Jump to content
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
maik_51

空母も距離によって攻撃力を制限するべき

103 comments in this topic

Recommended Posts

Member
3 posts
16,104 battles

空母はチームランキングで中位以上に必ず入っている現状は 空母が強すぎてとてもバランスが取れているとは言い難い AFKでもしない限り最下位になることなどない

もし空母が見えても射程が短い船などは何もできずに一方的にスポットと攻撃されるだけです 空母の攻撃は ほぼ避けられないので空母が下手なのを祈る以外何もできない状態です

結局一方的に攻撃とスポットできるのが問題ですが 空母の特徴といえば特徴なので提案です

10キロごとに爆弾を投棄して攻撃力を弱くして30キロ以上はスポットのみで攻撃はできないようにするべきです 空母で攻撃したければ前に出なくてはならない仕様です 距離を取って安全を取りたいならスポットだけしかできないようにすれば 今より多少はましになるでしょう 空母もうまい人が乗れば今まで通りの戦績は出せると思います よりリスクを取らなければチーム最下位になることもあるようにするべきです wowsの世界では飛行機の燃費が異常に悪いという設定にすればありでしょうw 現実でも爆撃機は長距離を飛ぶときは爆弾の量を減らして燃料を積んで飛びます また偵察機は爆弾など積みません

運営側が なぜ今の仕様でバランスが取れていると思うのかのか説明を求めます   

  • Cool 20
  • Bad 4

Share this post


Link to post
Share on other sites
24
[JPWEL]
Member
22 posts
1,362 battles

そもそも、一人一艦でほぼ互角という設定にかなり無理がありますからね。
狭い戦闘エリアで、空母の逃げ場がなく、追い詰められ、砲撃され、下手すれば駆逐艦から雷撃されるっておかしいです。

自分は空母でプレイしても、下手くそなので、上位には入れません。
ゲームだから、出撃できる数が少ない、攻撃力が低いのは、仕方ないのでしょうけど。

一部はリアリティを追求し、一部はゲームとして、どの艦種でもほぼ対等に戦えるようにしている。
変な感じです。

実際空母は強い。
弱くするよりも、10回勝ったら1回出撃できるとか、そんな制限の方が良いと思います。

  • Cool 3
  • Bad 9

Share this post


Link to post
Share on other sites
140
[-LCS-]
Member
49 posts

空母を抜くと、基本は三すくみの関係(駆逐艦<巡洋艦<戦艦<駆逐艦)が成立していると思います。

空母は、これらから逸脱しているのが問題です。

① 駆逐のようなSPOT能力があり

② 巡洋艦のような攻撃精度で攻撃範囲がマップ内全部

③ 戦艦以上の攻撃力

その他に

④ 基本的に被弾はしない

これを解決するには三すくみにどれかに準じさせるか、全艦種の短所も導入する。

例えば

① SPOTの代償にHPの調整

② 巡洋艦の精度の代償に攻撃可能範囲の調整(巡洋艦・戦艦の攻撃可能範囲適応)

②’ 空母本体からの距離で命中率の低下(水上艦の砲撃距離による命中率採用)

③ 攻撃力の代償に機動性の調整

③’ 空母本体からの距離で攻撃力の低下

など、何かしら調整は必要です。

  • Cool 17
  • Bad 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
16 posts
5,017 battles

やはり、駆逐乗りとしてはSPOTされながら敵艦隊&攻撃機に同時に攻撃されるのが痛いですよね。煙幕焚くしかない...偵察機という概念はかなりいいと思います。SPOT専用の偵察機と攻撃専用の攻撃機・雷撃機に分けて、どちらかしか一度に操作できないようにすればいいのではないかと思います。

  • Cool 5
  • Bad 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
205
[LFS]
Member
281 posts

…空母『も』距離によって攻撃力を〜って書いてあるけど、射程内で攻撃力が変化する艦種って空母以外でいたっけ?

  • Boring 3
  • Bad 7

Share this post


Link to post
Share on other sites
1,013
[LSPC]
Beta Tester
649 posts
16,054 battles
2 hours ago, noirend said:

…空母『も』距離によって攻撃力を〜って書いてあるけど、射程内で攻撃力が変化する艦種って空母以外でいたっけ?

もしかしてAPの貫通力減衰を知らんの?

  • Cool 9
  • Funny 2
  • Bad 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
71
[SFHK]
Member
42 posts
5,716 battles

攻撃できないのはさすがにあれなんで、艦載機に航続距離制限つければいいのではないでしょうか?

一定以上の距離を飛行した艦載機は母艦まで戻れないため中隊の操作終了時に撃墜判定(母艦との距離準拠)や一定の距離飛行した中隊は強制的に母艦に帰還など

黒い煙を吐いてる艦載機も攻撃には参加できるが母艦まで戻れなく撃墜判定。など条件を付けるなら間接的にではありますが空母の攻撃能力を微量に調整できますよね。それによって環境にいる粘着する空母の連続攻撃も軽減できるのではないでしょうか。

これに加える形なら威力減衰の話も、威力が高いロケット、爆弾、魚雷は重いため積むと航続距離が短くなる。などやりようができますし、戦闘機にもこの制限を付ければ敵側に近いわけでもないのに戦闘機で強制スポットされ続けるという駆逐のストレス軽減にもなりますよね

  • Cool 4

Share this post


Link to post
Share on other sites
144
[JPEX]
Member
203 posts
3,474 battles
2020/3/1 に 午前1時20分 に、pitohui の発言:

艦載機に航続距離制限つければいいのではないでしょうか?

大砲とか魚雷に射程があるから、当然と言えば当然ですね。現状、飛行機の航続距離は無限ですし。

  • Cool 4

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
3 posts
16,104 battles

相変わらず空母は常にチーム中位以上にいますね 調整は絶対必要です はっきり言って空母がいるだけでつまらない

  • Cool 5
  • Bad 2

Share this post


Link to post
Share on other sites
106
[SOLO]
Beta Tester
44 posts
18,117 battles

僕の希望としては削除が一番なんですが、距離によって攻撃力を制限するというのは面白いと思いました
艦載機に燃料の概念を持たせることで、これまで3往復攻撃できたところをマップを両端(48km)くらいまで飛ぶと1~2回の攻撃しかできないようにするのはいいかもしれません
多くの回数を攻撃しようとすると前に出ざるおえなくなり母艦が発見されやすくなることでCVにもリスクが発生してゲーム上の不公平さも減少するのではないかと思います

少なくとも空母刷新のコンセプトであった影響度を他の艦種の一隻あたりと同等にすることは索敵能力も含め全く出来ていない上になぜか修正も非常に遅いので代わりに火力は減らしていいではないでしょうか。

  • Cool 8
  • Bad 3

Share this post


Link to post
Share on other sites
140
[-LCS-]
Member
49 posts

板を削除したんですね。例の人の。

(引用した私のも消えている)

削除しましたの文言は欲しかったですね。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
151 posts
2,296 battles

あれ私のも消し去られてますね。

ならもう一度。

母艦からの距離によって攻撃力が変化するのは物理的に違和感があるので反対です。

航続距離を設けるのは大賛成です。燃料のような概念を追加して、

・燃料切れで撃墜扱い

・母艦に帰投できる限界燃料で通知

・母艦に帰投できる限界燃料で強制帰還

のいずれかなどの仕組みにすればよいと思います。そうすれば現状なら、一度帰還させて別の隊を持ってくるまでがスポットの空白時間になりますから。(燃料切れ撃墜でもいいからスポット続けたいようなケースをどうするかが課題)

また、機体の損傷により、攻撃の可否や燃料の減少(燃料漏れ状態)などがあってもいいと思います。

空母によく乗られる方の意見もぜひ伺いたいですね。

  • Cool 3

Share this post


Link to post
Share on other sites
134
[IJN]
Member
137 posts

まず現状において空母は適切なバランス下にあると私はとらえています。従って空母そのものに対する修正は不要と私は考えています。


まず、空母関連の話題で出る3竦み論について。

過去に3竦みと空母の関係については次の場所でも話し合われました。

その中でも私は述べているかと思いますが、三すくみはチームプレーを心がける上で初心者の人がどれを優先目標とすべきかという指針の1つにすぎないと私はとらえています。実際にはチームプレーにおいて必ずしも3竦みは成立はしていないのです。

例えば「敵DDにスポットされている味方DDが敵戦艦や駆逐艦から集中砲火を受けて轟沈した」というようにWoWSのDDあるあるな出来事は、3竦みの法則が成り立っているならば「戦艦のHEが命中して半分近くもっていかれることは生じてはいけないこと」にもかかわらず、実際には毎日おきていることです。こうした他の艦艇との協調の結果生じた様々な例外を含めてWoWSの戦闘であると私は考えています。

その中であっても3竦みが成り立つと度々いわれる事例、つまりそれは1VS1の決闘についても、それは完全な必ずしも3すくみが成立しているわけではないということです。

その「完璧な決闘」状況そのものはWoWSにおいて成立序盤中盤において局所的に決闘に近い条件になることはありますが、それは同時に味方艦が別の場所で他の敵艦艇からの攻撃を受けているから成立しているのであり、全域でみたときは決闘になっていません。終盤において双方の残存が1隻となることはありますが、その時点において双方が優劣のない位置にいて、HPが同一割合で、攻撃やアイテムの残CTが同一で、チームのポイントや占領中のゾーンが同一ではありませんので、純粋に3竦みが成立しているとは言えません。

実際にAチームがDDで2拠点を占領中でポイント優勢、Bチームが巡洋艦2隻という決闘でもない3竦みでは完全優位である場合であっても前者が遁走を続けることで勝利することはあり得ることです。このため3竦みが絶対的であるということは実際の戦闘においてはそもそも幻想であると私は考えています。


空母が強すぎるという根拠によく示されるDPSや勝率、平均獲得経験値、k/Dについて

 戦場が比較的狭く裏どりが困難である状況下において、チームの中で前衛にいる艦艇から沈んでいくことは自然のことです。従って多くの戦闘において空母が最後に残されていることでしょう。その状況下においては多くの場合、拠点の占領数が少なく味方残存がないため必然的にポイント優勢による勝利となり戦闘が終結するということもたたあります。その結果他の艦艇よりK/Dが高いことは自然のことです。

 次に平均獲得経験値やDPSについて。平均獲得経験値やDPSは継戦時間に比例して上昇します。戦闘開始から戦闘終了まで生存しているということはそれだけ長時間戦闘に参加しているということになり、結果的に平均獲得経験値やDPSが高いことは自明のことです。これも現状において当然のことです。

 最後に勝率について。より多くのプレイヤーからのデータになるほどプレイヤースキルは均質のものとなります。そのデータにおいて、勝率は引分けがない場合5割になることは自然のことです。従って平均的な勝率が5割に接する値であることは数学的にも当然のことです。勝率においてみたとき数値は拮抗しており、艦種にかかわらずほぼ勝率は同程度とっているともいえます。

データ閲覧日2020/04/19/21:05 日艦艇T10比較 asia.wows-numbers.comより

艦艇名 勝率[%] 平均ダメージ 平均取得経験値 キルデス
白龍 49.02 % 94 052 1 938 6.57
大和 48.77 % 82 803 1 723 1.27
蔵王 49.24 % 73 103 1 933  1 536 5.611.54
島風 49.24 % 42 342 1 453 1.28

実際空母の艦載機は脅威なのか

空母を運用し、欧州T9駆逐艦や日巡洋艦も利用する立場から言わせていただくと、現状において、それほど脅威ではないといえます。

巡洋艦や戦艦が孤立していて敵の空母から集中攻撃を受けることは自業自得であり、むしろ希望してそうしていると私はとらえています。空母から狙ってほしいから孤立して戦っているのだろうということです。

お互いに対空砲で防護しあうことを前提においた設定がなされている状況において、1隻のみで完全に自衛できることを求めることは砲艦同士の戦闘に例えるならば一隻のみで砲弾を迎撃できるシステムを搭載してほしいと言っているに等しいです。

また駆逐艦についても敵に空母がいるのであれば、同様に味方にも空母がいます。よって煙幕をたける駆逐艦であれば、煙幕のCT中に味方の空母の戦闘機の支援を受けることはできますし、煙幕をたけない駆逐艦であっても占領中に味方の艦載機や巡洋艦の支援は受けることはできると考えます。

空母側からみたとき、巡洋艦が3隻ほどあつまっていたり、対空駆逐艦が随伴している戦艦だったりすると、1編隊が全滅して攻撃が数発しかできず、それすら回避されることは現在おきていることです。その為空母は孤立している艦艇を優先的に叩いているのが現状ではないでしょうか?

そもそも空母は駆逐艦や巡洋艦、戦艦が前にでていて空母をまもっていてくれる状況でなければ、満足に攻撃できません。空母も安全に索敵ができる一方でそれは、艦載機という攻撃手段そのものを攻撃ではなく偵察に使うか、艦載機の消費アイテムである限られた資源である戦闘機を置くことでしかできません。その為自らも視界をとりつつ、味方の視界に助けられているのが航空母艦です。加えて味方の榴弾が対空砲を減らしてくれているために攻撃できているというのもあります。従って、空母のみであの火力をだしているということでは決してないのです。


では何が問題なのか?

実際に戦闘の勝敗に影響のあるプレーをしているにも拘らず、適切な経験値が分配されていない」ということがデータからでてくるのではないでしょうか?

つまり空母が強すぎるから空母を弱体化することで経験値を島風程度まで落とし込むべしということではなく、島風など駆逐艦や戦艦がもっと適切な評価がされるようにすべきということです。

例えば攻撃を受けている味方艦艇を防護するために煙幕を焚いて隠したことについてはチームから賞賛されますが経験値にはでてきません。ほかにも敵の攻撃をうけるために戦艦が前にでて攻撃をうけて味方巡洋艦を防護したところで沈めばそこで終了で、被ダメージに対する評価はそう高くありません。空襲をうけている味方艦艇をまもるために敵の艦載機を撃墜すべく接近して対空支援したところで撃墜を他の味方が奪ってしまえばダメージ量しか評価されず、それは微々たる量です。ほかにも味方駆逐艦が攻撃を受けそうだからと、戦闘機をだして援護しても味方駆逐艦に敵の艦載機がくいついて戦闘機がこれを撃墜しなければ空母にはポイントになりません。

つまり現在のWoWSの報酬の決定が、「単純に相手にどれだけダメージを与えたのか」に強く依存する以上、空母が経験値を獲得しやすいことは当然の結果であり、逆にすべての艦艇から狙われる駆逐艦の経験値が低いのも然りです。


要は何が言いたいかと言えば・・・

「以前と比べたら、そうでもないよ。チームプレーが評価されないこととチームプレーをしていないことが問題なんじゃないでしょうか?」ということです。

 

そして例えばこちらについてですが、

>空母本体からの距離で攻撃力の低下

空母はより遠距離の敵も攻撃はできますが、空母から遠くの敵を攻撃することは、その移動時間が長いということを意味します。つまり時間当たりの攻撃回数が減ることを意味します。従って最後尾から攻撃するということは、DPSだけでみたら減少しています。従って空母も距離に応じてダメージは減衰しています。


  • 引用時に蔵王のデータを白龍のデータと取り違えておりましたのでお詫びして修正いたします。
Edited by Takano56
  • Cool 4
  • Boring 5
  • Bad 2

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
151 posts
2,296 battles

つまり、Takano56氏の意見は、

①3竦みは当ゲームにおいては幻想でしかなく様々な議論の際にそれを持ち出すことに意味はない。

②このゲームは前線にいるものから順に撃沈されていくという原則で、長く生きているほうがK/Dは当然高い。また、DPSや獲得経験値は長時間戦闘に参加しているほど高くなる。これを空母に当てはめれば、空母は最後列にいるので最後まで生き残ることが多く、K/DやDPS、獲得経験値が多くなるのは当然のこと。

③孤立して空母に叩かれるのは当然のこと。孤立しても叩かれないようにしろというのは、砲戦で言えば同Tire同艦種との1 vs 1での撃ち合いで、こちらがダメージを負うことなくすることなく勝利しなくてはならない、と言っているのと同じ。(航空機を砲弾だと解釈すれば良い?)

また、空母がいるのは敵も味方も同条件。(プレイヤースキルの差が出るのは他艦種でも同じ話なのでその面でも同条件)

④必要なのは空母のnerfではなく駆逐や戦艦に対する正当な評価

ということでよろしいでしょうか?(一部自己解釈を加えつつまとめさせていただきました。)

Edited by taira000
誤字修正、一部加筆
  • Cool 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
134
[IJN]
Member
137 posts

はい。そうなります。

 

2 hours ago, taira000 said:

①3竦みは当ゲームにおいては幻想でしかなく様々な議論の際にそれを持ち出すことに意味はない。

②このゲームは前線にいるものから順に撃沈されていくという原則で、長く生きているほうがK/Dは当然高い。また、DPSや獲得経験値は長時間戦闘に参加しているほど高くなる。これを空母に当てはめれば、空母は最後列にいるので最後まで生き残ることが多く、K/DやDPS、獲得経験値が多くなるのは当然のこと。

③孤立して空母に叩かれるのは当然のこと。孤立しても叩かれないようにしろというのは、砲戦で言えば同Tire同艦種との1 vs 1での撃ち合いで、こちらがダメージを負うことなくすることなく勝利しなくてはならない、と言っているのと同じ。(航空機を砲弾だと解釈すれば良い?)

また、空母がいるのは敵も味方も同条件。(プレイヤースキルの差が出るのは他艦種でも同じ話なのでその面でも同条件)

④必要なのは空母のbuffではなく駆逐や戦艦に対する正当な評価


本スレッドで指摘されていることは端的に言えば「砲艦が空母本体に攻撃できないのにもかかわらず、空母からスポットされ、空母から攻撃されるのは不平等だ」であるともとれます。

 その理屈でいえば、砲艦同様の装甲を空母に持たせるべきであり、砲艦同様の操作性を空母に持たせるべきであります。

 空母は現在艦載機を運用中に砲弾や雷撃を回避することは非常に困難です。自動航行を利用して旋回するということは可能ですが、攻撃機が攻撃態勢に移行して照準をしぼっているときなどは無防備になっています。

 対して戦艦や巡洋艦の場合攻撃はクリック1つです。シフトを拡大して砲を旋回させて撃つということになっていますが、多くの場合既に標的に砲をむけています。砲艦が前線に出るというリスクに見合うだけの軽快な攻撃能力は既に砲艦に与えられているのです。駆逐艦についてスポットする役割がありますが、これについても煙幕や高機動性を活かし、攻撃しながらあるいは攻撃後すぐに回避することができます。駆逐艦も対砲撃への対抗策はすでにもっています。

 では空母に話をもどしますと、空母もまた攻撃時は最前線にでるようにすべきだとするのであれば、砲弾を回避するだけの運動性能を空母にも持たせる、修理能力なり装甲を空母にも持たせるべきだということにもなります。

 この要望は、各艦艇の個性を否定していることにつながりませんか?

 

また、そもそも↑に記載しておりますとおり、現状において充分味方艦艇と協力しあえば、航空母艦からの攻撃を全弾受けることはまずなく、一定数は撃墜できます。

 撃墜できず一方的に1編隊からの攻撃を3回以上受けている方は、恐らく空母側からみると孤立した鴨であり、すえものを切っている状態であるともいえます。私が空母にのっているときは、感謝しながら執拗に何度も孤立した艦艇から美味しくいただいております。

 味方と協調して対空をしている場合、何れの場合でも3回以上一度に攻撃はできません。下手すれば一回、一回すらもまともにできないのです。爆撃機からの1回の投射で戦艦のAP一斉射みたいに即沈することはありませんし、日駆逐艦の雷撃一斉射をうけたときのように雷撃機から1回の投射で削られることは先ずありません。

 

ではほかの艦艇は空母に対して協調しなければ空母から攻撃できないから不平等ではないか?!というご意見もあるかと思いますが、空母は自らが攻撃するためには味方と協調し、味方にまもってもらわなければ攻撃や索敵に専念できないのです。

 

それぞれの艦艇がチームプレーを心がけて動いているのであって、単独で動いた結果が戦果ではないのです。そのことを失念しているように、この手のバランス調整に関する話題に接するたび私は感じます。

Edited by Takano56
  • Cool 1
  • Boring 2
  • Bad 7

Share this post


Link to post
Share on other sites
140
[-LCS-]
Member
49 posts
7 時間前、Takano56 の発言:

まず現状において空母は適切なバランス下にあると私はとらえています。従って空母そのものに対する修正は不要と私は考えています。


まず、空母関連の話題で出る3竦み論について。

過去に3竦みと空母の関係については次の場所でも話し合われました。

 


空母が強すぎるという根拠によく示されるDPSや勝率、平均獲得経験値、k/Dについて

 戦場が比較的狭く裏どりが困難である状況下において、チームの中で前衛にいる艦艇から沈んでいくことは自然のことです。従って多くの戦闘において空母が最後に残されていることでしょう。その状況下においては多くの場合、拠点の占領数が少なく味方残存がないため必然的にポイント優勢による勝利となり戦闘が終結するということもたたあります。その結果他の艦艇よりK/Dが高いことは自然のことです。

 次に平均獲得経験値やDPSについて。平均獲得経験値やDPSは継戦時間に比例して上昇します。戦闘開始から戦闘終了まで生存しているということはそれだけ長時間戦闘に参加しているということになり、結果的に平均獲得経験値やDPSが高いことは自明のことです。これも現状において当然のことです。

 最後に勝率について。より多くのプレイヤーからのデータになるほどプレイヤースキルは均質のものとなります。そのデータにおいて、勝率は引分けがない場合5割になることは自然のことです。従って平均的な勝率が5割に接する値であることは数学的にも当然のことです。勝率においてみたとき数値は拮抗しており、艦種にかかわらずほぼ勝率は同程度とっているともいえます。

データ閲覧日2020/04/19/21:05 日艦艇T10比較

艦艇名 勝率[%] 平均ダメージ 平均取得経験値 キルデス
白龍 49.02 % 94 052 1 938 6.57
大和 48.77 % 82 803 1 723 1.27
蔵王 49.24 % 73 103 1 933 5.61
島風 49.24 % 42 342 1 453 1.28

実際空母の艦載機は脅威なのか

では何が問題なのか?

実際に戦闘の勝敗に影響のあるプレーをしているにも拘らず、適切な経験値が分配されていない」ということがデータからでてくるのではないでしょうか?

つまり空母が強すぎるから空母を弱体化することで経験値を島風程度まで落とし込むべしということではなく、島風など駆逐艦や戦艦がもっと適切な評価がされるようにすべきということです。

例えば攻撃を受けている味方艦艇を防護するために煙幕を焚いて隠したことについてはチームから賞賛されますが経験値にはでてきません。ほかにも敵の攻撃をうけるために戦艦が前にでて攻撃をうけて味方巡洋艦を防護したところで沈めばそこで終了で、被ダメージに対する評価はそう高くありません。空襲をうけている味方艦艇をまもるために敵の艦載機を撃墜すべく接近して対空支援したところで撃墜を他の味方が奪ってしまえばダメージ量しか評価されず、それは微々たる量です。ほかにも味方駆逐艦が攻撃を受けそうだからと、戦闘機をだして援護しても味方駆逐艦に敵の艦載機がくいついて戦闘機がこれを撃墜しなければ空母にはポイントになりません。

つまり現在のWoWSの報酬の決定が、「単純に相手にどれだけダメージを与えたのか」に強く依存する以上、空母が経験値を獲得しやすいことは当然の結果であり、逆にすべての艦艇から狙われる駆逐艦の経験値が低いのも然りです。


要は何が言いたいかと言えば・・・

「以前と比べたら、そうでもないよ。チームプレーが評価されないこととチームプレーをしていないことが問題なんじゃないでしょうか?」ということです。

 

長くて読む気が。。。

① 三すくみから明らかに逸脱していればナーフという調整が待ってます。

空母は如何ですか? 先日行われた、ランク戦スプリント(1vs1)で空母相手でどうでしたか?簡単に見つけて撃沈できましたか? それが答えです。

 

⓶ 表に出てる通り空母の数値がいいですよね。(ちなみにキルデス:蔵王は1.54です。記載間違いです。他は合っています。)

要するに空母は飛びぬけています。

 

③ そもそも何故、最近追加された欧州駆逐が比較対象なんでしょうか?(これから調整される可能性がある)

日本巡洋艦というと蔵王ですね。蔵王は対空強くて強い艦なんですか?フォーラムでバフ要求出てたと思っていましたが?

空母1隻のために複数艦が団体行動とることが異常と思いませんか?

 

空母は移動距離が長く時間かかるから・・・

そもそも被弾0で攻撃できるんですよね?おかしいと思いませんか?

 

Edited by mikage_mugen
修正
  • Cool 4
  • Bad 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
71
[SFHK]
Member
42 posts
5,716 battles
2 hours ago, Takano56 said:

本スレッドで指摘されていることは端的に言えば「砲艦が空母本体に攻撃できないのにもかかわらず、空母からスポットされ、空母から攻撃されるのは不平等だ」であるともとれます。

 その理屈でいえば、砲艦同様の装甲を空母に持たせるべきであり、砲艦同様の操作性を空母に持たせるべきであります。

 空母は現在艦載機を運用中に砲弾や雷撃を回避することは非常に困難です。自動航行を利用して旋回するということは可能ですが、攻撃機が攻撃態勢に移行して照準をしぼっているときなどは無防備になっています。

 対して戦艦や巡洋艦の場合攻撃はクリック1つです。シフトを拡大して砲を旋回させて撃つということになっていますが、多くの場合既に標的に砲をむけています。砲艦が前線に出るというリスクに見合うだけの軽快な攻撃能力は既に砲艦に与えられているのです。駆逐艦についてスポットする役割がありますが、これについても煙幕や高機動性を活かし、攻撃しながらあるいは攻撃後すぐに回避することができます。駆逐艦も対砲撃への対抗策はすでにもっています。

 では空母に話をもどしますと、空母もまた攻撃時は最前線にでるようにすべきだとするのであれば、砲弾を回避するだけの運動性能を空母にも持たせる、修理能力なり装甲を空母にも持たせるべきだということにもなります。

 この要望は、各艦艇の個性を否定していることにつながりませんか?

 

また、そもそも↑に記載しておりますとおり、現状において充分味方艦艇と協力しあえば、航空母艦からの攻撃を全弾受けることはまずなく、一定数は撃墜できます。

 撃墜できず一方的に1編隊からの攻撃を3回以上受けている方は、恐らく空母側からみると孤立した鴨であり、すえものを切っている状態であるともいえます。私が空母にのっているときは、感謝しながら執拗に何度も孤立した艦艇から美味しくいただいております。

 味方と協調して対空をしている場合、何れの場合でも3回以上一度に攻撃はできません。下手すれば一回、一回すらもまともにできないのです。爆撃機からの1回の投射で戦艦のAP一斉射みたいに即沈することはありませんし、日駆逐艦の雷撃一斉射をうけたときのように雷撃機から1回の投射で削られることは先ずありません。

 

ではほかの艦艇は空母に対して協調しなければ空母から攻撃できないから不平等ではないか?!というご意見もあるかと思いますが、空母は自らが攻撃するためには味方と協調し、味方にまもってもらわなければ攻撃や索敵に専念できないのです。

自分個人としては空母の母艦に攻撃できないのは仕方ないが、沈まないのにいつでも攻撃態勢なので
・置き戦闘機によるスポットの削除(操作している攻撃隊機でのスポットはこのままでもいいが、欲を言えば視界共有もなくすか、せめてレーダーのように発見から味方の水上艦に見えるようになるまでに時差をつけるようにしてほしい)
・1回の攻撃で与えるダメージの減少(爆撃、ロケットの散布界の大幅拡大などでも可)
をしてくれればいいので、それを距離減衰に当てはめたのが上で自分が出した案で、自分としては別に索敵するために中隊を操作する分には苦労しない。ただ、マップの一番角で壁擦りしてる空母の艦載機がマップ対角線の反対にいる艦に反復攻撃を何度もするには足りない程度のものだったのですが、現在そういう話ではないようですのでこの時点の内容に関して意見を述べさせていただきます。

まず、ここでいう空母を前に出せというのは反復攻撃の数を増やすために危険を冒して前に出る行為で、それは命中弾を増やすため接近するという、他艦種では普通に起こり得る…というか日常ではないでしょうか。
別に安定してダメージをとりたいなら数回の反復で満足して、わざわざ母艦を危険にさらす必要はないでしょう。反復できない分は空打ちしておけば甲板には攻撃できる中隊が戻ってくるのも早いですよね。

次に空母は被弾面積は大きいですが、その巨体に見合わないほど良好な隠蔽を持ち、なかなかに快速ですよね
攻撃範囲が戦艦以上で命中もかなり見込める性能で母艦が生きている限りマップのどこにいても攻撃が飛んでくる。
もうかなり優遇されていませんか?

生存していればDPMは上がるとのことですが例えば戦闘終盤には、戦線を崩壊させて突破したはいいものの近くの敵はあらかた倒し、あとはマップ反対側の敵のみになり陣地転換をしている間に戦闘終了している駆逐などよく見ます。そんな時でもダメージを出し続けられる船が本当に同じ条件ですか?
例を挙げればいろんなシチュエーションで空母は優位に動けます。

別にほかの船と肩を並べて戦えとは言ってません。ただ、空母の特徴である艦載機は今のままではあまりに強いのではないか?というだけなんです。

今のヴェネツィアはだれが見ても強いですよね?SAP弾と跳弾優遇にナーフ入れたら艦の個性の否定になりますか?お化け機動性と特殊な発煙装置が残りますよね。
というのに近いかもしれません。
否定ではなく、空母らしさを保ったまま強すぎる部分をどう普通にするかという意見を出しあっている。ととらえていただけると幸いです。

 

  • Cool 5
  • Bad 2

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
151 posts
2,296 battles

トピックの議題から大幅に逸脱する意見をすることをお許しください。(すでにそうなっている気がしますが)

そもそも、史実から考えても「空母が絡んだ時点で海戦は何か違うものになっている」ということはありませんか?(当方史実に詳しくないため誤りがあればご指摘ください)

そもそも空母の戦闘スタイルは、「会敵が予想されるなら偵察機を出し敵を発見し、発見したならば攻撃隊を出し叩く」。というものでその過程で間違っても「空母が敵艦の艦砲射撃圏内に好き好んで入る」ということはあり得ないし、少なくともあってはならないのではないでしょうか?それに、空母が絡んだ戦闘は現在のマップでは到底小さすぎるような、100km以上の規模の距離をおいての戦闘ではないでしょうか?もっと言うなら空母戦の場合は上述するように艦砲射撃が交わされることはないので空母以外の艦はもっぱら護衛し、空母が安全に作戦を遂行できるようにサポートするのが役目となるのではないでしょうか?

まとまっていない意見で申し訳ありませんが、つまり何が言いたいのかというと、空母がいる時点でその戦闘は「空母」に基本すべてを置いたスタイルとなるのではないでしょうか?

某公式動画で大和の建艦は「機関銃の時代に究極の名刀を打つようなもの」と評されていました。なら、大和のようないわゆる艦砲射撃や雷撃をする艦に主点を置けば、空母は「刀の時代に機関銃をぶっ放すもの」と言えるわけです。wowsにおいては艦砲射撃や雷撃をする艦のほうが大多数なわけですから、空母がいかにぶっ飛んでいるかはお分かりいただけるかと思います。

別に私は空母がぶち抜けて強い。と言っているわけではありません。大規模に異質である。と言いたいわけです。史実でも少なかれそうであるように、空母がいる時点で戦闘の体系を大幅に見直さなければならないのでは?ということです。

そのうえで、空母に当然実装されるべき概念として燃料の概念を追加して行動の距離あるいは時間を制限してはどうか?ということです。

大変乱文かつ不明瞭な意見ですみません。議論の展開の起点にでもしていただければ大変幸いです。

 

  • Cool 3

Share this post


Link to post
Share on other sites
134
[IJN]
Member
137 posts
8 hours ago, mikage_mugen said:

① 三すくみから明らかに逸脱していればナーフという調整が待ってます

そもそも、三すくみはそもそも要素が3つしかないことを前提としています。WoWSにおいて3要素以外不要であるということを前提にした議論です。

弱体化がされるということは、3竦みという枠組みだけでなく、ゲーム全体への影響をみて判断されているものです。

8 hours ago, mikage_mugen said:

ランク戦スプリント(1vs1)で空母相手でどうでしたか?

ランク戦が1vs1になることは知りませんでした。両者島など遮蔽物もなく広がった場所でお互いが攻撃範囲に入った状況でスタートしたのでしょうか? 対等な条件下で戦闘開始されたのであれば、3竦みには含まれていませんが空母は砲艦の砲撃下にはいりますよ。

8 hours ago, mikage_mugen said:

表に出てる通り空母の数値がいいですよね。(ちなみにキルデス:蔵王は1.54です。記載間違いです。他は合っています。)

この投稿については私のコメントをみてください。

駆逐艦が最前列にでて戦闘していることから、相手からみると戦艦、巡洋艦、駆逐艦、そして空母の攻撃範囲にはいることになります。駆逐艦などに砲撃をした時点で少なくとも露呈しますから、それらから集中砲火を受けて沈む可能性がありますよね? また巡洋艦は戦艦よりは低射程なものもあり、これも前列にでるため、戦艦、巡洋艦からの射程にはいりますよね? このように射程という概念から必然的に駆逐艦、巡洋艦、戦艦の順に沈みやすくなることは自明のことですよね。

加えてHPや装甲についても駆逐艦や巡洋艦は低く戦艦や巡洋艦の一斉射撃で即沈没の可能性がありますよね?

その為空母がK/Dがすぐれていることは、攻撃火力以前に戦闘スタイルが遠距離攻撃クラスで空母があるために生じている問題です。決して空母が強いからではないのです。

8 hours ago, mikage_mugen said:

そもそも何故、最近追加された欧州駆逐が比較対象なんでしょうか?(これから調整される可能性がある)

転記ミスはすみません。欧州駆逐艦は比較対象ではありません。一例として日艦船だけを記載しました。別にどれを出しても構いません。

  • K/Dが高いのは戦闘終結まで空母が生存いていること、また沈みそうな船に対して攻撃ができるからキルをとりやすい船ではある
  • 生存時間が長いということは攻撃参加時間も長いことになるため、現在の計算方法では経験値が高いことも自明
  • それでも勝率は大きく差がないことから戦闘への影響度が極めて高いということではないということ

ということがデータからでているのではないですか?ということです。ここで問題なのは、何度も申しますように、味方を防護するために煙幕をたいたり、味方にせまる敵艦載機を撃墜するために対空火力支援をするより、敵艦に攻撃をしてAPでバイタルを撃ちぬき、あわよくばキルしたほうが稼げる報酬形態ではないのか?ということです。

8 hours ago, mikage_mugen said:

日本巡洋艦というと蔵王ですね。蔵王は対空強くて強い艦なんですか?フォーラムでバフ要求出てたと思っていましたが?

単純に日艦船だけでだしました。どれをだしたところで↑の考え方をしているので、K/Dが高いことも、経験値が多いことも普通だと思います。問題は獲得経験値が違うことではないですか?

8 hours ago, mikage_mugen said:

空母1隻のために複数艦が団体行動とることが異常と思いませんか?

思いません。

駆逐艦や巡洋艦、戦艦に対しても団体行動が求められるからです。

敵の駆逐艦がいた場合、巡洋艦のうちレーダーやソナーをもった船が前進し煙幕に隠れているのを攻撃できるようにしますよね?場所発見され次第、戦艦、巡洋艦、駆逐艦関係なく位置が露呈した敵の駆逐艦に集中砲火を加えますよね。これを団体行動、チームプレーとは言わないのですか?

団体行動を否定するのであれば、せめて駆逐艦に対しては戦艦の主砲の攻撃は無効化すべきです。レーダーやソナーを使用した艦艇以外がそれにより発見した駆逐艦などを視認できて攻撃することもできないようにすべきですよね?それは変ですよね?

つまり、他の艦種に対しても団体行動が求められているにもかかわらず空母に対して団体行動をとるのはおかしいといういうご意見でしょうか?ということです。

8 hours ago, mikage_mugen said:

空母は移動距離が長く時間かかるから・・・

そもそも被弾0で攻撃できるんですよね?おかしいと思いませんか?

おかしいとは思いません。その理屈は変ですよね?

まず艦載機が減ります。現在のバランスでは1編隊(一度の発艦ででる最大数)と半数近くを撃墜された場合、その種類の艦載機での攻撃が、出撃できても3,4機といった形になりかねず成立しなくなります。

次にレンジという発想から考えてもおかしいとは思いません。戦艦、巡洋艦は駆逐艦より長い射程をもっていますよね。「戦艦や巡洋艦が、駆逐艦からの被弾0で攻撃いることがおかしい」とは誰もいいませんよね? つまり、この「艦種ごとのレンジによる攻撃ができる、できない」ということは当然のことと受け止めているにも関わらず、では空母と他の艦種のレンジの違いについては異議を申し立てるのはフェアーでしょうか?

最後に、戦艦や巡洋艦、駆逐艦は被弾対策がとれますよね?ということです。

戦艦や巡洋艦は攻撃回避や回復能力を有していますよね?駆逐艦は煙幕、加速、そして持ち前の高い機動力がつかえますよね? 

戦艦は空母からだけでなく敵の戦艦や巡洋艦、時には駆逐艦からの攻撃をも受けますが、回復しながら戦っていますよね。では空母本体も同じく耐久回復しながら攻撃できるようにするのですか? 巡洋艦同様に相手の自分への発砲を感知次第旋回して全弾命中をさけたりバイタル撃ちぬけないようにしていますが、では空母も同じく相手の発砲を感知次第旋回できるようにしますか?


6 hours ago, pitohui said:

空母の母艦に攻撃できないのは仕方ないが、沈まないのにいつでも攻撃態勢なので

これは序盤の駆逐艦からみたとき、空母に加えて戦艦や巡洋艦がそれですよね。そして多くの場合序盤に駆逐艦が沈んでいますよね?つまり生存できたら、確かに駆逐艦は巡洋艦、戦艦への攻撃ができますよね。

 

6 hours ago, pitohui said:

ここでいう空母を前に出せというのは反復攻撃の数を増やすために危険を冒して前に出る行為で、それは命中弾を増やすため接近するという、他艦種では普通に起こり得る…というか日常ではないでしょうか。

これは空母においても前にでて戦っていますので、おっしゃる通り命中弾を増やすために前進する選択をしている空母はあります。

レンジ差を含めて更に空母が前進すべきだという論でもしございましたら、それは他の艦種においても同様ではないですよね?と否定します。何れの船も最適な距離があり、それは砲弾の回避ができるかどうかであったり装甲の厚みと相手のAPの貫通能力の加減から決まります。自分の攻撃だけでなく相手からの攻撃もある世界いては、ただただ接近すればよいという戦闘ではWoWSはありません。

よって距離でいえば、「駆逐艦の距離<巡洋艦・戦艦の距離」となりますが、では駆逐艦が最適な火力を出せる距離まで戦艦や巡洋艦は前進しないといけないとは誰も申していませんよね? それを申しているようなものではないでしょうか?

6 hours ago, pitohui said:

次に空母は被弾面積は大きいですが、その巨体に見合わないほど良好な隠蔽を持ち、なかなかに快速ですよね
攻撃範囲が戦艦以上で命中もかなり見込める性能で母艦が生きている限りマップのどこにいても攻撃が飛んでくる。
もうかなり優遇されていませんか?

特別に優遇されているとは言えません。巡洋艦、戦艦、駆逐艦それぞれが違うところで既に優遇をうけているからです。

駆逐艦であれば煙幕であったり、機動力、隠蔽力があるでしょう。巡洋艦であれば速力であったり対空能力であったり、ソナーやレーダーがあります。戦艦れば高いHPであったり、装甲、回復力であります。こうした優位性が既にあたえられています。空母に対して長い射程が与えられるということを否定するのであれば、同程度の射程の能力をもっている艦種同様の恩恵を与えるべきです。

6 hours ago, pitohui said:

生存していればDPMは上がるとのことですが例えば戦闘終盤には、戦線を崩壊させて突破したはいいものの近くの敵はあらかた倒し、あとはマップ反対側の敵のみになり陣地転換をしている間に戦闘終了している駆逐などよく見ます。そんな時でもダメージを出し続けられる船が本当に同じ条件ですか?

その時点でチームとしては多くの場合勝利していますよね?

例外としていえることは負けたということですが、その理由は敵側に対して序盤中盤、みなが島影などに隠れて相手により多くのゾーンを占領させていたからですよね。占領戦ではより多くのゾーンを占領しつつ生存することを競うゲームルールの中で、生存のみをみていたから負けたということは当然のことです。チームとしての動きに問題があったわけで、空母そのものの問題ではありません。

そしてチームとして駆逐艦側は勝利したのであれば、確かにその時点で空母は生存していますが、勝利ボーナスの影響もあり多くの経験値を獲得しますよね。それが問題でしょうか?非常に楽しく、最高な瞬間ではないでしょうか?

敗退したチーム側では確かに空母だけが生存していて、同じ沈んだ仲間にはいっていないのは不快かもしれませんがね。


 

Edited by Takano56
  • Cool 1
  • Boring 2
  • Bad 8

Share this post


Link to post
Share on other sites
134
[IJN]
Member
137 posts

空母も利用していて普段は日巡洋艦、欧州駆逐艦や米駆逐艦を利用する立場からの率直な意見ですが・・・

  • 敵艦載機が来襲したときにOボタンを押して対空指定をしていない方が散見される
  • 対空能力の高い艦艇を使用しているにも関わらず、味方の支援をしていない人が多い
  • 対空能力の高い艦艇を使用しているからと突出して戦い砲撃or雷撃でキルされている人も一定数いる
  • 対空能力が低い艦艇にも関わらず、他の味方と違う場所で戦おうとしている
  • 敵艦載機が接近しているにも関わらず回避行動をとっていない

という惨状を日々見受けられます。

 レンジ云々という本トピックでの空母の弱体化要望ですが、現状において充分空母への対抗策はあります。そしてそれは既にプレイヤーに与えられているのです。にもかかわらず多くのプレイヤーはそれを活用していないことが問題ではないのでしょうか?

対空能力の高い艦艇が2隻お互いの対空砲範囲内にいる場合、現在のバランスでは空母の何れの攻撃機も半数近くは撃墜されます。から撃ち攻撃後の無敵時間を利用して接敵して攻撃するというスタイルをとる以外に、空母は濃密な対空砲への対策はありません。この戦術で攻撃した場合、2機ずつ攻撃できる雷撃機の場合であれば、6機前後までから撃ちして減らし、接敵前に一回から内して4機で攻撃態勢にはいり、攻撃後離脱という形になるでしょう。その場合一回の発艦で2本しか撃てず、多くの場合4機失う結果になります。それは非効率的なので空母は狙いません。

その為空母が攻撃するのは明らかに対空砲が多いとわかっている艦艇以外の船から攻撃します。

また空母を運用されたことがある人はわかるかと思いますが、戦艦であっても回避行動をとることで雷撃や爆撃を全弾命中することはできません。それでも命中するではないか!という反論はあるでしょうが、回避しても命中弾があることは戦艦や巡洋艦からの砲撃でも同様ですよね?加えて空母は攻撃中に本艦の回避行動をとることは難しいのです。空母が嫌いすぎて使用することもないという人がいるでしょうから、あえて説明しますが、空母が敵艦に攻撃を加えるには次の行程を要します。

  1. 敵艦の位置を把握する(0 sec)
  2. 敵艦の未来位置に対して最適な角度になるように編隊を操作する(5sec +α)
  3. 対空砲を回避するために編隊を適宜左右に移動させる(2secから5sec)
  4. 敵の未来位置に投射できる距離まで接近したら攻撃モーションに移行する
  5. 編隊が照準を絞るまで最小限の微調整をしつつまつ(3secから6+sec)
  6. 投下する
  7. 離脱方向を指定するor帰還指定をする
  8. 離脱方向を指定後再攻撃をするあるいは別ターゲットを狙うか、帰還するかきめる

凡そ一回の攻撃に対して、空母は10秒以上空母本体を操作できない時間が生まれます。対してほかの艦艇はどうでしょうか?砲弾を装填するのも自動ですし、砲の旋回も自艦の回避行動をとりながらできます。砲が指向していればシフトをおしてクリックの1秒にも満たない合間に攻撃ができ、発射後着弾するまでの間も自艦の操作ができます。

これは空母にはない明らかな攻撃が迅速であるという恩恵です。空母を砲撃可能な場所までもってこないといけないというのであれば、これに近い優遇を空母に与えるべきですが、それは現状の空母のシステムでは不可能ではないでしょうか?


  • typoの修正
Edited by Takano56
  • Cool 2
  • Boring 5
  • Bad 7

Share this post


Link to post
Share on other sites
140
[-LCS-]
Member
49 posts

Takano56さん、大前提です。あなた空母以外、どのような艦でどれくらい経験してますか?

ランク戦スプリントは今年の1月の話です。つい最近の話です。

各ツリーを作成してやってますか?

 

以前の仕様の空母は、空母同士の対戦がありました。

スキルの差が如実に出てしまい負けると空箱(艦載機0になる)になって終わりまで眺めているなどの理由も修正の1つです。

(他の水上艦なら負けた時点で撃沈ですが)

 

申し訳ないですが、経験もない者が、自身の使用する艦を擁護して書き込んでいるだけに映ります。

もしくば、よっぽど物事の判断ができないということでしょう。空母が突出していなければ数制限なんてしません。

 

空母関連の板乱立などは、そのような状態を明白に表しています。

 

まずは経験を積んでから発言しないと言葉の重みが無く全然響きません。

Edited by mikage_mugen
誤字修正
  • Cool 6
  • Bad 3

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
151 posts
2,296 battles

確かにTakano56氏のご意見は理屈の上では十分納得できるものであり、傾聴に値すべきものだと思いますが、

現実はそう上手くいっていません。それを「空母以外の砲艦のプレイヤーのチームワークやら個人スキルの不足」で片づけていいのでしょうか?

おそらく運営も同じ考え方をしているのでしょうね。なら空母に対抗するすべをヒントやHP等で表示すべきです。

 

ただ、一つ危惧しているのが、「空母はバカ強い」という声を鵜呑みにしたプレイヤーたちが、航空機が襲来した際にその先入観を持って(空母はバカ強いから襲われたら終わりだ、的な先入観?)まともに迎撃行動や回避行動をとる気も起こさずボコボコにされた挙句、「ほら空母はバカ強い、Nerfしろ」と主張しているのではないか、という点です。

 

  • Cool 4
  • Boring 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
134
[IJN]
Member
137 posts
3 minutes ago, mikage_mugen said:

空母関連の板乱立などは、そのような状態を明白に表しています。

まずこちらから、声の大きい人の発言が正しいとは限らないということです。

乱立していますがそれらの中には、「空母は嫌いだ。嫌いだから乗らない。乗らないけど空母は楽だからおかしい」といった論理が繰り広げられていたり「削除すべきだから削除すべきだ」という堂々巡りになっている場所もあります。また、当初から3要素しか存在しえない論理である「3竦みの法則」を適用しようとされている場所もあります。

表しているのは、様々なご意見があることだけであって、それが正しいかは別なのです。そして、それは私の意見もですし、皆さんの意見もなのです。


6 minutes ago, mikage_mugen said:

Takano56さん、大前提です。あなた空母以外、どのようか艦でどれくらい経験してますか?

 

私の場合ちょいちょい休止期間がありますので何れの修正後も全ての艦種をプレーしているわけではありません。

私が空母以外に乗るときは次の艦艇を利用しています。

  • 愛宕
  • 吾妻
  • 吉野
  • 伊吹
  • 島風
  • ATLANTA
  • KIDD
  • TIRPITZ
  • Friesland

そして予想外でしょうが、私は空母にのるよりは対空や雷撃が好きなのでKIDDやFriesland、島風にのることがおおいです。艦種でいうと戦艦:巡洋艦:駆逐艦:空母で比率をとると1:2:2:1の割合でのっています。戦闘数については、ここ1週間であれば50戦前後、空母修正後であれば1000戦は最低しているかと。そのうえで何かありますでしょうか? むしろ自分が擁護しているのは艦載機という餌を供給してくれる空母様ということになりますね ^^;

18 minutes ago, mikage_mugen said:

経験を積んでから発言しないと言葉の重みが無く全然響きません。

この点については、同意です。

是非現在の空母を利用してみてください。これはmikageさんに限らず他の皆さんも。使用したことがあるのであれば、まず提案しないような内容を提案されていると私は考えています。


2 hours ago, Takano56 said:

空母は10秒以上空母本体を操作できない時間が生まれます。対してほかの艦艇はどうでしょうか?砲弾を装填するのも自動ですし、砲の旋回も自艦の回避行動をとりながらできます。砲が指向していればシフトをおしてクリックの1秒にも満たない合間に攻撃ができ、発射後着弾するまでの間も自艦の操作ができます。

砲艦のレンジに空母をもってこないとアンバランスだというご意見に対しては上の反論をすでにしています。

 

団体行動をしなければ空母に対抗できないのはおかしいではないか?に対しては・・・

3 hours ago, Takano56 said:

団体行動を否定するのであれば、せめて駆逐艦に対しては戦艦の主砲の攻撃は無効化すべきです。レーダーやソナーを使用した艦艇以外がそれにより発見した駆逐艦などを視認できて攻撃することもできないようにすべきですよね?それは変ですよね?

と返信しております。「他の艦種に対しても団体行動が求められているにもかかわらず空母に対して団体行動をとるのはおかしいというご意見ではないですか?」に対する回答はありますか?

 

9 hours ago, mikage_mugen said:

すくみから明らかに逸脱していればナーフという調整が待ってます。

こちらに対してはそもそも3竦みが絶対的に常に適用されているわけでは現実にはないよね?と度々申しています。加えて仮に3竦みが成立していても現実は2+:1で攻撃ができる仕様の中では、それは微々たるものですよね?ということも申しています。それらに対する反論はありますでしょうか?

9 hours ago, mikage_mugen said:

表に出てる通り空母の数値がいいですよね。(ちなみにキルデス:蔵王は1.54です。記載間違いです。他は合っています。)

要するに空母は飛びぬけています。

これについても射程とK/Dの関係からそのような傾向になることが砲艦の間でも生じていることですから何も違和感ありませんよね?と申しています。K/Dの数値がよいからと戦闘で重要な役割を占めているとは限らないのですよ?

 このゲームの勝利条件は、制限時間内に拠点を多く占領する、より多くの艦艇を沈めることでポイント優勢になることあって、敵を全滅させることだけが勝利条件ではありませんよ。レンジの関係から沈没する確率が低い空母がK/D高いことは自明ではないですか?に対しての反論はないのですか?

 レンジの関係から沈没するのが前線にいる艦艇からであること否定すると、空母を攻撃したいときは前線にでないといけないようにすべきという論を否定することにつながるので、できないかと思いますが、如何ですか?

 

9 hours ago, mikage_mugen said:

空母は移動距離が長く時間かかるから・・・

そもそも被弾0で攻撃できるんですよね?おかしいと思いませんか?

これに対してもしっかりと私は反論しましたよね?その反論に対するご意見はありますか?

 


批判する前に批判する船に乗るべきだということは私も言っていることです。これはその船の長短が理解できるからです。

あと大事なことですが、100回の戦闘において1回おこるかおこらないかの出来事ではなく、毎回おきていることであれば、相手チームが空母のみのこっているとき多くの場合、こちら側が優勝しますよね?そうではありませんか? では敗退するときはなぜ敗退したのでしょうか?これを皆さん考えてください。

 

加えて敵の空母からスポットされたことを問題視されている方はいますが、味方の空母がスポットしている恩恵については棚上げしていませんか?敵に空母がいるということは味方にも空母がいます。味方の空母もまた敵の駆逐艦などを発見しているのではないですか?そのことを失念していませんか?

  • Cool 3
  • Boring 3
  • Bad 7

Share this post


Link to post
Share on other sites
140
[-LCS-]
Member
49 posts

Takano56さん

まず最初に、大きな声というのは数です。民主主義は多数決で決まります。

それが理解できないようなら、そもそも思考停止しています。

すでにフォーラムでアンケートが取られてますので調べてみては如何ですか?

 

一つ一つ、答える気はありません。

答えても無駄でしょう。

空母が1番ゲームバランスを欠いているのを理解できないようですから。

 

問題ないのなら何故空母の数制限があるのか考えることです。

(他の水上艦で数制限などありません。)

この一点につきます。

 

  • Cool 6
  • Bad 2

Share this post


Link to post
Share on other sites

×