Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

ソ連駆逐艦ツリー刷新!

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

艦長の皆さん!

近日実装予定のアップデートでは、ソ連駆逐艦ツリーに新しく 3 隻の艦艇が追加されます。
これに伴い、ソ連駆逐艦ツリーに改修が加えられ、一部の艦艇には Tier および性能変更が加えられます。

変更後の技術ツリーに関する詳細は、下記をご覧ください! 

 

5SAkjNV.png

 


 

アップデート後のソ連駆逐艦ブランチについて
今回登場するサブブランチは「汎用駆逐艦」の特性が色濃く出ています。高い汎用性を持つ一方、それぞれの艦艇はユニークな特徴を兼ね揃えています。ソ連駆逐艦は全般的に他の艦艇と比べ、隠蔽率が低くなっている分、素晴らしい弾道特性と標準的な魚雷兵装を備えています。

 

サブブランチに属する駆逐艦 Ognevoi、Udaloi、そして Grozovoi は両用砲を搭載しており、消耗品「エンジンブースト」の代わりに搭載できる「対空防御砲火」を使用することで更に高い対空性能を発揮することができます。

 

一方、メインブランチに位置する駆逐艦は「嚮導駆逐艦」をコンセプトとした性能を発揮します。

防御がより硬い分、船体も大きくなっているため、より隠蔽率が低くなっています。他の駆逐艦で多く用いられる隠密行動より、最大射程ギリギリの位置から足を止めずに攻撃を繰り出す、よりアグレッシブなプレイに向いていると言えるでしょう。

 

このブランチの特徴をより際立てるために、駆逐艦 Tashkent と Khabarovsk は消耗品「発煙装置」の代わりに「修理班」を搭載できるようになります。味方の艦艇とともに行動し、他の駆逐艦の煙幕を活用しながら敵駆逐艦を迎撃するなど、一味違ったプレイを楽しむことができるでしょう。

 

なお、サブブランチの艦艇は駆逐艦 Minsk から派生します。

 

ソ連駆逐艦メインブランチ

Tier II : Storozhevoi
ストロジェヴォイは「中型」駆逐艦として設計され、偵察任務から敵艦との水雷戦および砲戦まで、幅広い任務を考慮していました。高い技術水準で開発された主機により、極めて高い速力を実現していました。

 


Tier III : Derzki
デルズキーは、ロシアにおいて初めてタービン機関を採用した駆逐艦のひとつです。その高速と当時としては比較的大型の船体により、優れた抗堪性を備えていました。一次大戦の終了間際まで、舷側に斉射可能な魚雷数においては本艦に匹敵する駆逐艦は存在しませんでした。

 


Tier IV : Izyaslav
イズィヤスラフ級駆逐艦は、伝説的なノヴィーク級駆逐艦の改良型であり、ロシア海軍における最大・最強の駆逐艦のひとつです。前級に比して砲力が強化されいました。魚雷の口径は当時の外国製駆逐艦より劣っていたものの、舷側に斉射可能な魚雷数は多めでした。

 


Tier V : Podvoisky
パドヴォイスキーは、ソ連における最初の嚮導駆逐艦の草案のひとつです。ロシア革命前の時期に建造された駆逐艦に比して大型かつ高速であり、より強力な砲撃兵装とより大口径の魚雷発射管を搭載する計画でした。

 


Tier VI : Gnevny
グネヴヌイは、ソ連でプロイェークト 7 として開発された駆逐艦級の 1 番艦です。高性能であり、非常に高い速力を誇りました。そして砲力においては諸外国の大半の駆逐艦を凌駕していました。

 


Tier VII : Minsk
ミンスクは、プロイェークト 38 として開発された嚮導駆逐艦級の 1 隻です。嚮導駆逐艦レニングラードの改良型であり、強力な砲撃兵装や極めて高い速力といった特長を引き継いでいました。

 


Tier VIII : Kiev
キエフ級駆逐艦 (プロイェークト 48 ) は、「大艦隊」計画の下で開発された嚮導駆逐艦であり、ソ連初の嚮導駆逐艦であるレニングラード級に基づいて開発されました。キエフは、他の同型艦と同様、強力な兵装と極めて高い速力を備えていました。

 


Tier IX : Tashkent
タシケント (プロイェークト 20I ) は、駆逐艦隊による長距離偵察任務を指揮したり雷撃任務を支援したりするための嚮導駆逐艦であり、ソ連海軍用としてイタリアで建造されました。本艦は二次大戦中においては世界最速クラスの戦闘艦のひとつであり、世界最大の駆逐艦でした。

 


Tier X : Khabarovsk
嚮導駆逐艦として設計されたこのハバロフスクは、速力においては世界中のあらゆる駆逐艦を凌駕しており、そしてその装甲と砲力は軽巡洋艦に匹敵するものでした。主砲に両用砲を採用すると共に対空機関砲も備えており、優れた対空防御力を有していました。
 


各艦艇の性能はこちら

 

ソ連駆逐艦サブブランチ

Tier VIII : Ognevoi
オグニェーヴォイ級駆逐艦は、グネヴヌイ級駆逐艦の発展型です。前級に比して大型化され、より洗練された主砲を連装砲塔に搭載していました。

 


Tier IX : Udaloi
ウダロイ級駆逐艦 (プロイェークト 35 ) は、1941 年以前に設計されたものとしてはソ連で最も先進的な駆逐艦です。大型であり、駆逐艦としては極めて高い速力を備えおり、砲力においては諸外国の競合艦の大半を凌駕していました。

 


Tier X : Grozovoi
グロザヴォイ (プロイェークト 40N ) は、二次大戦で得られた経験を活かし、「大型駆逐艦」として設計されました。従来の駆逐艦に比して大型であり、主砲として両用砲を採用し、対空兵装も強化されていました。

 


各艦艇の性能はこちら

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×