Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
nt_ksk

高ティア日本駆逐の魚雷性能変更についての提案

7 comments in this topic

Recommended Posts

43
[KAXSA]
Member
16 posts
20,842 battles

陽炎の後期魚雷type93.mod2以降の魚雷を酸素魚雷として

航空スポットされないようにしたらどうでしょうか

 

低ティアは日駆の方が米駆よりも魚雷射程が長いので必要ありませんが

高ティアは現状米駆の方が射程、被発見距離ともに優秀と日駆の特徴が失われています

また空母ありのマッチの場合隠蔽差の優位も失われるので

日駆を使うメリットが何一つなくなってしまいます

空母ありの分艦隊や空母ありのランク戦、チーム戦の場合日駆が選ばれることは殆どありません

(白露は魚雷強化対象ではない)

(秋月は対空が強いので消去法で選ばれることもあるがベンソンよりもかなり弱いので強化が必要)

艦の選択の多様性を保つためにも空母ありのマッチングでも日駆に役割を持たせることが必要なのではないでしょうか

 

ゲームバランスを調整すると同時に酸素魚雷という個性をゲームに反映できると言うのも私がこの提案をした大きな理由でもあります

 

日本海軍が酸素魚雷を使い始めた時代とか詳しい知識はないですし

今の日本駆逐の魚雷性能のまま航空スポットされなくするのはゲームバランスを崩すかもしれません

その場合航空スポットされなくなる代わりにほかの性能を少し落とすというような調整も必要かもしれません

賛否とともにこのあたりの意見もいただきたいです

Share this post


Link to post
Share on other sites
[SOLA]
Member
11 posts
10,798 battles

面白い意見だと思います!

このゲームにおいて、史実における酸素魚雷の見つかりにくさは生かされてませんでした。

威力が強いうえに見つかりにくかったら圧倒的な強さになってしまいます。

しかし、限定的ではありますがチーム戦などでは艦載機によるスポットが出来ず脅威となることは明らかであり、戦場へ新たな刺激となるでしょう。

よって私はこの意見に賛成です。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
0
[CHMRY]
Member
1 post
6,375 battles

初めて投稿します。


nt_kskさんのご意見に概ね賛成です。

 

艦の多様性を保つ為に日駆の魚雷調整が必要ではないかと常々思っておりました。

 

現状空母とマッチングすると航空スポットにより魚雷の優位性が大きく失われます。

命中率を上げる為には前に出るしかなく、現状の日駆の対空性能では航空機にスポットされ続ける事を単艦で防ぐ事は出来ません。

この辺りは味方空母や防空艦の支援を得る事により対策がとれますが、魚雷をスポットされる事に関しては対策はありません。

 

そこで本題の

陽炎の後期魚雷type93.mod2以降の魚雷を酸素魚雷として

航空スポットされないようにしたらどうでしょうか

 

に対してですが、威力を下げる事による調整は日駆の魚雷の威力が高い事による抑止力が失われてしまうと思います。

性能的に日駆に米駆の魚雷を積むという事になりかねないので反対です。

 

単純に航空スポット出来ない様にするのは強力過ぎると思うので消耗品という形での実装はいかがでしょうか?

見える魚雷に見えない魚雷を織り交ぜるというのは戦術的にも日駆の高威力魚雷による抑止力という方向性にも合っていると思います。

白露の様に消耗品として組み込む事により単艦での調整も容易ですから高ティアという枠にとらわれず「陽炎のみ」という事も可能かと思います。

 

今後の日駆でプレミアム艦艇が実装されうるのであれば単艦での特徴付けにもよろしいのではないかと思います。

 

皆さんいかがでしょうか?

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
81 posts
4,797 battles

ゲームバランスを調整すると同時に酸素魚雷という個性をゲームに反映できると言うのも私がこの提案をした大きな理由でもあります

 

日本海軍が酸素魚雷を使い始めた時代とか詳しい知識はないですし

今の日本駆逐の魚雷性能のまま航空スポットされなくするのはゲームバランスを崩すかもしれません

その場合航空スポットされなくなる代わりにほかの性能を少し落とすというような調整も必要かもしれません

賛否とともにこのあたりの意見もいただきたいです

 

初期装備として搭載し始めたのは陽炎型からだったと思います。
響などの後期まで残存した暁型にも乗せ換えという形で搭載されたことはあるようです。
wowsでは陽炎の610mm Type93魚雷がおそらくそれですね。以降は日本駆逐は全て酸素魚雷だと思います。

 

更にお伝えしておきますと、フレッチャーの533mm Mk16 と ギアリングの533mm Mark17 魚雷も酸素魚雷に類するものです。
(高ティア米駆の魚雷でもこの2つが特に射程、速度、被発見距離について良好なのはそのためです)

 

アメリカも酸素魚雷を使用していたというのが、あまり話題にならないのはアメリカは太平洋戦争中はこの魚雷を実践使用しなかったからですね。

 

このトピックでのnt_kskさんの意図はどちらかというと日駆の調整かと思いますが…。
酸素魚雷を航空スポットされないように、という変更ではフレッチャーとギアリングも強化されることになります。
もう少し別の視点で強化を考えた方が良いかと。

 

色々調べると、そもそもMk16って潜水艦用魚雷だからフレッチャーに乗ってるのおかしくないか?とか他にも提案可能な案はあると思います。
私の知識もネットレベルの知識なので誤りがあったらご指摘お願いします。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
271 posts
2,733 battles

 

>(高ティア米駆の魚雷でもこの2つが特に射程、速度、被発見距離について良好なのはそのためです)


名称 射程/雷速 爆薬量爆薬名(TNT以外ではTNT換算量)

基本性能はhttp://www.navweaps.com/Weapons/index_weapons.php#Torpedoes参照

空気魚雷

九〇式 15km/35kt 10km/42kt 7km/46kt 375kg九七式爆薬(TNT換算450-487.5kg相当)

mk15 Mod0 13.7km/26.5kt 9.15km/33.5kt 5.5km/45kt 224kgTNT

mk15 Mod3 12.8km/26.5kt 8.2km/33.5kt 4.1km/45kt 363kgTNT/373kgHBX(TNT換算596.8kg相当)


酸素魚雷

九三式1型 40km/36-38kt 32km/40-42kt 20km/48-50kt 490kg九七式爆薬(TNT換算588-637kg相当)

九三式3型 30km/36-38kt 25km/40-42kt 15km/48-50kt 780kg九七式爆薬(TNT換算936-1014kg相当)

過酸化水素魚雷

mk16 Mod0 6.4km/46kt 572kgTPX(TNT換算915.2kg相当)

mk16 Mod1 10.5km/46kt 435kgHBX(TNT換算696kg相当)

mk17 16.5km/46kt 399kgHBX(TNT換算638.4kg相当)

 

ゲーム中

610mm Type93 射程20.0km 雷速62kt 最大ダメージ20967 発見距離2.5km (+12-14kt)

610mm Type93 mod.3 射程12.0km 雷速67kt 最大ダメージ23767 発見距離1.7km (+17-19kt -3km)

533mm Mk16 mod.1 射程10.5km 雷速66kt 最大ダメージ19033 発見距離1.4km (+20kt)

533mm Mark17 射程16.5km 雷速66kt 最大ダメージ17900 発見距離1.4km (+20kt)

[それなくね?]

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
81 posts
4,797 battles

>(高ティア米駆の魚雷でもこの2つが特に射程、速度、被発見距離について良好なのはそのためです)


名称 射程/雷速 爆薬量爆薬名(TNT以外ではTNT換算量)
基本性能はhttp://www.navweaps.com/Weapons/index_weapons.php#Torpedoes参照

空気魚雷
九〇式 15km/35kt 10km/42kt 7km/46kt 375kg九七式爆薬(TNT換算450-487.5kg相当)
mk15 Mod0 13.7km/26.5kt 9.15km/33.5kt 5.5km/45kt 224kgTNT
mk15 Mod3 12.8km/26.5kt 8.2km/33.5kt 4.1km/45kt 363kgTNT/373kgHBX(TNT換算596.8kg相当)


酸素魚雷
九三式1型 40km/36-38kt 32km/40-42kt 20km/48-50kt 490kg九七式爆薬(TNT換算588-637kg相当)
九三式3型 30km/36-38kt 25km/40-42kt 15km/48-50kt 780kg九七式爆薬(TNT換算936-1014kg相当)

過酸化水素魚雷
mk16 Mod0 6.4km/46kt 572kgTPX(TNT換算915.2kg相当)
mk16 Mod1 10.5km/46kt 435kgHBX(TNT換算696kg相当)
mk17 16.5km/46kt 399kgHBX(TNT換算638.4kg相当)

 

ゲーム中
610mm Type93 射程20.0km 雷速62kt 最大ダメージ20967 発見距離2.5km (+12-14kt)
610mm Type93 mod.3 射程12.0km 雷速67kt 最大ダメージ23767 発見距離1.7km (+17-19kt -3km)
533mm Mk16 mod.1 射程10.5km 雷速66kt 最大ダメージ19033 発見距離1.4km (+20kt)
533mm Mark17 射程16.5km 雷速66kt 最大ダメージ17900 発見距離1.4km (+20kt)

[それなくね?]

 

惑星wowsではゲームスピード調整のため、速度補正かかってるのは聞いてましたが。
こう見ると、米駆側の方が補正強いですねぇ。

 

であれば、この魚雷速度に論点を当てると良い気がします。
米駆の調整に準拠すれば、高ティアの日駆の酸素魚雷は70ktくらいあるべきですね。

 

置き魚雷的な使い方はできなくなるでしょうが、超射程最速というのは個性付けとして面白い気がします。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
271 posts
2,733 battles

追加で2つ
 
>(高ティア米駆の魚雷でもこの2つが特に射程、速度、被発見距離について良好なのはそのためです)
 
mk17 16.5km/46kt
Mark17 射程16.5km 雷速66kt(+20kt)
 
九三式3型 15km/48-50kt
610mm Type93 mod.3 射程12.0km 雷速67kt (+17-19kt -3km)
 
Mark17の射程はそのままですが、(理不尽なまでの被発見距離や明らかに遅い雷速の設定にはなってはいない)九三式3型は射程が減少しています。
つまり射程が良好な理由として史実の性能が良かった事を持ち出しても「なぜType93 mod.3の様に射程を減らす調整を受けていないのか」が問題になると思われます。
 
 
>更にお伝えしておきますと、フレッチャーの533mm Mk16 と ギアリングの533mm Mark17 魚雷も酸素魚雷に類するものです。
>(高ティア米駆の魚雷でもこの2つが特に射程、速度、被発見距離について良好なのはそのためです)
 
すなわち「酸素魚雷(窒素を排出しない=航跡が見えにくい魚雷)は被発見距離が良好(短い)であるはずだ」という事ですが
 
610mm Type93 雷速62kt 発見距離2.5km 雷速/被発見距離比24.8
610mm Type93 mod.3 雷速67kt 発見距離1.7km 雷速/被発見距離比39.4
533mm Mk16 mod.1雷速66kt 発見距離1.4km 雷速/被発見距離比47.1
533mm Mark17 雷速66kt 発見距離1.4km 雷速/被発見距離比47.1
 
九三式魚雷をモチーフにしているはずの魚雷の被発見距離が良好であるとは言えず、また雷速との比で見ても良好とは考え難く
酸素魚雷(窒素を排出しない=航跡が見えにくい魚雷)である事と被発見距離が良好である事の間に相関関係は無いと考えられます
 
 
どちらにせよ「史実の性能が良好であった事はゲーム中で性能が高い理由としては弱い」というのがこのゲームに言える事であり

雷速以外においても米駆側が良い補正を受けている/日駆側が悪い補正を受けている」というのが現状です。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×