Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

発煙装置ガイド

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

 

艦長の皆さん!

この記事では、駆逐艦やイギリス巡洋艦などの発煙装置を搭載した艦艇を使ったことがないプレイヤー向けにスモークの特徴や使い方を簡単にレクチャーします。

 


 

発煙装置 / スモークの特徴

  • 発煙装置は駆逐艦や一部の巡洋艦に搭載されている。
  • 発煙装置を使用すると、有効時間中、定期的にスモークを発生させることができる。持続的ではなく、断続的にスモークが排出される。
  • スモーク越しでは、視界を完全に遮断することができる。
  • 自艦艇からの視界さえも完全に遮断される。 
  • スモークに完全に囲まれている状態から艦載機に発見されることはない。


スモーク使用時の注意点

視界を完全に遮断できるスモークにも弱点や注意点があります。

  • スモークを使用する場所によっては味方の視界を全て遮る可能性があります。自艦艇がスモークに隠れる場合は、他の味方の艦艇が視界を確保できる場所にいるのかどうかを使用前に確認することが必要となってくるでしょう。
  • 使用したスモークは敵味方問わず、利用することができます。スモークの使い方によっては敵チームに利用されてしまう可能性もあるので注意しましょう。
  • スモーク内に隠れていることが見つかると、魚雷を撃たれる可能性が高いです。このため、発煙しながら視界を遮断した場所から少し離れたり、船体の向きを避けやすい角度に変更しておくことも必要となってくるでしょう。

 

jE145Vf.png xQI3hdh.png

 

 

  • 強制発見距離 2.0 km 以内に近づかれると、視界を遮っていようが発見される。
  • 特に、強制発見距離を引き伸ばすことができる消耗品「水中聴音」 / 「警戒レーダー」を使用されると、スモーク内に隠れていようが強制的に発見されてしまいます。
  • 「警戒レーダー」を搭載できる艦艇の数は少ないですが、射程範囲がとても広く、「警戒レーダー」を搭載することができる艦艇やその射程を理解しておくことも重要です。「警戒レーダー」の餌食とならないように、マッチメイキング完了後の戦闘開始前にチームの一覧表示を確認し、敵チームに「警戒レーダー」を搭載している艦艇が含まれているのかいないのかを把握しておきましょう。
  • 逆に、「水中聴音」は射程距離こそ短いですが、有効時間がとても長く、スモーク内にいても相手を視認できないのに、一方的に発見されて撃沈してしまう可能性もあるので注意が必要です。Tier VI 以降のドイツ駆逐艦は「水中聴音」を同時に搭載することができ、駆逐艦にとって驚異的な存在となるでしょう。

 

anTUzAB.png

 

スモークを利用したチームプレイ

味方の駆逐艦がスモークの中に隠れた場合は、その駆逐艦の視界は遮断され、視認情報が全く得られなくなってしまいます。

このような状況になった場合は、味方の駆逐艦が敵艦艇の攻撃から逃れるためにスモークを使用したのか、攻撃目的で使用したのかを冷静に見極め、必要に応じて駆逐艦のために視界を取ることがチームプレイをする上で重要となってくるでしょう。

自艦艇が駆逐艦や航空母艦の場合、近くの味方駆逐艦がスモークの中に隠れている場合は、その前方の視界や魚雷を事前に発見することもチームプレイの一つといえます。

また、お互いが発煙装置を搭載している艦艇の場合であれば、スモークが海上から消滅する時間を伝え合い、スモークが消える前に新たなスモークをその場所に展開して隠れ続けるといった連携もチームプレイの醍醐味の一つです。

その他にも、戦艦や巡洋艦が集中砲火を受けている艦艇を守るためにスモークを使用してくれる場合もあります。ランク戦などのハイレベルな戦場では、味方の攻撃支援でスモークが使用される場合も多く、駆逐艦よりも火力が高い巡洋艦や戦艦をスモークで隠しながら、一方的に攻撃を仕掛けられる場面も少なくはありません。

スモークを制するものはチームプレイを制するといっても過言ではありません。

敵や味方のスモークの仕様を熟知し、味方と連携して勝利を掴みましょう。

 

HISgl7y.png

 

スモークの詳細なパラメータ

まずは、ゲーム内の性能表示が何を意味しているのかを理解しておきましょう。

下記の表の 3 列目の値はスモークを展開している時間を表します。

同じく表の 4 列目はスモークが発煙された直後から海上に滞留する時間を表します。

特に、アメリカ駆逐艦は煙幕を展開できる時間が他駆逐艦よりも長めに設定されており、展開中に移動を続ければ広範囲をスモークでカバーすることができます。状況次第で良し悪しはありますが、スモークを展開開始した直後に失速させた場合は、展開後のスモークの範囲が狭くなってしまうということを念頭に入れておきましょう。

また、各艦艇が使用できるスモークの特徴を事前に理解しておくことで、味方とより連携しやすくなるでしょう。

 

スモークレベル 艦艇 有効時間

(展開時間 [秒])

煙幕の有効時間

(滞留時間 [秒])

 Lv 2  Umikaze, Storojevoy, Tachibana      20   65 
 Lv 3  Wakatake, Derzky  20   69 
 Lv 4  Isokaze, Izyaslav  20   73 
 Lv 5  Mutsuki, Minekaze, Gnevny, Kamikaze, Kamikaze R, Fujin, Gremyashchy  20   77 
 Lv 6  Fubuki, Hatsuharu, Ognevoy, Shinonome, Anshan  20   81 
 Lv 7  Akatsuki, Shiratsuyu, Kiev, Leningrad, Blyskawica  20   85 
 Lv 8  Akizuki, Kagero, Tashkent, Mikhail Kutuzov  20   89 
 Lv 9  Yugumo, Udaloy  20   93 
 Lv 10  Shimakaze, Khabarovsk  20   97 
 US Lv 2  Sampson, Smith  22   106 
 US Lv 3  Wickes, Campbeltown  23   109 
 US Lv 4  Clemson  24   112 
 US Lv 5  Nicholas  25   115 
 US Lv 6  Farragut  26   118 
 US Lv 7  Mahan, Sims, Flint  27   121 
 US Lv 8  Benson, Lo Yang  28   124 
 US Lv 9  Fletcher  29   127 
 US Lv 10  Gearing  30   130 
 UK Lv 5  Emerald  7   96 
 UK Lv 6  Leander  7   99 
 UK Lv 7  Fiji, Belfast  7   103 
 UK Lv 8  Edinburgh  7   106
 UK Lv 9  Neptune  7   110 
 UK Lv 10  Minotaur  7   113 
 DE Lv 2  V-25  20   45 
 DE Lv 3  G-101  20   49 
 DE Lv 4  V-170  20   53 
 DE Lv 5  T-22  20   57 
 DE Lv 6  Ernst Gaede  20   61 
 DE Lv 7  Leberecht Maass  20   65 
 DE Lv 8  Z-23  20   69 
 DE Lv 9  Z-46  20   73 
 DE Lv 10  Z-52  20   77 
 -  Iwaki Alpha  15   80 
 -  Perth  90   10

 

オプションの「操作」タブにある「煙幕の境界を表示」にチェックすることで、海上に滞留する煙幕の範囲を視覚的に確認することができるようになります。

 

スモークの特徴や使い方を理解し、チームメンバーと連携して勝利を掴みましょう!

 

Action Stations!

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×