Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Eisen_und_Blut

煙幕が多すぎることについて

161 comments in this topic

Recommended Posts

Member
36 posts
4,214 battles

軍艦のゲームで誰がこんなモクモクゲー望んだのかやら

それでDDが視界とるなら文句はありませんがそれができない状態

レーダーで押し込まれ、後ろへ下がり、挙句まいた煙幕が邪魔で敵が見えない…

なによりも戦艦が優先的に水上機で見られるので、撃たれ続けるわけです


 

それで既存のナーフが難しいからとたぶんこうなるでしょう…

wg「もう引き返せないから、戦艦も煙幕搭載にするね。」

特に課金艦はいじりたくないらしいですし、煙幕は消えないでしょう…


 

何を言いたいかもうわかりますよね?

煙幕を調整しろ

もっと時間が短くていいはず

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
302 posts
4,402 battles

とりあえず結論を先に言うと暴論乙。

DDが視界取らないのは単にそのプレイヤーの判断もしくは思考のミスに過ぎない。

レーダーで押し込まれる?立ち回りの問題です。レーダー担当艦が一隻程度なら初めからレーダーを撃たれることありきの機動をすれば済むことです(ブラックみたいなのは別として)

戦艦が水上機で見られる・・・へぇ。一部例外を除いて海面発見距離の方が長いので、水上機にスポットされる距離はどの道敵艦にも見られる距離ですよ。


 

現状既に煙幕の展張時間がかなり短い独駆や、煙幕なしでは生存性が極端に低下する英巡なども存在しているのにただ時間を短くするような調整ではかえって一部艦艇を不遇にしてしまうだけです。

米駆の煙幕の効果時間を短くするとか、日駆の煙幕の展張時間を長くするとか、独駆の煙幕の効果半径を拡大するとか、もうちょっと踏み込んだ意見で無いと大雑把に過ぎて取り合ってもらえないかと思われます


 

あとそもそも煙幕の中に籠られたところで、発射弾道見れば大体射撃点わかるのでそこに撃ち込んでやると案外黙らせれたりするんですがね・・・・

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
48 posts
10,371 battles

 

火力の出せる巡洋艦で煙幕を攻撃的に、自主的に活用できるようになった昨今、

れを前提とした煙幕自体の再調整は必要かなと自分も思います。

といった具合で私自身の改善案を

 

 

永続煙幕の廃止:

ベル・フリント・フィジー分艦隊のアレです、さすがにcap戦でアレはダメじゃないですかね。

ランク戦も同じ場所で常にモクモク、戦線が停滞する原因となっています。

というわけで煙幕の時間延長を削除、一定の範囲あるいは隣接した煙幕は古い物が消えると同時に消滅。

また一定時間は煙幕無効エリアとなる。(明確な隙と考えると30秒~1分くらい?)

 

 

煙幕時間の調整:

煙幕の保護・生存機能にばかり目がいって、他国と変わらない最大火力を巡洋艦の射程で常に発揮できる(砲旋回や射角に阻害されない)

といった攻撃面の有利を軽視したのが英巡高成績の原因じゃないかな、と推測してます。 単装砲のエメラルドは悲しいことになってますしね

ただ、各艦のDPSといった細かい数字をすり合わせる必要があるので「何秒までです!」といった一朝一夕な変更はまず無理。

机上での最大火力を出しつつ、現実的な効果時間に合わせていく感じかなぁ…

 

煙幕内の仕様変更:

煙幕内では視界共有により「マップ表示・ロックオンはできるが艦は見えない」状態になる。

とりあえず煙幕内にいればよい、という単純な図式を廃止、

煙幕を「壁」として扱い観測機を上げて正確に補足といったテクニカルな使い方を提供。

今後も煙幕射撃が基本戦法になるなら、もうちょい頭を使うというか、

工夫できるようにした方がいいんじゃないの?っていうことで。おまけ案。

 

今までみたいな一律調整だと、巻き込まれでソ駆が死にますね、これ。小出しに進めてもらいたい。

ただ…永続煙幕、これだけは早い段階でなんとかしてもらいたいナァ…

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
21 posts
2,886 battles

煙幕というより盆地の霧みたいにその場に滞留するのが良くないって言ってる人多いね

普通煙は流れるもんだし

煙や砲煙がちゃんと風向き方向に流れる帆船ゲームあるけど結構PCに負荷掛かるし

このゲームで実装できるかは不明・・

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
272 posts
2,733 battles

 

永続煙幕の抑制:

とりあえず煙幕内部から魚雷を発見できなくしましょう。
ソナーによる自力発見を除いて一切表示不能(自分の水上機が発見してるなら煙幕外の味方には伝達される)とすれば煙幕内部には篭り辛くなります。

更に煙幕内部に進入している魚雷は発見後の物を含めて非発見状態に戻して、ソナー以外での発見を不可能にしましょう。

煙幕後方に居るのにもリスクが発生します。

(少なくとも以前は煙幕内部から魚雷は発見できなかった覚えがあるのですが、最近は煙幕内部から魚雷を発見できた覚えがあったので逆に過激にしてもいいかな、と)

 

 
煙幕時間の調整:

主砲発射で煙幕の持続時間を減らすとすれば防御としての煙幕は(ほぼ)そのままに煙幕射撃は抑制できると思います。

なのでたとえば

煙幕持続時間[秒]-主砲発射数[発]*主砲口径[mm]/100

などとすればどうでしょう?

 

主砲で火力を発揮する程に煙幕の持続時間が減れば煙幕射撃の利は減りますし

主砲の数・口径・装填時間によって影響量を変える事で「主砲の差を無視した調整」というのは起こりにくくなるはずです。

(砲弾の種類や威力そのものを参照させてもいいんでしょうけども)

これ単体では微妙かもしれませんが攻撃的な運用と防御的な運用とでの持続時間を変えられるようにするのは重要かと思います。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
391 posts
4,120 battles

煙幕時間の調整:
主砲発射で煙幕の持続時間を減らすとすれば防御としての煙幕は(ほぼ)そのままに煙幕射撃は抑制できると思います。
なのでたとえば
煙幕持続時間[秒]-主砲発射数[発]*主砲口径[mm]/100
などとすればどうでしょう?
 
主砲で火力を発揮する程に煙幕の持続時間が減れば煙幕射撃の利は減りますし
主砲の数・口径・装填時間によって影響量を変える事で「主砲の差を無視した調整」というのは起こりにくくなるはずです。
(砲弾の種類や威力そのものを参照させてもいいんでしょうけども)
これ単体では微妙かもしれませんが攻撃的な運用と防御的な運用とでの持続時間を変えられるようにするのは重要かと思います。

主砲の爆風で煙幕が飛散するイメージですかね?

その方がリアルでいいですよね。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
198 posts
6,937 battles

空母乗ってるとあちこちモクモクでスポットどころの問題じゃないもん

英巡の煙幕消す←ここ重要(こいつらのせいで見えなくなってる

駆逐の展張時間・効果時間減少

煙幕内から何かしらの視界で航空機が見えていても対空火器は発砲できなくする。(水上艦の位置は僚艦から無線で知らせて貰って撃つ事が出来ても、対空砲員が目視で見えないような航空機に発砲なんかできんでしょ、という設定で

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
302 posts
4,402 battles

煙幕を消された英巡とか悲しみしか背負わない

なので煙幕削除ではなく性能調整を考えるべき


 

というか現状でも英巡ってバランス的にはちょうどいいと思うんだがね。特に高ティアだと船体でかいから煙幕に隠れても高速AP弾とかよく刺さるし。英巡は修理班と煙幕が支柱になっててどっちか消えると崩れそうな印象がある。

同じ理由で、煙幕内で主砲発砲をしたら煙幕が消えるというのも正直どうかなぁ。煙幕がなくなったらいよいよもって砲戦が出来なくなって死んでしまう駆逐とかもいるんだし、ちょっと短慮じゃないかと思う。あいつら魚雷撃ってりゃいいわけじゃないし。

だってもうすぐ隠蔽射撃なくなるんだぜ?煙幕射撃すらなくなったらペラ紙共どうしたらいいんだよ。理論火力だけ高くたって実効火力上がらなきゃカスだぞカス。


 

煙幕内からの対空砲火がおかしいだなんて言い出したら島向こうの敵を測距して発砲できるリアルタイムデータリンク(仮)の存在からしておかしくなるんだから不毛じゃね?

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
272 posts
2,733 battles

>煙幕を消された英巡とか悲しみしか背負わない

>なので煙幕削除ではなく性能調整を考えるべき

煙幕射撃以外を目玉に再調整すればいい様な気がします。(再調整をする能力が無かったかもしれませんが)

 

>煙幕内で主砲発砲をしたら煙幕が消えるというのも正直どうかなぁ。

少なくとも防御的に煙幕張るのまで殺すレーダー祭りの原因になったのが煙幕射撃だった覚えがあるので煙幕を使用法別に弱体化掛けられる様にする方がいいかと思いますが。

 

>だってもうすぐ隠蔽射撃なくなるんだぜ?煙幕射撃すらなくなったらペラ紙共どうしたらいいんだよ。理論火力だけ高くたって実効火力上がらなきゃカスだぞカス。

本当にどうしようもなかったら第二第三の日駆ツリーになればいいと思います。海の底にも都はありまする。(意訳:みなそこにこい/水底に皆ぞ来い みんなで死ねば怖くない)

 

>煙幕内からの対空砲火がおかしいだなんて言い出したら島向こうの敵を測距して発砲できるリアルタイムデータリンク(仮)の存在からしておかしくなるんだから不毛じゃね?

島向こうの相手を撃つのに関しては観測手段が島貫通レーダー/ソナー/強制発見システムで無い限りにおいては

何らかの手段による観測が出来る存在(航空機、艦船等問わず)がおり、その存在と通信が可能であるならば現実においても可能ではないでしょうか?

間接射撃は水上艦においても(少なくともある程度の年代以降は)考慮されていると思われます。(弾着観測機による水平線の向こうの相手への攻撃)

しかし対空砲がそういった艦外部からの情報で射撃するというのは聞き覚えがありません。

(ただし、だからといって煙幕内部での対空射撃を不可能にする必要があるのかどうかは日本の九三式魚雷(酸素魚雷)が飛びぬけて丸見えなのと同様に史実とは別問題ですが)

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
459 posts
10,629 battles

個人的主観だけど煙幕射撃より相互煙幕の方がえげつないと思うので

・煙幕に対する効果を受けられる被効果時間を設定する

・近座標における煙幕の使用制限

とかどうだろう


 

各艦艇に被煙幕時間(仮名)を設定し、1艦艇が煙幕の効果を受けれる時間を限定

・被煙幕時間をすべて使い切るとCTが発生、CT中は煙幕内にて煙幕による隠ぺいは受けれない

・被煙幕時間は煙幕内にとどまることで減少し、煙幕から出ることによって回復を始める

回復量は被煙幕時間/CTくらいを目安に使い切った場合より自発的に出た場合の方が全回復までの時間が短くなる程度

個人的には煙幕所持艦艇が自艦の煙幕をフルに使い切って被煙幕時間が0になり、被効果時間CTは自艦の次の煙幕にぎりぎり間に合う程度とし、

煙幕非所持艦艇は他艦からもらわなくてはならないため、被煙幕時間の回復速度を煙幕時間の長い米駆逐依存にし消耗品2を載せられない都合常に2換算にすることで能動的に使えない分の強化とし、被煙幕時間はそのティアの平均煙幕時間とすることでバランスはとれないかなと思ってます(大口径旗搭載や、なんでも屋準拠の時間ではなく、それらによりCTの減少が可能)

具体例としてベルファならば被効果時間は110s(=展開時間+持続時間)、煙幕自体のCTが240s(160s)なのでフル活用時の回復速度は約0.46s/秒(0.66s/秒)

被煙幕所持艦艇として例えば同じくティア7の長門であれば被効果時間はそのティアの平均煙幕時間((148+85+105+110)/4=)112s、回復時間は0.7s/秒

問題点としてはシステム的に実現可能か否か、という点と煙幕効果時間の短い独駆逐が相対的に味方の煙幕すら使いにくくなる点、消耗品1と消耗品2の差がでかくなることや、被効果時間を使い切らずに出た場合どれほど早くするか、など諸々考えが及んでいないところもありますが・・・


 

後者は煙幕の位置座標を基に近い座標において煙幕の使用を禁ずというものです。

また、禁止範囲は射程やマップから交戦距離の短い低ティアほど短く、高ティアへ行けばいくほど長くしていくスタンスで

おおむね煙幕使用の中心点より、ミニマップの1マス程度(例8~10マップの罠の場合:48km四方ヒトマス4.8km、マッチング帯駆逐の平均速度37.87ノット(ゲーム内速度にて約5倍のため実質分速約5.6km)加減速込で考慮に入れれば概ね駆逐でも一直線に進んで隣の煙幕に移動するまで約1分でしょうか)

禁止時間に関しては煙幕開始時より煙幕終了後+α時間とし、α時間は上述の移動時間などを考慮に入れて設定していく(上の例では駆逐の移動時間で1分程度と想定しているので同座標であれば80sとかでしょうか)

おそらく前者よりは一定範囲内の煙幕のみなのでシステム的には容易かと思います。

しかしながら、煙幕で停滞していた戦闘にかんしてはよりアクティブになりやすくなり、禁止範囲内で煙幕を展開することによって相手の煙幕を妨害できるといった使用法が可能になるなど、今までのセオリーが良くも悪くも崩れる可能性があるという一面をはらんでいる点や、現状(スポットなどの状況などを加味すると)難しい煙幕の利用がさらに難易度を上げる(味方の煙幕を阻害してしまう可能性からより味方にヘイトが行く可能性がある)点などデメリットも多いでしょう。


 

ぱっと思いついた程度の案ですけれどどうでしょうか?

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
216 posts
4,303 battles

現状煙幕見つけたら速攻魚雷流せ、ですかねぇ

煙幕は確かに強力ですが無敵ではないですからね

それを自分ひとりではなく味方を頼らないといけないのも事実ですね

 

煙幕潰しに優秀なのが日駆の意外な利点ですかね、特に白露が良いですねぇ

その煙幕の近くにいるかはランダムですし、煙幕との距離感を計測できる腕前があるかは天にまかせるしかないですが

当たらなくても良いので(当たればもっと良い)魚雷を流し、敵に混乱を生じさせるのは重要だと思います

投げるときの煙幕の広がった方向から後ろに投げるとか、密度を狭くして投げるとかコツですかねぇ

 

煙幕は決して無敵の盾ではないってのを理解した駆逐が増えると嬉しいですかね個人的に

Edited by konozama123

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
272 posts
2,733 battles

>被煙幕時間

>煙幕の使用制限

全体として複雑すぎるような気がします。

 

>被煙幕時間

そもそも煙幕外部であっても敵艦隊と自分の間に煙幕が来るようにすれば姿は隠せるので

戦線を押すのに煙幕を利用しづらくなるとはいえ複数隻の連携で隠し続ける、というのを防ぐのは厳しいような気がします。

(根本的に「固まって行動しても問題になり辛い艦」に煙幕を与えたのが間違いな気がしないでもないですが最早どうしようもない話ですね)

 

>煙幕の使用制限

他者の煙幕展開を能動的に阻害できる、というのは微妙な気がします。

また煙幕の展開で他者の煙幕展開を阻害できる、という絵面もあまりよろしくないのではないでしょうか(違和感がすごいので避けたい)

 

 

煙幕とソナーの同時持ちなのも煙幕内部に留まり続けるリスク減らしてる、ってのが如何ともし難い要素な気配もしないでもないですが……

もう煙幕持ちの巡洋艦は駆逐艦枠でマッチするようにでもするのが一番の解決なんじゃないですか?

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
48 posts
10,371 battles

ランク戦に対する苦言で海外だと「煙幕の枚数が勝敗を決定付けてる」という意見があるのを思い出しました。

 

>>もう煙幕持ちの巡洋艦は駆逐艦枠でマッチするようにでもするのが一番の解決なんじゃないですか?

あー、なんか、もうこれでいいような気がしてきた…駆逐0-3マッチとか平気で起きるけど

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
272 posts
2,733 battles

駆逐艦はCAPや索敵の都合上バラバラに行動せざるを得ないし、一点に集中したらゲーム上不利になりますけど、そういった制約が無ければ多数固まって行動させた方が絶対強いですもん。

WoWsにおける魚雷の薄い事薄い事。雷撃は本来集団で濃厚にするものでしょう。

多数固まれるなら煙幕で視界を遮り続ける事だって出来るし、敵艦隊に濃厚な魚雷スープ(WoWsでは忌み嫌われているとはいえそういう運用が大正義でしょう?)を作れる。

 

でも艦種ごとに同程度の数で、その上でCAP役と索敵役を押し付けられているからそんな事普通は出来ない。ありえない。

分艦隊で集まろうものなら初期位置が固まったせいで不利になる。だから駆逐艦3隻の分艦隊で延々と煙幕を張れるとしても意味がない。

煙幕持ちの巡洋艦はその煙幕要素が中心だとしても、それだけでもやっかいだというのなら同じ扱いにしてしまえばいい。

それ以外で煙幕持ち巡洋艦分艦隊に"だけ"不利な要素を付け加えるのは難しいですし、ついでにレーダーに弱い(煙幕が無効化される)なんてところも駆逐艦に近いんですから

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
459 posts
10,629 battles

 

 

 

確かに複雑になりすぎるところはあるんですけどね(苦笑)

煙幕外部を残してあるのは発砲ペナルティでの別方面からのスポットや駆逐の側面どり、あるいは艦載機などスポットのやりようが幾分残ることや消耗品としての煙幕の有用性を残し続けるためです

あまりおおっぴらに修正をかけてしまうと、レーダーで無効化される消耗品ですし弱くなりすぎるかな、と

なので手始めに籠ることへの対策案という側面が大きいですね

 

 

Wiki曰く軍艦に用いられてた(好まれていた)四塩化チタンの煙は刺激性であり液体状態であれば防護服とゴーグル、人工呼吸装置の着用が必須とされるそうです。

近距離における使用の制限であれば残留物質濃度が高すぎるため危険であるという方向性であるならば多少の整合性は取れると思います

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
198 posts
6,937 battles

略)

 

煙幕内からの対空砲火がおかしいだなんて言い出したら島向こうの敵を測距して発砲できるリアルタイムデータリンク(仮)の存在からしておかしくなるんだから不毛じゃね?

 

ここでは煙幕について討論してるので島貫通対空については書きませんでした

勿論、空母乗りとしては島裏対空は即刻なくしてほしいですよ。

 

英巡は戦闘数0なんで彼女らの気苦労は知りません(キッパリ

(なお苦情も受け付けません)

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
302 posts
4,402 battles

 

ここでは煙幕について討論してるので島貫通対空については書きませんでした

勿論、空母乗りとしては島裏対空は即刻なくしてほしいですよ。

 

英巡は戦闘数0なんで彼女らの気苦労は知りません(キッパリ

(なお苦情も受け付けません)

 

それで英巡の苦情を言うとか片腹大激痛なんじゃが(白目

あっちにしてみれば「こっちの苦労も知らないで」って言う話になってしまうわけでね

というかそんなんじゃあっちだって「空母の気苦労なんざ知らんわ」って言ってくる不毛な展開が目に見える()

あとわし島裏貫通対空の話してないんじゃが・・・・島向こうの敵艦の測的の事言っとるんよ?文面読んで?

 

 

煙幕って現状のままでいいと思うんだけどなぁ・・・

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
617 posts
4,488 battles

 

煙幕は本来、敵の攻撃からの防御手段だったわけで、WoWsでも当初はその為にあったはずですが、今は煙幕を使える巡洋艦(事実上の軽巡である駆逐を含む)が蔓延ってモクモク煙幕射撃や無限煙幕などの攻撃的な使用が増えた気がします。やられる側に対抗手段がない(弾道を見て砲弾や魚雷を撃ち込むというのがないこともないですが・・・)のと、空母としては煙幕内からの対空砲火という最新鋭対空戦闘システムもビックリな仕様も流石に勘弁願いたい(絵面的に不自然&流石に弾幕張れば位置バレするよね)。

強制発見距離と対航空機関係をいじることで煙幕や煙幕射撃のリスクを増やし、特に攻撃的な煙幕使用への対抗手段を増やすことで対策することを提案します。

 

・煙幕内からの対空射撃の廃止もしくは大幅な威力低下、あるいはたとえ煙幕内でも対空砲を撃つと航空機から見つかる仕様にする

索敵が役割にもかかわらず艦載機の安全圏が減り続けている空母の保護。レーダーほどでないにせよ煙幕へのアンチユニットとしての艦載機(特に水上機)の価値向上。

・強制発見距離にもそれなりの発砲ペナルティをつける(主砲or対空砲の発砲中は強制発見4km、発砲をやめると従来通り2km)

WoTの茂みみたいな感じで、撃ったら相応にペナルティを付けることで煙幕射撃のリスクを増やす。

・航空発見距離にも強制発見距離と発砲ペナルティを設ける(発砲無しなら従来通り0km、主砲or対空砲の発砲中は1kmなど)

駆逐が煙幕で航空機からの視界を切るのは自衛や生存のために必要だと思うので、そうでない場合に極めて限定的とはいえ航空機から見つかるようにする。

・艦のサイズによって強制発見距離を変える(艦種や艦によって分けるか、艦全長や排水量に応じた値とする。例えば駆逐2km、軽巡3km、重巡と空母4km、戦艦5kmとか)

 

威力の高い煙幕射撃ほどリスクを増やす。

 

 

 

 

Edited by Kame1995

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
15 posts
2,727 battles

自分は戦艦をメインに乗ってますが正直最近の煙幕の蔓延っぷりにはストレスが溜まります。

駆逐艦の火災ダメージにもイライラしましたが巡洋艦の場合はもっとイライラしますね。

まぁ自分の感情は置いておくとして、煙幕が多すぎて戦線が動かないことが多々あります。

元々巡洋艦は装甲が薄いため島影から出てきたがらないという恥ずかしがりやな性質がありましたが、

英巡洋艦の存在で更に拍車が掛かっています。

(最もこれはマップの問題ともいえますが)

お互いの巡洋艦がにらみ合うと先に見つかった方が一方的に打たれるため駆逐艦も戦艦も前に出れません。無理に出れば海のモクズ。

更に性質の悪いことに煙幕所持艦艇の数が多すぎたり、偏っていたり・・・

敵チームのうち半数が煙幕持ちとかどうしろと。

せめて煙幕所持巡洋艦や煙幕所持艦艇の上限を決めてマッチングさせるべきだとは思いますね(4隻がいい塩梅じゃないでしょうか)

当然、双方の煙幕所持艦の数は同じ数で。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
9 posts
5,576 battles

 

煙幕の数も問題だけど煙幕が射撃の影響受けないのも問題だと思うんだよね、陸だと草に近いとペナルティ入るけどこっちは一切ない

いくら大きな煙幕っつったって内部で6インチクラスの砲(場合によっては46㎝まで)バンバンぶっ放されて影響全くありませんは無いんじゃないかと、少しは爆風で拡散したりするだろうに

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
302 posts
4,402 battles

煙幕の数も問題だけど煙幕が射撃の影響受けないのも問題だと思うんだよね、陸だと草に近いとペナルティ入るけどこっちは一切ない
いくら大きな煙幕っつったって内部で6インチクラスの砲(場合によっては46㎝まで)バンバンぶっ放されて影響全くありませんは無いんじゃないかと、少しは爆風で拡散したりするだろうに
 

 

隠蔽射撃一律削除という暴挙があったのに煙幕射撃まで取り上げるのか......?

隠蔽射撃削除を考慮した性能調整はほぼ未実施で大打撃受けてる艦もあるのにこの上煙幕まで許さないのかよ

 

やめとけやめとけ

Share this post


Link to post
Share on other sites
Super Tester
1,052 posts
1,279 battles

現在の煙幕射撃の何が問題かと言うと、一度その状況を作られるとされる側は相手を捕捉できない上に見ることもできず、その状況を覆す手段も非常に限られるため一方的に嬲り続けられるしかないという、e-sportsを名乗る割にはあまりにも非スポーツマンシップにも程がある状態が生まれていることだと思うのですよ。

一応、煙幕の中に籠っていると敵を視認できないというペナルティはありますが、味方の視界内にいる敵は煙幕中にいても視認できるというルールによりこのペナルティは実質無効化されており機能していません。

強制発見距離まで近づかれると煙幕なども関係無く見つかり捕捉されるというリスクもあるにはありますが、こっちは相手側がそこまでの距離を詰めるまでに一方的にタコ殴りされ続けることとなり、相手側の方がよほどリスクが高く、死なばもろともの万歳突撃と変わらないため、対抗策として実行するには現実味の無い方法です。

じゃあ全部の艦にソナーorレーダーを標準装備するかといったらこれはただインフレを招くだけ。

そう考えると、煙幕中から砲撃を行うことで煙幕の効果時間が短縮されてしまうあるいは隠蔽効果が一時的に下がるというのは決して不公平なものなどではなく、むしろ落としどころとして考えると妥当な解決策ではないかと思います。(WoTにおいても、茂みに隠れることで隠蔽にボーナスが付きますがその状態から砲撃を行うとボーナスは減衰しますし)

Edited by namato16

Share this post


Link to post
Share on other sites
[JK]
Beta Tester
194 posts
12,518 battles

現在の煙幕射撃の何が問題かと言うと、一度その状況を作られるとされる側は相手を捕捉できない上に見ることもできず、その状況を覆す手段も非常に限られるため一方的に嬲り続けられるしかないという、e-sportsを名乗る割にはあまりにも非スポーツマンシップにも程がある状態が生まれていることだと思うのですよ。

一応、煙幕の中に籠っていると敵を視認できないというペナルティはありますが、味方の視界内にいる敵は煙幕中にいても視認できるというルールによりこのペナルティは実質無効化されており機能していません。

強制発見距離まで近づかれると煙幕なども関係無く見つかり捕捉されるというリスクもあるにはありますが、こっちは相手側がそこまでの距離を詰めるまでに一方的にタコ殴りされ続けることとなり、相手側の方がよほどリスクが高く、死なばもろともの万歳突撃と変わらないため、対抗策として実行するには現実味の無い方法です。

じゃあ全部の艦にソナーorレーダーを標準装備するかといったらこれはただインフレを招くだけ。

そう考えると、煙幕中から砲撃を行うことで煙幕の効果時間が短縮されてしまうあるいは隠蔽効果が一時的に下がるというのは決して不公平なものなどではなく、むしろ落としどころとして考えると妥当な解決策ではないかと思います。(WoTにおいても、茂みに隠れることで隠蔽にボーナスが付きますがその状態から砲撃を行うとボーナスは減衰しますし)

 

確かにノーリスクで煙幕内で発砲してるのはなんか癪に障りますよね。

発砲ペナはあってしかるべきでしょうね。特に英巡てめぇだよ(

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
302 posts
4,402 battles

煙幕内での継続射がノーリスクとか未だに考えてる人がいることに正直驚かざるをえないんじゃが......

 

撃ってる=いる場所がわかる=なわけで、それを勘で砲撃してぶち抜くのはそれなりに慣れがいるとしてもそこまで困難ではないし、むしろ煙幕籠りは常に魚雷流し込みのリスクを勘案しなければならないんですけどね。

 

というか煙幕なんて、ある程度射程のある魚雷持ちにしてみれば「そこにいると教えてくれてる」に等しい。砲戦に限っても撃ち続けてればやっぱり居場所がよくわかる。

因みに英巡はこのリスクが非常に大きく、以前煙幕に篭ったマイノーターに対して一瞬だけ俯瞰視点を使うなどして測的、相手が縦向けであるのを確認して大和APを叩き込み3枚の縦抜きで撃沈、を実現できたことがあります。

まあ俯瞰測的まで活用するのは稀にしても、ティアが上がるほど船体が大型化する英巡にあっては煙幕籠りは必ずしも絶対有利なものではないということですね。

大和に限らず、出雲や長門でも同じような経験があります。バイタル抜きの大ダメージというだけなら両手指の数に収まらないでしょうか。

 

どうも、以前どなたかも仰ってましたが煙幕を無敵の防御か何かと勘違いしてる方がいらっしゃるようですねぇ

アレはティアが上がるほどに「敵の居場所を教えてくれる狼煙」でしかなくなっていくことを理解していただきたいものですが。

 

え、煙幕を囮に使うパターンもあるだろ?煙幕射撃されなくなるんだから逆に問題減りますよね?()

Share this post


Link to post
Share on other sites
Super Tester
1,052 posts
1,279 battles

煙幕射撃という元からある「環境」の話で、煙幕中の敵を射抜けるかどうかというのは個々人に依存する「腕」の話な訳ですから、混同して話すのはナンセンスだと思います。

夜になって暗い(環境の変化)から電気点けないか、って提案に対して夜目が利く(個人の資質)から点けなくていいって返すようなもんです。

 

それはともかくとして、私個人の考えを挙げると煙幕の多い今の環境は、何より傍目から見た時に面白くなさ過ぎるから是正した方がいいと思ってます。

煙幕中の相手を正確に射抜いて大打撃与えるのは間違いなくスーパープレイではあるんですが、もしもこのゲームについての知識一切ない状態でその光景を見て、「面白い」とか「凄いことやってる」とか思えるのかな?と考える訳ですよ

知識のない人にはまぐれ当たりにしか見えないでしょうし、それ以前に「こいつらは何と戦ってるんだ・・・」とドン引きすらされるんじゃないかと思うのです。

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×