Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
tetoteto_wondernight

特別アップグレード「対空防御砲火改良1」について

5 comments in this topic

Recommended Posts

Member
48 posts

皆さんご存知の通り、「対空防御砲火改良1」は対空戦闘力向上のための特別アップグレードですが、その効果は消耗品「対空防御砲火Ⅰ、Ⅱ」の作動時間を延長するものとなっています。しかしながら空母刷新後の現在では、航空隊は攻撃終了後、以前よりもはるかに早く対空砲の射程外へ離脱出来るようになりました。

これを考えますと、この特別アップグレードを装備して「対空砲火の火力が増強される時間を延長する」ことは、以前よりも有効性が低くなっているのではないかと思います(決して無意味ではありませんが)。

そこで、この特別アップグレードの仕様を、例えば次のように変更してはどうでしょうか。

  • 消耗品の対空防御砲火に加え更に+100%火力を加算する、ただし作動時間延長は廃する。
  • 対空砲の射程距離を一時的に延伸する、作動時間延長については上に同じ。

上記はあくまで素案ですので、この案に固執するつもりはありません。諸兄のご思案をお聞かせいただければ幸いです。

 

Edited by tetoteto_wondernight
  • Cool 7

Share this post


Link to post
Share on other sites
186
[BOGEN]
Member
111 posts

空母はいつ対空圏に入って攻撃するか選択できるのに対して、対空時間の延長という効果はそもそも効果が低いか無いに等しいですね

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
96
[ULT]
Beta Tester
70 posts
15,319 battles
2019/6/13 に 午後9時10分 に、tetoteto_wondernight の発言:

皆さんご存知の通り、「対空防御砲火改良1」は対空戦闘力向上のための特別アップグレードですが、その効果は消耗品「対空防御砲火Ⅰ、Ⅱ」の作動時間を延長するものとなっています。しかしながら空母刷新後の現在では、航空隊は攻撃終了後、以前よりもはるかに早く対空砲の射程外へ離脱出来るようになりました。

これを考えますと、この特別アップグレードを装備して「対空砲火の火力が増強される時間を延長する」ことは、以前よりも有効性が低くなっているのではないかと思います(決して無意味ではありませんが)。

そこで、この特別アップグレードの仕様を、例えば次のように変更してはどうでしょうか。

  • 消耗品の対空防御砲火に加え更に+100%火力を加算する、ただし作動時間延長は廃する。
  • 対空砲の射程距離を一時的に延伸する、作動時間延長については上に同じ。

上記はあくまで素案ですので、この案に固執するつもりはありません。諸兄のご思案をお聞かせいただければ幸いです。

 

面白い提案だとは思いますが、非常に高い対空効果を持つ艦艇に対空防御砲火と合わせて200%もの強化をさせてしまうと
ますます特定の艦艇に味方が集まってしまい、膠着するという事態を生み出す気がします。

また、空母の艦載機は0.8.4にて速度低下のナーフをされていますので、効果時間中にすべての艦載機を撃墜される可能性が高まります。
これがT10の空母の様に100機近い待機数があればいいですが、プレミアム艦艇のサイパンの様に50機にも満たない数しかない場合
これを理由に航空機のバフを検討される恐れがあり、あまり歓迎できない状況を生み出してしまう可能性があります。

効果時間の延長は現状対空防御砲火がどうしても受け身で使わざるを得ない状況であることを考えて

・対空防御砲火の使用回数を+1する
・準備時間を-15%する

といった効果にするのはどうでしょうか?
これにより艦載機の連続飛来に対して対策を撃てるようになるのでは無いでしょうか?

現状使われる事が少ないモジュールの友好的な活用方法にはなるかと思います。

  • Cool 2

Share this post


Link to post
Share on other sites
97
[PRIDE]
Member
52 posts
8,628 battles
1 分前、malsha の発言:

・対空防御砲火の使用回数を+1する

・準備時間を-15%する

上記の意見に賛成します

対空防御砲火の回転率を上げることにより、わざと使わせてもう一度殴るという空母の思惑への牽制になるかと思います

個数を増やすのも気軽に使えるようになるのでいいと思います(こちらは対空低めの船への救済として元の使用回数を増やすというのもありかな?と思いました)

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
48 posts
10 時間前、malsha の発言:

面白い提案だとは思いますが、非常に高い対空効果を持つ艦艇に対空防御砲火と合わせて200%もの強化をさせてしまうと
ますます特定の艦艇に味方が集まってしまい、膠着するという事態を生み出す気がします。

また、空母の艦載機は0.8.4にて速度低下のナーフをされていますので、効果時間中にすべての艦載機を撃墜される可能性が高まります。
これがT10の空母の様に100機近い待機数があればいいですが、プレミアム艦艇のサイパンの様に50機にも満たない数しかない場合
これを理由に航空機のバフを検討される恐れがあり、あまり歓迎できない状況を生み出してしまう可能性があります。

効果時間の延長は現状対空防御砲火がどうしても受け身で使わざるを得ない状況であることを考えて

・対空防御砲火の使用回数を+1する
・準備時間を-15%する

といった効果にするのはどうでしょうか?
これにより艦載機の連続飛来に対して対策を撃てるようになるのでは無いでしょうか?

現状使われる事が少ないモジュールの友好的な活用方法にはなるかと思います。

「特別」だからといって強くなりすぎではいかん、ということですね。なるほど確かに仰る通りです。

内容は一先置くとして、何らかの変更はあってもいいのではと強く思います。

 

トピックの趣旨からは外れますが、特別(旧レア)アップグレードを石炭で入手出来るようにしたのは果してこれで良かったのでしょうか。私としてはスーパーコンテナからでしか手に入らないほうが良かった気がするんですが。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×