Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

週刊「ぷかぷか艦隊 -Season 2-」 Vol.48

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

 

※ 当記事は、画像等の一部情報を省略して掲載されています。 全て閲覧される方は World of Warships ポータルページをご参照ください。


 

Destroyer Grand Prix 2017

~最速の駆逐艦はどれだ?~

lm6HF4h.png


『 World of Warships 』(以下、WoWS )に登場する艦種のなかで、もっとも高速なのが「 DD 」と呼ばれる「駆逐艦」。 戦場を縦横無尽に駆け回って索敵し、すばやく敵を発見する重要な任務を担当する。 今回はそんな駆逐艦のなかで、もっとも速い艦を検証してみます。

検証は専用サーバーを使い、マップ「ビッグレース」に作ったコースを走りきるタイムを計測。 駆逐艦の能力は速力だけでは測れないので、カーブのあるコースを設定した。 なお、艦の操作は「ぷかぷか艦隊」のメンバーが手動で行ったため、多少の誤差はご了承ください!

 

vtx7X3U.png

 

エントリーさせたすべての駆逐艦は、モジュールを最終段階まで開発したけど、艦長スキルとアップグレードはナシの状態。 また、タイムアタックに出場させる艦は各国の Tier 6 駆逐艦と、高 Tier の駆逐艦のなかで最速の駆逐艦をチョイス。 Tier 6 クラスと、アンリミテッドクラスのチャンピオンは果たしてどうなる!?

 

nBN34bM.png

 

■ Tier 6 グランプリ開幕!
山本かもめ:みなさんこんにちは。本日は「 DD グランプリ」にお越しいただきましてありがとうございます! 実況の山本かもめです。 そして解説は……。

伊藤なる:こんにちはっス!  解説の伊藤なるっス。

山本かもめ:いやぁー、なるさん、今回の駆逐艦レースは「 Tier 6 」クラスと「無差別級」ということですが、どのような結果を予想しますか?

伊藤なる:そうっスねぇ~、エントリーしている駆逐艦はどれも速いので、どのような展開になるのか、まったく読めないっスね!

 

i6qvKWP.png

● 日本

Tier 6 駆逐艦 Hatsuharu

山本かもめ:では各国の出場艦を見ていきましょう。まずは日本から、艇番 1 の「 Hatsuharu 」です。

伊藤なる:この艦は見た目が美しいっス!先っちょが尖っているデザインが、いかにも速そうっスね~。

 

EJDbuzh.png

● アメリカ

Tier 6 駆逐艦 Farragut

山本かもめ:そうですね。 この艦に限らず、駆逐艦はどれも先端が尖っていますね!続いて艇番2は、アメリカの「 Farragut 」です。それにしても読みにくい名前ですねー。

伊藤なる:この艦の特徴は、モニターから 10 メートルくらい離れて見ると「 Ferrari 」と読めなくもないところっス。「海上のレーシング駆逐艦」といっても過言ではないような気がするっスね。

 

OSBxLfB.png

● ソ連

Tier 6 駆逐艦 Gnevny

山本かもめ:なるさん以外は、あまり読み間違えないと思います! 続いて艇番 3 は、ソ連「 Gnevny 」です。攻撃力が高いので戦場では怖いイメージがありますけど、機動力の方はいががでしょうか?

伊藤なる:ソ連駆逐艦は高速なのが多いっスけど、転舵は苦手な印象っスね。そんなことよりも、ある日本駆逐艦は「poi」と呼ばれているそうですが、私はこの駆逐艦の読み方が「グネヴヌイ」と知ってから「 nui 」と提案してるんスけど、いまいち流行ってないのが残念っスね。

 

GUYbtxu.png

● ドイツ

Tier 6 駆逐艦 Ernst Gaede

山本かもめ:な、なるほど~。 これから流行るか期待していきましょう。では最後の駆逐艦は、艇番4のドイツ「 Ernst Gaede 」です。『 WoWS 』に実装された駆逐艦ツリーのなかで、一番新しいのがドイツ駆逐艦ですよね?

伊藤なる:そうっスね。 この駆逐艦は旋回性能に少々問題があるようなので、コースとの相性がどう結果に結びつくかに注目したいっス。 今回のレースのダークホース的な存在になるんじゃないっスか?いま思いついたんスけど、「このコースのレースのダークホース」って、なんかラップみたいでかっこいいっスね~♪

山本かもめ:なるさん、解説どうもありがとうございました……。 そして、アンリミテッドクラスの出場艦はこちらです!

 

OR7dPgP.png

 

■「 Destroyer Grand Prix 2017 」最速の駆逐艦はコレだっ!
山本かもめ:各艦の出撃準備が整いました。いよいよグランプリの開幕ですね。

伊藤なる:「ビッグレース」に響き渡る各艦のエンジン音を聞いていると、我々のテンションも高まってくるっス!

山本かもめ:各国から選ばれた駆逐艦の闘いが、いま始まろうとしております!!


東郷みかん:おいお前ら!その実況解説ゴッコをいつまで続けるツモリなんだよ!この調子で続けると、記事がどんどん長くなるからやめろ。

山本かもめ:ちょっとー!! みかんちゃんはこの後にゲストとして参加してもらう予定なんだから、まだ出てきちゃダメだよ~。

伊藤なる:えーっと、みかんちゃんが登場するのは、ちょうど台本の 50 ページ目あたりからっスね。

東郷みかん:人の話を聞け!やること決まってるんだから、とっとと結果だけ載せればいいんだよ!! そうしないとトトが帰っちゃうぞ。

有栖川トト:もう眠い……。昨日は徹夜で遊んでたから……帰る……。

山本かもめ:わー、ごめんなさーい!帰らないでー。結果をさっさと書くから。ストップ・トトちゃん!!

山本かもめ・伊藤なる:というわけで、計測した結果はこちらです!

 

fhYV0EP.png

 

■ Tier 6 クラス ■

● 日本

Tier 6 駆逐艦 Hatsuharu

タイム:4分44.89秒

 

● アメリカ

Tier 6 駆逐艦 Farragut

タイム:4分46.14秒

 

● ソ連

Tier 6 駆逐艦 Gnevny

タイム:4分43.47秒

 

● ドイツ

Tier 6 駆逐艦 Ernst Gaede

タイム:4分57.81秒

 

■アンリミテッドクラス■

● 日本

Tier 10 駆逐艦 Shimakaze

タイム:4分34.37秒

 

● アメリカ

Tier 8 駆逐艦 Benson

タイム:4分36.63秒

 

● ソ連

Tier 10 駆逐艦 Khabarovsk

タイム:4分27.78秒

 

● ドイツ

Tier 10 駆逐艦 Z-52

タイム:4分47.53秒

 

■ 総評:最大速力だけじゃなく旋回性能も重要!
山本かもめ:以上が「 DD Grand Prix 2017 」の結果となりまーす!

東郷みかん:なかなか興味深い結果になったな。

伊藤なる:日本の駆逐艦は速力こそソ連駆逐艦に負けているけど、急カーブをぐいっと曲がれるのでタイムが縮んだ気がするっス。

有栖川トト:たしかに空母を使っていると、直進するだけの艦よりも、ぐねぐねと曲がる艦は狙いにくいな。

東郷みかん:それによく曲がれる艦は、島への衝突も回避しやすいしな。 ドイツ駆逐艦は、思った以上に曲がらなかった?

伊藤なる:そうっスね。コーナーを曲がるときは、どうしても大回りになってたっス。 同じようにソ連の駆逐艦も曲がりにくかったけど、そこは速力でカバーできたっス。今回のレース結果は、最高速力が高い「 Khabarovsk 」がチャンピオンっス!

東郷みかん:駆逐艦の良し悪しは「機動力」だけじゃ語れないけど、今回の結果は乗りやすい駆逐艦のひとつの指針になるのかもしれん。

有栖川トト:そのとおりだ! 駆逐艦は隠蔽や魚雷などの性能も重要。 機動力はそのなかのひとつ。

山本かもめ:もしも読者のなかで、これから駆逐艦を乗ろうとしていて、どれにするか迷っている人がいたら、今回の結果を参考にしてほしいな。

伊藤なる:そうっスねー。 お気に入りの一隻を見つけて、なると一緒に駆逐艦で戦場を駆け回るっス! 楽しいっスよ~。

 


 

ぷかぷか艦隊は毎週金曜日最新話を公開します! 来週もお楽しみに! 

 

関連リンク

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×