Jump to content
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

イギリス海軍艦 Warspite、World of Warships に新登場

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

 

艦長の皆さん!

 

日本帝国海軍には Yamato 、アメリカ海軍には Iowa があったように、それぞれの国家には代名詞とも言える象徴的な艦艇が存在します。今回登場を果たす艦艇、 Warspite はまさにイギリス王立海軍の象徴といえる名高き艦艇です。今回、Warspite は自慢の 15 インチ砲を引っさげ、World of Warships 初の イギリス艦艇として登場を果たします。

 

次期アップデート バージョン 0.3.0.6 より HMS Warspite が購入可能になります。

アップデート実装のため、日本時間 2015年04月29日 (水) 06:00 よりサーバーメンテナンスを実施いたします。メンテナンス時間は約1時間半を予定しております。

当艦艇は 4月 29日からクローズドベータテスト終了まで 7,500 トークンで提供されます。

 

歴史的背景

 

クイーン・エリザベス級戦艦2番艦 Warspite はイギリスが所有した最も強力な艦艇の一つとして知られています。この艦艇は当時の最新鋭技術の結晶であり、それまでのイギリス艦艇を凌ぐ革新的な存在でした。当時海軍大臣であったウィンストン・チャーチルも、1913年11月26日の進水を見届けています。 

 

「オールド・レディ」の通称で親しまれ、30年間就役したこの艦艇は、まさに王立海軍の象徴と呼ぶに相応しいものでした。2つの世界大戦を経験したこの艦艇は、数多くの傷を負っても必ず戦場に舞い戻ってきました。

 

その後、1934年 ポーツマスにて 上部構造や航空機の艦載機能、推進器や兵装を改修する近代化改装が施されました。後にクレタ島での激闘の末、大損害を負った Warspite は1941年末にアメリカで再度改修が施されました。World of Warships に登場する Warspite はこの時期の装備をモチーフし、より強力な対空砲を装備しています。

本艦は1944年6月6日、フランスのノルマンディーで遂行された上陸作戦にも参加し、ゴールド海岸上陸の火力支援を行いました。

 

数々の困難をくぐり抜け、輝かしい功績を残した Warspite でしたが、1947年にはスクラップとして売却されることになりました。しかし最期の出航の際にも、彼女は伝説を残しました。解体場所に向かう途中、偶然 Warspite の錨がはずれ、イギリスのコーンウォール地方にしばし行方をくらますという事件を引き起こしています。最終的には解体されてしまった Warspite ですが、再び大海原に繰り出す時がやってきたようです。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites

×