Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
sora201309

空母に護衛艦無しで撃沈が度々

7 comments in this topic

Recommended Posts

Member
7 posts
730 battles

占領すると占領POINT

撃沈すると撃沈のPOINT

でも

自軍の空母を護ってもPOINTはつかない

 

結果

 

空母が丸裸になり駆逐艦の餌食に

(POINTが無いので仕方ないか・・・)

 ↓

ある空母の艦長

・・・通常ありえないんじゃね?(と、全員を軍法(マナー)違反で通報対象にしたくなった)

 

ということで

 

<提案>

1、空母の周囲を護ると護るごとにポイントが加算される仕組みにしてはどうか?

2、1が出来ない場合は、AIで空母の周りを数隻配備し護らせるようにしてはどうか?(この場合は、空母を落とす難易度があがる)

 

・・・何度も経験し困ったので、提案してみました。1の場合でも、護らない場合は護らないでしょうが・・・。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
271 posts
2,733 battles

そもそも駆逐艦を「自力で発見して、そのまま自力で処理できる」のが空母ですし、速力も大半の艦で結構な速度が出ます。
最前線に突入しろとは言いませんが、味方艦隊の後方について行けば前線方向から駆逐艦が来るのは困難です。
移動を続けていれば魚雷を回避できる余地が多く生まれますし、敵の位置が分かるなら離れる事もある程度できるはずです。
 
空母の艦載機は戦闘機ですら背面飛行でもしているのか「魚雷も、艦本体も」発見できます。
煙幕の中は見れないとはいえマップ画面でなければ煙幕は表示されて「その辺りに煙幕を持った艦が居る」というくらいは分かります。
自分から味方の後方について行っている状態で自分に向かってきている敵駆逐艦を発見できれば周囲の味方も対応するはずですし、あえて「空母の護衛」として艦を遊ばせる必要はないのです。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
81 posts
4,395 battles

気持ちは分かりますが、護衛につくと空母は戦果を挙げていくのに自分は敵が来ない限り仕事がなく、AFKと大差ないことになってしまいます。また味方が押されている場合、護衛についていた艦艇が前に出ていれば押せていたかもしれず、護衛に付くのがいいのか悪いのか、その時にならないと分かりません。報酬があったとしても少ないでしょうし、対駆逐だけとなると流石に少なすぎでしょう。対空能力の高い艦艇なら敵機がくればワンチャンあるし対空に振った分だけ砲撃が劣るという事もあって喜ばれるかもしれませんが。

ですから、対駆逐で考えれば援護要請を出せば来てもらえるぐらいのところを付いていくとか、徹底的に位置を悟られないように隠れ続ける方が現実的です(島陰もいいですがばれたら流石に場所を変えましょう)。

それと索敵は何も駆逐だけの仕事ではありません。駆逐ができる索敵は局地的なものでしかなく、そもそも航空機は移動速度が違いますし地形も無視して通過できますから、敵駆逐が来た時点で空母の索敵が不十分だったとも取れます。先に敵駆逐を見つけておけばその近くの味方も護衛機飛ばすなりして気を付けるでしょうし、下手すりゃ駆逐より空母の方が足速いんですから逃げる暇もあるでしょう。

最初に制空権確保という戦術を取る場合でも、雷撃機や爆撃機の待機場所や帰投時のコースを少し曲げてやるだけでも違ってきます。それに一直線に帰投させると居場所を教えてるような物でもあります。


【ちょっとだけ追加】

なんちゃって空母乗りではこの程度の事までしか言えませんが、攻撃後の帰投のついでにミニマップ上の敵の足跡を更新することを心掛けるだけでも随分違います。艦艇の視界外になる隙間を定期的に通過して更新するとなお良いです。出て行った時には居たのに帰る時には居なくなっていたとなれば、それだけで警戒するに値しますし、近くの味方も警戒するでしょう…してくれるといいなぁ。

Edited by Tsukimi_soba

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
459 posts
10,629 battles

 

空母であるならば駆逐艦の優位性の1つである隠蔽を無力化することは駆逐艦よりも高機動の艦載機、及び駆逐自身の対空力の低さから比較的容易である。(一部艦艇は自前で対空防御砲火を積めるなど多少の自衛力は有している)

隠蔽を無力化された駆逐艦は基本的に取りうる択は少ない(※1)

Spoiler

①隠蔽をはがされているデメリットを打ち消すという意味で小口径砲による砲戦(対空砲起動による迎撃含む)

②回避できるだけの安全マージンを取り回避盾

③水上艦に対空援護を求めるために水上艦ラインまでの撤退

④戦闘機に対空援護を求めるために戦闘機に近づくor戦闘機の到着を煙幕や回避によって捌きつつ待つ

・・・etc

 

すなわち、空母あり戦場に於いて相手の駆逐が自由に動けているのであれば、空母によるスポット不足や制空力不足の可能性が非常に大きいと言える。

 

また空母の防衛については前線近くまで出ている空母を除きデメリットが大きい(※2)

Spoiler

防衛にさいた艦艇数分前線に寄与できる艦艇数が減る。

例え戦艦であったとして届く距離であっても着弾までの時間によってはたとえ相手が戦艦であっても回避ないし防御姿勢によるダメージ減少を起こしやすく、巡洋・駆逐であれば撃てるだけであり、回避は容易

また前線の艦艇が少なくなることから相手のロックが集中するという自体が起こりやすくなり、総じて各個に撃破される可能性が高まるというデメリットもある。

前線近くまでいる空母では空母自身に駆逐の裏どり以外のリスクが付きまとい結果として空母損失のデメリットが出てくる(※3)

Spoiler

前線近くにいることにより、空母が被発見となった際複数の艦艇の射程圏内であることが想定され、

現状艦載機のリロード時間の兼ね合いや、対空の強い空母で自身すら1対空艦と見なしている空母であれば、変わらないがそうではないプレイヤーの撃沈のリスクが高まる

ゆえに①の場合どのような条件により護ると設定するのかは不明であるが、デメリット部分が大きい

 

また、ポイント(=エリア維持時などに入ってくる勝利条件になっているポイントと認識しています)を空母に(空母のみに)与えるということは空母を特別視しろということに他ならず、現状の空母の視界面によるアドバンテージや瞬間火力(及び火災・浸水によるDOTダメージによる火力)と成功率の高さもあいまり(※4)、空母に求められる技量が今以上に上がることから初心者お断り艦種になることが起こり得ます。

 

Spoiler

瞬間火力に関して言えば

駆逐艦の魚雷(隠蔽雷撃)と比較し、近距離からの投下となるため回避猶予時間が短くなるため成功率が段違い

戦艦主砲(AP弾)と比較し、角度などの影響を受けにくく、砲撃という点攻撃に対し航空魚雷の線による攻撃から安定したダメージソースとなる

さらに回避運動をほぼ強要できるため、その後の展開をより優位に進めやすい

(駆逐艦からの雷撃の場合主力艦隊側に言えば艦首・艦尾を向けられやすく≒防御姿勢になりやすく、追撃は難しく側面を取っている場合は孤立しているため被発見時のリスクが大きい)

継続火力に関して言えば

巡洋艦主砲(HE)と比較し、最低2中隊は必要となるもののDOTを発生させたのち艦載機を見せることにより工作班の使用を抑制させたり、射程面及びリスク(巡洋は戦艦砲により、運や立ち回りが悪いとワンパンもあり得るが、空母は最大でも攻撃に用いた中隊のみで艦載機数によってはその後も継戦可能)面における優位性がある

 

補足:

ただし相手の対空艦の存在の有無や位置取りによってはそもそも狙うことが難しいこともあるが、水上艦も遮蔽により難しい場合があることを考慮に入れ、移動時間さえ費やせば任意により狙いやすい敵を狙える等のメリットから瞬間(DOTダメージによる継続)火力に関しては空母に分があると考えます。

 

また②に関して言えば空母はこれだけ自由度が高い中での欠点である自衛力を上げることは反対です

(火力はあれど実質的なリロード時間は艦載機の往復時間+発着艦時間+整備時間であり、戦艦のリロード時間すら大きく上回るため自衛力はことさら低い)

 

ここからは個人的な感想ですが、

どのような立ち回りをしていたのか知りませんので想像になります

 

17 hours ago, sora201309 said:

空母が丸裸になり駆逐艦の餌食に

(POINTが無いので仕方ないか・・・)

 ↓

ある空母の艦長

・・・通常ありえないんじゃね?(と、全員を軍法(マナー)違反で通報対象にしたくなった)

空母が護衛を受けれる位置に陣取らず、駆逐をスポットもせず、自由に動かし裏どりされて自衛もできずに食われてる空母って認識されてる可能性もありますよ

まぁどのような立ち回りをしていたのかわからないので想像ですがね。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
617 posts
4,472 battles

空母を護衛するとポイントが付いたりする仕組みは不要であると思います。自衛能力向上ならまだ考慮の余地はありますがそれにしてもAI護衛艦は扱いが難しい上に強すぎであると感じます。

護衛という大義名分のもと、巡洋艦が前線から離れてしまうのは好ましくないと思います。勿論、駆逐が裏取りしてきているとか、もうHPが皆無で空母の対空護衛艦くらいしかできないとかなら別ですが。そもそも、WoWsの空母はこと駆逐に対しては相当の自衛能力を持っています。同じWG製ゲームであるWoTの自走砲やリアル空母と比べれば破格の扱いです。具体的には、

・艦載機で自ら駆逐の隠蔽をはがし、攻撃できる

・火災にさえならなければ艦載機の離着艦ができる

・ある程度の装甲と体力があり、魚雷さえ受けなければ駆逐相手に一気にダメージを持っていかれることはない。

・一部を除き、副砲による一応の砲戦能力がある

・一部を除き、十分な速力を持っている

上に掲げた5つだけ見ても、空母には駆逐に抗う力が十分備わっています(※)。もし追加で自衛能力を付与するなら、副砲を主砲扱いにしてまともな砲戦能力を持たせるか、副砲射程の延長、全艦載機に艦艇への機銃掃射能力付与くらいですかね?

 

ちなみに開幕空母狙いが流行っていたころは、それ対策で対空防御砲火持ち巡洋艦が戦闘序盤に空母を護衛(あるいは、そうしてもらえるよう空母から頼む)するというのはありましたね。CBTのまだ空母が強かった頃の話ですが、護衛を申し出た巡洋艦のお陰で開幕空母狙いを完封できたこともありました。ただその頃ですら、開幕の危機が去れば巡洋艦は前線に出ていましたね。護衛を申し出た巡洋艦も、対空戦闘がひとしきり終わった後、「もう大丈夫」と言い残し前線へ向かって行きましたし。空母の重要性が今よりはるかに高かった当時でさえこれですから、今ことさらに空母を守ることに価値を与える必要はないし、空母の自衛力を高める必要もないと思います。

 

※ただし、T4,5米空母だけは低機動力からくる母艦の自衛力の低さはいかんともしがたい気がするので、ここに限っては何かしら救済があってもいいとは思います。煙幕張れるとか、隠蔽を上げるとか。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
152 posts
7,553 battles

気持ちは本当にわかります

特に低ティアでの駆逐艦は経験値欲しさまたは嬲り殺したいがために空母を狙ってきます

しかし空母はスポット、撃墜、撃沈と何でも屋であります

敵駆逐を撃沈するのも仕事のうちです

それができないということはその人の技量不足でしょう

※空母を守るごとにポイント加算というのは何を加算するのでしょうか?戦闘中のチケットでしょうか?それなら全員が空母を守り芋戦場が多発するのが目に見えます

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
270 posts
11,553 battles

 空母に護衛をつけるのはいいのですが、全体としてそれに見合うメリットが薄いように感じます。それに現在の仕様だと”駆逐艦の裏取りを許す”=空母プレイヤーの索敵不足・実力不足です。

 空母の護衛にポイント加算を作るという案ですが、この場合空母自体のゲーム内価値を高めることにつながるのではないでしょうか?勝てるプレイヤーは賞賛され、勝てないプレイヤーには罵倒と通報というのが更にエスカレートするのでは?

Edited by kazusa_32

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×