Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
hrm_yamatomo

空母と水上艦のバランスについて

184 comments in this topic

Recommended Posts

Member
295 posts
5,541 battles

現状、低Tier空母ではベテランプレーヤーが操作する場合、一方的な試合に持ち込める場合があります。これはゲームバランスを崩していると思いますので、それについての対策について議論していきたいと思い、このトピックを立てました。皆様のご意見をお聞かせください。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
295 posts
5,541 battles

まず、私の意見ですが、この問題の原因として、大きく分けて次の2点が挙げられると思います。


1.高Tierでの空母が面白くないため、低Tierにベテランプレーヤーが降りてくる
2.低Tierの予備機が少なく、先に戦闘機を落とされると、一気に劣勢になる

1については、高Tierだと中隊数が多く(特に日空)頭が追いつかない、高TierのAAが強すぎて、まともに戦えないというのが原因になるかと思います。さらに、低Tierでは対空防御放火を持つ艦が少なく、空母にとって戦いやすい戦場であることもこの状態に拍車をかけているのではないでしょうか?
2については、低Tierでは一度全滅させられれば、残り1回分しか予備機がないため、簡単に制空権を取られてしまうという問題があります。

そこで、対策を以下のように提案します。

米艦と巡洋艦を除く水上艦のAAを大幅にnerf、米以外の巡洋艦、米戦、米駆はそれなりにnerf、米巡は少しnerfといった対策が必要かと思います。
また、本来史実での対空砲は敵機を撃墜するためのものではなく、弾幕で接近し辛くさせるものだったはずです。そこで、対空防御放火の仕様の変更を提案します。
対空防御放火では対空能力は上がらず、通常と同程度の機数しか落とせない様にしますが、攻撃隊の精度が落ちるのは、爆撃機は現状のままでいいとして、雷撃機は一部の魚雷が航走に失敗する場合があるなどはいかがでしょう?空母側にも運要素が増やせますので、空母と水上艦の差を少しは減らせるかと思います。

また、低Tierでの継戦能力と高Tierでの中隊数の調整のため、航空編成を以下のように変更することを提案します。
T4では、鳳翔、ラングレーともに、中隊機数は3とし、編成は鳳翔が110、ラングレーが101とする(これで4回全滅させられる計算になる)
T5からは、日空は現状と同じ中隊機数とし、瑞鳳は201、120、ボーグは1中隊は戦闘機が4機、雷爆撃機は3機で、初期101、研究すると200と011が選べるように
T6からは日米ともに中隊機数は現状と同じで、龍驤が211、121、インディは200、011(格納庫容量から考えましたが、予備機が少ない分インディ不利です)
T7、T8では飛龍、翔鶴が初期121、後期で戦闘機を1中隊3機にして221ができるように、レンジャー、レキシントンは初期111、研究すると201か021か選べるように
T9では、大鳳が122または311、エセックスが初期112、研究すると211、121が選べるように
T10では、白龍が222、411、ミッドウェイが122、311
でいかがでしょう?

 

長文失礼致しました。

Edited by yamatomo1945

Share this post


Link to post
Share on other sites
[ONI]
Beta Tester
263 posts
9,763 battles

どうなんだろうなぁ、空母だけでは戦場はつくれないっていうのが俺の考え。実際開始早々空母が裏回しで沈んでも勝ったことはなんどもある。あくまで不利になるだけ。

対空ナーフはマズい、いま以上に空母ゲーになる。雷撃の走り方がランダムのちり方されると、駆逐艦が狩れなくなる、例えばシムスとかね。これはこれで駆逐が戦いやすい戦場ができてしまう。

雷撃機にも運要素が入ってこられると、空母乗り自体がいなくなる可能性が・・・

問題の低ティアなんだがT5が一番カオスかな。ボーグとかがやばいんだよ、勝率には出てないんだけど、WGが全アメリカ空母の弾薬増やすという暴挙に出たのでalt無双になっている。

問題はツリーとしたら、低ティアに空母が存在すること自体、空母性能ではalt攻撃の調整、編隊数の調整、あと新米空母艦長の育成にある。

空母自体を直すのではなくて、プレイヤーを変える。まぁ、皆さんわかってるだろうが空母に関わらず、高ティアではお前、低ティアでなに学んできたの?っていうプレイヤーがいるのでねぇ、ほぼ無理げーなんだが。

主が書いてる通り低ティアに大した防空艦いないのに空母を採用する必要性がないと思う。テキサスも対空範囲狭いから魚雷投下はされるし、魚雷の流し方気を付ければどうにでもなる。T45にまともな対空艦がいない。

空母はT6くらいから実装でよくねっていう、あと中隊の機数はCBT時代から言われてたんだけどまったく変える気がないのよね・・・

むしろさ、制空のアメリカ空母とか言ってさFT強化したのに、013とかいうFTがいない編成がある時点でもう終わってるよね、LEXとレンジャーは211編成でよかったんだよ。FT0の編成を廃止してほしいわ。

そんな調整を繰り返してきたこのゲームなんだが・・・それを根本的にひっくり返す調整は可不可ではなくWGはやらないと思う・・・諦めの境地だよね

Edited by tyokobosss

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
295 posts
5,541 battles

 

一部勘違いされているようなので補足すると、魚雷がランダムになるのは対空防御放火を使用された場合のみです。通常時は現状のままで良いかと思います。(米雷撃機は間隔が短く避けるのが難しいので間隔を広げても良いかもですが)
対空nerfについては、あくまで私の空母編成変更が前提として話をしていますので、空母の編成を同時に変更する限りは空母ゲーにはならないと思います。また、米巡は対空が強いというアメリカのこれまた対空を仕事の一つとする巡洋艦なので、少しと表記しました。一応私は水上艦(米巡ではないが)にも乗りますが、対空艦ではないその立場から見ても航空機を撃墜しすぎではないかと思っています。
また、T5での対策を書くのを忘れていました。すみません。以下のような対策を考えています。
 

私が先に提案した空母の編成の変更により、一度の攻撃能力を低下させ、継戦能力が向上した場合、T5から対空防御放火を使えるようにするだけで良いかと思います。(空母の継戦能力を向上させるとT4,5では編成数が2、3中隊に落ち着くと思われますので、水上艦が一方的に攻撃されることは少ないと思います。)


しかし、空母に何らかの変更が加えられなかった場合は、T3から対空防御放火を持たせるようにしないと、一方的な試合に持ち込まれかねないと思います。
 


また、FT0編成についてですが、確かに対空の不十分なT4,5では削除したほうが良いかもしれませんが、T6以上は対空の強い艦も増えていますので、あっても良いかと思います。むしろ、敵艦の攻撃に集中してくれるのですから、水上艦にとって有利な状況を作りやすいのではないでしょうか。

また、あなたの言う「空母を操作するプレーヤーを変える」と言う考えが理想ではありますが、コープ戦のAIでは、あまりに弱すぎて練習相手になりませんし、逆に今の平均的な空母プレーヤー並みにすると初心者には厳しすぎるので、新モードの実装によって対応することになると思いますが、そもそも空母の戦い方は十人十色であり、そう言う部分まで新モードのAIでカバーしていくのは難しいかと思います。また、空母プレーヤー同士でマッチングさせる形式にしたとしても、そもそも水上艦との連携が学べなければ話になりませんし、空母プレーヤーがわざわざ初心者の練習に付き合ってくれるのかと言う疑問も残ります。結局、ランダム戦で練習すると言う結論に落ち着いてしまうんですよね...

 

長文失礼致しました。

Edited by yamatomo1945

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
325 posts
17,582 battles

水上艦専門の意見としては、射線外しても300mくらいで急旋回して、別の射線につくのを改良したら、対空砲火とかほとんど関係ないです(今の1/2でもいいです)

>>実際、爆装機体はあんな急旋回したら分解するか失速します。1隻の対空砲火で20機以上撃墜できるのもあり得ないし

手動雷撃はマップ上に直線進行距離を表示してクリックで発射とか(戦闘機のAlt攻撃の感じです)


 

それでも、制空権持ってる方が圧倒的に優勢に変わりはありませんけど


 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
295 posts
5,541 battles

水上艦専門の意見としては、射線外しても300mくらいで急旋回して、別の射線につくのを改良したら、対空砲火とかほとんど関係ないです(今の1/2でもいいです)

>>実際、爆装機体はあんな急旋回したら分解するか失速します。1隻の対空砲火で20機以上撃墜できるのもあり得ないし

手動雷撃はマップ上に直線進行距離を表示してクリックで発射とか(戦闘機のAlt攻撃の感じです)


 

それでも、制空権持ってる方が圧倒的に優勢に変わりはありませんけど


 

 

どういう状況に関しておっしゃっているのか、いまいちわかりづらく感じたのですが、誤解があればご指摘ください。

 

攻撃機が攻撃体制に入れば、爆弾・魚雷を投下するまで他の操作は受け付けませんので、攻撃体制に入る距離をさらに手前にしろということでしょうか?それはそれで面白い意見だと思うのですが、初心者とベテランの腕の差がさらに広がりそうな気がします。

 

戦闘機のAlt攻撃をご存知ということは空母でプレイされたことがあるのでしょうか?手動雷撃も予測線が表示されないことを除けばあなたの意見と同じ仕様だと思うのですが、私がうまく意味を汲み取れていないだけですかね? また、予測線の機能は不要だと思います。水上艦からの魚雷発射のような感じにしたいとお考えなのかもしれませんが、水上艦の魚雷は遠距離から打って直線に進むため、自分の勘だけであてるのが難しい(私は予測線が敵艦の進路を示しているのを示しているのを知らずに、自分の勘で打っていたこともありましたが、むしろそのほうが命中率高かったような...)というのに対し、手動雷撃は近距離から投下するため、敵艦の進路は簡単に予測できてしまいますので、不要かと思います。初心者が少しでも当てやすいようにとお考えかもしれませんが、むしろ水上艦の回避運動によって予測線が動き回ったり、予測線から外れた位置に敵艦が進んだりで魚雷が外れやすくなると思いますので、無い方が良いかと思います。

 

また、艦長スキルの制空権は、本来予備機とのトレードオフだったはずですが、予備機が関係なくなってくる中Tierでばかり見かけます(高Tierではまだ空母とマッチングしたことがないのでなんとも言えないです)し、何かしらの仕様変更が必要な気がしますね...

 

長文失礼致しました。

Edited by yamatomo1945

Share this post


Link to post
Share on other sites
[ONI]
Beta Tester
263 posts
9,763 battles

航空機分解についてはゲームだから仕方ない、むしろ艦爆海面にもぐってるしな。雷撃機なんて通常じゃ魚雷が破損するたかさから投下してるしね。

もうね空母が良い意味でも悪い意味でも目立ちすぎるだけなんだよね。

スパユニ神風が無双するのと、スパユニ空母が無双するのはやってること、戦場に与えてる影響は同じでもなぜか空母が目立つだけなんだよね、別トピックでもかいたがだいぶ空母もナーフされたし、WGではこれ以上は無理だとおもわれ

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
211 posts
10,015 battles

空母以外専門でやってますので水上艦側の立場からの発言になる事を予めお伝えしておきます。

 

個人的には手動雷撃廃止するか、搭載機の撃墜=継戦能力の低下(船体へのダメージ)とするだけで良いんじゃないかなと思います。

(ゲーム上、艦の耐久値は継戦能力記載されていますので、空母の場合は艦載機が唯一の攻撃手段ですから搭載機の喪失=継戦能力の喪失という意味ではありかと思います)

理由としては、水上艦(戦艦・巡洋艦・駆逐艦)側に空母への反撃手段(ここでの反撃とは敵機撃墜ではなく空母そのものの撃沈)が無い事が空母へのヘイトを高めていると思いますし、対空値が低い低ティアでプレイ中の初心者狩りの温床にもなっていると思うからです。

対空による敵戦闘機や爆撃・雷撃機の撃墜によって、空母側は敵対するチームの空母に対して制空権が維持し難くなると言うリスクはあるかもしれませんが、敵艦からの艦砲射撃より遥かに精密で回避困難な攻撃を受け、下手をすれば即轟沈もののダメージすら受けかねない攻撃を受けた上に反撃手段が無い水上艦側のデメリットに対して、空母側が攻撃の際に受けるデメリットは極めて少な過ぎます。

 

とは言え、手動雷撃の廃止は攻撃機会の少ない空母の脅威度を必要以上に大幅に低下させる事になり、空母が産廃化してしまうと思いますので(もうそこまでするならぶっちゃけ空母を廃止して空母は全部AIで良いのではと思うので)

搭載機の撃墜=継戦能力へのダメージとなって、撃沈にまでは至らないまでもそれ以上、積極的に空母が攻撃してこられない様になれば良いのではないかと思います。(搭載機の残りが少ない=耐久が少ない、砲撃で若干ダメージも食らってて、もうこれ以上搭載機を失うと沈むから積極的に攻撃出来ない・・・みたいな、ゲーム終盤に苦手な艦種が敵チームに生き残ってて前に出られないミリ残りの水上艦と同じ様な状況になるって事です。搭載機喪失による継戦能力・耐久がゼロとなった場合はその瞬間、空母は撃沈と同様の扱いとなり、マップ上は姿形はあってもマップ外に向かって離脱し、最終的には戦域を離脱・・・的な感じです)

水上艦側の対空をこれ以上強化すれば、強化に伴って、空母乗りが以前大幅に減りましたし、現状の空母だけが隻数制限を受けた状態なのも搭載機の撃墜=継戦能力へのダメージとなる案の方ならば多少緩和出来るんじゃないでしょうか?

敵艦を攻撃する際に空母側が受けるデメリットが少な過ぎる事が空母への過度なヘイトを生み、また強過ぎるとして一度にマッチング可能な隻数制限を生み、それ故に利用者の減少が促進され、空母マッチが少なるなる事で活躍の場を奪われた米巡が益々割を食う・・・と言うのが現状ではないかと。

 

個人的には手動雷撃奪ったら、あれが空母プレイヤーにとっての醍醐味なんだろうし、攻撃機会の少ない空母プレイ時の経験値の収入源とも言うべきものだと思うので、廃止すると空母使いが益々減るだけの気がしますし、ここは搭載機撃墜=継戦能力(耐久)へのダメージが妥当かなと思うんですが・・・。

 

一応、空母使いの方にも私なりには配慮して考えた案を出したつもりですが、空母使いの方からよく聞く「せめて空母を使ってから~」的なコメント(加害者サイドの立場にたった視点が足りない)といった意見に対しては「議論に参加するには、何を十分とするか」トピの43コメによく目を通した上での意見なのかをお答え頂きます。

また空母関連の話について、空母に乗った経験が不足していると自らが主張する訳ですから、当然発言者された方も被害者側(水上艦)での十分なプレイ経験があるのは当然・・・として扱います。

その場合、勿論対空艦である米巡ツリーだけカンストしてますとかでは納得しません。

せめて自分の使っている空母がマッチングする対象となっている戦艦・巡洋艦・駆逐艦の各艦種のツリーを全部とは言いませんがそれなりに開放し、乗っていなければ、自らの主張がブーメランとして返ってくると思って覚悟の上でお答え頂きます様にお願い致します。

 

要するに空母と水上艦のバランスについて語るのに、水雷屋や戦艦乗り、空母乗りあらゆる者の意見が反映されるべきで、バランス良く乗っているものやNerf案の出ている艦にばかり乗っている者等、一部の人の意見だけで議論されるべきではない、というのが私の意見です。

偏ったプレースタイルでも別に良いじゃない、って事ですね。

(ここまで釘を刺した上でないとゲームについての意見を書き込む事が出来ない程、他人の戦績について四の五の言う風潮・・・正直ウンザリしますねぇ)

 

Edited by 31knot_Burke

Share this post


Link to post
Share on other sites
[ONI]
Beta Tester
263 posts
9,763 battles

搭載機が撃墜で耐久にダメージ受ける仕様だと、戦闘機の制空戦が著しくきつくなる。

状況によっては味方の航空機を巻き込んでもALTをかます場合があります。撃墜=ダメージだとそれがしにくくなるので空母乗りとしては反対。ある程度やりこんだ空母乗りなら味方が自分の航空機ごと敵つぶして貰って助かる事多々あるのを知ってるのでいいんですが、これが初心者はそうはいかない。ダメージ食らったとしか思わないので通報等してくるとおもいます。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
295 posts
5,541 battles

tyokobosss氏のご意見に対して

 

まだまだnerfすべきところはありますし、逆にbuffすべきところもあると思いますので、すでに結構nerfされたからこれ以上無理だというのはどうかと思います。ゲームとして成り立っていなかったからバランス調整がなされるわけですし。

 

31knot_Burke氏のご意見に対して

 

水上艦メインの方からのご意見はありがたいです。空母をやっている人ばかりだと、多少は意見の偏りは出るでしょうし、ブレーキ役になっていただければ助かります。

 

まず、手動雷撃の廃止についてですが、条件付きにはなりますが、賛成します。私が感じた手動雷撃の廃止の利点と欠点についてまず述べさせていただきます。

まず、利点ですが、初心者とベテランの腕の差を少しは減らせるのではないかと思いました。これは、一方的な試合に持ち込みにくくするという点で、有効かと思います。

逆に欠点ですが、水上艦に当てることが(現在の仕様のままでは)ほぼ不可能になります。水上艦側が操艦を誤らなければ自動雷撃はほぼ命中しませんので、雷2編成のある日空ならまだしも、米空や、日空制空編成が死にかねません。(空母の編成変更について私は提案していますが、運営がそれをするつもりはなさそうだというご意見をいただいたので、編成の変更はない前提で書いています)

そこで、私の条件ですが、自動雷撃の魚雷の投下位置をより敵艦に近づける必要があるかと思います。巡洋艦基準でうまく舵を切っても1本当たるか当たらないかくらいの位置ならちょうど良いのではないでしょうか?それなら、致命傷になりかねない駆逐は全弾回避ができるかと思います。本来、理想の攻撃対象である敵戦艦が全滅した後の攻撃については、敵艦の針路を変えさせるという目的で使えるはずですし、雷2編成なら十字雷撃で十分対応可能かと思います。

また、そうなっても、戦闘機を同時に複数扱うのを苦手とするプレーヤー(私もその一人で飛龍で苦戦しています。少しは慣れてきましたが)などの対艦orバランス空母乗りは、手動爆撃の習得で対応できるかと思いますので、空母の攻撃機会についてご心配なさる必要はないと思います。

手動爆撃も慣れれば全弾命中させられる場合があるのですが、手動雷撃に比べ、回避しやすいというのがあります。(史実の伊勢、日向のように、投下体制に入った瞬間に急転舵すると、全弾回避もできるはずです。もちろん戦艦は動きが鈍いので、早めに転舵を始める必要がありますが)また、運要素も強いので、これを廃止しろ=水上艦の砲撃を廃止しろ、となるので、空母が強すぎるとおっしゃる方もこれで納得できるかと思います。

 

しかし、航空機の被撃墜でダメージを受けるのに関しては、なんとも言えないですね...

水上艦が反撃できるようにすべきだというのはわかります。しかし、対空防御放火を使えば、対空特化艦ではない青葉だけでも(平均的な腕の空母プレーヤーが操作するとして)龍驤の航空戦力の40%を喪失させることが可能なので、現在でも結構リスクがあるんですよね...(一度に10機落とす(私が青葉に乗っているときは大体このくらいでした)として計算しています。攻撃隊の過半数は溶ける計算になります。)

また、水上艦は敵から打たれた砲弾が全て命中するわけではなく、上手い巡洋艦乗りや、駆逐乗りの方は結構回避されますよね?予備機というシステムを廃止するという前提で話を進めます。それは確かに低Tierでも一方的な試合に持ち込みにくくなるという利点はあります。しかし、搭載数に応じてダメージを設定した場合、一撃が重すぎます。逆にダメージを妥当な量にするだけでは、航空機が多すぎて、いくら敵機を落としても次から次へと航空機が飛んでくるという、水上艦にとって余計に辛い状態になります。

また、ダメージを妥当な量にした上で、予備機システムを残したとしても、艦載機を全て撃墜された時、HPは残ってはいるものの、敵陣にcapに行けるようなものではないという非常に歯がゆい思いをすることになります。それなら、同じ戦場にいる意味がないですよね...

また、敵艦から砲撃を受けた場合はどうするのでしょうか?敵艦からの砲撃でHPを削られたために制空権を奪われるなんてことがあっては、余計に試合の一方性を高めるだけだと思います。(まあ接近されてる時点で詰んでると言われればそうですが)逆にダメージを受けないのであれば、「空母はマップ外から攻撃することにして、攻撃間隔をのばしてしまうことによって水上艦とバランスを取ったほうがいい。」ってなって、「それならもういっそ基地航空隊でよくね?」ってなり、さらに「空母なんてもういらないよね」ってなりそうな気がします。

それは最悪の結論であり、これが前例として、極端な話ではありますが、「魚雷は一撃が重すぎるから巡洋艦に積むのはやめよう」とか「砲撃も雷撃もできちゃう駆逐艦って強すぎないか?水雷艇に変えよう」みたいな話になりかねないので、空母であるべき理由を残せる意見が望ましいと思います。

 

長文失礼致しました。

Edited by yamatomo1945

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
295 posts
5,541 battles

搭載機が撃墜で耐久にダメージ受ける仕様だと、戦闘機の制空戦が著しくきつくなる。

状況によっては味方の航空機を巻き込んでもALTをかます場合があります。撃墜=ダメージだとそれがしにくくなるので空母乗りとしては反対。ある程度やりこんだ空母乗りなら味方が自分の航空機ごと敵つぶして貰って助かる事多々あるのを知ってるのでいいんですが、これが初心者はそうはいかない。ダメージ食らったとしか思わないので通報等してくるとおもいます。

確かにそんな問題もありますね。空母同士ならまだ理解してもらえそうですが、空母に乗ったことがない巡洋艦や、戦艦の方の水上戦闘機に攻撃を仕掛けた場合は、通報されそうですね...

水上艦の方に空母がどのように戦っているかを理解していただける機能が必要かもしれませんね。(まあそれは本件との関連性は低いので、とりあえず置いておきます。)

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
211 posts
10,015 battles

搭載機が撃墜で耐久にダメージ受ける仕様だと、戦闘機の制空戦が著しくきつくなる。

状況によっては味方の航空機を巻き込んでもALTをかます場合があります。撃墜=ダメージだとそれがしにくくなるので空母乗りとしては反対。ある程度やりこんだ空母乗りなら味方が自分の航空機ごと敵つぶして貰って助かる事多々あるのを知ってるのでいいんですが、これが初心者はそうはいかない。ダメージ食らったとしか思わないので通報等してくるとおもいます。

 

あ~味方機ごと敵機撃墜するって話は確かにありましたね。

う~ん・・・分かるけど、まっとうに仕事した結果であっても通報されまくるそうですし、実害ないから空母乗りの方は通報されるのは諦めry。

と、冗談はおいといて・・・。

味方機ごとって話は確かに分かります。

結局その味方機ごと撃墜してくれた結果制空権を確保してもらい、海戦が優位に運ぶメリットを考えれば水上艦勢も他人事ではない話ですからね。

 

ただ、水上艦でも副砲が自動で味方にダメージ与えてしまう事や魚雷の誤射による撃沈もある訳で、空母乗りの方にも多少は目をつぶって頂きたいところではあります(WGが戦闘機の手動操作時に味方機ごと敵機を撃墜してしまう仕様をなんとかしてくれるのが一番ではありますが)

と言いますのも、搭載機の喪失=継戦能力(船体)へのダメージの目的が、一時的な空母の不活性化にあるからです。

水上艦でも敵味方の砲戦が始まって、イキナリバイタルを抜かれた巡洋艦が慌てて後方に下がりますよね?

そうなると巡洋艦が抜けた側のチームは砲戦で著しく不利な状況に追い込まれます。

そしてバイタルを抜かれた巡洋艦は敵艦隊の中に損傷した艦が増えて、ある程度前に出やすくなるまで積極的に前に出る事が出来なくなります。

 

空母を仕留めきれないまでも、一矢報いて損傷させただけでもその与えたダメージ+搭載機喪失=撃沈に至る損害を敵空母に与えれられれば、空母は撃沈されない程度の数しか搭載機を運用出来なくなり、味方空母が制空権争いに敗れた場合でも水上艦の働きによって戦局を打開しやすくなるのではないかなと・・・。

 

あと、フルヘルスの状態で全機喪失=撃沈とかではなくて、全機喪失して棺桶化した場合でも最大でHPの半分くらいまでしか減らないとか、1中隊全滅で始めてダメージが入るとかいった仕様でも水上艦側にもある程度の与ダメによる経験値は入ると思いますので、多少は沈められた方の慰みにもなるのではないかなと。

(それにやっぱりやられた分、沈める時くらい惨たらしい最期を味わせてやらないとそれまで一方的にボコボコにされた水上艦側の気持ちとしては割に合わないw)

 

 

 

ええと、仮にですが私の言う搭載機の喪失=継戦能力(船体)へのダメージとする案は当然、水上艦の基本的な対空性能と対空防御放火の弱体化は不可避であると考えます。

そうしないと仰る通り対空艦でもない青葉の対空砲火によってイキナリ龍驤に限らず空母がポンコツ状態に追い込まれてしまいますからね。

(益々空母が減って、益々米巡が割を食う事に・・・)

そこについては明確にさじ加減をどうするかという考えがあった訳ではないのですが先のtyokobosssさんへのご返答でも触れた通り、全機喪失≠撃沈にならない程度には少なくとも調整は必要だと思います。

あくまでも一太刀二太刀与えてないと沈まないって感じじゃないと、後衛の空母がポンポンゲーム序盤から沈むというのはやっぱりおかしいと思いますしね。

 

 

手動雷撃は・・・今更あの魚雷5~6本食らわせる爽快感を空母乗りから奪うのは私も駆逐乗りとしてまとめて魚雷食らわせた時に「よし!」ってなるので空母乗りの方に「明日から廃止な」とは言いにくいですね。(あれが快感で空母やってますって人も居るでしょうし)

でもあれが空母が強すぎるとされる最大の要因である事には違いありません。

手動爆撃とかのその他の攻撃手段と異なって手動雷撃の確殺具合が高過ぎて、水上艦にとっては為す術が無いからヘイトがたまるんだと思います。

事前に砲撃をやめて全力で回避してもそれでも2~3本貰ったり、やっとの思いで回避したら波状攻撃で更に雷撃されたりして、自分1人じゃどうにも出来なさ過ぎるんですよね。

もっとも自動雷撃だと仰る通りで回避はされ易い。

 

なので、そこに敢えて手を加えるのであれば手動雷撃の廃止ではなく、せめて雷撃機は発艦前に磁気信管と接触信管を選ばせる仕様にして磁気は各艦種ごとに深度を設定しなければならない様にし、発艦後に別の艦への攻撃には使えない代わりにダメージが大きく、接触信管はどの艦にも使える代わりにダメージ量が少ない・・・なんて、ある程度史実の磁気信管と接触信管の特徴を盛り込むというのも良いかもしれません。

 

いずれにしても空母と水上艦のバランスの加減は非常に難しい問題ですね。

プレイヤー数が少ない空母乗りと多い水上艦、反撃されても艦載機が無くなるだけで生き残れる事もある空母に、反撃手段の無い水上艦・・・あちらを立てればこちらが立たず、う~ん。

Edited by 31knot_Burke

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
203 posts
5,263 battles

31knot_Burke氏 と同じくほぼ水上艦(の主に戦艦)乗りの意見としてのお耳汚しを失礼します。

 

現状やはり空母の重要度は極めて高いと思っています。戦艦からすれば視界の確保が最たるもので、空母無し戦場の駆逐は「即沈して視界が無くなる」なんてザラなんで。

そして、防空。水上艦の雷撃に比べて低火力ではあるものの、浸水発生も考えると回避優先で戦線離脱を余儀なくされることになりそれを防いでくれる味方空母は頼もしいですよ。

 

かつては、自動雷撃さえ躱せず「空母汚い」でしたが自身でプレイして熟達の差であると痛感してからはそれに対する方法を模索して対策を講じてそれでも当ててくる空母は巧い空母となりました。

 

先に述べられてるように、この「巧い空母」と「初心者空母」が同じ土俵で戦える訳も無く更に対空の貧弱なT4T5に「艦長も育ち切った空母が存在する」時点でかつて自身が感じた

「空母汚い」

を初心者が抱いてしまう一つの要因になっているのではないかと考えます。

 

その辺りを踏まえて自分は

1: T4空母はT3とはマッチングさせない

2: T5戦場では手動攻撃できないようにする(ランダム戦限定)

3: スキル「制空権」は段階的に有効になるようにする(ランダム戦限定)

 

1については現状、T3の対空性能では水上艦で空母艦載機にほぼ無抵抗な状態であり部隊数が少ないとはいえ数を減らせず攻撃をされてしまいます。

なので、空母はT5戦場から参加できるようにしてもいいのではないかと思います。

(単一ティア戦場がない現行のシステムではT5からになってしまいますが、致し方ないのかと)

 

2については、4-5戦場ではまだ対空艦と言える艦が少ないと感じます。その状況下での上級者の手動攻撃は脅威度が高くその対策です。

しかしながら、手動雷撃を練習する場がT6からになるので「ランダム戦限定」の条件を付ける必要もあると考えます。

 

3については言わずもがな。空母プレーヤーも一度は経験されている事かと思います。制空権アリに制空権無しはタイマンではまず一方的に喰われます。

ですが、ダブロンなどを駆使してもストレートで早くてT6~でないと制空権は取れないと思います。

そこで低ティア帯ではスキル制空権を休止させて実際取得できるであろうティア帯から有効化する方法を提案します。

実際、どの程度で取得可能かはデータがないのでココからと言えませんが初心者狩りなどの対策になると思います。

 

それから、31knot_Burke氏の提唱する 艦載機≒HP ですが全ての艦載機に採用するのは些かやり過ぎかと。

攻撃機、爆撃機に対してのみ有効など部分的にするのはどうなんでしょうか?

加えて、すべて落とされても戦場にHPを残した状態で存在できるようにするべきだと考えます。

実際、極めて接戦になった際に戦艦が前線を離れて比較的安全な敵陣CAPを行うなど、実際に火力になれなくともできることはある訳ですし、予備機ゼロでもできることはあると考えますので。

 

どちらかというと艦載機≒HPは概ね反対でしょうか。そこまで辛いと感じていないと言う自分の考えもありますが・・・やり過ぎの感はあるのかと。

長文にて失礼しました。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
295 posts
5,541 battles

31knot_Burke氏のご意見に対して

戦況を有利にしても通報されるという状態になっては、空母全体がよほどメンタル強い人しか乗れない艦種になりそうです。しかし、味方に砲撃や雷撃を当てた場合は、「警告!味方の被害が拡大しています!」といった音声が流れましたが、空母で味方機を撃墜してもその音声がないということは、運営としても、問題がない行為として判断しているんですかね?

それなら、味方機を落とした時のダメージは自分に来るようにするとか、航空機だけのキルデス比みたいなもの(敵戦闘機撃墜数/味方戦闘機、水上戦闘機撃墜数)を入れて、戦闘中に通報した分は戦闘終了後にもう一度確認ボタンを押さないといけないとかですかね?(ついでに理不尽な通報の抑制効果も期待できるので一石二鳥ですかね。めんどくさいですけど)それでもご理解いただけない水上艦の方からは通報が来そうですが...

いずれにせよ、先に述べた通り、航空機の被撃墜でダメージを受けるのには賛同はしませんので、水上艦が惨めだとおっしゃるのなら、水上艦だけ敵機の撃墜で貰える経験値を増やすとかですかね?

 

また、雷撃機の仕様変更に関してですが、低Tierならまだしも、同時に8中隊操作するTier10のことを考えると、いくらなんでも忙しくなりすぎるのではないかと思います。手動雷撃を残す方向で調整するなら、信管の作動までの距離を伸ばすとかでしょうか?これなら、ベテランの投下する魚雷でも回避しやすくなりますが、初心者だとほぼ当てられないという事態になりかねないので、やはり自動雷撃を当たりやすくして、手動雷撃を廃止する方が現実的だと思います。

 

AKI0405氏のご意見に対して

概ね賛成なのですが、一部変更の余地がありそうだと感じた部分があります。

1、2はもうそのままで良いかと思います。

3についてですが、いっそ、航空機の数を増やすのではなく、爆撃の威力や、戦闘機の火力向上などにし、Tierによって上昇量が変化するというのはいかがでしょう?やはり機体数に差が出ると影響が大きすぎるのではないかと思います。また、Tier差ではなくTierなので、サイパンがドッグファイト持ちに対抗する手段となりえます(まだサイパンとの交戦経験が浅いのでいまいちサイパンの強さがわからないのですが上手い人が使えば飛龍やレンジャーでもどうしようなくなるとお考えであればご指摘ください)し、低Tierでの上昇量を控えめにすれば初心者狩りもしにくくなるかと思います。

 

追加の私の意見

初心者とベテランをマッチさせない方法ですが、空母のプレーヤーレベルを100点満点で評価するというのはいかがでしょう?

より点数の近い人とマッチし、点数差は最高でも10点までとすれば、そんなに一方的な試合は発生しにくいのではないかと思います。

また、この点数の評価は、以下のような方法が良いかと思います。対象の空母プレーヤーの動き(公平性の維持のため全プレーヤー名非表示)を俯瞰画面で通常の戦闘の4〜5倍程度の速さで流し、戦闘終了後の詳細報告画面も表示し、その戦闘に参加しなかった、少なくとも対象となる空母の1つ下のTierまで空母ツリーを進めているプレイヤー7名(やはり空母をある程度プレイしていないとわからないことがあると思いますので比重を高めにしています)、どのツリーでもいいので少なくとも一つ下のTierまで進めているプレーヤー3名がそれぞれ制空、索敵(視界確保)、攻撃のそれぞれの項目について評価しますが、制空編成はそれぞれ制空5点、索敵4点、攻撃可否(以下541)、バランス編成は343、対艦編成は127で評価し、合計点がその戦闘の点数とします。なお、ここでのそれぞれの編成の定義ですが、戦闘機の中隊数の割合で決まり、50%以上を制空編成、21%以上50%未満をバランス編成、20%以下を対艦編成とします。3ヶ月以内の直近の10回の評価の平均値がそのプレーヤーの現段階での点数として、マッチングに反映されます。また、空母プレーヤーは、評価にクレジットが必要とし、評価した人でそのクレジットを山分けします。こうすることで積極的に評価してもらえるかと思います。また、空母プレーヤーにとってのこの機能を利用する利点と利用しなかった場合のデメリットですが、利点は、適正な戦場が当たりやすくなること、相手空母の点数に応じて勝利した場合のみ経験値が変化するようにすることで、経験値を稼ぎやすいといった感じですかね。逆に利用しなかった場合は、点数の評価がない他のプレーヤーと対戦することになることですかね。初心者がその機能の利用で初心者狩りとマッチングしにくくなるので、初心者狩りも次第に減ると思われますし、一般的なプレーヤーも気軽に低Tierで遊びやすくなるかと思います。また、人の少ない時間帯ですが、現在のマッチングシステムでマッチング出来る艦がいるが、点数に大きな差がある場合、確認メッセージを表示し、双方がそれでも良いと判断した時にマッチングされるとすれば良いのではないかともいます。

 

 

長文失礼致しました。

Edited by yamatomo1945

Share this post


Link to post
Share on other sites
[ONI]
Beta Tester
263 posts
9,763 battles

私も全艦種乗り回してるんですが、今はアメリカ駆逐艦に落ち着いてます。

空母はCBTから乗り続けてきてるんですが(元は飛龍乗り)あまりにもWGに振り回されすぎた。昔はアメリカ空母のがt8では強かったんです。LEXの211編成がね。だから、私も仕方なくアメリカ空母始めて、やっとこさLEXにきたら、もうわかりますよね?アメリカ空母乗りが大反対した211編成の削除ですよ。某レキシントンの人ですら乗らなくなる始末。

仕方なく、飛龍で楽しんでたら、サイパンとかいうバランスブレイカーの投入。それから空母が楽しくなくなりましたね。T7以降の空母に魅力がないんですよね、だから空母乗りが低ティアに流れるんですよね。

私も最近はサイパンか制空権龍RYUJOしかやりません。昔よりめっきり空母乗らなくなりました、駆逐艦とかのが楽しいですからね。わかりますよ空母が邪魔くさいってのは、雷撃みられるし、場所ばれるし。だけど、他艦艇と同じで空母無双だけではどうにもならないのがt7以降なんですよ。

直すならt6以下ですね、ボーグあたりは本当にエグい。フレの110ボーグと私他一名がテキサス×2。フレボーグが開始早々駆逐艦始末したらもうまけは無いですよね。あれみてると、たしかに低ティアは空母でも戦場ある程度うごかせるんかなと思う。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
211 posts
10,015 battles

返事が遅くなりましたが、コメントを頂きましたので意見をば・・・。

艦載機の喪失によって空母自身もダメージを負うという案は思い付きで書いたものだったので、ちょっと言葉が色々と足りてなかったですね。

申し訳ありません。

 

AKI0405さんからのご意見について

HP=継戦能力というのがこのゲームの趣旨ですから、制空権確保という直接敵艦を攻撃する事の出来ない戦闘機は除外とするのが妥当だと私も思います。

また、そうだとして艦爆と艦攻を全機喪失したからと言ってもそれによって空母が撃沈判定となれば敵空母のやりたい放題になるのは目に見えてますので、私も仮にこの案が採用されるとしても艦爆・艦攻の喪失=空母撃沈に至る程のダメージを与えるべきではないと思います。

あくまでもその後の砲撃や空母からの空襲によるトドメがあって沈むのが妥当でしょう。

艦爆・艦攻を全機喪失=HP3分の1~半分程度の喪失・・・くらいが妥当かなと。

 

yamatomo1945さんのご意見について

敵機撃墜の経験値が今よりもっと良くなれば、確かに反撃手段が一切ない水上艦側としても多少は溜飲を下げる思いにはなるでしょうからそれも良いと思います。

ただ、その件と史実を差し引いて考えてもオンライン対戦のゲームとして、ここまでキルレの下がりにくい、下げようがない「空母」という存在は他のゲームに目を向けてもそうはありません。

しいて例を挙げるならWGのゲームであるWoTの自走砲くらいじゃないでしょうか?

そうした死ににくく、一方的に他のユーザーを攻撃可能な(勿論空母は沈みますが、他の艦と比べて遥かに沈む機会が少ない)キャラや兵科のある状況は全てのユーザーに対して公平と言えるのか?と疑念を感じずにはいられません。

そこが解消されないから空母へのヘイトが高く、ヘイトが高いからこそ、新規ユーザーがおいそれとは空母に手を出せず、結果空母使いが少ない原因にもなっているのではないかと思うのです。
 
もっと沈みやすくなればゲーム内における空母の重要性は下がり、結果としてヘイトも下がるでしょうから、新規ユーザーやこれまで空母に手を出さなかった私の様なユーザーも気軽に空母でプレー出来るのではないかと思います。
少なくとも私が空母に手を出さない、出す気にもならないのは上記に書いた様な「一方的に殴れる不公平さ」と「ゲームにおける重要性が高すぎるが故の敵味方のヘイトが高い為に、自分が空母使いとして一人前になるまでに多くの人に迷惑をかけ過ぎるから」というのが理由です。
何か空母のユーザーも水上艦のユーザーも納得出来る落とし所的な案が他にあればそれが良いんでしょうが・・・現状はどっちかが我慢するという形の妥協策しか他のトピックスとかでも出てないですし、難しいですね。
 
 
次に雷撃についてですが、水上艦の攻撃手段が砲撃と雷撃で、砲撃は各艦ごとの射撃精度に敵艦の迷彩等による砲弾のバラ付きという不確定要素がありますし、雷撃は相手の動きを読みきらねば当てられません。
でも艦爆による爆撃はともかく、艦攻の手動雷撃は余程対空値の高い艦に喧嘩を売らない限りは1~2機くらいは落とされてもほぼ雷撃は成功しますし、回避不能な程至近距離から魚雷を放つ事が出来るので水上艦と比べて攻撃の命中精度とその威力のバランスが極端に良すぎるのが問題であると私は考えています。
 
勿論使いこなす為に空母使いの方々が何度となく失敗をし、ヘイトの高い空母を使っているが故に侮辱されたりもしながら体得したものであろう事を考えればそこに手を付けられたくないとは思います。
でもやはり手動雷撃を見直さなければ空母と水上艦とのバランス調整は現状は難しいと思います。
仰る通り接触信管か磁気信管かを選ばせる方式は作業量が増大するという問題がありますし、私としても手動雷撃廃止が一番手っ取り早いとは思っています。
が、それでも手動雷撃は残したい・・・と考える人に対してのしいて提示するなら、という感じで出したのが接触信管と磁気信管の仕様の違いをつけるという案でした。
 
代案を挙げろと言われたら、いっその事艦爆や艦攻の攻撃頻度(機体の速度を上げるとかして)魚雷や爆撃によるダメージはカスダメ程度にして火災や浸水ダメージでしかダメージを与えられないようにし「空母を砲戦のサポートを行う補助戦力」にまでその役割を落としてしまう・・・くらいですかね?
う~ん、良い案が他に思いつかない・・・。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
295 posts
5,541 battles

返事が遅くなりましたが、コメントを頂きましたので意見をば・・・。

艦載機の喪失によって空母自身もダメージを負うという案は思い付きで書いたものだったので、ちょっと言葉が色々と足りてなかったですね。

申し訳ありません。

 

AKI0405さんからのご意見について

HP=継戦能力というのがこのゲームの趣旨ですから、制空権確保という直接敵艦を攻撃する事の出来ない戦闘機は除外とするのが妥当だと私も思います。

また、そうだとして艦爆と艦攻を全機喪失したからと言ってもそれによって空母が撃沈判定となれば敵空母のやりたい放題になるのは目に見えてますので、私も仮にこの案が採用されるとしても艦爆・艦攻の喪失=空母撃沈に至る程のダメージを与えるべきではないと思います。

あくまでもその後の砲撃や空母からの空襲によるトドメがあって沈むのが妥当でしょう。

艦爆・艦攻を全機喪失=HP3分の1~半分程度の喪失・・・くらいが妥当かなと。

 

yamatomo1945さんのご意見について

敵機撃墜の経験値が今よりもっと良くなれば、確かに反撃手段が一切ない水上艦側としても多少は溜飲を下げる思いにはなるでしょうからそれも良いと思います。

ただ、その件と史実を差し引いて考えてもオンライン対戦のゲームとして、ここまでキルレの下がりにくい、下げようがない「空母」という存在は他のゲームに目を向けてもそうはありません。

しいて例を挙げるならWGのゲームであるWoTの自走砲くらいじゃないでしょうか?

そうした死ににくく、一方的に他のユーザーを攻撃可能な(勿論空母は沈みますが、他の艦と比べて遥かに沈む機会が少ない)キャラや兵科のある状況は全てのユーザーに対して公平と言えるのか?と疑念を感じずにはいられません。

そこが解消されないから空母へのヘイトが高く、ヘイトが高いからこそ、新規ユーザーがおいそれとは空母に手を出せず、結果空母使いが少ない原因にもなっているのではないかと思うのです。
少なくとも私が空母に手を出さない、出す気にもならないのは上記に書いた様な「一方的に殴れる不公平さ」と「ゲームにおける重要性が高すぎるが故の敵味方のヘイトが高い為に、自分が空母使いとして一人前になるまでに多くの人に迷惑をかけ過ぎるから」というのが理由です。
何か空母のユーザーも水上艦のユーザーも納得出来る落とし所的な案が他にあればそれが良いんでしょうが・・・現状はどっちかが我慢するという形の妥協策しか他のトピックスとかでも出てないですし、難しいですね。
 
 
次に雷撃についてですが、水上艦の攻撃手段が砲撃と雷撃で、砲撃は各艦ごとの射撃精度に敵艦の迷彩等による砲弾のバラ付きという不確定要素がありますし、雷撃は相手の動きを読みきらねば当てられません。
でも艦爆による爆撃はともかく、艦攻の手動雷撃は余程対空値の高い艦に喧嘩を売らない限りは1~2機くらいは落とされてもほぼ雷撃は成功しますし、回避不能な程至近距離から魚雷を放つ事が出来るので水上艦と比べて攻撃の命中精度とその威力のバランスが極端に良すぎるのが問題であると私は考えています。
 
勿論使いこなす為に空母使いの方々が何度となく失敗をし、ヘイトの高い空母を使っているが故に侮辱されたりもしながら体得したものであろう事を考えればそこに手を付けられたくないとは思います。
でもやはり手動雷撃を見直さなければ空母と水上艦とのバランス調整は現状は難しいと思います。
仰る通り接触信管か磁気信管かを選ばせる方式は作業量が増大するという問題がありますし、私としても手動雷撃廃止が一番手っ取り早いとは思っています。
が、それでも手動雷撃は残したい・・・と考える人に対してのしいて提示するなら、という感じで出したのが接触信管と磁気信管の仕様の違いをつけるという案でした。
 
代案を挙げろと言われたら、いっその事艦爆や艦攻の攻撃頻度(機体の速度を上げるとかして)魚雷や爆撃によるダメージはカスダメ程度にして火災や浸水ダメージでしかダメージを与えられないようにし「空母を砲戦のサポートを行う補助戦力」にまでその役割を落としてしまう・・・くらいですかね?
う~ん、良い案が他に思いつかない・・・。

 

 

私がこのトピックを立てた時に問題点としてあげたものの1つに「低Tierでは一方的な試合に持ち込めてしまう場合がある」というものがあります。空母を沈みやすくするとその現状を助長しかねないかと思います。特にTier7では開幕空母狩りが流行っているようですし...
また、空母が沈みにくいと仰っていますが、そんなこともないんですよ。実際に私が飛龍で経験したものですが、開幕でレンジャーの爆撃機2中隊、戦闘機2中隊がそれぞれ1中隊ずつに分けて左右から私に向かってきていて、急いで私の戦闘機2中隊を左右別々に送り、爆撃機を撃破しようとしましたが、敵の戦闘機に捕まって各個撃破され、1中隊から爆撃を受けました。当然すぐ近くにもう1つ爆撃機が居ますので、火災の鎮火を待ちました。火災鎮火直後にもう一度爆撃を受け、応急工作班を使用しましたが、敵空母が攻撃しにくくなるよう味方と合流するため少し前線の方に出てしまっていたために、砲撃で撃沈されました。たとえ近くに敵の水上艦がいなくても、最初に爆撃してきたほうの爆撃機が接近していたため、撃沈されていたと思います。また、私の防空のために多くの艦が私の近くに集まってしまったため、前線の戦力ダウンによって水上艦も圧倒的な劣勢状態になり、負けました。本来なら、私の方がダメージレースで圧倒的に有利なはずなのですが、母艦を攻撃されれば回避運動が必要になり、手動攻撃ができませんでしたので、当然当たりません。(爆弾2発は命中したようでしたが)その上で私の方が先に撃沈されてしまったわけですから、当然敵の独断場ですよね。さらに、本来なら、母艦が攻撃を受けることで、私に攻撃が集中して、味方水上艦が敵水上艦に対して有利な状況を作れるはずですが、私が援護を求めてしまったことで台無しですね。まあ援護がなければほぼ沈むこと確定なんですが...
もし空母を沈みやすくするのなら、砲がめちゃくちゃ弱い代わりに対空がめちゃくちゃ強い(前線に出るより後ろで空母の護衛をする方が適した艦にするため)防空駆逐艦(巡洋艦)で、開幕空母狩り防止をするとか、全空母に対空防御放火を備えるようにするとかしないと、空母が極端に弱くなってしまうと思います。

 

また、雷撃についてですが、自動攻撃は残した上で、手動攻撃は信管を選ぶ必要があるということですか?
手動攻撃を残すと、空母に乗ったことがないために空母が忙しいという艦種であることを理解できず、なんで手動攻撃をしなかったとか言って通報してくる輩がいるので、無くした方が良いかと思います。また、それが原因となってベテランプレーヤーが低Tierに降りてくるという現状に拍車がかかってしまう恐れがあります。

最後の空母の補助戦力化ですが、いいと思いますよ。しかし、あなたのいう通りの調整をすると、航空攻撃ばかり受けてまともに戦闘ができない状態になりかねませんし、火災や浸水による継続ダメージが期待できない(攻撃隊をチラつかせて修理班の使用を控えさせている間に敵戦闘機が来てしまうため)ので、補助戦力化で弱体化すると使い物にならなそうですね...
しかし、補助戦力化がおとしどころではないですかね。うまくやれば空母の戦場における影響力を減らすことができますので、ある程度空母も弱体化できます。実際に私はそういう運用を心がけています。今の空母の仕様では1波の攻撃で撃沈出来るのはせいぜい駆逐艦くらいでしょう(巡洋艦は対空が強すぎるので、基本的に攻撃しませんし、したところで結構落とされるのであまりダメージが期待できないです)し、あまり攻撃を1箇所に固めると他の場所で味方が劣勢となりかねませんので、私としては補助戦力的運用がベストだと考えています。代わりに、バランス編成や対艦編成を使うわりには防空を重視した運用をしています。(私としては同時に扱える戦闘機は2中隊が限度なので、制空編成だと逆にうまくいかないですね...)空母のくせに撃沈数0だからとかいう理不尽な理由で通報されることもありますが...

 

最後に、空母の影響が強すぎるから、という理由で空母にのるのを諦めないでください。味方に迷惑がかかるとしても、それは初心者のあなたがかけたものではなく、初心者狩りをする空母がかけたものです。多分最初のうちは理不尽に通報され続けると思いますが、戦闘機のALT攻撃とかしてくるやつがいたら通報してやれば良いのです。
それに、空母に触れてみることで、どうやって回避運動をすれば航空攻撃によるダメージを受けにくくするか、味方に航空優勢な状況を作るにはどうすればいいかなどを学べるはずです。
私でよろしければ空母の戦い方をお教えしますし、ぜひ空母にも挑戦してみてください。

 

長文失礼致しました。

Edited by yamatomo1945

Share this post


Link to post
Share on other sites
51
[KAXSA]
Member
126 posts
8,819 battles

雷撃ALTを投弾前に何回も微調整できるのさえなくしてくれれば大分バランスは取れるのかもしれません

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
211 posts
10,015 battles

 

>yamatomo1945さん

重ねてのご返答ありがとうございます。

そうですね、確かに空母も開幕空母狩り等で案外沈みますね。

しかしそれは多くの場合に「空母」による開幕空母狩りの為に沈むのであって「水上艦」の攻撃によって沈む訳ではありません。

水上艦に対抗手段がない「一方的に攻撃される」という点での空母に対する私怨が溜まりやすい事が(空母ユーザーの増加を阻んだり、謂れのない通報等の)問題だと思いますので、空母による攻撃で早々に空母が沈むケースについては問題の根本的な解決には繋がらないかなと思います。

勿論、私も史実的にもゲームバランス的にも空母が水上艦によってゲーム序盤から狩られる様な調整は望みませんので、先のコメントで艦載機の喪失によってHPが減る仕様にする案を出しながらも撃沈には至らない程度のダメージにすべきとした次第です。

空母へのヘイトを緩和させるだけであれば、代案として挙げて頂いた「水上艦だけ敵機の撃墜で貰える経験値を増やす」という案である程度効果が期待出来ると思いますが、十分かどうかは実際にやってみてどうか・・・というところかと。

先に述べた通り、仰る案では「一方的に攻撃される」事に違いはありませんからね。

水上艦メインのユーザーの不満が解消されない限り、空母へのヘイトは下がらず、下がらないからこそ腕の良い空母使いが育たない・・・という流れも解消は難しいのかなと。


開幕空母狩りについては空母を沈められたチームが圧倒的に不利になりますし、私もWGにはなんとかして欲しいと思いますが、現状は仰るような全空母に対空防御放火を備える等の空母の対空性能を上げるか、AIの基地航空隊が開幕3~5分間だけ空母の直掩についてくれる・・・くらいの方法しか無いと思います。

そうした「開幕空母狩り」対策も合わせて行う事で空母不在でゲーム開始早々に負け試合がほぼ確定する様なゲーム展開を減らす事にはなるかと。

(でもそうなると益々空母が沈みにくくなるので水上艦との"死にやすさ"で更に差がつく可能性が・・・)

個人的にはいっそ空母は少なくとも同格の空母相手では2隻以上による航空攻撃とか、艦砲射撃や艦載魚雷以外には有効打を与えがたい程「空母による空母への攻撃が非効率極まりないもの」にした上で「水上艦による空母の撃沈が今よりもう少し狙いやすい様にする」のが良いと考えています。

駆逐艦で一度見つかったら最後、沈むまで上空に敵機を飛ばされ、魚雷を撃ってもすぐに敵機に発見されて当てられず、20分しか無いゲームで5分も10分も強制的に姿を晒され続けたり、戦艦乗ってて敵機が来る前から巡洋艦の側で援護を受けつつ、砲戦を捨てて退避行動も懸命に取ってるのに雷撃機に何度も何度も位置を修正されて回避が間に合わずに4発も5発の魚雷を当てられまくる理不尽さを幾度となく味わって、それでも何とか味方の勝利が確定的となってようやく空母への攻撃が叶うと思ったらマップの端まで逃げられてやり返せずにゲーム終了・・・なんて悔しい思いを私自身も幾度となく経験してきましたので、そういうゲームの仕様という壁に阻まれてやり場をなくした水上艦乗りの想いが特にマズイプレーをしたわけでもマナー違反をした訳でもない空母への通報という形となって現れているのかなと。

 

後はまあ、敵機に襲われてる味方を見殺しにして無防備な敵艦への攻撃を優先して勝利に貢献してくれたとしても、チームとしての勝利には確かになるでしょうが、見捨てられた味方の戦艦や巡洋艦、駆逐艦は素直に味方を見殺しにした空母を賞賛する気になれますか?と言われたら、恐らくは無理でしょう。

それもあるので、空母の役割を「敵艦を撃沈するエース」的な今のポジションではなく「浸水・火災等の状態異常を引き起こして砲戦で味方を優位に立たせる為のサポート役」くらいの調整をする方が良いのではないかと考えた次第です。

要するに戦場を支配するスナイパーではなく、前線で戦う味方を支える衛生兵的な運用ですね。

 

ただ雷撃機をちらつかせて修理班を使わせないとか、それによって敵機に雷撃機が襲われやすいとか、確かに空母の操作量が更に増えるでしょうから手動雷撃を廃止した方がやっぱり良いかもしれませんね。

でも空母が手動雷撃等の操作が無くなって、艦載機を任意の海域に飛ばして攻撃命令出すだけのものとなってしまうと、個人的にはやはり「もうそれ、AIで良いんじゃない?」と思わずにはいられないというか・・・。

 

TTaro_さんの仰る雷撃ALTを何度も微調整出来てしまう仕様を変更するとか、仰っておられた魚雷の航走距離を長めにして水上艦が回避行動を取る時間を多少なりとも増やすくらいの調整で様子見するのが良いですかねぇ・・・。

 

 

空母を使わない事について

食わず嫌いになっている点はあると思いますので、ミッション等で空母を使わざるを得ない状況になったら考えてみます。(と言いつつコープで良いとするミッションすら結局はやらないんですがね)

でも私がこのゲームをしている理由の一つが「空襲下で回避行動を取る駆逐艦とか砲戦中の戦艦とか巡洋艦の姿を愛でられる」という事なので、それが出来ずにゲーム開始後、基本的にずっとマップとにらめっこしてるだけの空母の操作が嫌いでやる気が起きないという事もあったり(笑)

 

Edited by 31knot_Burke

Share this post


Link to post
Share on other sites
6
[NC_FM]
Member
53 posts
7,956 battles

 

雷撃機はそこまで修正して当てるものではないですね。対空のない戦艦に日本空母で4本全部当てるようなことを狙わない限りはそこまで修正したことはないです。逆に修正しようとしてくるくる回ったりしますし、低tierでも結構対空の高い戦艦が多くなったので(tier3を除く)予備機が少ないのを考えると1機撃墜されただけでも結構な損害になっています。

 

私の感じ取っている問題点は低tierにおける空母の勝負が決まった後に自由に攻撃できる時間が長過ぎること、艦艇の能力を100%発揮できるほど乗っている人が少ないことです。

対処として簡単なのはtier3は空母と当たらないように隔離をする、雷撃機の回避を低tierに於いてのみやりやすくするのがいいのではないでしょうか。現行の仕様で手動をなくすと逆に当たらなくなりますし、自動も正直調整をしやすくしすぎると手動雷撃と変わらなくなると思います。

回避しやすくする方法としては攻撃される艦艇に雷撃機の予測射線を見えるようにするとかですかね。

後は日本の雷撃機の威力が据え置きなのも割りと低tier戦艦にとってはつらいですね。逆に高tier日本空母はつらそうと思ってはいたもののそうではなさそうです。雷撃機編隊数増やせますから。

昔は日本空母はアメリカ空母の戦闘機に一方的に艦載機を落とされ続けてその中でなんとか攻撃していくのが日常でしたね・・・

それを思うと低tierでも空母への欲求LVが上がってしまっているのも問題かと。水上艦の防空への意識も非常に低いですし、問題か?と言われるとやられると嫌ですけどそれは個人の感情であってゲームとしては問題ないですからね。まあ常に嫌なことをされるとゲームをやりたくなくなるバランスである、ともいえますから改善するほうが良いとも思いますが。


>水上艦で空母を沈めるのは無理なのか?

多分どのtierでも空母を無力化できる程度に撤退させるか、沈めることは水上艦と空母が組めば可能です。

低tierはきついですがその分低速な空母が多く、副砲も少ないので正直駆逐が特攻すると割りと沈めれたりします。 駆逐艦の回避性能も高いですからね。

高tierに於いては空母の補助が必要です。余った爆撃機や戦闘機でずっとスポットし続けてやれば射程のある戦艦にワンパンしてもらうことが可能ですし、戦闘機を後方に釣れることもあり戦術としても非常にいやらしいので一方的に水上艦が空母を攻撃し続け、回避している間は攻撃できず、燃えてしまえば何もできなくなりますね。

しかし空母がそれをするか?と言うと殆どの空母はやらないと思います。 自分がやられたら嫌ですし、まともな航空戦がなくなりますから空母同士の航空戦を楽しみたいというのならしないでしょう。

まあその空母同士の航空戦が出来ないタイプの空母や、圧倒的に制空が劣勢な場合などには取る手の一つですがただでさえ攻撃回数の少ない空母がほぼ速攻沈むようになり、上達どころか攻撃しないまま沈みますから・・・

これでも空母で空母を速攻沈める事が出来にくくされているのは事実ですが、空母が補助して水上艦が刺してやれば割りと簡単に沈めることが出来ます。と言うか空母に乗っていて空母に沈められることはほぼないです。まれに沈めることはありますが、ミリHP残ってしまって水上艦が勝手に取っていってくれることが多いですし。

まあ最も、高tierだと空母が水上艦に攻撃するのがかなり難しくなっているので・・・鳳翔と瑞鳳はきついですが対抗馬のラングレーやボーグに確定で制空が押されることもありよっぽど空母の実力差がない限り一方的に殴り続けることは不可能です。

あとは・・・空母がマップの端に逃げた場合ですね。 味方空母が索敵してくれれば普通に発見できますから。

やっぱり根本的な原因は空母同士の勝負にかかっているのかと。

うーん、対空防御砲火と当たらないあたりの低tierはいっその事水上機母艦クラスの航空攻撃力しか持たないほうがいいんでしょうかねぇ・・・

砲撃はできるものの爆撃しか出来ない程度にするとか。利根という航空巡洋艦の話もちらほら出ていますし。

tier5から空母にするなら現状の対空なら割りとバランス取れている気がするのですが。

ついでにいうと通報や賛辞は、よっぽどひどいことやチャットをした等、または有名な人でもない限りされることはないです。

正直言うと通報される話はゲームシステム上の問題なのではなく、プレイヤー同士の問題であると思います。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
295 posts
5,541 battles

雷撃ALTを投弾前に何回も微調整できるのさえなくしてくれれば大分バランスは取れるのかもしれません

 

それについては、まさか発艦後は目標を変えられないという仕様でない限り、投弾前に微調整できてしかるべきなので、信管作動距離を延ばすことによって、より手前から投下させるということになりますよね?しかしそれはすでに述べたとおり、初心者とベテランプレーヤーの腕の差をさらに広げる事態になりかねませんので、反対します。それなら自動雷撃を当たりやすくしたうえで手動雷撃を廃止したほうが良いと思います。

 

>yamatomo1945さん
重ねてのご返答ありがとうございます。
そうですね、確かに空母も開幕空母狩り等で案外沈みますね。
しかしそれは多くの場合に「空母」による開幕空母狩りの為に沈むのであって「水上艦」の攻撃によって沈む訳ではありません。
水上艦に対抗手段がない「一方的に攻撃される」という点での空母に対する私怨が溜まりやすい事が(空母ユーザーの増加を阻んだり、謂れのない通報等の)問題だと思いますので、空母による攻撃で早々に空母が沈むケースについては問題の根本的な解決には繋がらないかなと思います。
勿論、私も史実的にもゲームバランス的にも空母が水上艦によってゲーム序盤から狩られる様な調整は望みませんので、先のコメントで艦載機の喪失によってHPが減る仕様にする案を出しながらも撃沈には至らない程度のダメージにすべきとした次第です。
空母へのヘイトを緩和させるだけであれば、代案として挙げて頂いた「水上艦だけ敵機の撃墜で貰える経験値を増やす」という案である程度効果が期待出来ると思いますが、十分かどうかは実際にやってみてどうか・・・というところかと。
先に述べた通り、仰る案では「一方的に攻撃される」事に違いはありませんからね。
水上艦メインのユーザーの不満が解消されない限り、空母へのヘイトは下がらず、下がらないからこそ腕の良い空母使いが育たない・・・という流れも解消は難しいのかなと。


開幕空母狩りについては空母を沈められたチームが圧倒的に不利になりますし、私もWGにはなんとかして欲しいと思いますが、現状は仰るような全空母に対空防御放火を備える等の空母の対空性能を上げるか、AIの基地航空隊が開幕3~5分間だけ空母の直掩についてくれる・・・くらいの方法しか無いと思います。

そうした「開幕空母狩り」対策も合わせて行う事で空母不在でゲーム開始早々に負け試合がほぼ確定する様なゲーム展開を減らす事にはなるかと。

(でもそうなると益々空母が沈みにくくなるので水上艦との"死にやすさ"で更に差がつく可能性が・・・)

個人的にはいっそ空母は少なくとも同格の空母相手では2隻以上による航空攻撃とか、艦砲射撃や艦載魚雷以外には有効打を与えがたい程「空母による空母への攻撃が非効率極まりないもの」にした上で「水上艦による空母の撃沈が今よりもう少し狙いやすい様にする」のが良いと考えています。

駆逐艦で一度見つかったら最後、沈むまで上空に敵機を飛ばされ、魚雷を撃ってもすぐに敵機に発見されて当てられず、20分しか無いゲームで5分も10分も強制的に姿を晒され続けたり、戦艦乗ってて敵機が来る前から巡洋艦の側で援護を受けつつ、砲戦を捨てて退避行動も懸命に取ってるのに雷撃機に何度も何度も位置を修正されて回避が間に合わずに4発も5発の魚雷を当てられまくる理不尽さを幾度となく味わって、それでも何とか味方の勝利が確定的となってようやく空母への攻撃が叶うと思ったらマップの端まで逃げられてやり返せずにゲーム終了・・・なんて悔しい思いを私自身も幾度となく経験してきましたので、そういうゲームの仕様という壁に阻まれてやり場をなくした水上艦乗りの想いが特にマズイプレーをしたわけでもマナー違反をした訳でもない空母への通報という形となって現れているのかなと。

 

後はまあ、敵機に襲われてる味方を見殺しにして無防備な敵艦への攻撃を優先して勝利に貢献してくれたとしても、チームとしての勝利には確かになるでしょうが、見捨てられた味方の戦艦や巡洋艦、駆逐艦は素直に味方を見殺しにした空母を賞賛する気になれますか?と言われたら、恐らくは無理でしょう。

それもあるので、空母の役割を「敵艦を撃沈するエース」的な今のポジションではなく「浸水・火災等の状態異常を引き起こして砲戦で味方を優位に立たせる為のサポート役」くらいの調整をする方が良いのではないかと考えた次第です。

要するに戦場を支配するスナイパーではなく、前線で戦う味方を支える衛生兵的な運用ですね。

 

ただ雷撃機をちらつかせて修理班を使わせないとか、それによって敵機に雷撃機が襲われやすいとか、確かに空母の操作量が更に増えるでしょうから手動雷撃を廃止した方がやっぱり良いかもしれませんね。

でも空母が手動雷撃等の操作が無くなって、艦載機を任意の海域に飛ばして攻撃命令出すだけのものとなってしまうと、個人的にはやはり「もうそれ、AIで良いんじゃない?」と思わずにはいられないというか・・・。

 

TTaro_さんの仰る雷撃ALTを何度も微調整出来てしまう仕様を変更するとか、仰っておられた魚雷の航走距離を長めにして水上艦が回避行動を取る時間を多少なりとも増やすくらいの調整で様子見するのが良いですかねぇ・・・。

 

 

空母を使わない事について

食わず嫌いになっている点はあると思いますので、ミッション等で空母を使わざるを得ない状況になったら考えてみます。(と言いつつコープで良いとするミッションすら結局はやらないんですがね)

でも私がこのゲームをしている理由の一つが「空襲下で回避行動を取る駆逐艦とか砲戦中の戦艦とか巡洋艦の姿を愛でられる」という事なので、それが出来ずにゲーム開始後、基本的にずっとマップとにらめっこしてるだけの空母の操作が嫌いでやる気が起きないという事もあったり(笑)

 

誤解を招くような表現をしてしまい、申し訳ありません。私が言いたかったのは、「空母も沈みやすい場合がある」から、「水上艦と一緒だ」ではなく、「余計に一方的な試合に持ち込みやすくなりかねない」ということです。私がこのトピックで議論したかったことの1つに、どのようにして空母による一方的な試合に持ち込ませないか、というものがありますので、空母を沈みやすくするのに反対したのです。

空母は「遠くからでも一方的に攻撃できるが、艦載機がなくなれば戦うことすらままならないただの空き箱」であり、水上艦は「近くの艦にしか攻撃できないが、沈む寸前まで敵にダメージを与え続けられるもの」です。何が言いたいかというと、水上艦(空母の母艦も含む)に対して攻撃を行う場合、瞬時に影響が現れます。相手を中破以上に追い込めば、後退させることもできるでしょう。しかし、航空機の撃墜は即座に影響がでるわけではなく、あとあとに響くといった感じですので、あまり相手に損害を与えられている気になれないことが問題なのかもしれません。空母にあまり乗られないとのことですが、水上艦によるAAはあなたが感じる以上に敵空母に損害を与えられるのです。たとえば、あなたが敵空母の艦載機を5機落としたとしましょう。たったの5機か....と思われるでしょう。しかし、この5機が敵空母の総艦載機数に占める割合は、Tier10の白龍でさえ5%、Tier4の鳳翔では約21%にも匹敵し、Tier6龍驤で約10%、Tier7,8の飛龍、翔鶴でも約7%です。結構なダメージだと思いませんか?

一方的に攻撃されることを強調されていますが、主砲装填中の戦艦も巡洋艦や駆逐艦に、煙幕の中で隠れていたのにレーダーで捕捉されてしまった駆逐艦なども一方的に攻撃されるのでは?もちろん、これらは立ち回りによって解決できますが、空母による一方的な攻撃も、立ち回りによってある程度緩和できます。艦隊行動を心がけることで、もし空母がその中のどれか1隻にでも攻撃を試みようものなら、周辺の艦からもAAを受けることになりますので、結構な損害を出します。高Tierならまだしも、低中Tierで最初からそんなことやってたら艦攻・艦爆が全滅しかねませんので、空母にとっては近寄りがたい状態になります。ですから、艦隊行動をしている相手に対してはハイリスクノーリターンですから、結局攻撃をあきらめるわけです。(レミングしてたら適当に魚雷投下しても誰かに当たるので狙いますwほどほどの距離を心がけましょう)

 

開幕空母狩りが効率的である、とお考えですかね?実際はそうでもないんですよね....私が試したところ、まず敵空母に到達するまでに水上艦のAAでそれなりに攻撃隊が落とされますし、攻撃から帰投するときには敵の戦闘機に張り付かれるために巡航速度が低下した状態で敵のAA網を潜り抜ける必要があるので、神風特攻隊になってしまいますので、現実的になるのはTier7の飛龍以降ですが、それでも残りの攻撃隊が少なく、敵のAAで全滅しかねません。また、敵空母に戦力を集中させる=味方の前線への応援を放棄するとなりますので、水上艦が不利な状況を生み出しかねません。さらに、先に述べたように1波の攻撃で撃沈することが不可能です。ですから、日空には結構効率が悪いかと。なぜ日空と限定したかというと、米空の場合、中隊の構成機数が多いため敵空母到達前にいくらか落とされてもそれなりに残ること、敵空母が戦闘機を差し向けて攻撃隊を迎撃しようとしても自分の戦闘機を敵とドッグファイトさせて時間を稼ぐことができ(もちろん敵の戦闘機の手動攻撃をかわした後でですが)さらに相手が日空やサイパンだとドッグファイトでも勝ててしまうこと、しかも敵の戦闘機を全滅させたうえで爆撃すれば敵戦闘機は発艦できず、発艦できるようになるころには艦のHPが半分ほど削れているか爆弾や魚雷を落とされればなすすべのない状態にさせることができること、たとえこちらがドッグファイトに負けてしまってもドッグファイトの勝敗がつく頃には攻撃隊はすでに敵のAA圏を離脱していることの4点からです。サイパンは保有していませんのでわかりません。

 

また、見捨てられた水上艦の気持ちはどうなのか?ということですが、はっきり言って空母の能力を過大評価しすぎです。空母を操作するのもあなたと同じ人間です。同時にできる作業の量にも限界があります。また、中隊数も無限ではなく、全員の防空ができるわけではありません。おそらく敵に対して私のほうがダメージレースで有利だといったことに対しての反論だと思われますが、私は別に防空を捨てているわけではありません。(むしろバランス編成や対艦編成のくせに防空が中心だったりする)

 

また、雷撃機の手動攻撃を廃止するのならAIでよいのではないか?とのことですが、空母の中で最も重要な手動攻撃は雷撃よりもむしろ戦闘機のほうです。戦闘機がなければ防空ができませんし、攻撃隊の護衛もできません。そのため、状況にもよりますが、いかに自分の戦闘機を守りつつ敵の戦闘機を落とすかということがどのTierでも重要になってきます。では、敵戦闘機にほぼ確実に勝つためにはどうするかというと、知能戦で勝つ必要があります。マップ中央で敵味方の戦闘機が並走したままたがいに攻撃しない状況をよくご覧になるのではないでしょうか?あれは、互いに攻撃する機会をうかがっているのです。戦闘機での戦闘は後手必勝とはいかないまでも後手が有利です。しかし逆に、敵の隙を突き、先に敵戦闘機を落とす場合もあります。この場合、制空権を確保できるので有利ですが、相手が一枚上手だと、うまくかわして反撃とばかりに手動攻撃を食らうこともあります。このような知能戦はAIには無理で、現在のCoop戦のAIを見る限りでは航空攻撃、防空は運要素になりかねず、水上艦の不満が爆発する事態になると思われます。幸いなことに、wikiの利根のページのコメントによれば、来年の3月ごろに利根の実装を予定しているそうですし、「砲撃のできる護衛空母」みたいな仕様になりそうですので、航空巡洋艦の実装によって防空ができるようになれば、敵にのみ引いてしまった場合はますます空母にとって肩身の狭い戦場になりそうですが、味方には非常に心強い存在です。そうすれば、防空をその場にいる艦が担当できるわけですから、水上艦の不満は減らせるのではないでしょうか?(よく考えたら攻撃できる相手が極端に減って開幕空母狩りが増えそうだな...)

なお私は利根の実装自体は喜ばしいのですが、その仕様に反対です。そうなれば空母プレーヤーがほぼいなくなるでしょうし、空母が好きでずっと続けてきた私もやめると思うので。(そうなったときにはWoWs自体やめるかな...)

 

と、以上のように結構空母に乗ってないとわからないこともありますので、ぜひ空母に触れてみることをお勧めします。あと、空母の操作はマップとにらめっこでは怖い気がしますが....(わたしはマップを使うことはほとんどなく、俯瞰視点で終始プレイしています。そうしないとALTの微妙なタイミングがつかめません。)

 

長文失礼いたしました。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
54 posts
6,889 battles

現状、低Tier空母ではベテランプレーヤーが操作する場合、一方的な試合に持ち込める場合があります。これはゲームバランスを崩していると思いますので、それについての対策について議論していきたいと思い、このトピックを立てました。皆様のご意見をお聞かせください。

 

まず、私の意見ですが、この問題の原因として、大きく分けて次の2点が挙げられると思います。

 

1.高Tierでの空母が面白くないため、低Tierにベテランプレーヤーが降りてくる

2.低Tierの予備機が少なく、先に戦闘機を落とされると、一気に劣勢になる

 

1については、高Tierだと中隊数が多く(特に日空)頭が追いつかない、高TierのAAが強すぎて、まともに戦えないというのが原因になるかと思います。さらに、低Tierでは対空防御放火を持つ艦が少なく、空母にとって戦いやすい戦場であることもこの状態に拍車をかけているのではないでしょうか?

2については、低Tierでは一度全滅させられれば、残り1回分しか予備機がないため、簡単に制空権を取られてしまうという問題があります。

 

そこで、対策を以下のように提案します。

 

米艦と巡洋艦を除く水上艦のAAを大幅にnerf、米以外の巡洋艦、米戦、米駆はそれなりにnerf、米巡は少しnerfといった対策が必要かと思います。

また、本来史実での対空砲は敵機を撃墜するためのものではなく、弾幕で接近し辛くさせるものだったはずです。そこで、対空防御放火の仕様の変更を提案します。

対空防御放火では対空能力は上がらず、通常と同程度の機数しか落とせない様にしますが、攻撃隊の精度が落ちるのは、爆撃機は現状のままでいいとして、雷撃機は一部の魚雷が航走に失敗する場合があるなどはいかがでしょう?空母側にも運要素が増やせますので、空母と水上艦の差を少しは減らせるかと思います。

 

また、低Tierでの継戦能力と高Tierでの中隊数の調整のため、航空編成を以下のように変更することを提案します。

T4では、鳳翔、ラングレーともに、中隊機数は3とし、編成は鳳翔が110、ラングレーが101とする(これで4回全滅させられる計算になる)

T5からは、日空は現状と同じ中隊機数とし、瑞鳳は201、120、ボーグは1中隊は戦闘機が4機、雷爆撃機は3機で、初期101、研究すると200と011が選べるように

T6からは日米ともに中隊機数は現状と同じで、龍驤が211、121、インディは200、011(格納庫容量から考えましたが、予備機が少ない分インディ不利です)

T7、T8では飛龍、翔鶴が初期121、後期で戦闘機を1中隊3機にして221ができるように、レンジャー、レキシントンは初期111、研究すると201か021か選べるように

T9では、大鳳が122または311、エセックスが初期112、研究すると211、121が選べるように

T10では、白龍が222、411、ミッドウェイが122、311

でいかがでしょう?

 

長文失礼致しました。

 

現状のT4,5戦場ので問題となっている部分をしてきされており、興味深いと思います。

普段は高Tierでゲームをプレイしており時折、低Tier空母で一方的な試合展開を行う側のプレイヤーとして意見させてもらいますね。

一通りトピックを確認させてもらいましたが、原因の1.2.に対しての何故この様な状況になっているのか?と言う点が詰められていない印象です。この点を詰められていなければ意見を出し合っても効果的な答えが導かれるとは思えません。では何故なのか?と言う点を高Tier空母をそこそこ使ったプレイヤーとして挙げていきたいと思います。

有体に言えば「対空全般が強すぎておもしろくねーわ」なんですけど、もう少し細かく「何が面白くないのか」を挙げていきます。

 

1、上級射撃・対空射程UPアップモジュール等により対空射程>航空発見距離となる艦船の存在と、それらの船の対空射程に掠っただけで撃墜もありうる事。

(マイノーター、ネプチューン、ギアリング、フレッチャー、シムズ等)

→主砲や魚雷なら撃たれている方向から場所の推測はできますが、対空砲を見えないところから撃たれても場所の推測もできず、

中隊の退避も何処に逃がせばいいのかもわからないまま全滅なのはどう考えても空母からの攻撃よりか理不尽です。

空母使ってるプレイヤーからしたら勝手に中隊が溶けてるんだけど?としか見えないのは流石におかしいですね。

 

2、対空射程>航空発見距離とはならないが航空発見距離と対空砲射程に差がほとんど見られない為、

航空発見してから退避させるのでは遅い艦船が存在する事。(デモイン、ボルチモア、アトランタ、ベルファスト等)

→航空発見してから中隊を退避させる時間に余裕があれば良いのですが、前述の通り航空発見距離と対空射程に差が無い為、航空発見したは良いが時すでに遅く

中隊が溶けていることもあります。特にデモインは酷さの度合いが高く、発見=中隊全滅も珍しくありません。

少しだけ敵艦が見えだけで中隊全滅するとなるとまともに飛行機飛ばせないのですが・・・。

 

3、そもそも対空砲射程が長すぎて水上艦の対空圏内となっているかが不明な艦船が存在する事。(モスクワ、マイノーター、ネプチューン)

→水上艦の対空圏に入っているかどうかで航空機の突入の仕方が常に変化するのですが、特にモスクワに至っては防御放火が使用できる為にどの巡洋艦に防御放火を使用されているかが不明のまま突入を余儀なくされ、割を食ってしまいがちです。

 

以上、私なりにヘイトが高い順に述べてみました。他にいろいろと感じているプレイヤーはいると思いますが長すぎる為、ここで終わりとさせてもらいます。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
295 posts
5,541 battles

 

 

現状のT4,5戦場ので問題となっている部分をしてきされており、興味深いと思います。

普段は高Tierでゲームをプレイしており時折、低Tier空母で一方的な試合展開を行う側のプレイヤーとして意見させてもらいますね。

一通りトピックを確認させてもらいましたが、原因の1.2.に対しての何故この様な状況になっているのか?と言う点が詰められていない印象です。この点を詰められていなければ意見を出し合っても効果的な答えが導かれるとは思えません。では何故なのか?と言う点を高Tier空母をそこそこ使ったプレイヤーとして挙げていきたいと思います。

有体に言えば「対空全般が強すぎておもしろくねーわ」なんですけど、もう少し細かく「何が面白くないのか」を挙げていきます。

 

1、上級射撃・対空射程UPアップモジュール等により対空射程>航空発見距離となる艦船の存在と、それらの船の対空射程に掠っただけで撃墜もありうる事。

(マイノーター、ネプチューン、ギアリング、フレッチャー、シムズ等)

→主砲や魚雷なら撃たれている方向から場所の推測はできますが、対空砲を見えないところから撃たれても場所の推測もできず、

中隊の退避も何処に逃がせばいいのかもわからないまま全滅なのはどう考えても空母からの攻撃よりか理不尽です。

空母使ってるプレイヤーからしたら勝手に中隊が溶けてるんだけど?としか見えないのは流石におかしいですね。

 

2、対空射程>航空発見距離とはならないが航空発見距離と対空砲射程に差がほとんど見られない為、

航空発見してから退避させるのでは遅い艦船が存在する事。(デモイン、ボルチモア、アトランタ、ベルファスト等)

→航空発見してから中隊を退避させる時間に余裕があれば良いのですが、前述の通り航空発見距離と対空射程に差が無い為、航空発見したは良いが時すでに遅く

中隊が溶けていることもあります。特にデモインは酷さの度合いが高く、発見=中隊全滅も珍しくありません。

少しだけ敵艦が見えだけで中隊全滅するとなるとまともに飛行機飛ばせないのですが・・・。

 

3、そもそも対空砲射程が長すぎて水上艦の対空圏内となっているかが不明な艦船が存在する事。(モスクワ、マイノーター、ネプチューン)

→水上艦の対空圏に入っているかどうかで航空機の突入の仕方が常に変化するのですが、特にモスクワに至っては防御放火が使用できる為にどの巡洋艦に防御放火を使用されているかが不明のまま突入を余儀なくされ、割を食ってしまいがちです。

 

以上、私なりにヘイトが高い順に述べてみました。他にいろいろと感じているプレイヤーはいると思いますが長すぎる為、ここで終わりとさせてもらいます。

 

なるほど、ご指摘ありがとうございます。私も飛龍まで進めたのですが、なぜ水上艦のAAに対して理不尽だと感じているのかがわかって少しすっきりしました。

特にTier9戦場に放り込まれると、もはや敵空母と2人で戦っている気分になりますし、やはり多少のAAのnerfはあったほうが良いかもしれませんね...

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
211 posts
10,015 battles

 

 

う~ん・・・仰る内容についてはもはや(空母乗りと水上艦乗りの)価値観の違いかなという風に感じます。
この5機が敵空母の総艦載機数に占める割合は、Tier10の白龍でさえ5%、Tier4の鳳翔では約21%にも匹敵し、Tier6龍驤で約10%、Tier7,8の飛龍、翔鶴でも約7%です。結構なダメージだと思いませんか?」という事ですが、それに対する私の感想は仰る通りたったの5機か....」であり、もっと具体的に言えば「一番割合の多い鳳翔ですら21%であるのなら、その雷撃や爆撃によって20%以上のHPを失う事も多く、最悪はその雷撃や爆撃を生き延びても交戦中だった敵艦に追い打ちを食らって沈むリスクもある水上艦に対して、攻撃時に沈むリスクが無く、少なくとも他に雷撃機や爆撃機が残っていれば火力は落ちても再攻撃する機会がある空母側に与える被害がその程度に過ぎないのか」というのが正直な感想ですね。
ただ私が空母に乗ってない以上、私の意見は緒戦水上艦乗りの意見の1つに過ぎないので、空襲時の空母側の受ける被害と水上艦側が受ける被害との比率が適切か、そして調整の必要があるのであればどうするのが良いかについてはもう少し他の方の意見も聞いた上で議論を深める必要があるかと思います。
もっとも、空母が強すぎるが故にAAが強化された過去の経緯から考えて、WGが水上艦のAAを再び弱体化させる方向に舵を切るか?と考えると単純な対空のBuff・Nerf以外の方法を模索した方が良いとは思います。
 
なので、oryokuruさんの話にある2、対空射程>航空発見距離とはならないが航空発見距離と対空砲射程に差がほとんど見られない為という話にしてもAAを強化するという案は現実的ではないと私は思います。
それに2で例に挙げておられる艦はベルファスト以外全てが米巡です。
TTaro_さんも触れておられますが、米巡の対空Nerfとかしたらもう米巡がちょっとくらい砲やHP強化したくらいじゃ、魚雷の無い劣化日巡か装甲が若干硬いだけの劣化ソ巡・独巡にしかならないので米巡の更なる産廃化が促進されるだけですからね・・・。
(ほんとWGは米巡の調整もう少し真面目に取り組んで欲しいところですが・・・)
何よりも最もAAの強力な水上艦である米巡のAA弱体化はそのまま巡洋艦全体の空母に対する優位性を損なわせ、米巡ですら防空圏内に入り込んだ敵中隊を仕損じる程度の対空砲火しか持ち得ないのであれば、それこそ米巡以外の全ての水上艦が再びかつての空母になぶり殺しにされるだけの時代に逆光するのは明白です。
最も強力な対空性能を誇る米巡ですら不意打ちを食らわせて強襲した敵の航空機隊1個中隊すらも落とせないとなれば、他の艦がどれだけ酷い状況になるか・・・水上艦乗りとしては考えるのも恐ろしい限りです。
ましてアトランタはプレミアム艦・・・調整すれば返金クレーム待ったなしなので、WoTで懲りたWGがAAの調整を行う事は無いでしょう。
では代案は?というところですが・・・ご不満かもしれませんが、仰る様なシチュエーションであれば、立ち回りでまだ十分に対抗出来るのではないでしょうか?
 
1 そもそも、対空艦への攻撃を避ける(上で書いた艦載機の損失と敵に与えるダメージとの割合を考えると空母にとって攻撃するメリットの少ない艦なので、水上艦に処理を任せる)
2 餌艦(空母にとってAAの非力な艦が単独行動中とかの状況にある艦)を見かけたからと言ってすぐに艦載機を向かわせない(味方が周辺の索敵をある程度終えて、周囲の海域がある程度安全であると確認出来るまで攻撃を控える
3 そもそも巡洋艦の居そうな島影に不用意に艦載機を飛ばさない
4 味方の視界(陣形)を考慮して、味方から見えてないところに敵の巡洋艦が居ると想定して動く
5 敵巡の居そうな場所をスポットしてくれないか動けそうな駆逐艦にチャットで指示。
 
これで大体消去法敵に敵艦の居る場所はおおよそ特定出来るかと。
水上艦とは多少勝手が異なるとは思いますが、戦闘してればどのマップでは大体どの辺にどの艦が居るかは想像付きますよね?
それをフル活用すればそもそもAAなんて空母側が好き好んでその場所に艦載機を飛ばさなければ威力を発揮できない防御的な武装ですので、慎重に艦載機を飛ばせば、ある程度の被害は避けられるものかと。
実際、私はアトランタによく乗ってるんですが、正直AA圏内にホイホイ迂闊に艦載機を飛ばしてくれる様な有り難い空母使いさんを見かける事は稀です(笑)
それは空母乗りの間で、アトランタ=対空が強いので艦載機が溶けると認知されているからかと思いますが、その結果、対空防御砲火を降ろして水中聴音を積み(勿論手動対空を持った艦長も載せてない)でも攻撃してくる空母は殆ど居ないのです。
要するに空母にとって脅威度の高い敵と認識された結果、その威力を試す機会すら稀であるという事ですね。
先程のたった5機~の話とも被るかと思いますが、私が考える空母VS対空艦の戦闘におけるバランスは「空母が無理に攻撃をしようとせず、理性的に攻撃の機会を待つ様にしている限りにおいては空母側が有利」であり、その理由は「艦載機の方が対空艦よりも速力が圧倒的に早く、防空圏内に艦載機を突入させるかさせないかの主導権は常に空母側にあるから」です。
 
恐らくご不満は残るとは思いますが、水上艦とて状況次第では絶対に勝てない相手というのが居ます。
アトランタのレーダー圏内にまで接近してしまった駆逐艦、魚雷の届かない7~8kmまで戦艦に接近されたソ巡や独巡、主砲が左舷(右舷)に集中している状況下で逆サイド・2~3kmまで駆逐艦に接近された戦艦・・・こういったシチュエーションは相手の動きの読み合いで起き、読み合いによって回避出来る訳ですが、空母にもそうした相手があって良いと思います。
そしてそれが米巡等の対空艦、という事でご納得頂きたいところですが如何でしょうか?
 
 
開幕空母狩りについて
有効な手法かどうかについては私は意見出来る立場にありません(なにせ私はランダム戦での空母プレー回数1回だけのゴミ野ry)
ただ、開幕空母狩りが決まった試合ではその攻撃時に敵空母も少なくない数の艦載機を喪失しているとしても残った艦載機で攻撃可能な艦隊から離れて単独行動中の敵艦等を各個撃破したり、犠牲覚悟でエース級の艦を潰したりとその後の試合展開を空母狩りに成功した側の空母がゲームを掌握する事になるケースが非常に多いと思いますので、対策は必要かなと思います(先に挙げた、基地航空隊の直掩が開始数分間あるとかの対策が、です)
 
 
見捨てられた水上艦の気持ちはどうなのか?の話について
仰る通り空母乗りも人の子ですから、戦場全てを常に見渡し、窮地に陥った仲間を助ける事に全力を注げるとは私も考えていません。
航空隊の数にも限りがある中で10隻位の味方全員を守りきれる訳がありませんので。
先の話については、見捨てられた水上艦乗りが味方の空母への恨みから通報する事もあるだろうね、という例として挙げたまでの事で、yamatomo1945さん個人の事を指して言った話ではなく、あくまでも私の話についての補足といったところです(わかりにくくてすみません)
私が空母に乗らない理由を幾つか話しましたが、簡単に言えば私は今の「空母はキル稼いで(或いはスコアで上位に入って)当たり前」という風潮が蔓延しているうちは乗りたくないんですよ。(少なくとも私の周囲の風潮としてはこの様に考えている人は非常に多いと感じています)
なので・・・。
→その風潮が改善されない限り謂れのない通報を受けたりするから嫌だ
→その謂れのない通報の中身として「見捨てられた~」という事もあるだろう。(これが見捨てられた~のところの話です)
→自分が水上艦乗りなのである程度そういう気持ちは分かるし、援護しなかった事が正解の場合もあれば間違いの時もあるだろう。でもそれは人それぞれの価値観によって変わる事だから謂れのない(と自分が考える)通報を無くすのは難しい。
→だったら空母の役割を「敵艦を撃沈するエース」的な今のポジションではなく「浸水・火災等の状態異常を引き起こして砲戦で味方を優位に立たせる為のサポート役」くらいにして、ゲーム内での空母の役割を軽減する(弱体化)させるくらいしかやりようが無いんじゃないかって話でした(わかりにくくて申し訳ない。)
あと、「AIで」と言ったのは手動雷撃をはじめとする手動操作を廃止すると空母は艦載機に攻撃して欲しい敵艦を指定するだけの存在になってしまいます。
それならいっその事空母自体をユーザーの使用艦種としては廃止として、空母はAI操作で良いんじゃないかって意味でした。
 
空母から一方的に空襲を受ける際の対処法に立ち回り方を挙げられている点について
負け確定の不毛なレミングスが起きる事も多い昨今、艦隊行動だけでどうにかしろと言われるのは正直辛いですね。
ですが確かに艦隊行動を取っていれば空母に対してそれなりの対処は仰る通り可能ですね。
立ち回り方(現状維持)で何とかすべきという事であれば私としては代わりにWGにはルールを理解していないプレイヤーへのルールの理解度を高める為の更なる努力と勝利よりも目先のキルを優先する等といったプレースタイルのプレイヤーへの対処を求めたいところですね。
具体案としてはマップとか艦種の特徴について触れた動画を投稿していますが、あれをゲームのマッチング画面に組み込む等して、ルールや艦ごとの基本的な動き等を知る機会をプレイヤーの為に設ける・・・なんてのはどうかと。
 
低ティア空母でベテランプレイヤーが一方的展開に持ち込む件について
要は一時流行った隠蔽艦長載せた海風で初心者狩りするのと大差ないのかなと。
とは言え誰もが通る道だから我慢しろ・・・と今まで放置してきたからここまで空母乗りが減った訳で、何かしら対策は確かに必要かと思います・・・が、空母同士の航空戦主体の話なのでこれについては他の方に委ねます。
私がすべき話ではないと思いますので・・・。
Edited by 31knot_Burke

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×