Jump to content
You need to play a total of 10 battles to post in this section.

4 comments in this topic

Recommended Posts

74
[JOW]
Member
20 posts
7,605 battles

日本巡洋艦。古くからある最も基本的な性能を有する巡洋艦。各性能が基本的なレベルでまとまっている。弱くはない。乗る人が乗れば強いのだと思う。
しかし、だ。様々な艦が追加され、差別化のために強化される一方で日本巡洋艦は不遇な扱いを受けていると私は感じる。使用プレーヤー数は少なくないが、それは特別強いから乗っているのではなく、居酒屋でいう「とりあえずビール」のようなものであろう。
空母が猛威を振るい、さらにはクラン戦にまで参戦してきた今。日本艦は活躍の場を奪われ続けているといえるのではないか。
いくら強力な魚雷とHE弾を積んでいても、射程が特別長くない日本艦はそこまで優秀でない耐久性(装甲とHP)と低い対空火力でインファイトせざるを得ず、厳しい戦いを強いられていると言わざるを得ない。
ゆえに私は日本巡艦の総合的な強化を提案する。
 

以下に具体的な強化提案をまとめる

1,消耗品について
青葉以降の巡洋艦において対空防御砲火と水中聴音の選択制を廃止し、両方搭載できるようにする。また、古鷹は選択制にする。
レーダーをくれとか贅沢なことは言いません。ヨーロッパ駆逐艦の高速魚雷も登場した今、選択制で空母に対応できなくなるのは非常に苦しい。この改善はクラン戦での価値向上にもつながるだろう。

2,主砲射程

古鷹、青葉、最上、愛宕、蔵王(固有アップグレード時)の射程距離の延長。
特にT8艦の射程不足は顕著です。低い対空性能でT10戦場に送り込まれるにも関わらず、体力の回復もできない最上にとって、射程の不足は死を意味します。

せめて16.0km以上(16.1でも2でもいいから)いただきたい。
また、固有アップグレード時の蔵王の射程は17.5kmしかなく、通常アップグレード時からの落差が大きすぎます。これでは何故苦労して取得するまでの価値があったのか理解に苦しみます。観測機を使えばいいというのでしょうが、はたして防空に専念しなければならない空母戦場でも同じことがいえるでしょうか?
素の射程が長いのならまだしも、強化しても最大18kmにしかならない蔵王でこれは厳しすぎるものだと思います。
むしろ素の射程も伸ばして欲しいくらいです。

ただでさえ、蔵王の耐久はT10巡洋艦にしては低いのです。魚雷の射角も悪く、これ以上のインファイト要求は厳しいものと言わざるを得ないでしょう。
 

3,対空性能

全てのとは言いません。

T8,T10日本巡洋艦の対空値の向上を要求します。

現状T7からほとんど代わり映えのない対空性能でT10に行かねばなりません。妙高47、伊吹68ときて最上・愛宕45とは厳しすぎませんかね?T7とT9の間を取って56~60くらいくれてもバチは当たらないと思います。

4、耐久性
蔵王の耐久値をご存じですか?たったの40800です。例としてあげるとすれば発射レートで勝るデモインに比して約1万も少ないのです。クラン戦で頻発する1on1の優劣は明確でしょう。もう少しだけ向上させてください。

 

〔追記〕5、装填速度と斜角

蔵王の装填速度は13.7秒。いくらHE弾が強力であろうが精度が良かろうが動き続ける敵への射撃で前2基もしくは後部2基だけでのダメージは3000程度に限られます。その間に敵は正面を向けたままローリスクで雨霰と弾を射ち出してくるのです。

低いレートを補うために全門斉射しようにも射角が悪く、腹を見せなければならない蔵王だけが一方的にリスクを被るのはあまりにも理不尽です。故に射撃速度の向上および射角の増大化、もしくはその片方を要求します。


以上になります。

消耗品も性能も冷遇され、空母、戦艦の餌を続けてきた日本巡洋艦に再び日の目を見せてください。

Edited by mike28_gk_1
  • Cool 4

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
101 posts
10,160 battles

私も日本巡洋艦にはバフは必要だと思います。そこで私なりにですが意見を書きます。

1 時間前、mike28_gk_1 の発言:

1,消耗品について
青葉以降の巡洋艦において対空防御砲火と水中聴音の選択制を廃止し、両方搭載できるようにする。また、古鷹は選択制にする。

これは水中聴音か対空防御砲火が選択できるようになっている巡洋艦全てに実装するべきです。

 

1 時間前、mike28_gk_1 の発言:

2,主砲射程
古鷹、青葉、最上、愛宕、蔵王(固有アップグレード時)の射程距離の延長。

最上のみ賛成します。古鷹や青葉は同Tier帯の中では強い部類です。(古鷹なんてTier5から203mm砲を積めますし。)愛宕は回復・大和砲を弾ける甲板装甲があるので射程を伸ばしたら、それこそただのOPでしょう。やるなら蔵王の射角バフでしょう。

 

1 時間前、mike28_gk_1 の発言:

3,対空性能

全てのとは言いません。

T8日本巡洋艦の対空値の向上を要求します。

これも最上に対して要求します。最上は回復がない分どうしてもロケットへの対抗手段がないものです。数値だけでもいいのであげたほうがいいと思います。

 

1 時間前、mike28_gk_1 の発言:

4、耐久性
蔵王の耐久値をご存じですか?たったの40800です。例としてあげるとすれば発射レートで勝るデモインに比して約1万も少ないのです。クラン戦で頻発する1on1の優劣は明確でしょう。もう少しだけ向上させてください。

上げるべきです。マイノーター・ウースターよりHPが少ない重巡とは?ってことになりかねません。

 

日本巡洋(特に蔵王)はバフするべきです。

  • Cool 10

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
28 posts
1,188 battles

足らぬ足らぬは工夫が足らぬ。贅沢病ではないでしょうか?そもそも日巡には強力な魚雷兵装があるというのに、宝の持ち腐れでしょうか?

 

魚雷兵装はそのままで対空火力も主砲火力も上げてくれとは、ムシがよすぎませんか?

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
154 posts
2,296 battles
12 hours ago, momotaro_of_hero said:

そもそも日巡には強力な魚雷兵装があるというのに、宝の持ち腐れでしょうか?

私の立ち回りがパーフェクトではないのは大前提ですが、日巡のあの魚雷は確かに宝の持ち腐れになりやすい兵装だと思います。

確かに斉射すれば戦艦ですら無視できないダメージを与え得る兵装ではありますが、、

こちらから積極的に魚雷を使いに行くには巡洋艦での戦闘なら十分に接近戦と言える10km前後まで接近しなければなりません。(一部除き日巡の魚雷射程は10km前後)その距離では砲撃の回避など不可能にも近いです。日駆以外の駆逐の魚雷射程にも入っている可能性が高く、挟み撃ち等でこちらが攻撃を受け得ない状況でなければ大ダメージ待ったなしです。さらに、大方の日巡は発射管が後ろ向きに取り付けられているため、置き魚雷等でなく通常使用する場合は発射時に標的に対して横っ腹をさらす必要があり、砲撃による大ダメージのリスクが大変高いです。その上、砲撃とは異なり、あらかじめ予測されたり、航空機に発見されたり、水中聴音などの消耗品により発見されてしまえばその瞬間敵の進路を絞り込むためだけの物体と化します。魚雷はダメージ量が大きい兵装ですから、敵も日巡と接近戦をする際には当然警戒するでしょう。

当然隠蔽や機動力、艦の大きさは巡洋艦レベルですから、駆逐艦のように立ち回るわけにもいきません。

しかし日巡の魚雷は、突発的な近接戦闘時(島影から出たら急に会敵、等)や、挟み撃ちや濃密な索敵等により敵に狙われることなく接近できるシチュエーションでは、他国の巡洋艦では絶対に不可能な、戦艦をも一瞬にして葬り去る(伊吹最上等に搭載されるType93 mod.2なら片弦斉射の8本で大和をも一撃で葬るかほぼ瀕死にする)ことができる兵装です。

 

つまり何が言いたいのかというと、日巡の魚雷は、立ち回りをよく研究しなければそもそも「効果的に撃つ」ことが難しい代物ですが、熟練の日巡乗りの立ち回りや突発的に現れた戦況等で「効果的に撃てる」状況ができれば駆逐以外の他艦種には到底不可能な攻撃ができる代物だということです。

なのでその魚雷を理由に他の性能が抑えめに作られているのは、ある程度は納得できると思います。

まとまっていない文章で失礼します。ご意見ご指摘等あればお気軽にお願いします。

Edited by taira000

Share this post


Link to post
Share on other sites

×