km から21.08 km に延長。
  • 巡洋艦 New Orleans の対空砲の威力を修正:  初期対空砲 (40 mm Bofors guns) の中距離での威力を半減。
  • 駆逐艦 Sampson の主砲旋回速度を 10 度/秒から 11.5 度/秒に向上。
  • 駆逐艦 Wickes の主砲旋回速度を 10 度/秒から 11.5 度/秒に向上。
  • 駆逐艦 Wickes のBliss-Leavitt Mark 9 魚雷を研究可能モジュールに追加。
  • 駆逐艦 Nicholas の Hull B の消耗品、エンジンブーストを対空防御砲火に変更。
  • 駆逐艦 Farragut の Hull C を研究可能モジュールに追加。この船体では消耗品、エンジンブーストではなく対空防御砲火が利用可能。
  • 駆逐艦 Mahan のHull B の消耗品、エンジンブーストを対空防御砲火に変更。
  • 駆逐艦 Benson の Hull C を研究可能モジュールに追加。この船体では消耗品、エンジンブーストではなく対空防御砲火が利用可能。
  • 駆逐艦 Gearing の消耗品、エンジンブーストを対空防御砲火に変更。
  • 駆逐艦 Sims のBrowning M2 機関銃およびOerlikon AA 機関砲の交戦距離を変更。 (威力には変更なし。) 機関砲の交戦距離を 1.2 km から 2.1 km に延長、Browning M2 機関銃の交戦距離を 1.2 km から0.9 km に減少。
  • 駆逐艦 Sims の雷装に選択肢を追加。
  • 駆逐艦 Sims の消耗品、エンジンブーストを対空防御砲火に変更。
  • 戦艦 Wyoming の主砲旋回速度を低下。
  • (152MM AP/SC MK27 MOD5) 砲弾を 152mm/53 砲に追加。影響を受ける艦艇: 戦艦巡洋艦 Omaha および Phoenix。
  • 巡洋艦 Omaha の上位船体 Hull C の射程を延長。 (変更は Murmansk にも適用。)
  • 駆逐艦 Sampson および Wickes の発射速度および主砲旋回速度を向上。

 

 

日本:

 

  • 大型の上部構造を持つ艦艇の海面被発見距離を 10% 増加。影響を受ける艦艇: 空母 Hosho、 Zuiho および Ryujo。
  • 航空管制モジュールを変更、すべてのモジュールに戦闘機を 1 隊以上追加
  • 発着艦時間および整備時間を増加。
  • 120mm/45 砲の旋回速度を4 度/秒 から 6 度/秒 に向上。影響を受ける艦艇: 駆逐艦 Wakatake、Minekaze およびMutsuki。
  • 127mm/50 Type C砲の旋回速度を5 度/秒 から 6 度/秒 に向上。影響を受ける艦艇: 駆逐艦 Fubuki および Kagero。
  • 200mm/50砲の旋回速度を4 度/秒 から 5 度/秒 に向上。影響を受ける艦艇: 巡洋艦 Furutaka。
  • 203mm/50砲の旋回速度を4 度/秒 から 5 度/秒 に向上。装填時間を 17 秒から 15 秒に短縮。影響を受ける艦艇: 巡洋艦 Furutaka。
  • 155mm/50 砲の旋回速度を4.5 度/秒 から 3.5 度/秒に低下、耐久値を 20% 減少。影響を受ける艦艇: 巡洋艦 Mogami。
  • 450 Type42 mod. 1 魚雷の射程を 4.5 km から 5 km に延長。影響を受ける艦艇: 駆逐艦 Tachibana および Umikaze。
  • Type91 mod. 1A 魚雷の信管作動までの時間を2.5 秒から3 秒に延長。影響を受ける艦艇: すべての日本空母。
  • 空母 Hosho: 目立った艦橋構造物を持たない艦艇に対応するため視界システムの調整、海面被発見距離を 7.92 km から 8.82 km に延長。
  • 空母 Zuiho: 目立った艦橋構造物を持たない艦艇に対応するため視界システムの調整、海面被発見距離を 8.46 km から 9.18 km に延長。
  • 空母 Zuiho の次の航空管制時の飛行隊の編成を変更 Type 5 mod. 1 flight control 搭載時: (新) 雷撃機x1、 爆撃機x2 および 戦闘機x1、(旧) 雷撃機x2、 爆撃機x1 および 戦闘機x1。
  • 空母 Zuiho の次の航空管制時の飛行隊の編成を変更 Type 5 mod. 2 flight control 搭載時: (新) 雷撃機x2、 爆撃機x1 および 戦闘機x1、(旧) 雷撃機x3、 爆撃機x1 および戦闘機x0。
  • 空母 Ryujo: 目立った艦橋構造物を持たない艦艇に対応するため視界システムの調整、海面被発見距離を 9.0 km から 9.9 km に延長。
  • 空母 Ryujo の次の航空管制時の飛行隊の編成を変更 Type 6 mod. 1 flight control 搭載時: (新) 雷撃機x1、 爆撃機x2 および 戦闘機x1、(旧) 雷撃機x2、 爆撃機x1 および 戦闘機x1。
  • 空母 Ryujo の次の航空管制時の飛行隊の編成を変更 Type 6 mod. 2 flight control 搭載時: (新) 雷撃機x2、 爆撃機x2 および 戦闘機x1、(旧) 雷撃機x3、 爆撃機x2 および戦闘機x0。
  • 空母 Ryujo の次の航空管制時の飛行隊の編成を変更 Type 6 mod. 3 flight control 搭載時: (新) 雷撃機x1、 爆撃機x1 および 3 fighter、(旧) 雷撃機x2、 爆撃機x2 および 戦闘機x1。
  • 空母 Hiryu の次の航空管制時の飛行隊の編成を変更 Type 7 mod. 2 flight control 搭載時: (新) 雷撃機x2、 爆撃機x2 および 戦闘機x2、(旧) 雷撃機x3、 爆撃機x3 および戦闘機x0。
  • 空母 Hiryu の次の航空管制時の飛行隊の編成を変更 Type 7 mod. 3 flight control 搭載時: (新) 雷撃機x1、 爆撃機x2 および 3 fighter、(旧) 雷撃機x2、 爆撃機x2 および 戦闘機x2。
  • 空母 Shokaku の次の航空管制時の飛行隊の編成を変更 Type 8 mod. 2 flight control 搭載時: (新) 雷撃機x2、 爆撃機x2 および 戦闘機x2、(旧) 雷撃機x3、 爆撃機x3 および 戦闘機x0。
  • 空母 Shokaku の次の航空管制時の飛行隊の編成を変更 Type 8 mod. 3 flight control 搭載時: (新) 雷撃機x1、 爆撃機x2 および 3 fighter、(旧) 雷撃機x2、 爆撃機x2 および 戦闘機x1。
  • 空母 Taiho の次の航空管制時の飛行隊の編成を変更 Type 9 mod. 2 flight control 搭載時: (新) 雷撃機x3、 爆撃機x2 および 戦闘機x1、(旧) 雷撃機x3、 爆撃機x3 および 戦闘機x1。
  • 空母 Hakuryu の次の航空管制時の飛行隊の編成を変更 Type 10 mod. 2 flight control 搭載時: (新) 雷撃機x3、 爆撃機x3 および 戦闘機x2、(旧) 雷撃機x3、 爆撃機x4 および 戦闘機x1。
  • 戦艦 Kongo、Fuso、Nagato および Amagi に研究可能な船体 hull (B) を追加。
  • 戦艦 Yamato の火災発生率を 3.3% 減少。
  • 巡洋艦 Atago の魚雷の説明文を修正 (Type93 mod. 1 から Type90 mod. 1 に変更)。魚雷の特性は変更されません。
  • 巡洋艦 Yubari の消耗品、対空防御砲火を中距離でも有効に変更。(機関砲にも適用。)
  • 巡洋艦 Hashidate の耐久値を減少。初期船体では 10700 から 8800 に、改良船体では 12400 から 10300 に変更。
  • 巡洋艦 Furutaka の転舵所要時間を 1.1 秒減少。
  • 巡洋艦 Furutaka のモジュール研究順序を変更。主砲の研究順序を連続的なものに変更。Type8 mod. 2 魚雷を研究可能モジュールに追加。
  • 巡洋艦 Myoko の火災発生率を 6.6% 増加。
  • 巡洋艦 Mogami の火災発生率を6.6% 減少。
  • 駆逐艦 Minekaze および Mutsuki の被発見距離を5.94 km から 6.2 km に増加。
  • 駆逐艦 Minekaze の Type89 魚雷を研究可能モジュールから削除。
  • 火災発生率増加の国家ボーナスを減少 (200 mm および 203 mm 口径の砲弾を除く)
  • 巡洋艦 Kitakami に消耗品、エンジンブーストを追加。
  • 巡洋艦 Kitakami の魚雷発射角を拡張。
  • 巡洋艦 Mogami の主砲塔の照準時間を減少、耐久値を 20% 減少。
  • 戦艦 Kongo、Fuso、Nagato および Amagi に船体モジュールを追加。
  • 巡洋艦 Myoko の装填時間を 2秒短縮。
  • 533 mm Type 89 を研究可能モジュールから削除。
  • Minekaze の魚雷発射管の射界を縮小。
  • 一部駆逐艦の砲塔旋回速度を向上。
  • 巡洋艦 Furutaka の主砲発射速度および旋回速度を向上。
  • 巡洋艦 Furutaka の転舵所要時間を短縮。
  • 巡洋艦 Kitakami に消耗品、エンジンブーストを追加。

 

 

ソ連:

 

  • 巡洋艦 Murmansk の 152-mm AP/SC Mk27 mod.2 の名称を152-mm AP/SC Mk27 mod.8 に変更。特性は変更されません。

     

航空関連

 

  • 飛行隊に新しい攻撃モードを追加: Air Squadron Assault (Alt + 左クリック で使用可能)
  • Air Squadron Assault では、プレイヤーがマップ上に指定したエリアに飛行隊が攻撃を行います。飛行隊は攻撃目標地点に急行し、指定目標に激しい攻撃を加えます。攻撃範囲内に存在する全飛行隊(味方の飛行隊を含む)にダメージが与えられます。
  • 航空機の攻撃エフェクトを追加
  • 自動モード中、魚雷発射角が誤った形のものが表示されていた不具合を修正
  • シフトキー+左クリックで戦闘機が連続して複数の目標に攻撃できる機能を排除しました。

 

 

航空機:

 

  • 全航空機の旋回範囲を修正 平均の旋回範囲は従来のバージョンに近いものとなります。
  • 全戦闘機の搭載弾薬数を向上
  • 戦闘機の対空性能を大幅に上方修正
  • 戦闘機の自衛能力を平均化

     

通報

 

  • チャットに関する違反行為通報対応システムを自動化

     

マッチメイキング

 

  • チーム内の航空母艦の数及び Tier 数がほぼ均一になるよう調整
  • プレイヤーが使用している Tier と合わない戦闘が連続した場合、強制的に正しい戦闘 Tier の戦闘に編入する機能を追加
  • チーム内の駆逐艦の数を平均化するようマッチメイカーを改良

 

 

ゲームマップ

 

新マップを2種類追加: 

 

  • 海峡:

- サイズ: 36x36 km

 

- ゲームモード: 通常戦、制圧戦(拠点3箇所)

 

 

 

  • ソロモン諸島:

- サイズ: 30x30 km

 

- ゲームモード: 通常戦、制圧戦(拠点3箇所)

 

 

 

  • 下記のマップに木々などのオブジェクトを追加:北方、ビッグレース、諸島、ホットスポット、新たなる夜明け、二人の兄弟、断層線
  • 下記のマップのゲームプレイ要素を改良: 新たなる夜明け、断層線
  • マップ「ホットスポット」での制圧戦モードのスポーン配置を変更

     

グラフィック

 

  • マップ上に木々などのオブジェクト描写するシステムを追加

     

サウンド

 

  • ゲーム内効果音を改良
  • 至近弾の効果音を変更
  • ジェットエンジンを搭載した航空機の効果音を改良 
  • パフォーマンス改善作業進行中
  • 新BGMを追加

     

インターフェース

 

  • 艦艇のステータスに拡張パーツにより増えたボーナスステータスも含まれて表示されるように変更
  • 3D ゲームインターフェースの表示を改良
  • ゲームクライアント内にライセンスに関する表示を追加
  • IME 入力機能を追加(設定メニューから変更可能)
  • 日本語、中国語、韓国語での入力を対応。
  • プレイヤープロフィールの総合ステータス画面の表示を改良
  • COOP戦、通常戦、ランク戦の戦績をそれぞれ別に表示する機能を追加

     

システム変更

 

  • マップの端を移動する艦艇に攻撃を当てやすくなるよう調整

 

 


 

 

Edited by Ladygrey_JP

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×