Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
uranan

新仕様の空母なら空母などいらないのではないかという疑問

51 comments in this topic

Recommended Posts

104
Member
133 posts
2,971 battles

空母の使いづらさは前々から言われているわけですが、その原因は複数編隊を操作することよりも、空母を操作しつつ、飛行機も操作するというところにありました

新仕様になると複数編隊ではなく編隊一つを操作し、帰還したら次の編隊を、という操作法に刷新されるわけですが、この時点で言えるのは空母を操作する意味はあるのか?という疑問です

空母を操作するメリットを考えるに殆どない。なぜなら島影に着けるか、マップの端っこに寄せてひたすら編隊を送り続けるのが従来で、これは新仕様で操作するのが単一編隊になったからといってそのままである

動かすときは逃げる時くらいでしょう

艦を操作することがこのゲームの醍醐味ならば、殆ど空母を動かす画面を見ないであろう現状において空母という存在価値は皆無。どこかのブログにも書いてあったが、この仕様なら陸上飛行場にして置けばいいのではないかという話

新仕様の方向性はより飛行機を主役にするだけで空母は脇役といっても過言ではない。逆に空母を主役にしたいなら、飛行機なんぞは発艦させるだけで自動的にbotのように攻撃してくれる仕様にでもするべきだ

飛行機が主役なら空母は要らず、飛び立つ拠点としての飛行場があればいい。そうは思わないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

  • Cool 17
  • Boring 1
  • Bad 2

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
176 posts
8,259 battles
2018/10/17 に 午前8時11分 に、uranan の発言:

 

飛行機が主役なら空母は要らず、飛び立つ拠点としての飛行場があればいい。そうは思わないでしょうか?

 

変更後の空母本体は、所謂「動く飛行場」としての役割になると思う。

むしろ、飛行場が移動するからこそ、空母は戦場に於いて脅威なのではないか?

今までと見える視点が変わるだけで、本質的な空母の脅威は変わらない。ただ、より他の艦船のそれに近づくだけであろう。(今までが所謂「神の目線」であり、戦場全体を支配できていた事がプレイヤーの腕前と絡んで問題となっていた事を忘れてはならない。)

  • Cool 5

Share this post


Link to post
Share on other sites
53
[KAXSA]
Member
22 posts
20,933 battles

元々空母は艦載機の航行距離が足りないので海上に起点を作る意味で作られたのだと認識してます。(違ったらごめんなさい)

なので、動く飛行場は空母として仕事を全うしてるかと

それに、相変わらず母艦を前に出せばリロード速度が上がることには変わりないみたいですしね

  • Cool 2

Share this post


Link to post
Share on other sites
178
[APOLO]
Member
348 posts
11,444 battles

空母を海上艦として見るならば、空母に巡洋艦並みの砲撃装備を付けさせ、いざというとき戦闘艦になれるというシステムにすればいい。「戦闘空母」ですね。もちろん、艦載機がゼロになったとか、味方が空母1隻だけになったとかの条件付きで。また速度を駆逐艦並みに高速にするとかして、移動を容易にさせるというのもアリだと思います。副砲を強化し10キロ射程にするとか、対空砲を米巡並みにするとか、本体の防御力を高めれば、空母はより安全になりますね。

新しい空母改革をしても、上の方のおっしゃる通り、他の海上艦とはやはり別次元の存在であるという点は変わらない。違和感は続くと思います。

  • Cool 2
  • Boring 1
  • Bad 3

Share this post


Link to post
Share on other sites
302
[MSAC]
Beta Tester
621 posts
4,596 battles

空母ベータテストで軽く龍驤を触った感じだとなかなか面白かったです。グラフィックも見てて楽しいですし、艦載機は雑に扱ってもどこからか補充されるようで、箱にされないのが初心者に優しいですね。でも母艦は必要と思いました。あと、上述の通り現状よりも飛行機が消耗品として見られていて、現実の空母の特徴である「艦載機の損害は漸減的で容易に戦闘力を回復できる」点は現在のRTS的空母より際立ってますね。現状のテスト仕様がそのまま実装される訳ではないということがあるのであくまで現時点の感想ですが。

現在のRTS的な空母の仕様であれ、テスト中のフライトシミュレーション的な空母の仕様であれ、仮に母艦をなくすとなると、それに代わる飛行場をどこに設置するのかという問題が出てきます。

 

仮にシナリオ戦の飛行場のようにマップ内のどこかに置くとなると、一瞬でもスポットされたが最後、長距離砲撃や艦載機の爆撃でやられてしまいます。

ではダンケルクの敵機のように飛行場はマップ外に置くとなると、今度は何をもって空母を倒したことにするのかが難しくなり、また艦載機の往復に現状の倍程度の時間がかかります。

また母艦があることで、勝敗条件に大きく関係する陣地占領能力を空母も一応持っていますが、これがなくなってしまうと、水上戦闘艦と同じ1プレイヤーでありながら勝敗条件の一つは取れないことになってしまいます(拮抗した試合だと終盤に空母でも陣地を踏んで占領したりポイント増加を止めたりすることがあります)

まあ、こういう問題点もありますけど、このゲームはWorld of Warshipsであって、World of WarplanesでもなければWorld of AirBaseでもないのですから、空母の特徴である「移動可能である優位性」、「沈められる脆弱性」をあえて消すこともないのかなと思います。

  • Cool 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
176 posts
8,259 battles
9 時間前、rjguted の発言:

空母を海上艦として見るならば、空母に巡洋艦並みの砲撃装備を付けさせ、いざというとき戦闘艦になれるというシステムにすればいい。「戦闘空母」ですね。もちろん、艦載機がゼロになったとか、味方が空母1隻だけになったとかの条件付きで。

現状でも、加賀なんかは戦闘空母としての運用は可能だと思われます。当方も以前、接近戦を挑んで返り討ちに遭った経験があるので。ってか、副砲が重巡洋艦の主砲並みという時点で危険な艦船と認識してますね、今は。

(あと、艦長スキル次第ではそれを推し進める事も出来ますし(副砲特化艦長)、対空に特化したスキル配分も出来ますが、これは使うユーザー側の感性の問題なので、何が正しいかとは断言できないです。)

改変に際して、艦長スキルにも手が加わるとか聞きますので、ゲームとしてのwowsは、潜水艦の将来的実装も併せて何度目かの再誕を迎える事になりそうです。(できれば、その時期には艦長スキルの振り直しを無料にしてもらいたいとは思う。)

  • Boring 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
178
[APOLO]
Member
348 posts
11,444 battles

空母の存在自体が、違和感のかたまりというのが実感ですね。

海上艦同士でバトルしている最中に、違う角度から攻撃されるというなんとも「無粋な」感じを思います。もちろん、史実なのでしょうが、飛行機だけが違う角度から来るというのは新しい空母システムでも変わらない。

ゆくゆくは、空母の存在自体を廃止するべきだと思います。他の艦種の導入のほうがいいと思います。ただ潜水艦については、空母飛行機と同じ違う角度からという違和感がありますが。

  • Cool 3
  • Bad 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
176 posts
8,259 battles
2019/1/29 に 午後11時40分 に、rjguted の発言:

空母の存在自体が、違和感のかたまりというのが実感ですね。

海上艦同士でバトルしている最中に、違う角度から攻撃されるというなんとも「無粋な」感じを思います。もちろん、史実なのでしょうが、飛行機だけが違う角度から来るというのは新しい空母システムでも変わらない。

ゆくゆくは、空母の存在自体を廃止するべきだと思います。他の艦種の導入のほうがいいと思います。ただ潜水艦については、空母飛行機と同じ違う角度からという違和感がありますが。

他の艦種……となると、史実の明石みたいな工作艦とか?(味方の耐久値を回復させる領域を自身の周囲に展開できる。ハロウィンイベントの一部艦船の消耗品の仕様の流用で、回復分が戦闘艦のダメージと同じ扱いで回復量が多ければ経験値も多くなる……みたいな感じ?)

なお、武装は最低限の物を装備するも、鈍足なので後方にいることになりそうですが。

Share this post


Link to post
Share on other sites
2
[4TF]
Beta Tester
1 post
3,240 battles

自分はこの空母システムが気に入ってます。コツを掴むまで難しいですが、操作してて楽しいです。

実はWowsが出たころからこういう空母を待っていたような気がします。

運営さんありがとうございます。

  • Cool 2
  • Bad 9

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
16 posts

新仕様の空母を操作してみて。

私は、艦攻、艦爆の飛行機のプレイがしたいんじゃないんです。あくまでも船の操船、展開をしたいんです。今回の改定では飛行機を操るだけに感じます。それに戦闘機の操作もできないのですか?これなら前の仕様のほうがまだマシだった(おまえがまだ操作を理解していないだけだというなら撤回しますが)とおもいますが。こんなに使い勝手が悪いなら一層空母は使わなくなりますね。いっそのことどの戦闘でも空母はBOTにしてもらってユーザーは扱えない仕様にしてもらい、空母狩りしてからユーザー同士の艦隊決戦にしたほうが面白い気がしますが。そうすると空母を開発する意味もなくなり結局はWOWSに空母はいらないという結論になってしまうか。そうすると史実との整合性がますますかけ離れてしまいますか。まあ、その辺は底辺ユーザーの愚痴としてもらっても、とにかく今回の空母は面白くないです。早期の改定を望みます

  • Cool 9
  • Bad 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
67 posts
2,887 battles
On ‎1‎/‎31‎/‎2019 at 9:37 PM, mutuhito_hafuri said:

他の艦種……となると、史実の明石みたいな工作艦とか?(味方の耐久値を回復させる領域を自身の周囲に展開できる。ハロウィンイベントの一部艦船の消耗品の仕様の流用で、回復分が戦闘艦のダメージと同じ扱いで回復量が多ければ経験値も多くなる……みたいな感じ?)

なお、武装は最低限の物を装備するも、鈍足なので後方にいることになりそうですが。

WoT、WoWs、WoWp(以下そんなものなかった禁止)というWGの提供する陸海空のゲームはオンラインシューティングゲームであると理解しています。

それ故、プレイヤーが操作するのは互いに撃ち合うための艦種であるべきというのが個人的意見です。(空母も艦載機を用いて撃ち合うと認識)

そんな中味方バフが主任務の補助艦を導入する、何が楽しくてそんな艦に乗らないといけないのでしょうか。MMORPGでヒーラーが好きな人は欲しがるんでしょうか?

バフ艦はシナリオでのNPC艦や別のシミュレーションゲームだけで十分だと思います。

 

潜水艦についてはハロウィンイベントのような潜水艦vsNPC水上艦というシチュエーションならともかく、空母以上に水上艦の戦線をズタズタにするのでランダム戦への投入は断固反対です。

あくまで現状の駆逐艦・巡洋艦・戦艦・航空母艦の枠内でゲームを構成するのが良いかと。

  • Cool 3
  • Boring 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
104
Member
133 posts
2,971 battles

まあ、個人的に言わせてもらうとそろそろ駆逐艦に占領や偵察の役割を求めない方向性にしたほうがいい。

潜水艦は占領にもってこいですし、艦載機は偵察にもってこいです。いずれもレーダーを無視できるので追い払われる心配はありません。

史実でも通商破壊に用いられたのは潜水艦であり、艦載機によっていかに敵艦隊を発見し、先行して攻撃するかが勝敗の分け目でした。

駆逐艦は本来偵察にも占領にも向かない艦種であるということをそろそろ受け入れるべきではないでしょうか? 偵察はもはや艦載機がメインで駆逐はサブのような扱いになりつつあるのであとは占領を誰が行うか?となるわけですが、潜水艦に私は期待しています。

駆逐艦は防空にしても対潜にしても艦隊護衛をメインとするのが自然だと思います。

従来の対艦戦闘の楽しさはだいぶ減少するかもしれませんが、そもそもこれだけ環境が複雑になると無理があると思うんですよね。

あと潜水艦がいてくれると潜水艦狩りをするのも潜水艦狩りを防ぐのも駆逐の任務になると思います

Edited by uranan
  • Cool 2
  • Boring 2
  • Bad 3

Share this post


Link to post
Share on other sites
104
Member
133 posts
2,971 battles

重要任務を与えられてようが与えられてまいが空母にとって対空が貧弱な艦を狙うのは当然でしょ

潜水艦を出さない理由は正直分からないし、空母を出した時点で純粋な艦砲射撃ゲームではないわけよ。そもそも駆逐にとって仕事がないっていうのは、どう行動するべきかが分からないという致命的な問題があると思うんですが(

だったら本来的に備わっている対潜哨戒を行わせるべきです。あと駆逐だけでなく巡洋艦にも対潜哨戒はできていいはずです。

 

 

Edited by uranan
  • Boring 3
  • Bad 4

Share this post


Link to post
Share on other sites
105
[LAB]
Member
47 posts
934 battles
5 時間前、uranan の発言:

重要任務を与えられてようが与えられてまいが空母にとって対空が貧弱な艦を狙うのは当然でしょ

潜水艦を出さない理由は正直分からないし、空母を出した時点で純粋な艦砲射撃ゲームではないわけよ。そもそも駆逐にとって仕事がないっていうのは、どう行動するべきかが分からないという致命的な問題があると思うんですが(

だったら本来的に備わっている対潜哨戒を行わせるべきです。あと駆逐だけでなく巡洋艦にも対潜哨戒はできていいはずです。

潜水艦を実装しない理由について

潜水艦の導入を行えば、情報量が増えることでユーザーの負担が増すという影響があるからだと思います。

詳細な情報が出ないのも、対潜システムがゲーム要素として実装できていないか、バランスを保てないからだと推測することができます。

操作性も含め、多くの面から見ても潜水艦の実装が近いうちに行われることはないと思われます。

 

駆逐に仕事(役割)がないという件について

空母アップデートにより、今までよりも駆逐艦での活躍の場が増えたと思います。

偵察といっても艦上機が常にスポットし続けることは不可能であり、アップデート前と同じく偵察を行う必要性は高いと思います。

また、開幕は艦上機によるスポットが行われるため、敵CA/CLの動きが容易に予測できることから、駆逐艦も優位に立てていると考えます。

占領についても、常に攻撃機が運用されているということは無いので、煙幕などを活用した占領も十分な影響力があります。

 

全般的な内容について

全面的に空母の必要性を否定する発言が目立ちますが、アップデートによって空母の役割が目立つようになっただけで目線以外は変わっていません

他スレッドでの発言と内容が被りますが、空母自体の本質は何も変わっていないと思います。

  • Cool 5

Share this post


Link to post
Share on other sites
104
Member
133 posts
2,971 battles

そもそも情報処理飽和の問題は既に存在します。その主原因は視認情報の共有です。これは既に多くの場面で指摘されています。

これによって、現状でも処理困難なレベルでの攻撃を受けるのです。

スポットされると一瞬でその情報が伝達するというシステムが全てを台無しにし、駆逐艦を隅に追いやっているんです。

したがって、情報処理についての懸念を抱かれるのなら、現状における一つの眼が持つ重要性が高すぎる問題をどうにかすべきです。

いくら駆逐艦が活躍できると説いても、無駄です。艦載機なら撃墜されてもHP的にはノーリスクでスポット出来るのですから、駆逐艦が積極的に前線に出る理由はないんですよ。

敵味方ともに出る駆逐は打たれるわけです。

そもそもHP管理が難しい駆逐に、最も攻撃が集中する前線に単独で向かえと言うのは非常識極まりないです。

潜水艦ならば前線に出ても特性上被発見リスクを軽減でき、効果的に駆逐艦に強いていた偵察と占領を代替できます。

Edited by uranan

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
67 posts
2,887 battles
27 minutes ago, uranan said:

そもそも情報処理飽和の問題は既に存在します。その主原因は視認情報の共有です。これは既に多くの場面で指摘されています。

これによって、現状でも処理困難なレベルでの攻撃を受けるのです。

スポットされると一瞬でその情報が伝達するというシステムが全てを台無しにし、駆逐艦を隅に追いやっているんです。

したがって、情報処理についての懸念を抱かれるのなら、現状における一つの眼が持つ重要性が高すぎる問題をどうにかすべきです。

いくら駆逐艦が活躍できると説いても、無駄です。艦載機なら撃墜されてもHP的にはノーリスクでスポット出来るのですから、駆逐艦が積極的に前線に出る理由はないんですよ。

敵味方ともに出る駆逐は打たれるわけです。

そもそもHP管理が難しい駆逐に、最も攻撃が集中する前線に単独で向かえと言うのは非常識極まりないです。

潜水艦ならば前線に出ても特性上被発見リスクを軽減でき、効果的に駆逐艦に強いていた偵察と占領を代替できます。

視界共有によって艦艇による視界確保のリスクが跳ねあがり、消極的な戦闘を生んでいる。視界システムは見直すべき

↑分かる

 

だから視界確保は潜水艦に行わせるべき

↑???

 

なぜここまで潜水艦を推すのか正直理解不能です。あなたは対潜哨戒を駆逐がやればいいと言っていますが、現状の視界確保より数倍リスクの高い行為ですよね?視界確保は隠蔽と相談しながら接敵せず行えますし魚雷の種類によってはそこから隠蔽雷撃も可能です。ですが潜水艦退治となれば遠距離対潜攻撃手段の存在しないWW2においてそれは”潜水艦の真上を通る”ことを意味します。当然島影もクソもありません。そして潜水艦にも当然視認されています。潜水艦自体の雷撃やスポットを受けた後方の水上艦からの砲撃の雨の中を爆雷攻撃の射程内に捕らえるまで接近しなければなりません。

誰がそんなクソみたいな作業するんですか?視界確保だけでも悲鳴をあげているというのに。

潜水艦というのはこのゲームのオンラインチーム戦という根本の仕様と致命的にミスマッチなんですよ。潜水艦で遊びたければ他にいいゲームがたくさんあるんでそっちで遊んではどうですかね

  • Cool 3

Share this post


Link to post
Share on other sites
105
[LAB]
Member
47 posts
934 battles
39 分前、uranan の発言:

そもそも情報処理飽和の問題は既に存在します。その主原因は視認情報の共有です。これは既に多くの場面で指摘されています。

これによって、現状でも処理困難なレベルでの攻撃を受けるのです。

スポットされると一瞬でその情報が伝達するというシステムが全てを台無しにし、駆逐艦を隅に追いやっているんです。

したがって、情報処理についての懸念を抱かれるのなら、現状における一つの眼が持つ重要性が高すぎる問題をどうにかすべきです。

いくら駆逐艦が活躍できると説いても、無駄です。艦載機なら撃墜されてもHP的にはノーリスクでスポット出来るのですから、駆逐艦が積極的に前線に出る理由はないんですよ。

敵味方ともに出る駆逐は打たれるわけです。

そもそもHP管理が難しい駆逐に、最も攻撃が集中する前線に単独で向かえと言うのは非常識極まりないです。

潜水艦ならば前線に出ても特性上被発見リスクを軽減でき、効果的に駆逐艦に強いていた偵察と占領を代替できます。

情報処理飽和の問題について

ゲームという要素上、スポットによる情報伝達が無ければゲームとして成り立たないので、これについては仕方ないのではないでしょうか。

艦艇が個別にスポットを行い情報が共有されないという仕様であれば、駆逐艦が戦艦に対して一方的に雷撃を行うことが可能となってしまいます。

 

駆逐艦が積極的に前線に出なければならない理由について

空母アップデート以降、初期観測の役割は空母によって補われているので、駆逐艦が積極的に前線に行かなければならないという概念は減っています。

視界共有が艦上機により確保されることで、駆逐艦が積極的に前に出なければならないという状態は少なくなるはずです。

 

駆逐艦の活躍について

上記のような要素によって、駆逐艦の優位性は少なからず確保されています。

スポットの重要性が高すぎる問題と書かれておりますが、それはアップデート前後で変わった要素ではありません。

艦上機がスポットを行えば、駆逐艦が無理にスポットを行う必要もなくなるので、活躍の場は広がります。

  • Cool 3

Share this post


Link to post
Share on other sites
104
Member
133 posts
2,971 battles

≫視界共有が艦上機により確保されることで、駆逐艦が積極的に前に出なければならないという状態は少なくなるはずです。

では積極的に前に出ない駆逐艦がゲーム上担うべき役割やら敵水上艦に有効打を与える方法やらはあるんですか?

視界取りをしつつ、砲雷撃を加えるのが従来型の駆逐の姿だとすれば、現状型は視界取りにもならず、攻撃もまともに通らず、対空のために艦隊の周りを右往左往してるだけです。

もはや不得意分野しか残されていない状況で駆逐に求められるのは何かある?という状態なんですよ。いや長距離雷撃ができる島風とかは輝いてはいますけどね

≫空母アップデート以降、初期観測の役割は空母によって補われているので、駆逐艦が積極的に前線に行かなければならないという概念は減っています。

初期観測どころか、序盤から駆逐艦相手に張り付いて体力の半分を持っていくのが攻撃機じゃないですか?

駆逐が4隻マッチすることもありますが、その殆どは大概序盤で沈みます。むしろ駆逐が多いと対空が減るのでより空母が覇権を握るだけです。

≫艦艇が個別にスポットを行い情報が共有されないという仕様であれば、駆逐艦が戦艦に対して一方的に雷撃を行うことが可能となってしまいます。

共有されなくなる必要はないですが、即時に共有されるべきではないことです。結果として反応速度を求める戦いになるから飽和になるんです。

wotであればハルダウンするなり、装甲を活用するなり、茂みや建物角に駆け込むなりしますが、wowsは基本開けているので戦いに反応速度を求めてはいけないんですよ

 

Edited by uranan

Share this post


Link to post
Share on other sites
105
[LAB]
Member
47 posts
934 battles
 
 
4 時間前、uranan の発言:

≫視界共有が艦上機により確保されることで、駆逐艦が積極的に前に出なければならないという状態は少なくなるはずです。

では積極的に前に出ない駆逐艦がゲーム上担うべき役割やら敵水上艦に有効打を与える方法やらはあるんですか?

視界取りをしつつ、砲雷撃を加えるのが従来型の駆逐の姿だとすれば、現状型は視界取りにもならず、攻撃もまともに通らず、対空のために艦隊の周りを右往左往してるだけです。

もはや不得意分野しか残されていない状況で駆逐に求められるのは何かある?という状態なんですよ。いや長距離雷撃ができる島風とかは輝いてはいますけどね

駆逐艦が敵艦へ有効打を与えるために必要なのは中距離戦での雷撃であると考えます。

前線に出すぎると攻撃機からのミサイル攻撃の標的になってしまうことは確かですが、隠蔽性の高さと煙幕の組み合わせでその多くは回避できます。

敵空母が艦攻や艦爆を運用している場合、駆逐艦が持つ高い機動性により、標的にされても容易に回避することができます。

また、駆逐艦が視界取りとして役に立たないということはなく、艦上機では不可能な継続した観測が可能あり、これは大きなメリットと言えるでしょう。

 

5 時間前、uranan の発言:

≫空母アップデート以降、初期観測の役割は空母によって補われているので、駆逐艦が積極的に前線に行かなければならないという概念は減っています。

初期観測どころか、序盤から駆逐艦相手に張り付いて体力の半分を持っていくのが攻撃機じゃないですか?

駆逐が4隻マッチすることもありますが、その殆どは大概序盤で沈みます。むしろ駆逐が多いと対空が減るのでより空母が覇権を握るだけです。

序盤から攻撃機が駆逐艦相手に張り付くということですが、味方艦の対空射撃により開幕時の攻撃性を低減させることができます。

初動の次には陣形が整い味方艦隊の支援が優先されるため、開幕で攻撃機が運用された場合、艦攻や艦爆が投入される可能性が高く、駆逐艦が標的となる可能性も低減します。

艦隊が拡散した場合、攻撃機が駆逐艦のみを集中的に攻撃するのは困難であり、もし相手に見つかってしまっても、攻撃機との切り替えを行う間に移動することも十分に可能です。

殆どは大概序盤で沈むとありますが、これは上記のケースに当てはまらない運用を行っている場合に起こることで、適した運用を行えばこの限りではありません。

 

5 時間前、uranan の発言:

≫艦艇が個別にスポットを行い情報が共有されないという仕様であれば、駆逐艦が戦艦に対して一方的に雷撃を行うことが可能となってしまいます。

共有されなくなる必要はないですが、即時に共有されるべきではないことです。結果として反応速度を求める戦いになるから飽和になるんです。

wotであればハルダウンするなり、装甲を活用するなり、茂みや建物角に駆け込むなりしますが、wowsは基本開けているので戦いに反応速度を求めてはいけないんですよ

情報が瞬時に共有されることで、反応速度を求める戦いになってしまうとありますが、それは予期しない会敵時のみだと思います。

WoTの場合、基本的にはLTやMTが偵察を行うために情報不足による予想外の会敵があるので、即座な行動というのも求められます。

WoWsでは開幕時に艦上機がスポットを行うため、艦隊の状態を十分に把握することが可能であり、相手の動きを予測して動くことができるので反応速度を求める戦いにはならないと思います。

  • Cool 3

Share this post


Link to post
Share on other sites
655
[LSPC]
Beta Tester
558 posts
15,004 battles

まずuranan氏。

私は現仕様での潜水艦追加実装は断固として反対させていただきます。

理由としては、

・潜水艦と空母の視界共有によって、駆逐への対策が完全にできてしまうこと

・潜水艦に拠点占領機能をつけると、お互いの潜水艦が拠点に居座るという超絶不毛な構図が出来上がってしまう

・対潜任務という、駆逐に新たな負担を与えてしまう

索敵、雷撃、攪乱、占領等々、全艦種の中で一番役目の重いだろう駆逐に、さらなる負担を強いるつもりでしょうか。

また、巡洋艦や戦艦も、駆逐艦だけでなく、潜水艦からも警戒しなければなりません。

しかもどこから来るかわからない分、駆逐よりも質が悪いです。

余計なストレス要因となってしまうのは明らかです。

はっきり言います。対人戦において潜水艦は実装させるべきではありません。

潜水艦やりたい人はサイレントハンターとかをやっていればいいんです。

 

次にHiggins7936氏

あなたはまだT4までしか来ていません。

よって、あなたが今遭遇できるのは鳳翔とラングレーの2隻だけです。

鳳翔のロケットはというと、攻撃小隊が3機、搭載ロケット数は2本です。つまり威力2200のロケットを6本発射するわけです。

ラングレーも、攻撃小隊は3機、ロケットが4本、つまり威力1900のロケットが12本襲い掛かります。

ではT10はどうかと言いますと、

白龍からは威力3450のロケットを、6本3機、18本襲い掛かります。

ミッドウェイに至っては、威力2000のロケットを10本3機、30本のロケット、もしくは、威力5000のロケットが9本襲い掛かります。

それも同じ散布界で

密度からして全然違うんです。

あなたはこれを聞いてなお、T10空母戦場で駆逐単独で前に出る気になりますか?

何ならトレモでも開いてその威力を確かめてあげましょうか?

  • Cool 4
  • Funny 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
20
[FHS]
Member
41 posts
16,796 battles
On 2/13/2019 at 6:47 PM, uranan said:

まあ、個人的に言わせてもらうとそろそろ駆逐艦に占領や偵察の役割を求めない方向性にしたほうがいい。

潜水艦は占領にもってこいですし、艦載機は偵察にもってこいです。いずれもレーダーを無視できるので追い払われる心配はありません。

史実でも通商破壊に用いられたのは潜水艦であり、艦載機によっていかに敵艦隊を発見し、先行して攻撃するかが勝敗の分け目でした。

駆逐艦は本来偵察にも占領にも向かない艦種であるということをそろそろ受け入れるべきではないでしょうか? 偵察はもはや艦載機がメインで駆逐はサブのような扱いになりつつあるのであとは占領を誰が行うか?となるわけですが、潜水艦に私は期待しています。

駆逐艦は防空にしても対潜にしても艦隊護衛をメインとするのが自然だと思います。

従来の対艦戦闘の楽しさはだいぶ減少するかもしれませんが、そもそもこれだけ環境が複雑になると無理があると思うんですよね。

あと潜水艦がいてくれると潜水艦狩りをするのも潜水艦狩りを防ぐのも駆逐の任務になると思います

今これだけ新空母の仕様等で乱れまくっているランダム戦に新しい艦種を実装したらさらに混乱を招くだけかと思います。

それにCap戦や視界の駆け引きを楽しみたい駆逐乗りだっているんです。それを奪うのは駆逐乗りにとってあまりにも酷かと思います。

Goldenさんも記載されていますが現仕様だと駆逐は狙われた時点で大半のHPを失うことは明白です。敵空母がよほど下手でない限り回避することも厳しい現状を考えると潜水艦を実装したところでくいくが辛いという点に於いて何も変わらないかと。

Edited by HAATKA
  • Cool 3

Share this post


Link to post
Share on other sites
105
[LAB]
Member
47 posts
934 battles
17 時間前、Golden_ratio_S の発言:

あなたはまだT4までしか来ていません。

よって、あなたが今遭遇できるのは鳳翔とラングレーの2隻だけです。

艦艇のバランスにおいて、ブランクはありますが、日本ツリーが3ルート時(BB:大和、CA:Senjo、DD:島風)より艦艇バランスを見てきています。

戦績指標サービスを提供するサイトでも長らく統計分析を行っていますので、経験といった面での問題はないかと思います。

アップデート前においても、空母実装時には日本ツリーの開発を終えたので、おおまかな戦局についても把握しているつもりです。

アップデート後には、公開テストを含め、日本空母は鳳翔、龍驤、翔鶴、白龍、全てのTierで運用を行った経験があります。

米空母にはあまり触れていませんが、戦場でマッチングするので性能差や仕様についても理解しています。

説明された内容についても把握しており、今回はナレッジコミュニティでも議論された内容なので、他人のプレイも含めての情報収集を行いました。

 

17 時間前、Golden_ratio_S の発言:

白龍からは威力3450のロケットを、6本3機、18本襲い掛かります。

ミッドウェイに至っては、威力2000のロケットを10本3機、30本のロケット、もしくは、威力5000のロケットが9本襲い掛かります。

これについては述べられている通りで、駆逐艦にとって脅威であることに変わりはありません。

uranan氏の発言内容に「開幕から駆逐艦のHPの大半が削られる」など、曖昧な表現が多かったので返信時には空母全体のバランスを見て意見を述べています。

白龍やミッドウェイに搭載されている攻撃機であれば、標的とされた駆逐艦がHPの大半を喪失するケースも存在します。

これらは特定の行動パターンに当てはまる場合が多く、適切な動きをしたうえで、開幕からこういった状態に陥るのは極めて稀なケースだと思います。

標的にされた場合についても同様ですが、艦上機の切り替えや行動によって標的となる可能性を低減させることも可能です。

 

17 時間前、Golden_ratio_S の発言:

あなたはこれを聞いてなお、T10空母戦場で駆逐単独で前に出る気になりますか?

何ならトレモでも開いてその威力を確かめてあげましょうか?

「駆逐艦単独で前に出る」といった発言がありますが、この内容を全般的に肯定する発言は行っていません。

これは、高Tier帯の検証結果にて、駆逐艦で開幕から占領を行った場合、攻撃機の標的となりHPの大半を喪失するといった事例が高確率で観測されているためです。

これとは反対に、味方が陣形を組むまでの間、味方艦隊と行動している場合、攻撃機の標的となる事例は大きく低減しています。

空母による艦上機の運用パターンや味方艦隊の支援といった項目でも述べていますが、駆逐艦が戦果を出せずに一方的に撃沈する場合は運用に難があると考えます。

0.8.0.0アップデート以降、収集したデータでは、アップデート前と比較して、駆逐艦の戦績が大幅に下がるといった事象は確認できませんでした。

  • Cool 3
  • Boring 2
  • Bad 2

Share this post


Link to post
Share on other sites
655
[LSPC]
Beta Tester
558 posts
15,004 battles

再度言いますが、水上艦は駆け引きをして戦ってるんです。

各艦種と駆け引きをしてダメージを取り合い、沈めては沈められる。

そういう駆け引きをして我々は戦ってきました。この「駆け引き」こそが対人戦の柱なんです。

刷新前の空母も、敵空母や敵巡洋艦との駆け引きをして、

隙を見てダメージを与えたり、敵の艦載機を落としたりもしていました。

ですが、今の空母はどうでしょう?

極論を言ってしまえば、航空機を出して攻撃して、攻撃が終わったら別の航空機を出しての

繰り返しだけで成立してしまいます。

肝心の駆け引きの要素もほとんど取っ払ってしまい(前は濃すぎたが)、

役に立つのかどうかわからない戦闘機を1つ置くことしかできません。

攻撃面でも上手い人であればほぼ必中であり、ダメージ量の多寡を調節することくらいしかできません。

そしてそれを駆け引きというには語弊があります。

駆け引きの結果は、成功か失敗かの二択です。ダメージ量の多寡ではありません。

 

WoWsに限らず、対人戦は相手との駆け引きをして戦っています。

そこに駆け引きのできない現仕様の空母など、本来はもってくるべきではなかったんです。

だからもし空母を活かすのであれば、対空調整とか照準調整とか小手先の調整ばかりしていないで、

駆け引きができる、それでいて操作が煩雑にならない空母づくりをするべきなんですよ。

  • Cool 3

Share this post


Link to post
Share on other sites
104
Member
133 posts
2,971 battles

≫駆け引きの結果は、成功か失敗かの二択です。ダメージ量の多寡ではありません。

これには同意しません。

ダメージの多寡も重要な駆け引きであり、かつダメージを引き受けるという行為もwowsでは基本戦術です

ここで問題なのは、艦載機がいくらダメージを背負っても、替えが利く一点が駆け引きを不成立にしているわけです。

つまり刷新前の仕様であれば艦載機を墜されることが空母にとっては大きなリスクであったため、駆け引きが成立していたということになります。

よって結論として、残機無制限を「廃止」するか、それとも残機無制限だが、準備時間をより長くする、のいずれかが重要と考えます。

ただ残機無制限を廃止してしまうと結局終盤で手数を失った空母があとは浮かぶだけという事態を招きかねず、これは好ましくないので、準備時間を長くするという方向性しかないと思います。

また、操作が煩雑にならないことを成立させるRTS要素を廃止した時点で戦闘機編隊の廃止は避けられなかったのでしょう。現状のシステムで手動で操作できる戦闘機編隊の復活は見込めないと思います。

したがって対空の脆弱な駆逐艦への空母の影響を及ぼしにくくするのが最善であり、全体的に見ても防空の重要度を弱めた予告される最新の調整内容は妥当に思えます。

 

 

Edited by uranan
  • Cool 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
105
[LAB]
Member
47 posts
934 battles

水上艦が駆け引きをしていることは十分に承知していますし、アップデート前の方が駆け引きの重要度が高いということは間違いありません。

しかし、アップデート後の空母が水上艦との駆け引きを一切しないかと言えばそうではないと思います。

駆け引きの結果がダメージ量だけでなく、陣地の防衛や撃破の優先度など、他要素が絡んでいることは上記に記載した通りですが、

要素が薄くなったとても、水上艦と空母の駆け引きは確実に存在しています。

 

例として、制圧戦での状況を思い描いてみてください。

capを踏む水上艦に対して「防衛を行う空母」と「防衛を行わない空母」の差

戦闘において「前線の支援をする空母」と「前線の支援をせず狙いやすい敵だけを狙う空母」の差

運用において「配分を考えて中隊を運用する空母」と「後先考えず中隊を回している空母」の差

観測において「全体をしっかりと把握してくれる空母」と「適当に艦上機を飛ばしている空母」の差

上記は簡単な例ですが、これだけでも戦局に大きな影響を与えることは確実です。

 

アップデート前の空母が行っていた直接的な駆け引きとは遠い存在なのかもしれませんが、

アップデート後の空母も、結果的には駆け引きとして成り立っている思います。

  • Cool 3
  • Bad 2

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×