Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
tsuji_tsutsuji

キャンペーンのタスク難易度/内容の調整について

10 comments in this topic

Recommended Posts

[NBT]
Member
11 posts
10,519 battles

今回の期間限定キャンペーン、楽しませてもらっています。

その上でキャンペーンのタスクの内容について、いくつか内容に不満があるためトピックを立てさせていただきました。

 

5-1:艦載魚雷によって11回命中弾を当てる

艦種制限イギリス駆逐・巡洋、Tier5以上

魚雷をダメージソースにできる駆逐ツリーがイギリスに実装されていない以上、プレミア艦のgallantかツリー巡洋を乗りまわすことになりますが、

イギリス巡洋艦で通常戦闘を逸脱しない範囲で魚雷を当てられる機会は、不可能ではないもののかなり限定的でかなりの数をこなす必要が出てきます。(煙幕に突撃する戦艦を狙う、引きうち姿勢、島裏で待機等)

gallantを持っていないために、無理に魚雷を当てようとして突撃・即沈するイギリス巡洋艦が出ているとTwitterなどで報告が上がっています。

 

5-4:1戦で艦載魚雷によって敵艦に90000HPダメージを与える。

艦種制限:駆逐・巡洋、Tier5以上

戦艦の水雷防御による減衰を加味すると実質10万ダメージ以上を必要としますが、巡洋艦で基本的に不可能でないかと思います。

駆逐であっても、日駆などの単発ダメージが高い魚雷を9本程度当てる必要が出てきますが、島風や装填ブースター、アドレナリンラッシュなどのサポートが必要になります。

そのため単発が低く魚雷を投げられる本数が少ないTier6以下の日駆ツリーまでしか開発できていない人にとっては門前払いに近い感覚があると思います。

なにより、戦闘で敵艦艇のスポットしにいかず、裏取りして与ダメを稼ぎに走る駆逐が散見しているため、ランダム戦が荒れています。

 

5-5:破壊的一撃を一つ取得する

艦種制限:Duke of York

まず性能として、中遠距離から戦艦のバイタルパートを貫通させることは難しく、狙う対象が駆逐・巡洋艦になってしまいます。

さらに、HE主体の攻撃となるイギリス戦艦ではHEで巡洋艦のバイタルパートを打ち抜いても、HPを50%以上一度に削るのは難しいです。

そのためAP主体の運用が必要になりますが、それではイギリス戦艦としての強みを活かしきれていません。

また、バイタルパートを2枚以上抜く必要が出てくるため、こちらも無理にでも接近していく必要が出てきますが、そもそも戦艦は接近戦に適した艦種ではありません。

さらに、そのタイミングは敵艦艇のHPが削られた戦闘後半では実績獲得が難しいため、戦闘の序盤中盤になります。

もう一つの獲得方法は、爆沈を狙うことですがこれは運以外の何物でもありません。

また、破壊的一撃のチャンスを増やすために、HPが50%以下の敵を放置して他の艦艇に砲撃を行うとなると、通常の戦闘から逸脱することになり、負ける確率が上がります。

 

以前にも、似たようなトピックが作られていますので再掲しておきます。

 

以前にもARPコラボの時に、駆逐を20隻撃沈しろというものがあり、真面目に戦っている人がキルスティールされミッションが進まない、もしくは無理に突撃して即沈する人が増えるといったことがありました。

結局のところ何が言いたいかというと、ただでさえafkやFF,TKなどが横行している酷いランダム戦で(特に今回はランク戦との時期が重なっていることもあり、腕に覚えがあるまともなプレイヤーが少なくなっている環境で)、

積極的に艦種の役割を放棄させチームの負けに繋がるようなタスクを課さないでほしいということにあります。

また、個人的な意見として、キャンペーンの名誉実績が欲しい人限定としているのは承知の上で、5-5のタスクは難易度が高すぎます。

このようなキャンペーンを実施してくれることは、非常にありがたく今後も発表されるたびにぜひ参加したいと考えていますが、その前に統計やテスターなどを利用しててストレスを感じさせない程度の難易度に調整をして頂きたいと思います。

 

もちろん、難易度の設定はプレイヤースキルに依存する部分が多分に含まれているため、今回タスクを上手く消化できていないのはただ自分の戦闘の運用方法がまずいだけという可能性もあります。

そのためこのトピックを見て内容について、反論・賛同の意見がありましたら是非コメントをお願いいたします。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
17 posts
11,241 battles

特定の史実をモチーフとしたイベントという試みは大変面白いのですが、従前より指摘されている戦闘バランスへの悪影響などマイナス面なども非常に目立ち賛否両論となってしまうのが残念です。

大きな目玉となるようなイベントをするならダンケルク作戦のような専用シナリオを用意してそちらで艦種別や特定条件のミッションをこなせるようにし、通常のランダム戦やランク戦では経験値などプレイスタイルに影響しない条件を課していくなどの方法を検討してみてはいかがでしょうか。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Administrator
207 posts
13,705 battles

一部同意で一部反対で…って感じですねぇ。

 

 まずミッションの大前提として「全部取らなきゃ進めない訳ではない」のでできるタスクだけを繰り返して受けていけば最終報酬までたどり着けます。そのうえで最終報酬をとる目的以外いわばプラスアルファの部分、タスク全部コンプや特定タスクの報酬が欲しいというのであるならばある程度以上の実力と研究実績、戦闘数が要求されるは当然であり問題はないと私は思います。

 そういう意味では今回のミッションは大体どれにも「頑張れば=戦闘回数を増やせば腕前や開発状況に関係なく」こなせるものが用意されていてかなり配慮がなされていると思います。ただそういった視点で見るとDoYならばミッション1と4、特に4が戦闘回数だけでは厳しい、ある一定以上の腕前が必要、特定の艦種が必要なものばかりで結果マッチングが戦艦だらけになったりし惜しい感じがしました。この部分は改善してほしいなと思います。

 

できるミッションさえこなし続ければクリアできるようになっており、またそれがきちんと周知されていればあとはプレイヤー側の問題になると思います。どんな条件にしてもそれを少しでもはやく、楽にこなそうとして周りに迷惑をかける人は出るでしょうしまた経験値や戦闘数、リボン、ダメージ合計などの「挑戦する」のではなく「積み重ねる」ものだけになってしまってはそれはそれで面白くないとも思います。

 

 余談ですが個人的には5-5は非常に簡単、対して4-5が非常にきついです。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
121 posts

そもそも北岬沖海戦のタスク報酬がDuke of Yorkで,タスク要件にDuke of Yorkとなっていること自体が不思議ですけど,私以外の皆様は不思議には感じないのだろうか?

年末年始のタスク報酬も,すでにTier6まで進めているので,実質はクレジットの返還と永久迷彩と1ポートがもらえる程度で,あまりありがたみが少ないし,タスクの条件がTier6以上になっている意味がいまひとつ分かりにくい。ある程度の技量があれば挑戦可能だと思うが,単純にゲームを続けさせるためだけのもののような気がする。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
459 posts
10,629 battles

現状ステージにより向いてる艦種や艦がかぶっている傾向にあるように感じます

例えば今やっている北岬沖海戦ではステージ5は魚雷系ミッションや戦艦撃墜ミッションなど

向いている艦種でいうのであれば英艦での魚雷11発、魚雷による9万ダメージ、戦艦を10隻撃沈などをまとめて取得できるのであれば

T8英巡のエディンバラやT10英巡マイノーターはその隠蔽性から隠蔽雷撃可能であり、マッチするT10戦艦をフルヘルスからやれれば9万ダメージも狙え(無論それ以外にも分散させて狙うことも可能)、レーダーを保有しているため前線の駆逐の処理能力もあるため狙おうと思えば3タスクの同時進行も狙えますし、

英駆逐のギャラントも(火力や敵の耐久的に9万ダメージは難しいものの)英雷撃ミッションと戦艦キルは同時進行で狙えるでしょう

またT10日本駆逐の島風であれば魚雷火力と瞬間投射量から9万ダメージ及び戦艦撃沈を並行して進められるという意味ではミッションに向いていると言える

常設な分ましとはいえ五十六ミッションなどもステージ4は戦艦限定ミッションが多く、他のステージでもそういった傾向がある

また、タスクの中には敵対相手を選ぶものがあり(駆逐艦を撃沈、航空機を○機撃墜、特定の国の艦にダメージなど)場合によってはターゲットとされた艦種にヘイトが集中するため乗るメリットが減るケースもあります

経験値やクレジットという全艦種に於いて達成できるようにタスクが設けられていることは好ましく思いますが、過度な偏りを減らすためにも「ミッションの達成が著しく困難な艦艇」や「ミッションのターゲットとして指定された艦艇」に対して何かしらのアプローチをかけてほしい、もしくはタスク自体を現状の汎用タスクではなくて構わないので各艦種専用タスクなどを万遍なく配置してほしいと思うことは多々あります

例えば

タスク1:敵艦艇のVPを○枚抜く(戦・巡向け) タスク2:リボン○個獲得する(巡・砲駆向け) タスク3:破壊的一撃○個取得(駆・戦向け) タスク4:航空機○機撃墜(空・巡向け) タスク5,6:クレジット&経験値(汎用)

としたり

「日本艦艇に○以上のダメージを与える:米艦限定」などと合わせて「日米以外の艦艇に経験値+10%、日本艦艇に+50%」などを併設して米艦過多を防ぐなど

※数字は適当です(

 

On 2018/1/14 at 1:11 AM, AP_Leo_26230816 said:

そもそも北岬沖海戦のタスク報酬がDuke of Yorkで,タスク要件にDuke of Yorkとなっていること自体が不思議ですけど,私以外の皆様は不思議には感じないのだろうか?

年末年始のタスク報酬も,すでにTier6まで進めているので,実質はクレジットの返還と永久迷彩と1ポートがもらえる程度で,あまりありがたみが少ないし,タスクの条件がTier6以上になっている意味がいまひとつ分かりにくい。ある程度の技量があれば挑戦可能だと思うが,単純にゲームを続けさせるためだけのもののような気がする。

Duke of york(去年のシュペー)などは全ミッションクリア実績や、Duke of Yorkを課金艦としても出しているためその販促を兼ねての意味合いだと思いますよ

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
617 posts
4,472 battles

自衛能力がぶっちぎりで低い空母ボーグに乗っていて敵空母にスポットされたにもかかわらず、私ではなくすぐ横にいる金剛ばかり集中砲火を食らっているという光景を目の当たりにして、相変わらずだなあと感じましたね。スポットしてきた敵戦闘機を排除し、結局その試合では私のチームは勝利。金剛にお見舞いしていた分の砲弾を私に向けていればほぼ間違いなく沈められ、そのままチームは敗北コースだったわけですが、敵チームはそれをせず、試合中盤で敵空母を落として勝利をつかむチャンスをオジャンにしてしまったのです。普段であればめったに見られない光景です。

 

かつてのアルペジオコラボイベントに比べたら、経験値やクレジットのような「数をこなせばOK」という要素があるのでマシです。しかし、現実としてランダム戦でミッション達成を優先し、勝利も味方への迷惑も顧みない人が出てきている以上、期間限定キャンペーンはまだまだ改善が必要、あるいはミッションの繰りかえし達成の周知活動が必要だと思います。

ミッションの分類としてseezer氏の出された「積み重ね」と「挑戦」という表現がきれいにまとまってると思うので活用します。以下、累計の経験値やクレジット、ダメージ、リボンのように、プレイしていれば特に意識しなくても達成できるものを「積み重ね系」、それ以外を「挑戦系」とします。

〇期間限定のミッションへの要望

・キャンペーン対象Tierを5以上から4以上に引き下げ、積み重ね系ミッションは全Tier対象にする。(主に新規のため)

・挑戦系のミッションは現状より求める条件を緩め、勝利しなければカウントしないようにする(累計で戦艦10隻撃沈なら、5隻に緩めるが勝利した試合のみカウント)

・ランダム、ランク、クランといったPvP戦の時間的・効率的優位性は確保の上で、COOPやシナリオ戦もミッションに組み込む

・inocentbullet氏の指摘の通り、挑戦系ミッションは内容に対する艦種毎の向き不向きがどうしても出てしまうので、それによりランダム戦が特定艦種で埋まることが無いよう、ミッションの内容を調整する(戦艦がターゲットになるミッションと同時に、ドレッドノートの取得など戦艦で受けやすいミッションを用意するなど)

 

史実の戦いをモチーフにしたミッションや特定の艦にスポットしたミッション自体は面白くてよいと思いますが、そのためにランダム戦が荒れ、ストレスを感じてしまっては意味がありません。ランダム戦での戦いの様相が変わるようなミッションはやめてほしいと思います。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
164 posts
17,067 battles

キャンペーンってそもそも累計16,500XP(一直線の開発でTier4~5くらい)で開放されるので、初心者向けの無期限キャンペーン「勝利の科学」の最初のほうではTier3~となってます。

期間限定とはいえTier7戦艦がもらえるタスクとして(新規のためと言って)全Tierを対象にする必要が全く無いと思いますが……(購入も可能ですので艦艇を得る機会自体は用意されてます。もっとも初心者がいきなりランダムにその艦艇で出て味方からどう思われるかは別ですが……)

キャンペーンが出てだいぶ時間が経つのに、「サブタスクを繰り返し達成して、達成の都度にスターを獲得できる」という基本的なことを理解してない、もしくは理解しててもその条件の艦種・Tierの実力が伴ってないのにサブタスクの報酬を全部欲しい。または全タスク達成時の実績がほしいと無理して乗ってるのでは?というのが多い結果だとは思います。

慣れない艦種のタスクしかないなら経験値系やクレジット系を繰り返し達成してまずは、最終タスクを達成してから余裕がある時にたまたま取れたらいいな程度でそのタスクを達成するために味方の迷惑を顧みないことをするべきではないと考えてます。

ですのでタスク内容よりタスクを受ける人の問題なだけのように感じるので(今以上にわかりやすく)周知するほうが先ではないでしょうか。

「Coopやシナリオを含むこと」はCoopは現状程度で良いと思いますがシナリオを入れるのはどうかとは思いますよ?例えばナライとか普通に1戦で10~キルや20~30万ダメージ、60~撃墜、2000~基本経験値が普通に得られる場所ではあまりにも簡単すぎるというようになってしまうと思いますが……

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
617 posts
4,472 battles
37 分前、space_of_ice の発言:

期間限定とはいえTier7戦艦がもらえるタスクとして(新規のためと言って)全Tierを対象にする必要が全く無いと思いますが……(購入も可能ですので艦艇を得る機会自体は用意されてます。もっとも初心者がいきなりランダムにその艦艇で出て味方からどう思われるかは別ですが……)

確かにT7戦艦が報酬になってるのでTier制限厳しめというのは分かりますが、私自身アルぺイべの時に「T6以上の巡洋艦」しかも期間限定という条件からフリー経験値で古鷹を飛ばして青葉を用意し、それに乗りまくったことがあります(当時は戦艦と空母を主体に満遍なく進めていた)。当然ミッション達成の為の行動を最優先にするので当時の青葉の成績が悪かったのは言うまでもありませんし、味方にも迷惑をかけたと思います。今後例えばはいふりコラボイベとかで同じことを新規の方に味あわせたいかと言えば否です。今回のDuke of Yorkはどちらかと言えば既存向けのイベントなので趣が違うと言えばそうですが。それに、このゲームはTier帯によって大きく戦い方や戦場の様相が変わるので、新規でなくとも中低Tierを好んで乗る人もいるでしょうし、Duke of Yorkはいらないけど記念旗やコレクションは欲しいという人もいるでしょう。またこれまでの期間限定チャレンジやキャンペーンはT4以上の条件が多かったというのもあります。それらも含めてTier要件は緩和してはどうかと提案しました。それに、Duke of Yorkという艦が好きでどうしても乗りたいという人がゲームを始めた際、T1からでもミッションに取り組める場合と、T6まで進めないとミッションに取り組めない場合とで比べると、後者の方が「初心者が購入した艦艇でいきなりランダム戦に出てくる」事例は増えるかと思います。これはその初心者自身にも、その戦場に居合わせる味方にとっても歓迎できる事例とは思えません。

37 分前、space_of_ice の発言:

「Coopやシナリオを含むこと」はCoopは現状程度で良いと思いますがシナリオを入れるのはどうかとは思いますよ?例えばナライとか普通に1戦で10~キルや20~30万ダメージ、60~撃墜、2000~基本経験値が普通に得られる場所ではあまりにも簡単すぎるというようになってしまうと思いますが……

シナリオとCOOPについては「PvPの時間的、効率的優位性確保の上で」と断っています。私は主にCOOPの経験値とクレジットはそのまま加算させ、シナリオの分はある程度の係数をかけてから加算させることを想定していました。さすがにシナリオのダメージとランダムのダメージを等価に扱うつもりはありません。でも挑戦系のミッションはランダム戦で自分勝手に動かれるよりはまし(というより大筋の動きが決まってるので勝手に動く自由度に乏しい)ということでシナリオ限定のものがあってもいいと思います。1戦で何十万ダメージ与えるとか。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
121 posts

若干,オフトピ気味の発言をしてしまったようで,申し訳ない。ランダム戦1000回未満ですが,まぁ,Duke of Yorkを別途販売していることは承知していますが,Tier6艦艇を配付するより,10スキル艦長をいただいた方が助かると思ったのですけど,そのことは書き忘れていたようです。下手だということは自覚していますが,なんとか港ポートだけは増えました。当面,Tierが上がったとしても,既存艦を売らなくても済みそうです。

手持ちの艦艇それぞれに一応愛着があるのは手元に残しておきたいということですかね。重ねて,オフトピ気味であることをお詫びします。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
325 posts
17,579 battles

現在のキャンペーンは、勝利の科学とか名誉ある貢献などの長期キャンペーンと、以前のシューペシナリオ、今回の北岬沖などの短期シナリオに分類できます。

勝利の科学については以前に難易度調整が行われています。

今回は短期モードについて難易度が高いと言われてますが、今回の北岬沖には難易度が3段階設定されています。

1・Duke of Yorkを入手する。

2・コレクションをフルコンプする

3タスクをフルコンプする

1についてはT6を3つ以上(ランダム500戦くらい)のプレイヤーなら時間はぎりぎりですが達成できます

(EXP75000x3+45000で27万・・・T6レベルで280戦ほど、魚雷11本と戦艦10隻のどちらか選択すれば2週間あれば何とかなります)

※以前の神風R再びより数十倍まし

2については、Duke of Yorkを1週間で早めに入手すれば達成できます(ダブったコレクションで購入する必要はありますが)

3は空母以外のマルチプレイヤーで運が必要なので難易度は高いです。

特に今回は5-3の不具合で週末を無駄にしたので難易度が上がってます。

本音を言えばもう1週間期間が伸びれば、私でもタスクフルコンプできるくらいの難易度なので、激ムズまではいかないと思ってます。

専門職のプレイヤーにとっては、いつもと違う艦種や艦を使う必要があるので、難しいと感じてるのだと思います。

※ちなみに私は大口径2種でフルコンプできます。勝率約50%、K/D比1.2の私でもこの態度まで達成できますので、難易度的にそこまで難しくはないと思います

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×