Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

二次大戦の開戦当時と終戦当時のイギリス海軍

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

二次大戦の開戦までに、イギリス帝国の支配地域は全世界に広がっていました。そして、限られた資源しか持たない島国に過ぎないイギリス本国は、植民地との繋がりを守るため、大規模な艦隊を維持する必要があったのです。従って、イギリス海軍には長い航行距離を誇る巡洋艦がとても多く存在していました。

このイギリス海軍は、6 年間に渡る海戦の中で大きく変化しました。イギリスの工業に多大な負荷を掛け続けた結果として、巡洋艦の戦力は戦前同様のレベルに維持されましたが、かつて海の女王として君臨していた戦艦は、その意義を失い、他の艦種が存在感を増す中で、すっかり影の薄い存在となってしまったのです。戦争の主力である駆逐艦は、大戦中に多大な損失を出しながらも、その数は 50% も増えていました。潜水艦もまたその有効性を証明し、海軍の編成の中で重要な地位を得ました。

そんな中で、海戦の新たな中核が第一線に出現しました。そう、航空母艦です。イギリス政府はそのポテンシャルを完全に認識していたため、1939年から 1945年にかけて、航空機を運用可能な艦艇の数は 8 倍にも増加し、駆逐艦に迫る数に達していました。

b3a11bfe-4a16-11e8-a942-38eaa7374f3c.jpg

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×