Jump to content
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
taira000

味方の戦闘への参加遅延などによる救済について

5 comments in this topic

Recommended Posts

Member
154 posts
2,319 battles

既に対策されている内容でしたらお許しください。

先ほどの戦闘で、味方空母の戦闘への参加が3分近く遅れたということがありました。敵の空母はもちろん戦闘開始と同時に参加していたので、序盤、敵は航空機の索敵によりこちらの大方の布陣を把握できているのに対して、こちらは空母が沈黙しているので航空機による索敵はなく、しかも駆逐多めの戦闘だったので圧倒的な情報格差により序盤に一気に崩されて目も当てられないような大敗を喫してしまいました。

このように、特に空母は戦闘に遅刻されると、開幕直後の特に駆逐艦をはじめとした敵の布陣などの情報量に圧倒的な差が生まれてしまいます、敵はこちらの布陣をおおむね把握しているのにこちらは全く把握できていなければ、それは戦闘全体の流れに大きな影響を与えることは間違いないでしょう。
 そしてその空母の遅刻による圧倒的情報格差の中で敗北したチームはさすがに理不尽だと思います。

そこで、特定の条件の下、味方の戦闘への参加に大幅な遅延や不参加があり敗北した場合は、そのチームの遅延や不参加をした艦以外のプレイヤーに一定の救済措置を与えてはいかがでしょうか?(2020/10/9修正)

例えば上でも述べたように、特に空母1vs1の場合の空母の分単位での遅刻(まぁ稀だとは思いますが空母2vs2なら味方の両空母の遅延)はもちろん、
空母がいない戦闘や駆逐多めの戦闘では、駆逐艦の遅刻なども該当すると思います。(駆逐の序盤での戦況への影響力は空母ほどではないと思いますが)

救済内容は、例えば経験値、クレジットの加算や修理費の割引など、さまざまな選択肢があると思います。

ただ、回線の不調などにより、予期せず戦闘に遅刻したり参加できないなどの場合もあるかと思うので、遅刻した艦へのペナルティはなしでいいと考えています。
もちろん勝利した側の報酬には影響なしが妥当でしょう。


また、少し派生しますが、
・戦闘開始間もない戦闘からの離脱(港に戻る)
・早すぎる戦闘の決着
などにも一定の条件を設けて、同様の救済措置を与えても良いのではないかと思います。
後者に関しては、プレイヤースキルが考慮されていないMM環境の本ゲームにおいて、早すぎる戦闘の決着はその戦闘の敵味方で大幅なプレイヤースキルの差があったことを示す一つの指標なのでは、と思ったので加えた次第です。

包括的に言えば「明らかに自分ではない場所に敗因があると思われる敗北の救済措置が欲しい」ということです。


なお、空母が戦場に与える影響の大きさについては否定しませんが、このトピックはいわゆる「空母批判」を意図して建てたものではありません。ご理解の上、ご意見ご指摘いただければ幸いです。

Edited by taira000
加筆、修正
  • Cool 2
  • Funny 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
6 posts
5,844 battles

何もできずに嬲られて大敗した原因が敵チームと味方チームの実力差によるものと100%言い切れない以上、救済処置というのは難しいでしょうね。それにわざと遅刻したように見せかけて救済処置を得ようとする悪質な輩も出てくる可能性を考えると肯定的には考えにくいです。

それよりもどちらにしても負けるなら自分だけでも戦果が挙げれるようなルールを作ってほしい気がします。ポイント負けや占領負けは自分だけではどうにもなりませんが、全滅か時間切れ以外で勝敗を決する手段がないモードとかならしぶとく生き残って戦果を挙げることもできそうな気がします

もっと言うならたった1隻遅刻しただけで無茶苦茶に苦しくなるようなバランスをもっと丁寧に調整してほしいですけどね

  • Cool 2

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
154 posts
2,319 battles
On 10/8/2020 at 12:09 AM, GANMENKYOUKI said:

もっと言うならたった1隻遅刻しただけで無茶苦茶に苦しくなるようなバランスをもっと丁寧に調整してほしいですけどね

これは大前提ですね。この提案はあくまで現状のバランスの下での次善の策として提案したものだと考えていただければ、と思います。

 

On 10/8/2020 at 12:09 AM, GANMENKYOUKI said:

何もできずに嬲られて大敗した原因が敵チームと味方チームの実力差によるものと100%言い切れない以上、救済処置というのは難しいでしょうね

こちらは、

On 9/7/2020 at 7:24 PM, taira000 said:

また、少し派生しますが、
・戦闘開始間もない戦闘からの離脱(港に戻る)
・早すぎる戦闘の決着
などにも一定の条件を設けて、同様の救済措置を与えても良いのではないかと思います。
後者に関しては、プレイヤースキルが考慮されていないMM環境の本ゲームにおいて、早すぎる戦闘の決着はその戦闘の敵味方で大幅なプレイヤースキルの差があったことを示す一つの指標なのでは、と思ったので加えた次第です。

包括的に言えば「明らかに自分ではない場所に敗因があると思われる敗北の救済措置が欲しい」ということです

これに関するご指摘だと理解していますが、確かにごく短時間で終わっただけで、敵チームと味方チームの実力差によるものだとは言い切れないのかもしれませんね。

 

On 10/8/2020 at 12:09 AM, GANMENKYOUKI said:

わざと遅刻したように見せかけて救済処置を得ようとする悪質な輩も出てくる可能性を考えると肯定的には考えにくいです。

こちらは私の言葉足らずです。#1にも加筆しておきますが、私の案では、救済措置は遅刻したプレイヤー本人には適用されない。というつもりでしたが書き忘れておりました。「遅刻した本人には救済措置は適用されず、遅刻した艦がいたチームの他のプレイヤーに救済措置を与える」ということでしたら、わざと遅刻するメリットはないと思います。
そして、これも書き忘れておりましたが(遅刻した艦がいれば敗北するという前提だったため)、救済措置は勝敗にかかわらず追加されるのではなく、敗北した時のみに与えられる、ということです。

まとめれば、私の提案の救済措置の適用条件は
「戦況に重大な影響を与える艦種で大幅に遅刻したプレイヤーがいた場合で、遅刻したプレイヤーがいたチームが敗北した場合、遅刻したプレイヤーがいたチームの遅刻したプレイヤー以外」に救済措置を与える。というものです。その他(相手チームや遅刻したプレイヤー本人など)には何も変更はなしで良いのではないかと思います。

あとは救済措置の加減を調節し、故意的に救済措置を得るくらいなら普通に戦闘をした方がいいくらいにすればよいと考えます。

#1の不備が多く大変申し訳ないです...

Edited by taira000
改行の修正

Share this post


Link to post
Share on other sites
Super Tester
140 posts
12,867 battles
1 時間前、taira000 の発言:

わざと遅刻するメリットはないと思います。

私なりに文章を読ませていただいたのですが、分隊を組んでいた場合はわざと遅延行為をするメリットが生まれると思います。どのような救済案であれ、分隊メンバーで遅延した1人以外の2名にはそれらのバフがかかるということです。これらを目的とした分隊等が低、中Tierにて蔓延ると思いますがどうでしょうか?

 

1 時間前、taira000 の発言:

戦況に重大な影響を与える艦種

この艦種とは何を指しているのでしょうか?私はすべての艦種が戦況に重大な影響を与えると思っているのですが。。。戦艦がいなければ火力、ヘイト受ける船がいなくて負ける。巡洋艦であればレーダーの有無や聴音、火力において負ける。駆逐艦はスポット。空母は火力出しとスポット。それぞれの艦種にそれぞれ仕事があり1隻でもいなければ、戦況に重大な影響を与えることとなります。

Share this post


Link to post
Share on other sites
1
[OZEKI]
Member
9 posts
8,174 battles

すこし話題が反れるかも知れないですけど、ランクマッチで味方にAFKがいたらそのチームは負けても全員セーフスター貰えるくらいの措置が欲しいですね。

  • Cool 1

Share this post


Link to post
Share on other sites

×