Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
tomato432

0.5.16 ドイツ駆逐艦 フィードバック

6 comments in this topic

Recommended Posts

ST Coordinator
575 posts
5,404 battles

 

前回の日本駆逐艦ツリー再構成に関するフィードバックトピックと同様の、新規追加されたドイツ駆逐艦向けの総合フィードバックトピックです。(参考:0.5.16 German Destroyers Feedback)

新規に追加された独駆を使ってみて、あるいは対戦してみての感想や、パワーバランス、新しい艦艇の感想など、トピックを立てる程ではないけどフィードバックしたい人向けです。

短文でも長文でも、是非どうぞ。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
96 posts
19,102 battles

 

早速ページ作られてるので現在T6のゲーテを使用している上での所感をば。

感覚的には足と射程を切ってソナーを持たせたレニングラードと言ったところでしょうか。

正直言って、正面から駆逐艦と殴り合う艦ではありませんね。ファラガットと殴り合った日には溶けます、みるみると。

隠蔽と射程の無さが慣れるまでは厳しいですか。

で、特徴となる128mmと150mmの選択ですが、両方強み弱みがはっきりしている感じですね。

 

128mm:基本の駆逐砲、HE威力が死んでる上に発火率も高くないので対DDにはAPの過貫通狙いの方が良いまであります。HEを使うのは着火用位ですか。

基本射撃と上級射撃が適用されるので癖の無い使い方をしたいならこっちですかね。

 

150mm:口径自体はケーニヒ・ニュルンと同じCL砲ですが45口径なのでライナーではなく、割とふわっとしてる弾道です。

基本射撃・上級射撃の両方が適用されないのでレート・射程共に厳しくはあります。

特筆すべきは150mm故のパンチ力と高い発火率ですね。

至近距離で巡洋艦のバイタルを抜いて1万オーバー、駆逐に対してもHE弾の大きさで一発が出せる、12%の発火率で戦艦への着火もはかどります。

が、上級射撃が乗らず最大射程が10.9kmとかなり足りていませんのでピーキーな運用になります。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
211 posts
10,015 battles

ギアリング(私)対Z-46で対戦してみて

 

相手がTier9という事もあってか隠蔽性で対して優位に立てず、果敢に肉薄攻撃を仕掛けようとしても水中聴音&煙幕で晒されるのでそれも叶わずCAPの攻防で相手にCAPを取られると奪還の難しい相手という印象ですね。

護衛に来ていた敵のデモインが比較的早期撃沈された為、ゲーム終盤まで敵のCAPを脅かし、他戦線へ転戦出来ないように足止めだけは出来ましたがこれでレーダー艦と協力されていたら到底戦えなかったかと思います。

 

レーダーと英巡の登場で高Tierにおける開幕CAPはもはや不可能と言って良いくらいの悪手となりつつありますが、運営はどうやら開幕CAP封じがしたいのかと感じますね。

レーダーの射程ギリギリで敵艦にレーダーの空振りを誘い、射程ギリギリから魚雷を放って英巡を追い出し、レーダーと水中聴音の効果が切れた後に突入する・・・といった形で辛うじてCAPの攻防で接近戦を挑む機会はありましたが独駆の登場によってそれすらもほぼ不可能に近いものとなった感じがあります。

 

高Tier戦場ではやたらとCAPに行けと言う指示厨戦艦とか結構居ますけど、指示する割にレーダー艦とかエディンバラ等を撃沈したり後退させたりしてくれる訳でもなく、その為にCAPが出来ず、敵駆逐も狩れず、狩れないから戦艦への攻撃も限定的になりつつある駆逐艦は高Tier戦場では蚊帳の外となりつつある気がします。

遠距離から魚雷を撒くか、隠蔽射撃でチマチマと戦艦や巡洋艦を沈め、ゲーム終盤になってからCAPする・・・そしてその間、そうした高Tierの駆逐戦場に理解を示さない戦艦乗りや巡洋艦乗りに口汚く罵られながらプレーする日々が今から想像出来ます。

 

隠蔽性に優れる駆逐艦である独駆を味方に早く沈めろとは言いませんが、せめてレーダーを持ってる艦を見つけた時くらいは攻撃するくらいの意識を持ってくれるように戦艦乗りや巡洋艦乗りに周知していかないと、高Tierの駆逐乗りも今の高Tier空母乗り並に絶滅危惧種になりかねない・・・そんな気がします。

 

米ソ巡洋艦のレーダー射程が8.49km~11.7kmで独駆の水中聴音の詳細は詳しく分かりませんが、独巡と同等なら5.43km~5.88kmくらいですかね?

レーダーの空振りを誘って接近戦を挑んでもTier8~10の駆逐同士の戦闘における間合いは隠蔽性の関係で大体6~8kmですから6kmまで接近し、肉薄攻撃を仕掛けようとしても独駆には煙幕&水中聴音で一方的に攻撃されるし、砲戦するとレーダーや艦載機に晒される危険性もあるから避ける・・・となると結局レーダーの舎弟圏外で戦うのが一番安全な訳で、芋駆逐が量産されるという感じに高Tier戦場が落ち着くのかな?

 

・・・楽しいと感じる駆逐乗りは独駆乗り以外でどれくらい居るのかな?

Edited by 31knot_Burke

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
142 posts
5,371 battles

発砲後の暴露距離がツリー通して15km前後と、射程を伸ばしても隠蔽射撃可能距離が存在しないという点は辛い所ですかね.いっそ清々しいので私個人としては潔くて好ましくも思えますが(人´ω`)

 

不満な点として、煙幕が日ソに比べて-20秒、米に比べて-60秒とかなり弱められているにも関わらず水中聴音性能がドイツ巡洋艦に準拠したものではなく一般的な性能に抑えられている点ですかね.これは出来ればドイツ

巡洋艦準拠の性能にして欲しかったと.

 

加えて言うと、「15cm砲」がエルンストガエーデとZ23でしか開発・装備出来ないのは勿体ないなーと思いました.私個人としては射程短くはあるけどパンチ力のある15cm砲はT6以降は全ての艦艇で装備可能ならドイツ駆逐艦ツリーの個性として面白かったんじゃないかなーと.

 

魚雷の性能についてはT7か8辺りで完全に日駆逐艦のお株を奪い兼ねない高性能となります.使っていて扱いやすいなと思う半面、ちょっとやり過ぎかなぁとは思いました.

 

 

余談

今後、プレミアム駆逐艦として「ソナーはドイツ巡洋艦性能のだよ」とかの余地を残したいのかなぁ等と邪推してみたりw(いや、まさかな…)

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
96 posts
19,102 battles

 

本サーバでZ-23まで進めて、PTでZ-46及びZ-52に乗ってみた所感を追記します。

 

〇レーベリヒト・マース

ざっくり言うなら一つ前のゲーテ(128mm)を一回り強化した感じです。

主砲も単装5基5門と増え、魚雷射程も伸びています。

が、代わりに隠蔽スキル無しだと迷彩込みで7.5kmと隠蔽は劣悪、あと地味に主砲の射角が悪いので全門使うとなると結構開きます。

相変わらずHEは湿気ってますが、門数増加で火力が増えているのと魚雷が8.5kmまで伸びたので比較的安全圏から投げられるのは利点かと。

 

〇Z-23

T6のゲーテと同じく128mmと150mmの選択式ですが、個人的にこの艦は150mm一択です。

最大の理由としてはB船体かつ150mm砲だと1番砲塔が「連装砲」になるからですね。

ちなみに128mmは基本射撃・上級射撃の恩恵こそ受けますが、前級のマースから主砲が減って4基4門なので火力が落ちています。

艦全体としてはT8になったことにより隠蔽UGが搭載可能となるのでマースより隠蔽は改善されます・・・が、同格以上は同じ条件なのでボトムだと相当辛いのは変わらず。隠蔽スキルまで付けてのフル隠蔽で6.2kmになるので、取り回しは相当しやすくなっています。

魚雷に関しても遂に日駆に迫る9.5kmの射程となっており、前述の隠蔽改善も相まって魚雷は投げやすいです。

 

〇Z-46

ここから念願の連装砲化により3基6門と、やっと強気に駆逐艦と殴り合える火力を手に入れてます。

ただし相変わらずのドイツ製128mmなのでHEの威力は低い為、投射量を活かして勝負していく感じですね。

主砲配置が前1基後ろ2基と日駆と同様の砲配置の為、引き撃ちでレンジと角度調整しながら戦うのが無難かと。

魚雷も日駆と同じ10kmまで伸びました。単発威力こそ劣りますがリロードと雷速・被発見のバランスが非常に優秀なのは変わりません。

非常にバランスの良い仕上がりだと感じました。

 

〇Z-52

一言で言うと「覚醒の時」ですかね。

まず搭載しているソナーが遂に通常仕様からドイツ仕様へと変わります。つまり約5.9kmまで強制発見可能なアレです。こいつがまず強力。

次に、アップグレードのCスロットにで射程延長が可能になっており、素の射程12.1kmに上級射撃を合わせてフル隠蔽すると独駆念願の隠蔽射撃が余裕で可能になります。(PTで確認したところ隠蔽射撃距離は13.8km辺りでした。最大射程は17km近くまで伸びます。)

他の性能変化点を挙げると主砲配置が前2基後ろ1基のソ連系やギアリングと同様の配置になっており、頭を向けての突撃に向きます。(ソナー強化もあるので敵の煙幕に突撃して強奪が非常に捗ります)

魚雷も地味ではありますが、10.5kmに射程が伸び、非発見距離そのままに雷速も69ktの向上します。リロードも早く、装填速度に手を入れればバンバン流していける優秀なものに。

対空は・・・駆逐艦としては射程も威力も非常に優秀な部類ではないかと思うのですがいかんせんマッチする艦載機と見ると無力感半端ないのは他と同じなので素直に逃げましょう。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
40 posts
12,062 battles

私が乗ったV-25,Ernst Gaede,Leberecht Maass,Z-46について(だいぶ今更ですが)

 

V-25:隠蔽がすごく良い。一応隠蔽魚雷が撃て、砲はティア2であることを考えると悪くない

 

Gaede:128mm砲、150mm砲共に発砲時被発見が15kmになるのは少々厳しい。

砲自体は150mmを用いると10kmくらいから格下巡洋艦のVPは抜けるが貫通力は思ったほどはない。

ただHEが24mmまで抜けることで多少は通りが良い印象。

魚雷は雷速、射程に優れ、隠蔽を取ると使いやすい

 

Maass:砲の門数が増え、駆逐との打ち合いがしやすくなった。

魚雷の射程の伸びが被発見の伸びより長く使い勝手は増している

射撃時被発見が相変わらず長く立ち回りが難しい。正直14kmは長すぎるので12kmくらいにしてほしい

 

Z-46:被発見5.9と他の駆逐艦と遜色なく、4.6km強制発見のソナーを用いて煙幕内から敵を発見しやすくなった。

主砲は両用砲6門で投射量1.2倍砲旋回がだいぶ早くなり今までよりだいぶ使い勝手が良い。あとは砲配置の都合上引き撃ちが得意。

特化で魚雷装填68s、アドレナリンラッシュ込みで55sまで縮み、雷撃が非常に使いやすい。

全体的にはフレッチャーと同ティアだが十分戦える。

 

全体に言えることはT6以降はソナーが有り、警戒を取らなくてもいいこと、発砲時被発見が長過ぎることが気になっている。

煙幕ソナーで一方的に発見するのが有効に使えるのはT9以降かなあ

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×