Jump to content
Doryo_DBD

扶桑の立ち回りについて。

6 comments in this topic

Recommended Posts

Member
3 posts
338 battles

最近、扶桑を解放したのですが前の金剛と比べると扱いずらいような感じがします。扶桑はバイタル抜かれやすいとは言っても艦を立てればいいとして、隠蔽や対空の低さが目立ってなかなかうまく立ち回れません。どうしたらうまく立ち回ることができるのでしょうか?低ティア帯に戻って経験を積むべきでしょうか?

Share this post


Link to post
Share on other sites
15
[S-H-F]
Member
29 posts
20,642 battles

扶桑に関わらず鈍足な戦艦はマップを自由に移動することはできないので、自分がどの方面に向かうのか考えるのがとても大事です。
Tier6からは広いマップの戦闘が増えます。戦艦で自由に動き回る事は難しいです。
扶桑は金剛のような速力も無いので、右か左方面か、どちらに注力していくのか移動計画が大事です。

▼移動の計画
戦闘開始から敵が見え始めるまでに、味方はどの艦艇が同じ方向に行きそうか?自分の代わりに視界を確保してくれる船(駆逐)は来てくれるのか?を見回します。
扶桑は自分で視界を取るのが苦手な船です。味方がいない方向に単独で行くべきではありません。一方的に見られて沈みます。

相手が見え始めたら、自陣側と相手側の戦力差を比較します。
Tier差・艦艇数差を見て、強気に出て相手を沈めれるのか?相手は強いから押し留めるに徹するのか?を考えます。
戦艦は敵巡洋と戦艦が前に出れないようにするのが仕事です。相手が各上だからと言って戦艦が一目散に逃げたり島裏に籠ると戦線が崩壊します。
かと言って前に出すぎると集中砲火されるので沈まないように。
間合いは難しいですが、砲撃しない状態で隠蔽に入れるくらいの間合いを保つのが一般的です。(敵駆逐が向かってきている場合は見られ続けるでしょうが)

味方巡洋や駆逐が沈んでしまったり、戦力バランスが崩れたら、マップを見て自分の居るべき位置を見直しましょう。

▼主砲での攻撃
扶桑は対戦艦にはHEを使うのが良いです。敵姿勢を見てAPと切り替えができれば理想的ですが、精度が悪くて狙い通りに飛ばない事も多い。いっそHEで着火を狙い続けるのも手です。
序盤からAPで巡洋艦を狙い撃ち出来ればベストですが、隠蔽の悪い扶桑は見つかり易くて敵巡洋からは距離を取られがちです。
偏差になれない間は無理に遠い巡洋を狙おうとせずに、戦艦を燃やすのに集中しても良いと思います。相手戦艦が燃やされるのを嫌がって下がってくれれば、それだけ味方巡洋は前に出やすくなります。
(射程12km前後・6秒偏差位にいる迂闊な敵巡洋艦は、がんばって狙っていきたい。)

▼低ティア帯に戻って・・・
Tier6で慣れていくのが良いです。
低Tierに戻る位ならドイツを進めて戦艦に慣れてみるのも良いと思います。個人的にTier8まではドイツ戦艦が初心者向きだと思うので。
(ドイツ戦艦は比較的装甲が固くて機動力が良いので、側面を晒しても即死し難く移動方向を間違っても戻りやすい。対空も強い。主砲が弱めですが初心者のうちは元々ダメージに貢献しづらいのでデメリットになり難いのが理由。)

  • Thanks 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
1,166
[LSPC]
Beta Tester
730 posts
16,054 battles

扶桑からは「強制貫通」の概念を知っているか知らないかで扱いが大きく異なります。

強制貫通とは、自身のAPの口径が相手の命中した装甲の14.3倍以上の場合、角度に関わらず貫通できるシステムです。

扶桑の場合、24mm装甲まで強制貫通できます。25mmからは角度によって弾かれます。

弾かれる敵を良く調べ、そういう敵にはHEを数の暴力でぶち込んでやればさして問題はありません。

あとは体力管理をしっかりすれば格上相手でも引けを取らない強さを誇れるでしょう。

  • Thanks 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
488
[MOR]
Member
659 posts
29,898 battles

戦艦の戦績を見ました。戦績から推測する扶桑の立ち回り方です。

扶桑はT6戦艦としては長射程の主砲を持っています。

マッチング帯にもよりますが、まず遠距離からHEで戦艦を目標に攻撃します。(1/4以下の船速で敵弾警報が出たら回避、移動中に後進を加えるとさらに効果的)

遠距離攻撃のコツですが、まず1基の主砲で偏差を確認後全問斉射します。斉射前に敵の回避行動を見て偏差を修正しましょう。

敵の数が減ったら前に出ましょう。自分サイドに敵の駆逐艦がいるかどうかの確認は必須です。駆逐艦がいる場合は巡洋艦より前に出ないようにしましょう。

突撃する場合、敵艦の装甲を考慮してAPとHEを使い分けましょう。(戦艦には同格以上の戦艦にはHEが効果的、横向きならAP)

 

経験を積めば、位置取りも上手くなり、引き撃ちなどでダメを稼げます(どの位置で反転して引き撃ちするかは常に考えましょう。それが上手くなるコツです)

  • Thanks 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
3 posts
338 battles

ありがとうございます!扶桑は散布界が悪いので、戦艦の取り柄であるAPでは活躍できないと思ってました…これからHEと使い分けるようにします!

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
3 posts
338 battles

立ち回りの練習については、ドイツ戦艦はもちろん、巡洋艦でも練習してみます!

Share this post


Link to post
Share on other sites

×