Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
nt_ksk

IFHEの仕様変更について

15 comments in this topic

Recommended Posts

43
[KAXSA]
Member
16 posts
20,865 battles

IFHEが実装されてから軽巡洋艦の火力が異常に高くなってしまっています

ベルファストやクトゥーゾフなどですね

一方秋月やイジャスラフにIFHEを付けたときの火力というのは高くなりすぎるということはありません

なので基本射撃や上級射撃を砲口径139mm以下と限定したように

IFHEに対しても砲口径139mm以下の場合にのみ効果があるスキルにするというのはどうでしょうか

あるいは砲口径140mm以上の主砲においては火災発生率を-3%ではなく-6%にするなど

火災発生率の低減ペナルティを重くするのがいいと考えます

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
33 posts
14,525 battles

断じて反対です!!!

重巡洋艦の203mm砲をIFHE化してもドイツ戦艦のメイン装甲圧50mmを貫通できないので、もっと貫通威力をバフすべきだと考えています

これじゃ誰もIFHE使いませんよ…

また死にスキル作って、多様性減らすんでしょうか?

というかIFHEというスキルも「HE強化弾スキル」くらいにして火災発生率もあげちゃいましょう!

いいアイディアだと思いませんンか?

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
96 posts
19,106 battles

軽巡洋艦以外にも恩恵を受ける艦が多少存在する事から砲口径の制限に関しては反対ですね。

ただ、火災発生率のペナルティの低下が爆発物専門家でほぼ相殺出来たり、そもそも相殺しなくても投射量でカバー出来ているので、

後半の火災発生率のペナルティを砲口径応じて増大させるのは良い案だと思います。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
17 posts

 

初めて書き込む故、拙い点はご容赦ください。

私は巡洋艦をメインに遊んでおります。

バージョン0.6.0(IFHE実装)以降では軽巡洋艦で楽に戦えるようになったというのが私の感想です。

 

戦艦には乗りませんので戦艦乗りの方がどのように考えているかは存じませんが、

「ドイツ戦艦以外で出撃していて辛くないのか」というのが対峙した時に感じることです。

クリーブランドやベルファストなどの高い発射レート(多くの門数と装填時間)を有する艦は

狙いが正確であれば著しいダメージ(火災を含む)を出すことが可能となっています。

そこでゲームバランス(低レートの戦艦)のために、これらの艦の弾道をまっすぐ飛ばないもの(外し易くする)に設定しているのだと私は解釈しています。

しかしIFHEの実装以降はおおざっぱに狙えばダメージを出せるようになっており、当初意図したバランスと矛盾しているように私は感じています。

 

トピックスを立てられた方は、「IFHEを軽巡洋艦の適用範囲外にする」または「IFHEによる火災発生率の更なる低下」の

二つを対案として挙げられていますが、私は「IFHEによる火災発生率の更なる低下」を推します。

 

1,軽巡洋艦のダメージ源をスリップダメージにするか、直接の砲撃にするかでプレイスタイルに幅を持たせられること。

2,現状のIFHEの火災発生率低下はスキルレベル3の爆発物専門家でほぼ相殺可能でありペナルティのして機能しているか疑問であること。

3,(クリーブランドで強く感じたのですが)爆発物専門家で相殺せずとも砲撃していれば(試行回数)そのうち火災が発生すること。

 

上記3つが理由です。1番目の理由がほとんどです。もっというと上手く狙えないのでIFHEを取り上げないでください・・・

本音をいうと戦艦のらないからこのままで・・・

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
88 posts
9,396 battles

貫通力はそのままでいいと思うので139㎜以下は火災発生率‐2~3%、139㎜以上は‐5~8%ぐらいのペナルティがあってもいいと思います。

前者は今とほとんど変わらず、後者は例としてソ巡152㎜を例に挙げると爆専と旗で相殺して今は12%ですが10~5%になります。

152㎜は投射量が多いのでこれぐらいでも問題はないのではと思います。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
34 posts
6,914 battles

私は賛成です。

恩恵を受けるのは主に軽巡ですが、現状では軽巡の火力としては上がりすぎていると思います。

他の方も言及されていますが、火災発生率のペナルティ​を広げる等した方が良いと思います。

 

Edited by J_G_Hamann

Share this post


Link to post
Share on other sites
3
[CAFE]
Alpha Tester
5 posts
9,215 battles

 

賛成です 

口径によって火災発生率が調整されるのはいいと思います

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
81 posts
4,808 battles

 

砲口径での制限をかけるのは反対ですね。

基本射撃や上級射撃もそうですが、駆逐に有効なスキルが多くなりすぎると思うので。

 

ただIFHEが強いというのは同意なので、普通にスキルの効果を火災発生率を-3%から試験時の-6%に戻してみてほしいとは思います。

 

というか今気付きましたが。

このトピック、nt_kskさん自身が先日立てた「ベルファストのnerfあるいは削除について」を別視点から語ってみたかっただけでは…。

 

Edited by dezi_g

Share this post


Link to post
Share on other sites
43
[KAXSA]
Member
16 posts
20,865 battles

様々なご意見ありがとうございます。

砲口径によって火災発生率の低下を大きくするという案は概ね賛同を得られていると感じました。

139㎜以下は火災発生率‐3%、139㎜以上は‐6%あたりが妥当でしょうか。

139㎜以上を‐6%としても軽巡洋艦にとっては有効なスキルのままであるのではないかと思います。

 

dezi_gさんが指摘してくれていますが、

このIFHEの仕様変更案は同ティア帯に対してあまりにも強すぎる、

ベルファストとクツゾフの相対的なナーフを視野に入れたものです。

その2つの課金艦は課金艦であるために直接的なナーフができない状態にあります。

しかしゲームのスキル自体の仕様変更であれば、

IFHEの恩恵を大きく受けているこの2つの艦艇を間接的にナーフできるのではないでしょうか。

Edited by nt_ksk

Share this post


Link to post
Share on other sites
[ONI]
Beta Tester
263 posts
9,763 battles

私は反対派です。理由は至極簡単クツゾフで使ってて今の仕様で大丈夫だと感じたからです。

火災についてもクツゾフはかなりのリスク(装甲面)を抱えてるので今のままでいいかと。

煙幕ありますがモク撃ちできる方にとっては逆にかもですしね・・・

しかしベルファでIFHEは私はつけてなかったので良い発見をしました。導入も検討してみようと思います。

Edited by tyokobosss

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
270 posts
11,572 battles

ここまで貫通力上昇に対する引き換えが火災発生率以外にない件について

 

・IFHEを使う場合、HE弾使用時の装填速度nerf

というものを提案したいのですがいかがでしょうか?

これなら砲弾自体の性能をそこまで変えずとも軽巡洋艦の高回転・高DPSという現状も少しは緩和されるのではないでしょうか。

あと火災発生率nerfを口径によって変動させるのは秋月の火災発生率5%もあるので賛成です。

Edited by kazusa_32

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
3 posts
13,998 battles

 

私はIFHEのnerfに関して反対です。

 

確かにクトゥーゾフ​は平均与ダメが上昇しているようですがその他のソ連巡洋艦やツリー艦はそれほど大きな与ダメ上昇は見られないように思います。

(wows_today全期間と直近2週間の与ダメを比較して確認しました)

つまりクトゥーゾフ(やベルファスト)以外では現状でも何ら問題ない状態にあると思います。

それならばIFHEをnerfするのではなくクトゥーゾフのほうを変えるのが妥当なのではないでしょうか。

 

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
43
[KAXSA]
Member
16 posts
20,865 battles

kazusa_32さん

・IFHEを使う場合、HE弾使用時の装填速度nerf

かなりいい考えだと思います

確かに一番わかりやすい調整方法ですね…

火災発生率のペナルティをなくして

30%装填速度を遅くするとDPSがバランスよくなりそうですね

目からウロコでした

しかしそうすると命中のダメージがIFHE軽巡と重順で同じになり、装填速度も同じになってしまいそうですね…

 

pyoko_JPさん

IFHEをnerfするのではなくクトゥーゾフのほうを変える

というのは課金艦のクトゥーゾフを変えるのが難しいからこのような全体に影響を与えるスキルを変更することで相対的なナーフをしていこうということを言いたかったのです

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
1 post
6,510 battles

IFHEの弱体化は私も賛成です

戦艦であれば口径が大きい方が良いのですが、巡洋艦はこのスキルが出てから8インチよりも6インチの方がダメージ効率が良くなってしまったと感じています(IFHE登場以前からもその傾向はありましたが)

私はCLにIFHEを付けた場合は、砲弾のダメージを減少させるというのが良いのではないかと思います

CLの楽しさというのはやはりあの投射量の多さだと思いますので

付けなければよいと言われればそれまでですがね

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
25 posts
8,250 battles

IFHEのナーフに賛成します

 

現状でもナーフ希望ですが、今のバージョンでは見られない152mm 12門のTier10 ファーゴ級軽巡が居たりアメリカ軽巡ツリーの計画などで

今後それらが実装されたら今のIFHEではかなり強い船になってしまうと思うのでそれらの実装前にテストを兼ねてナーフをした方が良いと思います

 

ナーフ方法はkazusa_32さんのIFHEを使用時HE弾の装填速度を遅くする案に賛成です

 

また別の案としてHE弾自体のナーフも提案します

内容としては今のHEは距離、角度などは貫通力に一切関係してないですが、それを計算して遠距離や角度が浅いほど貫通力をなくしてHEダメージを通りにくくすればIFHEを現状のままでも相対的なナーフで良いと思います

実装も昔のバージョンは確かHE弾も距離角度が計算されてるらしかったのでそれを流用すればすぐ実装できると考えます

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×