Jump to content
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
LBV_1806_20_2020

射撃管制装置及び着弾観測機による射程延伸

5 comments in this topic

Recommended Posts

17
[VGYRD]
Member
14 posts
9,689 battles

主砲射程はその砲の最大能力値だと思います。

主砲強度に関係のない管制装置や観測機で射程が伸びるのは解せません。

戦場マップの関係で射程を落としている艦があるのは知っているが、そのための救済機能なのでしょうか。

 

射撃管制・着弾観測は射撃目標・精度の向上装備ではないかと思います。

 

射撃管制装置は各主砲が個別目標をロックするとか(未実装の夢機能)。

  設定が煩わしい・・・

着弾観測は最大散布界の精度向上(艦長スキル 数的劣勢に近い)。

  数的劣勢の発動制約無く、観測機が飛んでいる時間は精度が向上する・・・

 

これが本来の機能ではないかと思いますが。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
215 posts
9,790 battles

まぁゲームですしゲームバランスですよ。

主砲強度に関係のない管制装置や観測機で射程が伸びることを解せないと言われても、そういうシステムを採用してるゲームとしか言いようがない気はします

まぁ今更ですし、エンジンブーストとかどうなんですか?それってなりませんか?爆速で魚雷装填してくる装填ブースターもどうなんですか?って話になるのでやめましょう

Share this post


Link to post
Share on other sites
18
[EFGF]
Member
64 posts
8,704 battles

一部のゲームと割り切れというご意見とは関係なくかかせていただきます。

たぶんこのゲームの登場艦のなかで史実で最も長射程は大和でしょうね。
Wikipediaには
「 大和型戦艦が搭載した45口径46cm3連装砲の最大射程は42,026mで、米国の同世代戦艦ノースカロライナ級サウスダコタ級の搭載する40.6cm45口径砲 Mk.6の射程距離33,740m、40.6cm50口径砲 Mk.7を搭載したアイオワ級の射程距離38,720m、英国のキング・ジョージ5世級が搭載した35.6cm45口径砲の射程距離37,100mなどを上回っていた。ただし、後述するアウトレンジ射撃の項目に書かれている通り、水平線を越える射撃には航空機による観測が必要であった。46cm砲弾は初速780m/秒 (2,808km/h) で発射され、距離20,000m(仰角12.43度、落角16.31度)では522m/秒、30,000m(仰角23.12度、落角31.21度)では475m/秒(時速1,710km/h。音速の1.4倍)で着弾した。主砲を最大仰角45度で発砲した場合、弾丸の高度は距離25km付近で11,900mに達した 」
とあります。
観測機の役割は、これにより回答が示されていますね、
ただ42キロの長射程で砲撃しても命中はどうなのでしょうね?このゲームでは射程30キロほどの設定(観測機で37キロ)だったように思います、でも有効弾はとなると?

射撃管制装置は皆目見当がつきませんが、これの発展型ですかね?
https://ja.wikipedia.org/wiki/射撃盤

  • Cool 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
495
[MOR]
Member
667 posts
32,271 battles

なぜ射程が延長できるのかは、「八八艦隊物語」の内容が真実に近いです。

この小説には、射程距離で劣る米戦艦群が日本戦艦群を、アウトレンジ射撃で圧倒している描写があります。

射撃管制装置改良や、着弾観測機で射程が延長でます。

Share this post


Link to post
Share on other sites
3
[AHF]
Member
5 posts
17,824 battles

このゲームはSLGではないので、そんなこと気にしたいたらゲーム出来ない。

と、俺は思う。

が、やはり「射程距離が延伸される」という表現には違和感がありますね。

射程距離は砲身と砲弾によって決まるので、観測機や射撃管制装置で射程が延伸される事は100%無いですね。

物理法則に反してますね。(ま、このゲームはそういうゲームですが)

観測機が飛ぶことで「有効射程距離が延伸される」と言う表現があっていると思います。

実際は「距離」よりも「目視出来ない目標に対する精度」が改善されるのですが、ゲーム開発側はそんなこと考えていないと思いますがね。

移動目標に発砲する場合、観測機を使用しても位置情報他発信・受信・砲塔への情報伝達等時間が掛かり、発射準備完了時には目標は移動して

情報位置にはおらず、その分も追加で補正して撃つので、命中精度は目視による直接標準射撃よりかなり落ちてしまうはず。

他者が発見した目標(島の向こう側でも)を瞬時に全艦情報共有される衛星データリンクシステム的な最先端情報機器を搭載した

帝国戦艦と実在しないソ連戦艦が撃ち合うゲームですよ。

SLG的要素を求める事自体愚問に思える今日この頃です。

 

 

 

Edited by LCL_Nishi
  • Cool 1

Share this post


Link to post
Share on other sites

×