Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

[メンテナンス] バージョン 0.6.14 [ 11/30 更新 ]

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

艦長の皆さん!

 

バージョン 0.6.14 のリリースに伴い、下記日程で World of Warships のサーバーメンテナンスを実施いたします。

メンテナンス開始 : 日本時間2017年11月30日(木) 06:00
メンテナンス終了 : 日本時間2017年11月30日(木) 08:00

 

 

詳細は以下のパッチノートをご覧ください。

 


0.6.14パッチノート


新技術ツリー 「パンアジア駆逐艦」

Spoiler

今回のアップデート 0.6.14 で待望のパンアジア駆逐艦が World of Warships に登場します!この新しいラインは Tier I 軽巡洋艦 Chenganで始まりますが、すぐに駆逐艦の舵にたどり着くでしょう!

新しく登場するのは下記艦艇です。

  • Tier I : Chengan
  • Tier II : Longjiang
  • Tier III : Phra Ruang
  • Tier VI : Shenyang
  • Tier V : Jianwei
  • Tier VI : Fushun
  • Tier VII : Gadjah Mada
  • Tier VIII : Hsienyang
  • Tier IX : Chung Mu
  • Tier X : Yueyang 
     

パンアジア駆逐艦の特徴

  • この技術ツリーは、イギリス、ソ連、アメリカ、日本、ドイツの艦艇からなる単一の技術ツリーです。
  • すべての駆逐艦は同様の性能を持つ「発煙装置」を搭載します。120 秒という短いクールダウンタイム(プレミアム消耗品では 80 秒)は、キーエリアの効率的な占領や、敵からの撤退時に有効です。さらに、煙幕内に隠れながらの敵艦艇への集中砲火にも活用できます。
  • 使用回数と有効時間も強みです。使用回数 4 回(プレミアム消耗品では 5 回)で、有効時間は 30 秒間、持続時間は 70 秒です。
  • パンアジア駆逐艦が搭載する深度魚雷は、駆逐艦以外のすべての艦艇に命中します。他の駆逐艦へ命中しないのは弱みですが、高い隠蔽性と火力は、浸水発生率を向上させます。
  • Tiers VIII - X では、「発煙装置」は「警戒レーダー」と交換可能です。「警戒レーダー」は、島影や煙幕内に隠れた敵艦艇を効率的に発見することができますが、「発煙装置」を持たずに前衛戦や隠蔽攻撃を行う場合は、戦術を大きく変更する必要があります。
  • Tier X Yueyang は、基本海面発見距離 7.4 km (最大 5.8 km )、航空発見距離 4.2 km、煙幕内での主砲射撃後の非発見距離 2.6 km で、アメリカ Tier X 駆逐艦 Gearing の基本海面発見距離 7.6 km (最大 5.9 km )、航空発見距離 4.3 km、煙幕内での主砲射撃後の非発見距離 2.8 km や、日本 Tier X 駆逐艦 Shimakaze の基本海面発見距離 7.6 km (最大 5.9 km )、航空発見距離 4.2 km、煙幕内での主砲射撃後の非発見距離 2.8 kmを引き離し、現状、Tier X 駆逐艦最高の隠蔽性を持ちます。
  • Tier X Yueyang の深度魚雷の被発見距離は 0.8 kmで射程は13.5 km、速度は最大 68 ノットです。魚雷発射管は 136 秒で再装填され、Tier X 艦艇の最大与ダメージは 17,900 です。

新しい国家用の研究センターに施設が追加されます。

 

深度魚雷
パンアジア技術ツリーのリリースと共に、新しい兵装「深度魚雷」が登場します。この魚雷は通常の魚雷に比べ深い位置を進み、艦艇の喫水によって命中せずその下を通り抜けます。

艦艇の下を通り抜ける魚雷は、サークルアイコンで表示されますが、注意音と接近中インジケーターは作動しません。

 

f0d6613e-d3ef-11e7-be5b-38eaa7374f3c_1200x.jpg

 

艦艇に脅威を与える魚雷は、水平のストライプ付きの三角形アイコンで表示されます。

 

f2ff30c6-d3ef-11e7-a75d-38eaa7374f3c_1200x.jpg

 

深度魚雷が届かない艦艇を補足した際には、「ターゲットを命中できません」のインジケーターが表示されます。深度魚雷は、通常魚雷と同じ方法で発見されます。

新オペレーション

e2b2861a-c9cb-11e7-af53-38eaa7374f3c_1200x.jpg


アップデート 0.6.14 リリースと共に、Tier VII 艦艇限定の新オペレーション 「極限の最前線」 が登場します。 

戦線が近づくにつれ、ルーアン環礁で進められている日本人科学者による極秘プロジェクトが空爆の危機に晒されようとしています。輸送機のグループがすべての研究員と極秘資料を避難させるため、ルーアンへ急行します。

あなたの任務は危険な敵艦艇を撃破しながら、輸送機を護衛することです。そのタスクの達成後は、避難完了まで飛行場を守り破壊を防ぎます。

詳細はこちら


ゲームバランスの変更

Spoiler

航空母艦 主な変更点
全ての航空母艦において、消耗品 『応急工作班』 の有効時間を 5 秒から 30 秒に延長しました。また、ゲーム内のすべての航空母艦について、HE 弾被弾時の火災発生率が Tier VI 艦艇の初期船体に適用される値と一致しました。

『応急工作班』 の有効時間延長により、HE 弾の集中砲火を浴びながらでも複数の飛行中隊を発艦させることが可能になります。一方で、クールダウン中の火災発生率は高くなります。

 

18e63346-d041-11e7-8f4f-38eaa7374f3c_1200x.jpg

 

アップデート 0.6.14 リリース時と同時に、航空母艦の最終船体に下記耐火性パラメーターが適用されます。

基本耐火性係数

艦艇 Tier アップデート 0.6.14 適用前 アップデート 0.6.14 適用後
IV 0.9001 0.8
V 0.8335 0.8
VI 0.7669 0.8
VII 0.7003 0.8
VIII 0.6337 0.8
IX 0.5671 0.8
X 0.5005 0.8

World of Warships における火災についての詳細はグローバル Wiki ページ (英語のみ) をご参照ください。

 

アメリカ航空母艦 : 航空管制の変更点

すべてのアメリカ航空母艦について、使用できる航空管制モジュールが 1 種類のみに変更されました。この変更では、各々のアメリカ航空母艦の個性を維持しながら汎用性を向上しました。また高 Tier 航空母艦 Lexington ( Tier VIII )、 Essex ( Tier IX ) 、Midway ( Tier X ) では、AP 弾を搭載した航空機を使用可能になり、戦闘に新しい可能性と、ゲームプレイの戦術に多様性をもたらします。HE 弾と異なり、AP 弾の爆弾投下地点は小さく、重装甲の艦艇に大きなダメージを与える事が可能ですが、火災を発生させることはできません。

 

AP 弾の性能

  • 爆弾散布界幅 : 51 m
  • 爆弾散布界長さ : 240 m
  • 最大ダメージ : 8,000

プレイヤーの皆さまはこの変更によって何も失いません。

1. ゲームから削除されるモジュールを既に研究済みの場合、そのモジュールの研究にかかったフリー EXP が補填されます。
2. ゲームから削除されるモジュールを既に購入済みの場合、そのモジュールの購入にかかったクレジットが補填されます。
3. ゲームから削除されるモジュールのかわりに搭載される初期モジュールを所有していない場合、無料で配布され自動的に艦艇に搭載されます。

 

Tier IV 航空母艦 Langley

  • 変更なし
     

Tier V 航空母艦 Bogue

航空管制およびモジュールへの変更。

  • 航空管制モジュール Mk5 mod. 2、Mk5 mod. 3 を研究リストから除外しました。既にこれらモジュールを購入していた場合、アカウントから削除されます。
  • モジュール Mk5 mod. (戦闘機 / 雷撃機 / 急降下爆撃機 1 組ずつ搭載)が自動的に搭載されます。初期モジュールを売却し、再購入していなかった場合、無料で本モジュールが配布・搭載されます。

技術ツリーから削除される研究・購入済のモジュールの補填は下記の通りです。

  • 研究・購入済の Mk5 mod. 2 と Mk5 mod. 3 モジュールの補填: 580,000 クレジットと 7,000 フリー EXP
  • 研究済の Mk5 mod. 2 と Mk5 mod. 3 モジュールの補填 : 7,000 フリー EXP
  • 研究・購入済の Mk5 mod. 2 モジュールの補填: 290,000 クレジットと 3,500 フリー EXP
  • 研究・購入済の Mk5 mod. 3 モジュールの補填: 290,000 クレジットと 3,500 フリー EXP
  • 研究済の Mk5 mod. 2 モジュールの補填: 3,500 フリー EXP
  • 研究済の Mk5 mod. 3 モジュールの補填: 3,500 フリー EXP

 

Tier VI 航空母艦 Independence

航空管制およびモジュールの変更点。

  • 航空管制モジュール Mk6 mod. 2 および Mk6 mod. 3 を研究リストから除外しました。既にこれらモジュールを購入していた場合、アカウントから削除されます。
  • モジュール Mk6 mod. 1 (戦闘機 / 雷撃機 / 急降下爆撃機 1 組ずつ搭載) が自動的に搭載されます。初期モジュールを売却し、再購入していなかった場合、無料で本モジュールが配布・搭載されます。
  • モジュール Douglas SBD-5 (急降下爆撃機) を研究可能モジュールに追加しました。

技術ツリーから削除される研究・購入済のモジュールの補填は下記の通りです。

  • 研究・購入済の Mk6 mod. 2 および Mk6 mod. 3 モジュールの補填: 1,060,000 クレジット、13,000 フリーEXP
  • 研究済の Mk6 mod. 2 および Mk6 mod. 3 モジュールの補填: 13,000 フリー EXP
  • 研究・購入済の Mk6 mod. 2 モジュールの補填: 530,000 クレジット、6,500 フリー EXP
  • 研究・購入済の Mk6 mod. 3 モジュールの補填: 530,000 クレジット、6,500 フリー EXP
  • 研究済の Mk6 mod. 2 モジュールの補填: 6,500 フリー EXP
  • 研究済の Mk6 mod. 3 モジュールの補填: 6,500 フリー EXP

 

Tier VII 航空母艦 Ranger

航空管制およびモジュールの変更点

  • 航空管制モジュール Mk7 mod. 2 および Mk7 mod. 3 を研究リストから除外しました。既にこれらモジュールを購入していた場合、アカウントから削除されます。
  • モジュール Mk7 mod. 1  (戦闘機 / 雷撃機 1 組、 急降下爆撃機 2 組搭載) が自動的に搭載されます。初期モジュールを売却し、再購入していなかった場合、無料で本モジュールが配布・搭載されます。

技術ツリーから削除される研究・購入済のモジュールの補填は下記の通りです。

  • 研究・購入済の Mk7 mod. 2 および Mk7 mod. 3 モジュールの補填: 1,780,000 クレジット、23,000 フリー EXP
  • 研究済の Mk7 mod. 2 および Mk7 mod. 3 モジュールの補填: 23,000 フリー EXP
  • 研究・購入済の Mk7 mod. 2 モジュールの補填: 890,000 クレジット、11,500 フリー EXP
  • 研究・購入済の Mk7 mod. 3 モジュールの補填: 890,000 クレジット、11,500 フリー EXP
  • 研究済の Mk7 mod. 2 モジュールの補填: 11,500 フリー EXP
  • 研究済の Mk7 mod. 3 モジュールの補填: 11,500 フリー EXP

 

Tier VIII 航空母艦 Lexington

航空管制およびモジュールの変更点

  • 航空管制モジュール Mk8 mod. 2 および Mk8 mod. 3 を研究リストから除外しました。既にこれらモジュールを購入していた場合、アカウントから削除されます。
  • モジュール Mk8 mod. 1  (戦闘機 / 雷撃機 1 組、急降下爆撃機 2 組搭載) が自動的に搭載されます。初期モジュールを売却し、再購入していなかった場合、無料で本モジュールが配布・搭載されます。
  • モジュール Curtiss SB2C  (急降下爆撃機 AP 爆弾仕様) を研究可能モジュールに追加しました。

技術ツリーから削除される研究・購入済のモジュールの補填は下記の通りです。

  • 研究・購入済の Mk8 mod. 2 および Mk8 mod. 3 モジュールの補填: 2,840,000 クレジット、35,000 フリー EXP
  • 研究済の Mk8 mod. 2 および Mk8 mod. 3 モジュールの補填: 35,000 フリー EXP
  • 研究・購入済の Mk8 mod. 2 モジュールの補填: 1,420,000 クレジット、17,500 フリー EXP
  • 研究・購入済の Mk8 mod. 3 モジュールの補填: 1,420,000 クレジット、17,500 フリー EXP
  • 研究済の Mk8 mod. 2 モジュールの補填: 17,500 フリー EXP
  • 研究済の Mk8 mod. 3 モジュールの補填: 17,500 フリー EXP

 

Tier IX 航空母艦 Essex

航空管制およびモジュールの変更点

  • 航空管制モジュール Mk9 mod. 2 および Mk9 mod. 3 を研究リストから除外しました。既にこれらモジュールを購入していた場合、アカウントから削除されます。
  • モジュール Mk9 mod. 1  (戦闘機 2 組、雷撃機 1 組、急降下爆撃機 2 組搭載) が自動的に搭載されます。初期モジュールを売却し、再購入していなかった場合、無料で本モジュールが配布・搭載されます。
  • モジュール Vought F4U-4 (戦闘機) および Douglas BTD-1 (雷撃機) を研究リストから除外しました。既にこれらモジュールを購入していた場合、アカウントから削除されます。
  • モジュール Vought F4U-1 (戦闘機) および Grumman TBM-3 (雷撃機) 自動的に搭載されます。該当モジュールを売却し、再購入していなかった場合、無料で本モジュールが配布・搭載されます。
  • モジュール Douglas BTD-1 (急降下爆撃機 AP 爆弾仕様) を研究可能モジュールに追加しました。

技術ツリーから削除される研究・購入済のモジュールの補填は下記の通りです。

  • 研究・購入済の Mk9 mod. 2、Mk9 mod. 3、Vought F4U-4 および Douglas BTD-1 モジュールの補填: 7,320,000 クレジット、88,500 フリー EXP
  • 研究済の Mk9 mod. 2、Mk9 mod. 3、Vought F4U-4 および Douglas BTD-1 モジュールの補填: 88,500 フリー EXP
  • 研究・購入済の Mk9 mod. 2 モジュールの補填: 2,150,000 クレジット、26,000 フリー EXP
  • 研究・購入済の Mk9 mod. 3 モジュールの補填: 2,150,000 クレジット、26,000 フリー EXP
  • 研究・購入済の Vought F4U-4 モジュールの補填: 1,300,000 クレジット、15,500 フリー EXP
  • 研究・購入済の Douglas BTD-1 モジュールの補填: 1,720,000 クレジット、21,000 フリー EXP
  • 研究済の Mk9 mod. 2 モジュールの補填: 26,000 フリー EXP
  • 研究済の Mk9 mod. 3 モジュールの補填: 26,000 フリー EXP
  • 研究済の Vought F4U-4 モジュールの補填: 15,500 フリー EXP
  • 研究済の Douglas BTD-1 モジュールの補填: 21,000 フリー EXP

 

Tier X 航空母艦 Midway

航空管制およびモジュールの変更点。

  • 航空管制モジュール Mk10 mod. 2 および Mk10 mod. 3 を研究リストから除外しました。既にこれらモジュールを購入していた場合、アカウントから削除されます。
  • モジュール Mk10 mod. 1 (戦闘機 / 雷撃機 / 急降下爆撃機 2 組ずつ搭載) が自動的に搭載されます。初期モジュールを売却し、再購入していなかった場合、無料で本モジュールが配布・搭載されます。
  • モジュール Douglas BTD-1 および Douglas XSB2D (雷撃機) を研究リストから除外しました。既にこれらモジュールを購入していた場合、アカウントから削除されます。
  • モジュール Grumman TBM-3 (雷撃機) が自動的に搭載されます。該当モジュールを売却し、再購入していなかった場合、無料で本モジュールが配布・搭載されます。
  • モジュール Kaiser XBTK-1 (急降下爆撃機 AP 爆弾仕様) を研究可能モジュールに追加しました。

技術ツリーから削除される研究・購入済のモジュールの補填は下記の通りです。

  • 研究・購入済の Mk10 mod. 2、Mk10 mod. 3、Douglas XSB2D モジュールの補填: 6,800,000 クレジットと 84,000 フリー EXP
  • 研究済みの Mk10 mod. 2、Mk10 mod. 3、Douglas XSB2D モジュールの補填: 84,000 フリー EXP
  • 研究・購入済の Mk10 mod. 2 モジュールの補填: 2,400,000 クレジットと 30,000 フリー EXP
  • 研究・購入済の Mk10 mod. 3 モジュールの補填: 2,400,000 クレジットと 30,000 フリー EXP
  • 研究・購入済の Douglas XSB2D モジュールの補填: 2,000,000 クレジットと 24,000 フリー EXP
  • 研究済みの Mk10 mod. 2 モジュールの補填: 30,000 フリー EXP
  • 研究済みの Mk10 mod. 3 モジュールの補填: 30,000 フリー EXP
  • 研究済みの Douglas XSB2D モジュールの補填: 24,000 フリー EXP

 

その他変更点

  • Colorado: Colorado (B) の HP を 50,100 から 59,300 に変更しました。さらに、船体 (A) の斉射の制度を若干量上昇させ、船体 (B) の斉射制度を若干量下げました。[ 11/29 更新 ]
  • Giulio Cesare: 対魚雷の喫水以下の装甲厚が 19% から 30% へと変更されました。
  • 特定の艦艇( Myoko、Mogami、Ibuki、Atago、ARP Myoko、ARP Ashigara、ARP Takao、ARP Haguro、Southern Dragon、Eastern Dragon、ARP Nachi、HSF Harekaze )の魚雷再装填時間を減少しました。

Type 8 mod. 2

  • Myoko は 76 秒から 70 秒へと変更されました。[ 11/30 更新 ]

 

Type 90 mod. 1

  • Atago、Mogami、ARP Takao、そして Ibuki は 109 秒から 101 秒へと変更されました。
  • Harekaze は 112 秒から 101 秒へと変更されました。
  • Myoko、ARP Myoko、ARP Ashigara、ARP Haguro、ARP Nachi、Southern Dragon、そして Eastern Dragon は 82 秒から 76 秒へと変更されました。

 

Type 93 mod. 2

  • Ibuki は 120 秒から 112 秒へと変更されました。

 

上記のように再装填時間を短縮することにより、魚雷のパフォーマンスの一部均一化を図りながら、魚雷全体の効率化を促します。

アップグレードスロットの調整

Spoiler

下記アップグレードの価格調整を行いました。各スロットはその直前に導入したアップグレードより高価な値となります。具体的な価格は以下となります。

  • スロット 1 : 125,000
  • スロット 2 : 250,000
  • スロット 3 : 500,000
  • スロット 4 : 1,000,000
  • スロット 5 : 2,000,000
  • スロット 6 : 3,000,000

この変更により、艦艇の研究やロジックを首尾一貫した矛盾のないものに近づけると思っています。既に艦艇に装備されているアップグレードはそのまま該当艦艇に搭載されたままとなります。

変更リストは以下の通りとなります  (ハイライトされているレアアップグレードは違うスロットに転送されます):

3130621a-d040-11e7-8112-38eaa7374f3c.jpg 3383426c-d040-11e7-afcc-38eaa7374f3c.jpg

 

スロット 1 に搭載されているアップグレードはそのままとなります。

以下のアップグレードは スロット 2 へと転送されます。

  • ダメージコントロールシステム改良 1
  • 推力改良 1
  • 操舵装置改良 1
  • エンジンブースト改良 1
  • 対空防御砲火改良 1
  • 水中聴音改良 1
  • 警戒レーダー改良 1

以下のアップグレードは スロット 3 へ転送されます。

  • 主砲改良 2
  • 航空管制 1
  • 飛行機隊改良 2
  • 対空砲改良 2
  • 副砲改良 2
  • 射撃管制室改良 1
  • 射撃システム改良 1
  • 発煙装置改良 1

以下のアップグレードは スロット 4へ転送されます。

  • ダメージコントロールシステム改良 2
  • 推力改良 2
  • 操舵装置改良 2

以下のアップグレードは スロット 5 へ転送されます。

  • 目標測距装置改良 1
  • 隠蔽システム改良 1
  • 操舵装置改良 3

以下のアップグレードは スロット 6 へ転送されます。

  • 主砲改良 3
  • 魚雷発射管改良 3
  • 射撃管制装置改良 2
  • 航空管制改良 2
  • 飛行機隊改良 3
  • 対空砲改良 3
  • 副砲改良 3
  • 射撃管制室改良 2 

現状搭載されているすべてのアップグレードは現状のまま維持されます。スロットの構成のみが変更となります。

Tier X 艦艇レンタル
アップデート 0.6.13 にて、ランダム戦かクランバトルを Tier VIII から X 艦艇でプレイしたすべてのプレイヤーに一時的に試乗できる以下 3 艦艇が付与されました: ドイツ巡洋艦 Hindenburg、ソ連駆逐艦 Grozovoi、そしてアメリカ戦艦 Montana。

アップデート 0.6.14 では、これらの艦艇はプレイヤーのアカウントからは除外され、代わりに以下の艦艇で置き換えられます: ソ連巡洋艦 Moskva、アメリカ駆逐艦 Gearing。アメリカ戦艦 Montana は継続となります (アップデート 0.6.15 で削除されます)。[ 11/29 更新 ]

※ レンタル艦の Hindenburg、Grozovoi、そして Montana がアカウントから削除された後は、艦長はリザーブに移動されてスキルポイントはリセットされます。アップデート 0.6.14 ではそれらの艦長を改めて再配置することができます。レンタル艦艇に採用した艦長は各国家の初期艦艇に自動的に再訓練されます。

艦艇が欲しい方はアップデート 0.6.14 後にランダム戦かクランバトルを Tier VIII から X 艦艇でプレイしてください。

より詳しい情報は、クラン戦ページをご覧ください。


グラフィック改善

Spoiler

以下の変更点はすべてデザイン的な部分であり、ゲームプレイやバランスには一切影響がございません。

  • Monarch : モジュール Type 279 の見た目が最新の RDF Type 281 や RDF Type 281b へと変更されました。
  • Nelson : 艦首と主砲の一部が干渉していた不具合を修正しました。
  • Furutaka : 発艦姿勢を取った際のカタパルトギアの位置を変更しました。これにより主砲が右舷から後方に旋回した際にカタパルトギアの周辺を通過しなくなりました。
  • Ishizuchi, Mikasa : プレイヤーの強いリクエストにより、艦艇のネームプレートを戻しました。
  • Des Moines : 対空砲のグラフィックを改良しました。

 

以下艦艇のテクスチャーなどに細かい変更を加えました。

  • Gneisenau
  • Amagi
  • Giulio Сesare
  • Kii
  • Nelson

 

以下艦艇の船上の配置物のグラフィックに細かい変更を加えました。 [ 11/30 更新 ]

  • Myoko
  • ARP Myoko
  • ARP Ashigara
  • APR Takao
  • ARP Haguro
  • ARP Nachi
  • ARP Kongo
  • ARP Kirishima
  • ARP Haruna
  • ARP Hiei
  • Southern Dragon [ 11/30 更新 ]
  • Eastern Dragon [ 11/30 更新 ]
  • Bismarck
  • Yūgumo

新規コンテンツ
以下艦艇がスーパーテスター、デベロッパー、そしてコントリビューターに配布されます。

  • イタリア Tier VIII 戦艦 Roma
  • イギリス Tier VII 戦艦 Duke of York
  • アメリカ Tier X 巡洋艦 Salem
  • フランス Tier V 戦艦 Bretagne
  • フランス Tier VI 戦艦 Normandie
  • フランス Tier VII 戦艦 Lyon
  • フランス Tier VIII 戦艦 Richelieu

 
その他
アップデート 0.6.14 のリリース後は、プレミアム艦艇 Perth、Mikhail Kutuzov、そして Belfast をダブロンで売却する選択肢が削除されます。
すべてのパンアジア艦艇は技術ツリー上では 1 つの国旗のもとに統一されます。

 

その他の修正・改良点

  • ロード画面の TIPS 表記にコントロールキーが表示されない不具合を修正しました。
  • クラン画面が 2 つ同時に開けてしまっていた不具合を修正しました。
  • 特定条件下でコンバットミッションが選択不可能になる事象を修正しました。
  • クランページで、お知らせからクランの本部ページに移動できない不具合を修正しました。
  • 戦闘中や、港において分艦隊に所属している状態で接続が切れて戻った際に、インジケーター等が消失する不具合を修正しました。
  • シナリオモードで、カメラが目標物から 180 度の方向を向いてしまうと、条件を満たしていても判定が取れない不具合を修正しました。
  • 特定の条件下で「港に戻る」ボタンを連続でクリックすると、違う艦艇が選択される不具合を修正しました。
  • シナリオモードにて、既に出撃している飛行機隊が撃墜されてるときに、空母から同種の飛行機隊が発艦しようとするとそのまま発艦できてしまう不具合を修正しました。
  • バトル開始のカウントダウン中に、飛行機隊の指示待機状態が表示される不具合を修正しました。
  • クライアントがウィンドウ表示モードの時に、画面外でカーソルを動かしてもゲーム内で画面左上まで動かせてしまう不具合を修正しました。
  • 分艦隊でプレイしているときに、クライアントの起動が不安定な不具合を修正しました。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×