Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

IJN Spotlight : Kaga (加賀)

0 comments in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

 

艦長の皆さん

 

World of Warships に、Tier VII プレミアム艦艇として追加される航空母艦 「加賀」 は紆余曲折を経て完成した日本初の大型空母の一つでした。

ウォーゲーミングジャパン ミリタリーアドバイザー 宮永忠将が語る彼女の建造からの歴史背景を見てみましょう!

 

プレミアムショップのパッケージをチェック

 


 

BWl22nl.png

 

Kaga ( Tier VII プレミアム空母 )

「加賀」は日本海軍を代表する航空母艦であったが、その誕生には様々な見込み違いや偶然が関与している。

1910年代、世界的な大艦巨砲主義の潮流の中で、日本海軍は八八艦隊建造計画に邁進していた。長門型戦艦と天城型巡洋戦艦各 2 隻を皮切りに、艦隊主力として最新鋭の戦艦、巡洋戦艦各8隻を取りそろえようという大艦隊建造計画だ。しかし 1922年に列強間で締結されたワシントン海軍軍縮条約によって、八八艦隊の三番、四番戦艦となる予定だった加賀と土佐の2隻の戦艦は廃棄されることになった。また、同じく建造中の赤城と天城、2 隻の巡洋戦艦については、航空母艦への転用が認められた。

 

d9180b78-0498-11e7-8a5b-38eaa7374f3c.jpg
戦艦として完成した加賀の姿。長門型より攻撃力で2割ほど強化されたと想像できる。

 

神戸川崎造船所にて船体まで完成していた加賀はいったん海軍に引き渡しされて、横須賀まで曳航された。ボイラーなど各種部材を他の艦に転用するために、しばらく横須賀港に係留されたのだ。ところが、1923年09月01日に関東一円を襲った大震災により、横須賀のドックで改装工事中だった天城が台座から滑り落ち、大破してしまう。この結果、天城は廃艦となり、替わりに加賀が空母に転用されることになったのである。

 

日本海軍の艦艇命名規則では、戦艦には日本各地の歴史的な旧国名を使用し、航空母艦には空に関連する伝説上の幻獣や瑞兆が使用されることになっていた。しかし加賀については、すでに名前が決まっていたために、空母へと艦種変更になっても名前はそのまま残されたのである。

このように複雑ないきさつを経て、1928年03月に、加賀は空母として竣工した。

ただし、完成したのは長さの異なる三層の甲板を持つ異形の空母であった。さらに重巡洋艦に匹敵する 20cm 砲を 10 門も備え、艦中央から艦尾にかけての最上甲板の舷側には長大な煙突のダクトが張り付いていた。これは空母建造の経験が 1 万トン級の「鳳翔」しかない状態で、一気に 3 万 ~ 4 万トン級空母の建造にかからねばならなかったため、イギリスの「フューリアス」を参考にした結果であった。また、加賀改修時の 1920年代は航空機の航続距離も短く、航空母艦は主力艦隊の前衛にいて偵察任務に就くという運用が想定されていたので、敵巡洋艦隊との遭遇時にも打ち負けない砲戦力が必要と考えられたのだ。

 

KbT5paA.png
三段甲板状態の加賀の姿。艦載機の種類や大きさ、あるいは離着陸作業を考慮して甲板を分けたが、期待された効果は上がらなかった。

 

しかし、1930年にロンドン軍縮条約により空母にも保有制限がかけられると、加賀には搭載機数の増大のために大改装が施された。1934年から佐世保工廠で実施された工事により、全通式の一段甲板を持つおなじみの姿になった。

 

加賀は 80 機を超える搭載能力を有する、日本海軍でも最大級の空母であり、また日中戦争を通じて豊富な実戦経験もあった。このため、真珠湾攻撃に際しては空母赤城と一緒に第一航空戦隊を編成し、以後、南雲機動部隊の中核としてラバウル攻略作戦や、オーストラリアのポートダーウィン、ジャワのチラチャップ空襲などに参加した。

しかし、1942年06月05日のミッドウェー海戦で艦載機の発艦間際を空襲されて大火災を生じ、同海戦で失われた 4 空母のうち最大の戦死者を出しつつ、ガソリンタンクの誘爆によって沈没した。

 

 

空母加賀の評価は、肝心の太平洋戦争における活躍期間が短かったために難しい。搭載機数の多さや戦艦に由来する強靭な防御力などの見どころはある反面、改修後も艦尾両舷に 20cm 砲を残していたことや、速力の遅さは運用面における足かせである。

特に速力については、主力空母が 30 ノット超を出すのを当たり前にしている中で、28 ノット程度しかなく、これを理由に加賀の有用性を問う声がある。仮にミッドウェー海戦に生き残ったとしても、第二次大戦を通じて大型化を重ねた艦載機を運用するうえで、加賀の速力では活躍できる期間は意外に短かっただろうとの説もある。とはいえ、無事であったならば最前線に立ち続けていたことは想像に難くない。

 

日本海軍有数の搭載能力と、貧弱な速度という、長所と短所が極端な空母であるが、World of Warshipsの世界でどのような立ち位置を占めていくか、興味が尽きない航空母艦だ。

 

メディアギャラリー : Kaga (加賀)

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×