Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
seiya3160

港での兵装選択の追加等についての意見

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
7 posts
1,400 battles

 

港で戦闘前に弾種や航空機の兵装をいじれたら面白いのでは?と思ったので立てさせていただきます。前に立っていたならすみません。

 

1、副砲弾の弾種の選択

各副砲の砲弾の種類を榴弾と徹甲弾で設定できるようにする。

 

2、航空機(各中隊ごと、水上機も含む)の弾薬を設定できるようにする

例としてはAP弾、HEF弾で設定できるようし、水上艦への機銃攻撃が出来るようにする。(AP選択時は水上艦の対空砲などへのダメージが多く、HEF選択時は航空機へのダメージを多くする。どちらも水上艦のHPへのダメージは無し)

 

3、爆撃機の爆弾の設定

低威力の250kg級爆弾2発、もしくは800kg級の徹甲又は通常爆弾のどちらか一発を各中隊ごとに設定できるようにする。(徹甲爆弾は貫通力150mm前後、過貫通や非貫通の場合微ダメ)

 

1について

現在のドイツ艦やアメリカ艦などは副砲としてHE弾を使用できてますが日本艦低ティアドイツの砲弾がAP弾です。巡洋艦などへの対処は十分にできるものの、駆逐艦や戦艦への対応はほとんど期待できません。また何を基準に選んでるのかが分かりません。(対艦目的の砲がAPであるならばコロラドやグナイゼウの15cm砲の砲弾はAPなはずで、条約後の艦がHEならば大和の155mmはHEのはずです)

 

2について

空母は強力な艦種で上手く扱えば戦況を操作できるものでもありますが、一部の空母(特に米空)のテコ入れ、対空砲の強力化などに対抗できる手段として必要だと思っています。そもそもの対空が弱い低ティアは議論が必要ですが、中ティア、特に高ティアは単艦で対処するべきものではなく艦列を組んで対抗するのが理想なはずです。

 

3について

率直に言えばドイツ戦艦対策です。ドイツ戦艦は強力すぎる艦種ではなくきちんとした対応をすることによって抑えることは可能です。しかしながら弱点が少なく攻守走共が高水準でそろっているドイツ戦艦は強力なことには変わりがなくアメリカ戦艦の特徴なはずの高い対空火力も存在します。これでは日本戦艦はともかくアメリカ戦艦の立場がほとんどありません。時々既存の艦を強化して対抗しようといったことがみられますがそれでは戦闘力のインフレを起こすのではないかと思っています。なので新たな要素を入れることでドイツ艦の弱点を増やしてはどうかと思います。

 

最後に

2に艦隊行動が理想なはずと書きましたが現在のランダム戦では艦隊行動を取るのが難しい状態です。なので、ラジオボタンなどで艦隊行動を取れるようにしては?と思います。また低ティアの空母はWoTのように戦闘数でマッチングを分けるなどといった対応をすれば解消できると思います。

 

自分はまだまだ戦闘数が少なく多くの艦に乗っていないので色々異なる意見もあると思います(特に空母)。ぜひ皆さんの意見も聞かせてもらえばと思います。

 

Edited by seiya3160

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×