Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
teromea3

大会用のオブザーバーモードについて

8 comments in this topic

Recommended Posts

Beta Tester
64 posts
6,169 battles

オフラインイベントやKotSのような大会等で誰かのプレイを観戦する機会は増えてきたと思いますが、その戦闘を観戦するためのシステムが欲しいです。

ただ、普通に観える状態にしてしまうと敵の位置の共有が出来てしまう恐れがあるので数分の遅延を付けるなどはあったほうがいいと思います。遅延付けるついでに相手チームの艦艇を撃破する際、カメラをピックアップして映すとかもできるんじゃないでしょうか。2016年のTGSでも課題になっているカメラの演出なんかも改善できるかと思います。

まあピックアップのシステムは置いておいて、いまだに大会の様子を配信するためにいちいち配信者がラムアタックで撃沈するところからやってるのはどうにかして欲しいです。

皆さんは如何でしょうか、意見お願いします。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
64 posts
6,169 battles

あくまで大会用のオブザーバーモードについて議論するトピックとして立てました。

 

ランダム、co-op戦でのオブザーバーモードについては既にトピックがあるので↓へどうぞ

 

クラン戦用のものについても既にありますので↓へどうぞ

Share this post


Link to post
Share on other sites
39
[AZITO]
Member
60 posts
15,723 battles

今期KOTSストリーマーをやらせていただきましたが、橋立をぶつけ合うのはデメリットがありますし、ストリーマー用のモードがあるとすごく便利だなと思います。

 

☆あったらいいなと思う機能は以下4点

・ミニマップに表示される味方艦艇クリックするとすぐにその艦艇のカメラモードになる

・戦闘遅延開始モード(トピ主さんが提案されてたもの)

・敵艦や味方艦のスポット状況がわかるもの(敵艦艇はわかるけど、味方のスポット状況がわかると逃げ切れたかどうかがわかりやすくて実況しやすい)

・観戦モード中も戦闘中の音楽が流れてほしい(沈んでしまうと穏やかめなBGMしか流れなかった気がする)

 

☆デメリットとしてあげられるのは2点

・ラムアタック失敗の可能性

・浸水システム変更に伴い、ラムアタックに関する特殊な技術がないと時間がかかる

 

☆デメリットに関する補足

今回のKOTSでも、橋立で打ち合っているシーンが多々ありましたが、爆沈の可能性を考えるとこれはすべきではないと某プレイヤーさんが言っておりました。

そういうことが認知されていないまま橋立をぶつけあってるプレイヤーも多いと思います。

また、ボットにぶつける際はスピードの問題から船体中央付近へラムアタックしないと倒すことが出来ません。

先端同士でラムアタックした際は浸水ダメージが減ったことで沈むまでに時間がかかります。

その間に戦闘が始まったり、序盤の動きがミニマップでしか把握できませんので、ミニマップだけをみて戦況を観れない初心者さんを置いてきぼりにする可能性もあります。

 

☆個人的思い

自分の文章力が足りず長くなりましてすみません。

個人的にはwowsの醍醐味は連携の取れるクラン戦だと思っています。

ですが、クラン戦を行うためにはただゲームが好きとは違うゲームに対する情熱が必要(クラン員集めやクラン運営、自分に合うクラン探し等)です。

「クラン戦面白そう!大変そうだけどやってみようかな!!」

と思ってもらえるために、streamerモードを実装し、いろいろな大会が開かれ、その面白さが様々なプレイヤーに届いたらいいなと思います。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
179 posts
8,257 battles

別のゲームの大会の配信等をみていてこんなのがあったらいいなと思った点を二つ

1.敵味方全員の場所、被発見状況が把握できる

2.消耗品の使用状況の確認

 

1はオブザーバーバーだけ把握できるように(当たり前)

2は残りの使用回数とクールタイム状況が表示されればいいなと考えています。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Administrator
95 posts

先月あったコミュニティのサミットでちょうどオブザーバーモードの質問と回答があったのですが、
進捗的には(いつが開始かわかりませんが)半分完了しているが、残り半分はプログラミングの問題などがあって進んでいないということでした。

開発側が全く着手していないわけではないというところは分かったのですが、正直正式な実装まではかなり時間がかかるのかなっと思える回答でした。

開発も含めてKing of the Seaには力を入れていますし、私も他のリージョンのコミュニティスタッフも早くオブザーバーモードの実装するようにプッシュしてます。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
210 posts
19,070 battles

このトピックの本筋(大会用のオブザーバーモード)からは少し離れますが、
開発から正式な実装まではかなり時間がかかる印象を受ける回答だったのであれば、
次シーズンのKotS開催までに配信者向けの艦艇を用意する。もあって良いのではないかと思いました。

具体的にはpoja_さんが書いているラムアタック失敗する要因をなくす事を目的に

HP:1
主砲・魚雷・副砲なし
信号旗をシステム的につけることが出来ない(No頑強Flag)
トレーニングモード以外出すことが出来ない
正面からラムアタックのしやすい船体の大きさ・速度、ラムアタックから逃れることの出来ない転舵性能
抗堪スキルを取れないようにする(取ったとしても発動しないようにする)くらいでしょうか…
フルHPが 1 同士がラムアタックする時にどういう動作するのか正確にはわからない点もありますが……

主兵装も副砲もなければ撃ち合うこともありませんし、ラムアタックから逃げることができない転舵性能であれば、
配信者数の問題で対称にBOTを入れたときに攻撃が有効になってようが、動いていようが逃れることなくラムアタックしかできなくのでは…

出撃モードの制限や信号旗や迷彩がつけられないなどの制限はイベント艦艇やレンタル艦艇でやってきてることだから、
全く出来ないというわけでもなさそうですし…
あとは艦種を駆逐扱いにすると言ったところでしょうか。
理由は沈むまで大会参加者の巡洋と駆逐の間に表示される配信者のTier1巡洋が間にいるのは編成見るのに見づらいな思ったからです。

まぁ、ラムアタックを続けることには変わりないのですが、あくまでかなり時間がかかりそうな正式実装までのそういった失敗する要因を排除するって意味で出しましたがいかがでしょうか。
(オブザーバーモードの実装のほうが早ければこんな艦艇必要ないですからね)


大会用オブザーバーモードにはその艦艇のスキル構成を見れる機能があっても良いのではないでしょうか?

Edited by SuperContainer

Share this post


Link to post
Share on other sites
Administrator
95 posts

ラムアタック失敗はたまにあるのでたしかにありだと思います。
何かの外見と同じにすれば技術的にも難しくなさそうですね。
衝突用の艦艇については過去に提案もなかったと思いますので、提案してみようかと思います。

WoTだと大昔はHP0で外観が透明のオブザーバー車輌が使えて、それでオブザーバーをしていた前例もありますね。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
19 posts
14,831 battles

やはりKotsなどの大規模な大会ですと広い画面展開が良いですよね

マップによっては広いですから一人の配信者が片側だけ解説すると逆側がよくわからなくて配信者が極めてかわいそうだなと思う場面がありました

良いかわかりませんが僕の提案は

①view pointを二つ設けて撃沈が発生した場面などをクローズする(技術的に可能かわかりませんが、HPbarを読み取るパラメーターがあればその周辺位置に移動するなど)

   ちょっとキル視点は見ても難しいかもしれません

②艦艇バーの隣にロック数を表示

   フォーカスされている敵味方が判別しやすく解説しやすいかもしれません(果たして見やすいか、、、、?)

③敵味方の消耗品の使用状況

   他のかたも述べられてましたが、特にレーダーはわかりづらく、敵味方両方とも表示できると良いですね

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×