Jump to content
Sign in to follow this  
rjguted

マップについては、ここに

6 comments in this topic

Recommended Posts

354
[APOLO]
[APOLO]
Member
527 posts
14,746 battles

マップについて研究をするトピックがありませんね。日々戦っている場所なのに。

そこで、トピックを作ってみました。

マップを知れば、戦略が分かり、勝てるようになる。そういう情報を共有する場にしたいです。

  • Boring 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
354
[APOLO]
[APOLO]
Member
527 posts
14,746 battles

どの艦種でもマップの重要度は大きいですが、とくに戦艦プレイヤーがマップをどれくらい理解しているかが戦場を大きく左右すると思います。

戦艦の特色は、大口径の主砲を発射して、敵艦を撃沈するところにあります。このゲームの勝敗は、撃沈により決まります。キャップ制圧で優勢でも、撃沈数が多いと劣勢になります。

この大口径の主砲に威力を揮発させるには、<射線が通る位置>にある必要があります。島陰に隠れていては、その能力を発揮できません。

もちろんその位置は、敵から丸見えのことが多く戦艦主砲攻撃や複数の敵艦からの集中砲火・雷撃のリスクがあります。

具体的にはそれぞれのマップで研究ですが、戦艦に共通して言えることは、高い山の面積の大きい島の裏に長時間行くことを避けるということです。

Edited by rjguted
誤字の訂正
  • Boring 2

Share this post


Link to post
Share on other sites
354
[APOLO]
[APOLO]
Member
527 posts
14,746 battles

Tier567辺りの戦場に、「海峡マップ」というのがあります。連なる島々を境にして、海が左右に分かれ、それぞれ6隻VS6隻で配置されています。互いに、正面の敵とまずは戦えというものです。

ところが、ときおり見かけるのが、中央の島が集まっている辺りへ4隻以上の艦隊が向かってしまうことです。
これは、最大の禁じ手です。なぜかというと、その中央区域は、左右の海域から丸見えです。つまり、左右の敵から攻撃が集中する傾向になります。情勢が落ち着いてから初めて取りに行くべき区域であり、前半の混とんした情勢では行ってはいけません。もちろん駆逐艦が行くのはいいのですが、空母の飛行機が来るおそれがあります。

こういう行動をとってしまう要因として、正面の敵と戦うことへの無用の恐怖があるのではないでしょうか。もちろん警戒は必要ですが、極端に怖れてしまっては戦略は崩壊します。実力がまだないなら、沈められるだけです。敵の実力が未熟なら、沈めることができます。沈められることを怖れてはいけません。沈められたら「弱かったんだ」と思うことです。もしそれでも恐怖が先に立つなら、このゲームには向いてないでしょう。

  • Boring 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
354
[APOLO]
[APOLO]
Member
527 posts
14,746 battles

また、空母2隻VS2隻のマッチングのとき、この海峡マップでは、それぞれの海域に1隻VS1隻で初期配置されます。

この初期配置を無視してはいけません。空母は、それぞれ割り当てられた海域を責任をもって担当してください。敵が強そうで怖いからと、前半にもう1つの海域に逃げ込んだり、飛行機を味方のもう1隻の空母が担当している海域へ飛ばしたりしないでください。もし空母の飛行機派遣海域が1つの海域に集中すると、他の海域は空母の飛行機がゼロとなりその海域の敵は自由奔放に動けてしまいます。

これは、他のマップでも共通のことです。

Edited by rjguted
追記
  • Boring 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
68
[ALBA]
Member
54 posts
2,809 battles
‎2019‎年‎5‎月‎17‎日 に 午後3時17分 に、rjguted の発言:

Tier567辺りの戦場に、「海峡マップ」というのがあります。連なる島々を境にして、海が左右に分かれ、それぞれ6隻VS6隻で配置されています。互いに、正面の敵とまずは戦えというものです。

ところが、ときおり見かけるのが、中央の島が集まっている辺りへ4隻以上の艦隊が向かってしまうことです。
これは、最大の禁じ手です。なぜかというと、その中央区域は、左右の海域から丸見えです。つまり、左右の敵から攻撃が集中する傾向になります。情勢が落ち着いてから初めて取りに行くべき区域であり、前半の混とんした情勢では行ってはいけません。もちろん駆逐艦が行くのはいいのですが、空母の飛行機が来るおそれがあります。

こういう行動をとってしまう要因として、正面の敵と戦うことへの無用の恐怖があるのではないでしょうか。もちろん警戒は必要ですが、極端に怖れてしまっては戦略は崩壊します。実力がまだないなら、沈められるだけです。敵の実力が未熟なら、沈めることができます。沈められることを怖れてはいけません。沈められたら「弱かったんだ」と思うことです。もしそれでも恐怖が先に立つなら、このゲームには向いてないでしょう。

二人の兄弟やソロモン諸島も左右に分かれて戦いタイプでしょうか

横槍が入らなくて正面だけに集中できるので自分は好きなんですがねぇ、、

あ、反対側が壊滅したときの本陣CAPには要注意ですね

Share this post


Link to post
Share on other sites
354
[APOLO]
[APOLO]
Member
527 posts
14,746 battles

きょうも、海峡マップの戦場でプレイしましたが、やはり敵味方共に眼前の敵から逃げよう逃げようという態度を取っていましたね。
序盤は正面の敵と交戦するのですが、例えば、capを敵に奪われた瞬間に味方艦が他の側への移動を始めてしまいます。奪われてもそれは一時的なことでまた奪い返せばいいだけなのですが、劣勢と思い込んでしまう。
こういった逃げ腰の態度は、艦の練習不足が主原因だと思います。艦の特色を理解していないか、主砲を確実に当てる技術を習得していないからでしょう。

co-op戦でのプレイヤーたちのようすもよく見ますが、間違った練習方法を取っています。もっとも間違っているのは、巡洋艦が魚雷をすぐに使ってしまうことです。ランダム戦では魚雷を使う場面がほとんどありません。よほど危ないときだけです。エイム力を鍛えることをおろそかにしている人が、とても多いと思います。

いろいろなマップの対処法がありますが、すべては各プレイヤーがエイム力をつけることが前提ですね。

あともう1つは、ファイティングスピリッツがない人は、このゲームに向いていません。負けん気根性が、このゲームのプレイには絶対必要です。

Edited by rjguted
追記
  • Boring 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×