Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

[動画] How It Works : ミラー・マッチメイク

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

艦長の皆さん!

もうすぐアップデート 0.7.4 が登場しますので、その変更点の詳細をご紹介させて頂きます。開発者日記の新エピソードの内容は、ランク戦シーズン 9、クロンシュタット港の再現過程、スポーツマンシップ違反やアンフェア・プレイの抑止およびペナルティ、そして、マッチメイカーの調整についてです。この新しいビデオを楽しんだ上で、マッチメイカーの変更に関する追加情報を下記でお読み頂ければ幸いです。この課題は極めて重要ですので、詳しく説明させて頂きます。
 

アップデート 0.7.4 におけるマッチメイカーへの変更点
マッチメイカーとは、待機列からプレイヤーを選んでチームを編成するためのアルゴリズムであり、その主要なタスクは、できる限り短い時間で、できる限り高い品質のマッチメイクを組むことです。多くのケースにおいては、マッチメイカーはこれをうまくやってくれるのですが、時には、両チームが勝てるチャンスが同等であるにも関わらず、艦艇の種別や Tier が若干異なるために、プレイヤーが不満に思うことがあります。

アップデート 0.7.4 の正式リリースに伴ってマッチメイカーに加えられる主要な変更は、戦闘待機の最初の 3 分間におけるマッチメイカーの挙動に影響します。具体的には、その戦闘に加わることになる最初のプレイヤーが戦闘待機を開始して以後の 3 分間は、マッチメイカーは艦艇の種別と Tier を両チームで厳密に揃えようとするのです。これにより、充分な数のプレイヤーが戦闘待機中であれば、最も効果的なマッチメイクを実現できます。

最初のプレイヤーの戦闘待機時間が 3 分間を超えた場合には、その後はなるべく迅速にマッチメイクを組むことが重要となるため、艦種と Tier を厳密に揃えることを諦め、動作モードをアップデート 0.7.4 以前のものに切り替えます。深夜や早朝においては、サーバーのプレイヤー数が比較的少ない傾向があるため、切り替えが発生しやすくなると思われます。マッチメイカーへの変更は、分艦隊に参加するための検索には影響しませんのでご注意ください。

なお、現状での「標準的な」マッチメイク原則は以下の通りであり、この原則は、アップデート 0.7.4 の正式リリース後であっても、前述の通り待機時間が 3 分間を超えた場合には適用され続けます。

  • 最初に、マッチメイクはその時点で待機中のプレイヤー数に依存しており、時には「満員ではない」チーム (11 vs 11、10 vs 10 など) でマッチメイクが組まれる場合もあります。
  • 両チームにおけるトップ Tier 艦艇の数は、常に厳密に同じです。例えば、Tier X 戦において、一方のチームに Tier X の戦艦 2 隻、巡洋艦 3 隻、駆逐艦 1 隻が存在する場合には、相手チームでもこのラインナップが全く同じになるようにします。同様のルールが、ひとつ下の Tier の戦艦に対しても適用されます。すなわち、Tier X 戦において一方のチームに Tier IX 戦艦が 1 隻存在する場合には、相手チームにも Tier IX 戦艦 1 隻を加えます。航空母艦については、両チームで隻数と Tier が厳密に同一になるようにします。
  • マッチメイカーは、艦種毎の隻数を両チームでなるべく揃えることを試みますが、場合によっては、艦種に応じて若干の差違を許容します。具体的には、駆逐艦および戦艦の場合は最大 1 隻、巡洋艦の場合は最大 2 隻までの差を許容します。
  • さらには、マッチメイカーは各艦艇の国家を考慮しますが、国家別の配分については、艦艇の Tier とは無関係に行なわれます。マッチメイカーは、両チームでの国別の隻数をなるべく揃えることを試みます。すなわち、艦艇の Tier、種別、国家を両チームでなるべく揃えるように試みることになりますが、必ずしも厳密に揃えるわけではありません。何故ならば、システムが常に厳密に揃えることを試みた場合には、待機時間が 5 分を超えた上に、満員ではないマッチメイクを組まざるを得なくなることが考えられるためです。

例えば、一方のチームに戦艦 Yamato (X) が 2 隻、Iowa (IX) が 1 隻、Bismarck (VIII) が 1 隻存在するとします。この場合には、相手チームには必ず Tier X 戦艦 1 隻と Tier IX 戦艦 2 隻 (例えば、Montana (X) 2 隻と Izumo (IX) 1 隻) を加えますが、Tier VIII 戦艦については、必ずしも加えません。ここまでで、両チームに日本艦艇とアメリカ艦艇が加わる形となっていますので、相手チーム側のもう 1 隻については、ドイツの巡洋艦 Admiral Hipper (VIII) または駆逐艦 Z-23 (VIII) によって埋められる可能性があります。

改めて強調させて頂きますが、アップデート 0.7.4 の正式リリース後には、上記の標準原則は、最初のプレイヤーの戦闘待機時間が 3 分を超えた場合のみに適用されます。

改良版のマッチメイカーにより、両チームのラインナップを確認・評価するために気を散らされることが少なくなるため、多くのプレイヤーにとって海戦がより快適になるはずです。

それでは、World of Warships の海の戦場をお楽しみください!

Action Stations!

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×