Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Atla_

新規艦艇及び新機能テスト時の大まかな性能公表の要求

13 comments in this topic

Recommended Posts

Member
54 posts
12,113 battles

新艦艇や新機能を導入する際、ライブサーバーでテストプレイを行っているのを見かけますが、明らかに調整もバランスも考えていないような事が散見されるためこのトピックを作成するに至りました。

STサーバーなどのいくつか内部にて調整された後にライブサーバーにてテストが行われ、そこから正式実装されているという流れは程度把握してはいますが、明らかに実装までに情報が無さすぎる

 

現状、新艦艇や新機能に関する情報を入手するには、公式のFacebookかリークサイトからが主になっていますが、

Facebookでは完全な情報が載っていることはほとんどなく、公式としては許されざる対象であるはずのリークサイトのほうが情報量が多いという始末。

そして公式サイトにはテスト艦艇がSTに配布された。という情報だけで、艦に関係する情報は全く出されていない。

 

公式で一切の情報が出ていない以上、プレイヤーの大多数はテスト艦の性能や消耗品に関する知識が全くない状況でテスト艦艇と遭遇しています。

そのためか、一部STやSTを含んだ分艦隊による意図的な初見殺し、初見狩りが行われています。まあそうなるよね。

 

知識量がものをいうゲームであることを知っている故に、このような事態がいまだにまかり通っていること自体が不思議でならない。

技量が近しい場合では知識量が勝敗を分けることがあるゲームにおいて運営/開発が性能を隠して何がテストだ。と怒りを通り越して諦観の念すら出てくる状態です。

そもそもライブサーバーにてテストが行われる段階まで来ているのに、なぜ全く情報を公表できないのだ。性能を公表出来ない状態なのになぜライブサーバーでテストしているのか。と言わせていただきたいです。

 

つまるところとしては、

ライブサーバーで新機能/新艦艇のテストを行うなら公式HPにある程度の性能/消耗品などの情報を開示

開示できない状態の物をライブサーバーにてテストを行う事の即刻撤廃

この2つを求めます。

Edited by Atla_

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
146 posts
7,466 battles

私も賛成ですね。

レーダーやソナーのあるなしだけで大きく戦場が変わります。

フェイスブックでのスペック公開をやめ、公式サイトでの公開をすればいいのではないでしょうか?

最近ミッション受領のためにポータルサイトでボタンを押さないと始まられないミッションが増えてきていますが、私はプレイヤーにポータルサイトを自分の目で見てほしいのだと考えています。もしそうなのであれば、ポータルサイトでの公開をすることでサイトへの訪問者が増えるのではないでしょうか?

フォーラムでも言えること

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
158 posts
16,585 battles

私も賛成です。

以前、ドイツ駆逐のライブサーバーでのテストが行われた際にも起きてた問題を根本的に解決してないと思っています。
現在では、開発者ブログ(FB)である程度なかば公式的ななにかとして出る、リリース前のテスト艦同士での分隊は組んではいけないことになってるようですが、やはりライブサーバーでの実装時の情報を出すべきだと思います。

ポータルに書かれるのが理想でしょうが、公式Wikiにおいてロシア語または英語のみでも最低限してほしいと思っています。

また、Wikiには正式リリースされてる艦の性能とテスト中の艦艇もが一緒の場所に書かれていますが、
ライブサーバーに実装される段階でスーパーテストのセクションを新たに作って開発者自身が変更したことを書き込んでほしいです。
(その際にはRSS取得可能にはしてほしい)
ST鯖内の情報は今までどおりでもいいですが、ライブサーバーに実装される際には開発者ブログ(FB)ではなく総合的に見れるWikiに書いてほしいとは思っています。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
79 posts
12,647 battles

ライブサーバーで新機能/新艦艇のテストを行うなら公式HPにある程度の性能/消耗品などの情報を開示

開示できない状態の物をライブサーバーにてテストを行う事の即刻撤廃

の上記2点は賛成ですね。(むしろなぜ上記2点をしないのか…)

追加で提案させて頂くなら、アプグレの効果を文字情報だけで開示されてもイマイチわかりにくい部分があると思うので、

従来のものとの比較(画面を縦に割り、左が従来のもの、右が新UGをつんだもの)動画があるといいですね。

散布界や集弾性に影響するものや、転舵や加速に関わるものは数値だけより実際に動画を観た方がわかりやすいので。

最近ライブストリーマーが配信で解説したり実際に乗ってみたりしてましたが、「えっ!?デモインが英巡加速してる!」とか「大和のこの集弾はヤバイ」とか

ユーザーがコメントが出るのも当然ですし、知らないと明らかに不利です。

新艦艇に関しても同様の事が言えますね。レーダー持ってるとか、範囲はどのくらいだとか、隠蔽何キロだとか、知らないと対処もクソもないですし。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
216 posts
4,292 battles

私も各所で情報収集してるおかげでテスト艦の情報を事前に対策を立てていますが

とりあえずテスト艦の性能を公式HPでも取り上げてもらいたいですね

最初に注意書きを添えてテスト艦の性能緒言を記載してもらえるだけでも大分違います

デベロッパーブログや海外のテスターさんのブログとかを収集して今のところなんとかやってますが

これくらい公式でもやってもらっても、それほどの労力はかからないはずです(私も事実、海外等で情報を集めて別所で記載させていただいてます)

むしろ運営側なので情報開示の手続きも簡単だと思いますよ?テンプレート作ってやればよろしいので楽です

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
216 posts
4,292 battles

33487293_2077053295954340_212222760821194752_n.thumb.jpg.e23047c1004e30c10b96a12df710d9a2.jpg

Tier9 日本駆逐艦 【北風】
船体性能
HP 20700
装甲 19mm
最高速度 33ノット
旋回時間 4.6秒
旋回半径 730m
水上発見距離 7.6 km
航空発見距離 4.4 km
煙幕射撃時被発見距離 2.4 km
【主砲】
長100mm砲 砲配置(4×2, AB-XY)
射程 12.5 km
リロード 3秒
砲塔旋回速度 180度あたり11.3秒
散布界 108m
シグマ 2.0
HEダメージ 1200
弾道初速 1000m / s
火災発生率 5%
APダメージ 1700
弾道初速 1000m / s

 

【魚雷】
魚雷管:1x6 610 mm (2種類選択できる)
610mm Type93 mod.2
最大ダメージ 20967
射程 10km
速力 67kt
リロード 167秒
砲塔旋回速度 180度あたり7.2秒
魚雷発見距離 1.7 km
610mm Type F3
最大ダメージ 21367
射程 8km
速力 76kt
リロード 157秒
砲塔旋回速度 180度あたり7.2秒
魚雷発見距離 1.8 km

 

【対空砲】
18х1 25 mm 射程:3.1 km、DPS:32
6x2 40 mm 射程:3.5 km、DPS:66
4x2 100 mm 射程:5.0 km、DPS:83

 

【消耗品】
(第1スロット) 応急修理
(第2スロット) 煙幕
(第3スロット) エンジンブースト
(第4スロット) 魚雷ブースター

 

Edited by konozama123

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
216 posts
4,292 battles

33524355_2077054339287569_8881297760247087104_n.thumb.jpg.0aeb306148d3cbe2cf50f7302cca3628.jpg

Tier10 日本駆逐艦 【春雲】
船体性能
HP 25600
装甲 19mm
最高速度 35.7ノット
旋回時間 5.5秒
旋回半径 830m
水上発見距離 7.9 km
航空発見距離 5.2 km
煙幕射撃時被発見距離 2.5 km

 

【主砲】
長100mm砲 砲配置(5×2, AB-XYZ)
射程 12.6 km
リロード 3秒
砲塔旋回速度 180度あたり11.3秒
散布界 108m
シグマ 2.0
HEダメージ 1200
弾道初速 1000m / s
火災発生率 5%
APダメージ 1700
弾道初速 1000m / s

 

【魚雷】
魚雷管:1x6 610 mm (2種類選択できる)
610mm Type93 mod.3
最大ダメージ 20967
射程 12km
速力 67kt
リロード 171秒
砲塔旋回速度 180度あたり7.2秒
魚雷発見距離 1.7 km
610mm Type F3
最大ダメージ 21367
射程 8km
速力 76kt
リロード 157秒
砲塔旋回速度 180度あたり7.2秒
魚雷発見距離 1.8 km

 

【対空砲】
16х1 25 mm 射程:3.1 km、DPS:29
6x2 40 mm 射程:3.5 km、DPS:66
5x2 100 mm 射程:5.0 km、DPS:104

 

【消耗品】
(第1スロット) 応急修理
(第2スロット) 煙幕
(第3スロット) エンジンブースト
(第4スロット) 魚雷ブースター

 

 

このようにするのは簡単だと思います

最初にもうテンプレート作っといて、一気に性能値を記述するだけです

是非とも事前に別所で公開された情報のまとめを公式HP等で公開することを願います

Edited by konozama123

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
158 posts
16,585 battles

あと、今回のT10特別アプグレのテスト等でとあるストリーマのアカウント名が「WoWsCSTesting***」とはなっているものの、
そもそもなんのテストをしているのかわからない状態で、同じ艦名の船でテストするのはどうなのか?というのがあります。

今回のライブサーバーでのテストで一番目に見えて悪質なのはGearingのアプグレじゃないでしょうか。

GEARINGが敵にいれば「相手の隠蔽は5.94km」と覚えてる人がほとんどでしょう。
しかし、ギアリングのアプグレは通常の-10%の被発見距離の低下ではなく-15%の被発見距離で、5.61kmとなります。

もう一度いいますが、アカウント名に「Testing」が入っててもそもそもなんのテストがされてるのかわからない、
例えば「同じ GEARING がおなじ隠蔽距離のはずなのに違う!」

これは大変悪質なテストです。

既存の艦艇のアプグレや消耗品が違うテストをする際には艦名を変えるようにしてほしいです。
具体的には同級の別の艦名ではなくクラン戦のレンタル艦艇のような [GEARING]
 みたいに変えるくらいは最低限するべきです。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
459 posts
10,605 battles

失礼な言い方かも知れないですが、初見殺し性能のテストみたいなものですからね。

最低限公式の方でテスト艦艇のスペックは公開していないと無意味だと思いますよ。

ぶっちゃけ調べない層はどうでもいい(どうせ調べないのでわからん殺しされ続ける)

一定数以上いる調べる層が割を食う初見殺し性能テストはやってても無意味

情報が公開されていれば(調べようがるのであれば)欠陥や苦手とするところで戦えるかもしれない。

例えばパン駆や朝潮のように深度魚雷であれば駆逐には当たらないので駆逐艦が(自艦への)魚雷を警戒する必要がないという意味で後続の状況によっては無茶スポットにも行けるでしょう

が、そういった情報を対峙するまでに公開情報として得ることができなければそういった欠陥を突くプレイイングもできない

現行のテストでは致命的な欠陥があったとしても、「テストでは初見殺しで乗り切り、本実装後スペックが知れ渡ることにより弱艦」などとなったら

一体何をテストしたのかとなりませんか?

上記にあるようなギアリングに関してはまさしく初見殺しと言っても過言ではないでしょう。

あるいはブリーフィングのステータスでは判断のつかない消耗品艦(レーダー・ソナー駆逐やレーダー巡洋など)も値すると思います

空母+強対空艦のプラなどの例から察するにシナジーや対策を加味しない個艦スペックだけしか見ていないテストであるならばランダム戦などに出す必要は一切ないかと思います。

Edited by inocentbullet

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
8 posts
4,805 battles
4 hours ago, space_of_ice said:

あと、今回のT10特別アプグレのテスト等でとあるストリーマのアカウント名が「WoWsCSTesting***」とはなっているものの、
そもそもなんのテストをしているのかわからない状態で、同じ艦名の船でテストするのはどうなのか?というのがあります。

今回のライブサーバーでのテストで一番目に見えて悪質なのはGearingのアプグレじゃないでしょうか。

GEARINGが敵にいれば「相手の隠蔽は5.94km」と覚えてる人がほとんどでしょう。
しかし、ギアリングのアプグレは通常の-10%の被発見距離の低下ではなく-15%の被発見距離で、5.61kmとなります。

もう一度いいますが、アカウント名に「Testing」が入っててもそもそもなんのテストがされてるのかわからない、
例えば「同じ GEARING がおなじ隠蔽距離のはずなのに違う!」

これは大変悪質なテストです。

既存の艦艇のアプグレや消耗品が違うテストをする際には艦名を変えるようにしてほしいです。
具体的には同級の別の艦名ではなくクラン戦のレンタル艦艇のような [GEARING]
 みたいに変えるくらいは最低限するべきです。

私も情報秘匿状態でライブサーバーテストする事に反対です。

せめて情報はきっちり開示し、誰がテストを行っているのかぐらいは記載すべきだと思います。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
146 posts
7,466 battles
5 hours ago, space_of_ice said:

具体的には同級の別の艦名ではなくクラン戦のレンタル艦艇のような [GEARING] みたいに変えるくらいは最低限するべきです。

島風の改良案の内ひとつが20km魚雷を深度魚雷とする案で 深度魚雷(20km)を装備したテスト島風の艦名は[SHIMAKAZE]となっていたはずなんだが…

大事なところをよく忘れられるな

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
158 posts
16,585 battles
57 minutes ago, Anew__Returner said:

島風の改良案の内ひとつが20km魚雷を深度魚雷とする案で 深度魚雷(20km)を装備したテスト島風の艦名は[SHIMAKAZE]となっていたはずなんだが…

大事なところをよく忘れられるな

[SHIMAKAZE]になってたのは知ってますし憶えてますが、そもそも、あれライブサーバーでテストしてましたっけ?
(してたらそっちで出したほうが良かったんですがしてた記憶が無いので……)
というのと、あのときはモジュールそのものが変わる(B船体と20kmD.W.魚雷と装填ブースターだっけ......)という意味でつけられたとは思うんですが……拡張MODやリークで見てるひとに言えばそういうことですね。それをアップグレードや消耗品を変えてテストするときにもしろってことです……

まぁ[ ]付きを先にレンタルで使っているので通常と違う何かしらのテスト艦とわかる専用の記号等を恒久的な法則として付けてほしいですね……
(もう、いっそのこと新規のテスト艦に対しても...)

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
295 posts
4,355 battles
On 2018/6/6 at 2:58 AM, space_of_ice said:

[SHIMAKAZE]になってたのは知ってますし憶えてますが、そもそも、あれライブサーバーでテストしてましたっけ?
(してたらそっちで出したほうが良かったんですがしてた記憶が無いので……)
というのと、あのときはモジュールそのものが変わる(B船体と20kmD.W.魚雷と装填ブースターだっけ......)という意味でつけられたとは思うんですが……拡張MODやリークで見てるひとに言えばそういうことですね。それをアップグレードや消耗品を変えてテストするときにもしろってことです……

まぁ[ ]付きを先にレンタルで使っているので通常と違う何かしらのテスト艦とわかる専用の記号等を恒久的な法則として付けてほしいですね……
(もう、いっそのこと新規のテスト艦に対しても...)

或いは従来と違うものをテストしている既存艦については姉妹艦もしくは仮想姉妹艦の名称をつけることで区別でもよいかもしれない。デモインに対するセーラムのような。今度実装される米軽巡の既存艦や、ツリー改編前日駆もそうだったし。

 

そしてトピ主旨である情報公開には全くもって賛成。テストプレイヤーしか性能の全容を把握していないようなもので、どうして『誰もが乗りうる』本実装を想定した性能テストが出来ると思うのか。

何度思ったか知れないけれど、これでテストとして適切であると考えているのが信じられない。ゲームバランスを考慮したテストプレイということで一部の熟練プレイヤーを厳選するとかなら大いに結構なのだが、どうやら本ゲームでのテスターとはそういうものでもないようだし......

Edited by Ailybird

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×