Jump to content
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
tomato432

非公式訳:World of Warships: Graf Zeppelin Test

6 comments in this topic

Recommended Posts

ST Coordinator
575 posts
5,403 battles
World of Warships: Graf Zeppelin Test

*本記事はGraf Zeppelinのための特別テストに関する公開情報の非公式訳となっています。内容の正確性に関しては保証できません。また、最新の更新を反映していない可能性があります。詳細はリンク先を参照してください。

*また、本テストのフィードバック投稿先、投稿方法等やテストタスク内容に関しては公式ページまたはEメール等で送付されてくる情報に則りテストタスクを実施してください。本記事の内容との齟齬による一切のトラブルや不利益に関して責任を負いかねます。

*本記事に返信の形でフィードバックを行ってもGZ担当チームに届きません。指示された方法で送付してください。

 

艦長のみなさん、

GZの最初のテストを9月14日より開始します。テストの参加者はそれぞれ異なるセッティングがされたGZを2隻受け取ることになります。2隻ともAP爆弾を搭載していますが、散布界や落下時間などの点で差異があります。詳細は以下を参照してください。

 

9/14開始GZテスト内容

 

変更点詳細

従来のGZに搭載されていたAP爆弾の設定:

  • 散布界:54 х 270 m
  • ALTモードを使用した場合には散布界が50%狭くなります。
  • 防御放火消耗品の影響下にある場合には散布界が40%広くなります。
  • 爆弾の落下速度:345 m/s
  • 爆弾の落下時間:6.0 sec

 

今回のアップデートによる変更点:
今回の変更(Graf Zeppelin v1):

  • 爆弾の散布界は、54 x 210 m に縮小されました。。
  • Alt 攻撃を行った場合の散布界及び、対空防御放火影響下にある際の散布界の変化は、以前と同一です。
  • 爆弾の落下速度が 375m/秒に増加されました。
  • 爆弾の投下時間が 3.8 秒に短縮されました。
  • 航空機の離陸時間が50%に減少しました。
  • 爆撃機が帰還した際の再使用可能までの時間が半分になりました。
  • 戦闘機のTierが7に変更されましたが、戦闘性能は変更されていません。

一般的に、GZ 1バージョンは、空母をプレイし慣れた高いスキルを持ったプレイヤー向けに設計されています。このような爆撃機の性能特性によって良い精度が得られますが、目標を正確に選択し敵艦艇の動きを予測する必要があります。

航空機隊の離陸時間を短縮することによって、航空機隊が一斉発艦する際の所要時間が数秒間短縮されます。このため、戦闘開始時にわずかながらアドバンテージが生まれ、自分の航空機を真っ先に戦略的に重要なポイントへと到達させることができるでしょう。

爆弾の投下時間と爆弾の散布界を減少しました。3.8 秒の遅延は、依然として目標艦艇に回避する猶予を与えるものの、キャンプしている目標や、進路変更を行わない目標などに対してはもちろん、機動している目標に対してもより効果的に爆撃できるようになるでしょう。爆弾の落下速度の増加により、装甲貫通力が増え、装甲のある艦艇に対して一定のダメージが入るチャンスがより多くなります。

戦闘機の性能を変更せず、Tier のみ下げることにより、艦長スキル「ドッグファイト・エース」を使用するメリットが大きくなります。
今回の変更(Graf Zeppelin v2):

  • 爆弾の散布界が120 x 120 m に変更されました。
  • Alt 攻撃を行った場合の散布界は、20% 狭くなります。
  • 防御放火の影響下の散布界増加:自動攻撃時は100%増加、ALT攻撃時は50%増加
  • 爆弾の落下速度が 375m/秒に増加されました。
  • 爆弾の投下時間が 1.0 秒に短縮されました。
  • 戦闘機は以前のバージョンから変更はありません。

第二のバージョンは、すべてのプレイヤー向けに設計されており、空母プレイのための特別なスキルを必要としません。第一のバージョンと比べるとパフォーマンスは低いかもしれませんが、初心者でもより安定した戦果を得ることができるでしょう。
爆弾の落下速度と遅延は標準的な値に近いですが、投下エリアは全弾命中は発生しにくいように設定されており、巡洋艦やその他の幅の狭い目標に命中する確率もかなり低くなっています。

 

 

テストタスク

艦艇設定:無制限。スキル、消耗品、モジュール等一切制限なし。
テスト要件:テスト艦艇で行う総戦闘数のうち、過半数をソロかつランダム戦で行うこと。

その他:ダブロンやプレミアム消耗品等の使用に関するクレジットやダブロンの消費はテストでの補償内容に含まれていません。(使用しても補償されません。)
テスト終了後、テスト艦艇は削除され、艦長はリザーブに送られます。搭載されていたアップグレードや消耗品はインベントリに格納されます。
 

 

特別ミッション

テスターの方たち専用のIn-gameミッションを用意しました。GZ1、GZ2それぞれ個別に達成可能です。
このミッション群は9/14 18:00 (JST)以降に有効化され、テスト終了まで継続します。

 

ミッション1:
制限:ランダム戦、1度のみ達成可能
条件:9500のベース経験値を達成する
報酬:ランダムコンテナx3, 20000フリー経験値

 

ミッション2:
制限:ランダム戦、一日2度まで達成可能
条件:600艦艇ベース経験値を達成する
報酬:艦長経験値2倍

Edited by tomato432

Share this post


Link to post
Share on other sites
ST Coordinator
575 posts
5,403 battles

GZ TEST 1, 2 回収のお知らせ

 

2017/09/26中にテスターの方に配布されている、Graf Zeppelinのテスト艦艇 (GZ TEST1, GZ TEST2)が回収されます。(※テスト艦艇がアカウントから削除される際、艦長はリザーブへ、アップグレード・旗・消耗品は取り外されてインベントリへ送られます。)

これは09月28日に公開されるアップデートのパッチ適用のためです。本Graf Zeppelinテストに関しては、別の異なる仕様でのテストが今後も予定されています。

 

Edited by tomato432

Share this post


Link to post
Share on other sites
ST Coordinator
575 posts
5,403 battles

バージョン0.6.11.1 GZテスト内容


艦長のみなさん、

GZテストの第二フェーズを今週リリースされる0.6.11.1より開始します。

本バージョンでは、全テスターは深度魚雷を搭載した雷撃機を艦載するGZをテストすることになります。

 

変更点詳細

今回のアップデートによる変更点:

  • 雷撃機:Junkers 87C (深度魚雷搭載)
  • 航空管制:2-3-0
  • 魚雷形式: F5
  • 射程: 2 km
  • 雷速: 33 knots
  • ダメージ: 10500
  • 雷撃深度:5,85 m (艦艇ごとに喫水が異なるため、艦艇によって本魚雷で攻撃の可否が異なってきます。駆逐艦のほとんどは本魚雷に当たることはありませんが、その他の艦種にはほとんどの場合あたります。)
  • 航空隊隊形:十字

最初の編成設定に見られたDDに対する大きなダメージ・ポテンシャルはありませんが、このバージョンでは、雷撃機による様々なゲームプレイが行えるようになります。このバージョンでのGZからの対DD戦術はスポットのみ限られます。

 

 

特別ミッション(前回と同一) 
ミッション1:
制限:ランダム戦、1度のみ達成可能
条件:9500のベース経験値を達成する
報酬:ランダムコンテナx3, 20000フリー経験値
 
ミッション2:
制限:ランダム戦、一日2度まで達成可能
条件:600艦艇ベース経験値を達成する
報酬:艦長経験値2倍

 

 

追加連絡

GZテストフェーズ1のすべてのテスターの皆さん、ご参加ありがとうございました。AP爆弾搭載のGZに関するゲーム内サーベイをまもなく送付します。
 

Share this post


Link to post
Share on other sites
ST Coordinator
575 posts
5,403 battles

バージョン0.6.12.0 GZテスト内容


艦長のみなさん、
GZテストの第三フェーズを今週リリースされる0.6.12.0より開始します。
全テスターにGZ Test I及びGZ Test IIが配布されます。

 

変更点詳細

GZ TEST I:

  • 編成: 0-3-2
  • 爆撃機は二種から選択可能
    • AP爆弾装備機
    • HE爆弾装備機
  • 雷撃機は深度魚雷を装備(※駆逐艦/巡洋艦には攻撃不可。)

GZ TEST II: 

  • 編成: 2-0-3
  • 戦闘機:Tier7に変更(※Tierのみの変更・性能に変更なし)
  • 爆撃機:AP爆弾装備

共通:

  • AP爆弾装備爆撃機
    • 円形の爆弾投下範囲の形は前回と変わらず。ただし、半径が縮小された。(105m х 105m)
  • HE爆弾装備爆撃機
    • 投下範囲に変更なし(120m x 120m)
  • UI:
    • AP爆弾と深度魚雷のための新しいアイコンを実装

 

特別ミッション(前回と同一) 
ミッション1:
制限:ランダム戦、1度のみ達成可能
条件:9500のベース経験値を達成する
報酬:ランダムコンテナx3, 20000フリー経験値
 
ミッション2:
制限:ランダム戦、一日2度まで達成可能
条件:600艦艇ベース経験値を達成する
報酬:艦長経験値2倍

 

Edited by tomato432
一部わかりにくい表記を変更しました。

Share this post


Link to post
Share on other sites
ST Coordinator
575 posts
5,403 battles

バージョン0.6.13 GZテスト内容

艦長のみなさん、
GZテストの第四フェーズを開始します。

全テスターにGZ Test I及びGZ Test IIが配布されます。
 
変更点詳細

共通:
離陸時間および準備時間が短くなりました。
全種の航空機の着陸時間が短くなりました。

GZ TEST I:

航空管制 : 1-0-3 (戦闘機中隊:1, 爆撃機中隊:3)
戦闘機中隊は9機で構成されています。
戦闘機の Tier は VII に下げられました。(性能に変更はありません。)
爆撃機中隊は、AP 爆弾と HE 爆弾が選択できるようになっています。

GZ TEST II: 

航空管制 : 1-2-1 (戦闘機中隊:1, 雷撃中隊:2, 爆撃機中隊:1)
戦闘機中隊は9機で構成されています。
戦闘機の Tier は VII に下げられました。(性能に変更はありません。)
爆撃機中隊は、AP 爆弾と HE 爆弾が選択できるようになっています。
 
特別ミッション(前回と同一) 
ミッション1:
制限:ランダム戦、1度のみ達成可能
条件:9500のベース経験値を達成する
報酬:ランダムコンテナx3, 20000フリー経験値
 
ミッション2:
制限:ランダム戦、一日2度まで達成可能
条件:600艦艇ベース経験値を達成する
報酬:艦長経験値2倍

Share this post


Link to post
Share on other sites
ST Coordinator
575 posts
5,403 battles

次期 GZテスト内容


フィードバックを分析した結果、通常魚雷を装備した雷撃機を追加することにしました。港画面において、通常魚雷や深度魚雷を選択することができます。深度魚雷は駆逐艦にダメージ与えることはできませんが、通常魚雷と比較すると浸水が発生しやすくなっています。

爆撃機に関しては、HEとAPの二種類の爆弾を選択することができます。AP爆弾は一度の攻撃でより大きなダメージを与えることができ、HE爆弾は火災によって継続的なダメージを与えることやモジュールの破壊が可能となっています。

フィードバックをもとに、戦闘機のロードアウトを増やしハンガー内の機体数を若干減らしました。これによって攻撃機の数が増加しています。
また、デッキ上の副砲の角度を変更し、艦艇の両舷に対して発砲することができるようになりました。

GZの艦艇被発見距離と、艦載機のタイプについて多くのフィードバックがありました。これらの点に冠して、開発チームとしては、プレイヤーとの間の誤解を解きたいと考えています。
まず被発見距離についてですが、GZの船体と艦上構造物の高さこそが被発見挙の数値を減少させることはできない理由となっています。
また、艦載機についてはロードアウトを増加させること以外に変更を行う予定はありません。GZは非常に強力な攻撃的セットアップとなっており、GZのAP爆弾は戦艦や巡洋艦に対して非常に効果的ですし、雷撃機は多くの艦種を脅かし、副砲は駆逐艦に対する大きな脅威となっています。

さらに、敵対するチームには強力なGZに対抗するチャンスがなければなりませんし、それぞれの艦艇は慎重に取り扱わなければならないような繊細な一面をもっているものです。ドイツ空母GZの場合は、それが航空機の耐久性となっています。戦闘機に関していえば、機体のTier設定が7となっているので、これをむしろアドバンテージとして、艦長スキル”Dogfighting Expert”を使用することも良い考えでしょう。GZが戦闘中に遭遇する多くの航空機はTier8であると思われるので、かなり助けになるはずです。このスキルは秒当たりの平均ダメージを+10%増加させます。

テストセットアップ:

航空管制: 1-2-1 (戦闘機中隊1, 雷撃機中隊2, 爆撃機中隊1)
戦闘機中隊は8機で構成されています。(戦闘機総数は16機)
雷撃機中隊は5機で構成されています。(雷撃機総数は27機)
爆撃機中隊は9機で構成されています。(爆撃機総数は28機)
0.6.13時のGZ TEST2と同一の設定となります。
この設定はプレイヤーから非常に好評を受け、パフォーマンスも素晴らしいものでした。

航空管制: 2-0-3(戦闘機中隊2,爆撃機中隊3)
戦闘機中隊は5機で構成されています。(戦闘機総数は24機)
爆撃機中隊は3機で構成されています。(爆撃機総数は48機)
爆撃機はAP/HE爆弾から選択できます。
爆撃機の投下範囲は円形のままですが、少し小さくなりました。このため、高い精度を期待できます。

さらに、他のTier7巡洋艦と同様の水中聴音を追加しました。
効果時間:94秒
魚雷発見距離:2.97km
艦艇発見距離:4.2km
リロード時間:180秒(通常), 120秒(プレミアム)
使用可能回数:2(通常), 3(プレミアム)
水中聴音は空母の消耗品としては異例なものですが、GZの強力な副砲の引き立て役として、いくつかの状況下では有効なものとなるはずです。

近日中に次のテストを開始する予定です。期間は2週間を予定しています。このテストがおそらく最後のものとなります。テスト終了後、テスト参加者は最終製品版のGZを試すことができるようになる予定です。また以前の告知の通り、返金せずにGZを持ち続けることを選択したプレイヤーには、GZ専用のカスタム永久迷彩が配布されます。さらに、GZは少なくとも向こう3ヶ月間は販売されず、現在GZを所有するプレイヤーのみが独占的に所有することになります。この期間中、GZが気に入らなければ、返金を要求することができます。

Edited by tomato432

Share this post


Link to post
Share on other sites
Guest
This topic is now closed to further replies.

×