Jump to content
Sign in to follow this  
TTaro_

Atlantaについて

9 comments in this topic

Recommended Posts

51
[KAXSA]
Member
126 posts
8,816 battles

最近やっとClevelandを乗りこなせるようになってきたのですが、Atlantaの購入を考えています。

動画やWiki等見ましたがかなりピーキーな性能のようで迷っています。

Cleveとどのような違いがあるか、使用感などあれば教えてください

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
391 posts
4,120 battles

クリーブランドは米国製軽巡洋艦の最終型なので、アトランタよりあらゆる面で優秀です。

 

特に防御力に関してはより旧式のTier7ペンサコーラより高いほど。

 

防御力もクリーヴランド以下、砲塔は多いけど所詮駆逐の127mmなので火災を起こせないと全然ダメージ出ないです。

 

しかし射程が短いので上級射撃スキル無しでの砲戦は巡洋艦なのに駆逐艦の距離で戦う という状況になってしまい確実に巡洋艦・戦艦の反撃で即死しちゃういます。

 

というのも、アトランタはただでさえ装甲が薄いのに主砲が8基もあるせいで「全身弾薬庫」状態なのでドコを貫通されても防郭ヒットで大ダメージを受けるからです。

 

一応高Tier米巡としては唯一魚雷を装備していますが、4.5kmしか射程が無いので出番はほぼ皆無ですね。

 

なので、アトランタの戦い方としてはひたすら空母や戦艦のあとを付いて行って攻撃にはあまり参加せず空母の攻撃機を落すか、島影にずっと陣取って米駆逐主砲特有の迫撃砲のように上から降る弾道でHEの雨を降らし、敵をそのエリアに近づけないようにするかの二択になります。

 

前者は敵に空母が居ないと出来ない戦い方、後者は制圧戦での陣地防衛でしか役に立てない戦い方です。

 

それ以外の場合には反撃で瞬殺されるのを覚悟で駆逐艦のあとを付いて行って援護射撃するしか……。

 

幸いアトランタにはクリーヴランドに無いレーダーがあるので、接近戦にさえ持ち込めれば駆逐艦を追い払うか一方的に蜂の巣にできます。

 

あとクリーヴランドの特徴としては、消耗品の防御砲火が無限に使えることですが……リロードが長いのであまり意味はw

 

そしてクリーヴとの最大の違いである主砲はクリーヴ以上に壊れやすく、運が悪いと8基中4基以上壊されることも。

 

しかも副砲はありません、全ての敵を主砲か短射程魚雷で相手するしかありません。

 

ただし駆逐の127mm砲なので、基本射撃訓練、熟練砲手、上級射撃の3大小型砲向けスキルが効果を発揮するというのが長所ですね。

 

そして対空攻撃手段のほとんどが127mm両用砲なので、上級射撃+対空兵装の手動制御が付けば防御砲火無しでも敵機を片っ端から落せるようになります。

 

この場合、対空砲は普段はオフにしておいて敵機が発見距離に入ったマークが点灯した瞬間に手動制御で迎撃を行うことで、相手の航空機はコッチの対空砲射程に気付けず逃げる間もなく撃ち落せます。

(アトランタは上級射撃を装備することで、対空砲射程>航空機発見距離 のため)

 

この戦法は手動制御を取る前でも十分強力なので覚えておくといいでしょう。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
40 posts
12,047 battles

空母有り空母なし共にcapエリア付近の島影にいることです。

 

空母有りの場合は7.2km圏内にcapエリアを入れることが理想です。

敵の位置をよく見て複数の敵から射線が通りにくくポジショニングすることが理想です。

そしてエリアに入った駆逐をレーダーなどを駆使しながら狩り、それが終わったら射程内の敵艦を燃やしてダメを稼ぐ方針になります。

 

因みにスキルに関しては上級射撃+爆発物専門家か、隠蔽処理専門家がおすすめです。

 

個人的には駆逐を扱える人ならおすすめです。決して弱い艦ではありません。ただ使い方分かっていない人が使うと悲惨なだけで。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
620 posts
4,038 battles

先の投稿ではやや過小評価が過ぎるようなので、補足を。

まず、御託を並べるより実例を、ということでこちら。

それぞれ戦闘とは関係ないネタも挟んではいますが、アトランタでまぁまぁの活躍をした際の動画です。

  1. http://www.nicovideo.jp/watch/sm28914103
  2. http://www.nicovideo.jp/watch/sm29092391
  3. http://www.nicovideo.jp/watch/sm29264960

母数が95戦と少ないものの単艦勝率55%を記録しており、偶然のみで得た結果ではないと思います。

 

上記を踏まえて、まず、非常に脆い艦です。砲の修復不能も珍しくありません。

ですが、即死するほどでもありません。回避行動を取った上で数発当たる程度は許容範囲です。

 

重装甲の艦にはなかなかダメージが通りません。着火率もいまいちです。

ですが、軽巡以下の相手には十分通じますし、対駆逐艦なら最強クラスです。

さらに、至近距離に限りますが、重巡までならVP貫通も見込めます。装填が5秒を切るため、はまれば圧倒的です。

 

魚雷の出番は滅多にありません。

ですが、安心感と抑止力は侮れません。

上掲の1.でPensacola型を相手取っていますが、あちらには魚雷がないため安心して接近戦ができています。

(むしろ、砲旋回・VP貫通・手数・魚雷が生きるため、近づくほどに有利となる)

 

結論として、Atlanta型独特の戦法を見いだす必要はありますが、十分戦局を動かせるポテンシャルを持っています。

Cleveland型の戦績を拝見する限り相性も悪くなさそうなので、お財布が許すなら挑戦する価値ありと考えます。

Edited by fugetsu

Share this post


Link to post
Share on other sites
[JK]
Beta Tester
194 posts
12,518 battles

最近やっとClevelandを乗りこなせるようになってきたのですが、Atlantaの購入を考えています。

動画やWiki等見ましたがかなりピーキーな性能のようで迷っています。

Cleveとどのような違いがあるか、使用感などあれば教えてください

 

持っていませんが数々と相対してきた私の感覚からすると

 

ティア7の看板を背負ったティア5の艦

 

です。

 

夕張と一緒で強み以上に弱みがでかい艦。

ぶっちゃけますとボランティアで4000円を放り出す覚悟必要です。そのお金でまずは愛宕を買ったほうがお得じゃ!というべき奴ですね。

初期の頃のWOTからあるイロモノはプレミア枠という風習の犠牲者でもあります。

 

レーダーとか追加されますが正直なところ、同ティアに優秀な稼ぎもできるシムズという存在が居る以上、そこまで買い求める必要が無い艦、ではあります・・・(

レーダー消してAAも回数制にしてティア5に落としたら取りあえず(相対的に)強くなるだろうと今でも思っております。返金騒動になりそうなのでやらなさそうですがね

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
40 posts
12,047 battles

再度コメントしますが強みと弱みを理解して立ち回れば間違いなく強い艦です。

 

 

まあ現状ではあまりしっかり立ち回れているアトランタがいない印象ですが

Share this post


Link to post
Share on other sites
51
[KAXSA]
Member
126 posts
8,816 battles

皆様ご意見ありがとうございました

 

お財布に余裕があったので(笑)買ってしまいました

HE1斉射でかなり溶かされたりするのはクリーブと変わらないものの、意外にも隠蔽が良く楽しい艦です

味方に強い駆逐がいて連携できるとスコアトップほぼ確実...しかし米巡特有の、味方との連携前提なのもあり安定させるのが難しいかなという感じでした

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
211 posts
10,015 battles

TTaro_さん

 

らんらん道を極めんとする者がまた一人誕生してしまったか・・・。

というのは少しおいといて、らんらん500戦やってるので少しは語れることがあるかなと思いコメント致します。

参考になれば・・・。

 

レーダー搭載以降、かなり使いやすくなったアトランタですが、fugetsuさんが仰る様にWoWs屈指のピーキーな艦なので極めるのは修験道レベルの厳しい修行が必要と言わざるを得ません。

また、他のプレミアム艦の場合は艦長育成も兼ねている側面が強いですがアトランタの場合は最低でもスキルポイント10くらいまでは育った艦長を乗せないと正直厳しいです。

理由は下記の通りです。

1 隠蔽距離と主砲の射程がほぼ同じ

→隠蔽距離が通常時11kmで主砲の射程が11.1kmなのでスキル10以上15未満なら上級射撃を付けて射程を伸ばしたい(アトランタは着火マンでもあるので爆発物専門家も欲しいところですが、まず当てられる射程が無いと意味がないのでこちらがオススメ)

 

2 インファイトに限ればお互いフルヘルスならティア9戦艦すらをも削りきって勝てる程の投射力&雷速&魚雷の射角を有していますが、肝心のそのインファイトに持ち込むのが極めて難しい程耐久値が低く装甲も薄い為、最大射程でも戦える様にしないと安定して活躍出来ない

 

3 開幕CAP等で駆逐に同行した際、射程と被発見距離が同じだと敵駆逐を仕留め損なう可能性が高い

(上級射撃付きなら13.3kmまで射程が伸びるので約2km分射程の内側まで敵駆逐を引き込めるので仕留めきれる可能性が高くなる)

 

1~3の理由から最低でもスキル10以上の艦長を載せる事を推奨します。

育ってない艦長でプレーした場合、最悪勝率40~45%でも仕方ない艦だと思って下さい(苦笑)

Ryuichi_Kuroda_lsdさんも仰っておられますが、艦長を育てるのはシムスかインディアナポリスにでも任せましょう(血涙)

アトランタはあくまでもスキル10以上の艦長育成用もしくは駆逐にやられた腹いせ用の艦もしくは「とにかく撃って撃って撃ちまくりたいんじゃー」ってトリガーハッピーな方用と割り切って使わないとストレスが溜まるので勝ちに拘る方には向かない艦です。

 

 

で、次にどう戦うかですが、戦い方としては最前線で敵駆逐を狩る駆逐キラー型と味方艦隊のAA補助兼火力支援兼駆逐追っ払い役的な艦隊護衛型の2つですね。

駆逐キラー型でスキル10~14以下の艦長を載せる場合、先に挙げた上級射撃はほぼ必須となります。

理由は上で書いた通り「駆逐艦のHPを削りきる為の時間が主砲の射程=隠蔽距離では不可能だから」です。

(要するに相手の駆逐はこっちを発見したらすぐに逃げ出す訳で11kmで捕捉した後、こっちが相手駆逐を捕捉するには最低でもレーダー圏内の8.49km、可能であれば敵駆逐の発砲ペナルティ無し時の被発見距離がマッチングする駆逐艦的に5.4km程度から7kmくらいなのでこっちが敵駆逐を捕捉した時には既に敵の駆逐が反転して逃げる体制が整ってしまっている事も多く、その場合かなりの確率で敵駆逐を取り逃がしてしまう訳です。その可能性を少しでも下げる為に上級射撃や隠蔽専門家が必要不可欠という事ですね)

 

またスキル15ポイント以上ある艦長を乗せられる場合は隠蔽専門家も必要です(と言うか隠蔽専門家はアトランタ必須スキルと言っても過言ではないのでこれ以外を積んでる艦長はスキルポイントをふり直したほうが良いくらいです)

隠蔽専門家がある場合、海面の被発見距離が9.4kmまで改善される為、上級射撃と併用する事で最大で約4km程射程内に駆逐艦を引き込む事が出来る様になるので駆逐発見時の確殺率は一層増します。

また、隠蔽専門家で発見距離を短縮した事で、これだけでも敵駆逐を射程内に引き込む事は出来る様になるので、レベル4スキルを上級射撃から爆発物専門家に変えたり、対空兵装の手動制御(手動対空)に変えるゆとりも出てきます。

理想は隠蔽専門家を取得可能なスキルポイント15所有の艦長以上を乗せるのが望ましいのです。

 

スキル10~14の艦長やそれ以下の艦長を乗せて戦う場合、隠蔽性は(駆逐艦と戦うには)悪いままなので島影を利用したり発砲ペナルティを受けて隠蔽性が悪化している敵駆逐の針路上へ先回りするなど立ち回りで創意工夫しなければ得意のインファイトにはまず持ち込めないので「どうやって敵との間合いをなるべくバレずにつめれるか」を考えて行動する必要があります。

なのでこのゲームの隠蔽性を良く理解し、自艦やマッチングした敵の駆逐艦やレーダー艦の性能を把握してかつ、戦艦や巡洋艦が飛ばしているであろう水上偵察機の事まで考慮して動ける人でないと戦績を残す事は出来ません。

駆逐同士が開幕早々に撃ち合って煙幕を張る事が多しので、その煙幕を利用して接近するのも良い手です。

ただし英巡や独駆の水中聴音、レーダー艦など煙幕の向こう側に居る自分を見る方法が無い訳ではないのでなるべくそういった艦が近くに居ないと分かっている時以外は多用しない方が良いです。

「あくまでも状況が許せば」という限定条件下でのみ使える手と考えて下さい。

 

また一番大事なのは接近に失敗して集中砲火を浴びた場合でも場合によっては主砲を撃って発砲ペナルティを食らう→結果隠蔽性が悪化して敵に砲撃される時間が伸びて撃沈されてしまうといった事を考慮し、断腸の思いで一発も撃たずに「引き下がる勇気」が必要です。

終盤戦まで生き延びていれば巡洋艦としては優れた隠蔽性を活かして駆逐艦の代わりにCAPに奔走する事も出来ますし、終盤HPが十分に残っている駆逐艦は稀ですので偶発的にCAP奪還等で敵駆逐と遭遇戦になる事もあります。

そして敵味方共に数が減っていればそれだけアトランタにとっては相手の駆逐艦に専念出来るという意味でもありますし、敵の空母乗りが襲うべき敵に困って攻撃してくれる事もあります。

生きてさえ居れば汚名返上の機会は得られる可能性があるので万歳突撃ダメ、ぜったい・・・な訳です。

そうした苦労や失敗を乗り越え見事敵駆逐への接近に成功すれば味方駆逐に強気に攻めかかっていた敵駆逐や他の艦との砲戦に夢中で島影から飛び出してきたアトランタへすぐには対応できそうにもない戦艦が慌てふためきながら燃え沈むさまに巡り会えるでしょう。

それら敵艦の苦悶に満ちた断末魔の叫びこそ、駆逐キラースタイルのアトランタ乗りにとって至福のひとときです。

一度決まったらやみつきになります。

ハマりすぎてこのスタイルに固執し過ぎると開幕凸って瞬時に沈む地雷らんらん道をひた走る事になってしまいますのでご注意を(笑)

 

 

ちなみにスキルポイント15以上ある艦長を乗せられる場合は隠蔽専門家と上級射撃にするか、米国ツリーの特徴であるふんわり軌道の砲特性が苦手なら上級射撃はそれを悪化させるだけなので、爆発物専門家か手動対空を選ぶと良いです。

スキルレベル4を何にするかでスキル15以上の艦長の場合はプレースタイルが若干変わってきます。

 

上級射撃型

上記に同じ。基本的には被発見距離と射程の差を活かして敵に肉薄し削りきるスタイル。島影や煙幕を利用して一方的に殴り易い。

ちなみにこのタイプに限り米巡特有の滞空時間の長い放物線を活かした隠蔽射撃が撤退戦に限って可能。

(弾の滞空時間が非常に長いので当てにくいものの、発砲時ペナルティを受けた状態での隠蔽性が14.8kmなので敵がこちらに自ら接近してこようとする撤退戦の時に限って隠蔽射撃はギリギリ可能。でも実際に可能な射程は15km前後なので相手の速力を考慮してこまめに速度調整をする必要があるので敵に攻撃し続けるなら速度管理が必要。これを使いこなして一方的に敵戦艦を燃やせたらもう立派ならんらん道の師範ですw)

 

爆発物専門家型

舵のききは良いので回避に自信があるとか日戦等の砲の旋回性の低い艦の反対側から飛び出した時等のシチュエーションさえハマっていればティア9艦といえども火災&投射力&魚雷で瞬殺し得る凶悪仕様。

島影に隠れて戦艦などを燃やすのにも有効だが、射程の短さから結局上級射撃型より攻撃機会に恵まれない為、扱い方が難しい。

沈む前提で万歳突撃運用するならそこそこ稼げるがその場合はキルレ(生存)が犠牲になる。

艦長スキルが10も無い艦長でアトランタ乗ろうとすると必然的にこのスタイルか後述の手動対空型のNerf版で戦う事を強要される事になる。

上級射撃型と同様に島越し射撃が可能な状況なら、火災発生率の点からこちらの方が強い。

・・・が、島越し射撃は可能な場所が限られるため、マップによってはかなりの苦戦を強いられる。

大海原で与ダメ3~4万稼いだ上に生還余裕だぜな方なら使いこなせるかもしれない人を選ぶアトランタの中でも更に人を選ぶタイプ。

 

 

手動対空型

後方支援型アトランタ。

後方でAA支援兼味方艦隊の火力支援兼、接近してくる敵駆逐をレーダーで追い払う事も出来るし、駆逐艦の随伴艦としてAAの非力な駆逐艦の上空支援も出来る。

でもぶっちゃけ空母乗りが減った昨今、熟練空母乗りとしかマッチングしないので、アトランタと見るや避ける空母乗りが多いので、実用性は低い。

でもティア9空母とマッチングしても敵艦載機を結構溶かしてくれる。

安定してそこそこ仕事出来るが、メインのお仕事が艦載機が味方の艦に来ないようにする事と駆逐が近くに居るなぁって時にレーダー使ってあぶり出す事なのでスコア的には全く旨みがないので戦犯扱いされる覚悟が無い人には向かない。

戦績の悪い空母乗りの方と分艦隊を組んで援護してあげるとかいった状況でもない限り、手動対空と対空防御砲火を両方乗せるメリットは少ない。

 

ただ、どちらかを載せてないと敵駆逐にインファイトを仕掛ける→後方の敵の巡洋艦の水上機に発見される→煙幕張って敵駆逐が逃げる→敵機の撃墜にもたついてる間にフルボッコにされて轟沈といった事も多いので手動対空か対空防御砲火のどちらかは載せておいた方が無難ではある。

一方だけだとサイパンやティア9空母相手は少し厳しいので、俺はボトム&空母マッチに送り込まれる事が多いんだよという人とか空母乗りと分艦隊を組む方なら手動対空と対空防御砲火併用はあり。

その場合は発砲ペナルティで隠蔽性の悪化し、被弾した敵艦でかつその敵艦と自分との間に敵駆逐が隠れていないであろう状況下でのみ砲戦に加わるとかの立ち回りでスコアを稼ぐ必要がある。

 

 

色々書きましたが、隠蔽専門家と上級射撃、水中聴音でまずはインファイトを挑む訓練をし、慣れてきたら水中聴音を降ろして対空防御砲火で駆逐を守ろうとする敵空母の艦載機をその後の立ち回りで挽回不能なまでに蹴散らすスタイルが個人的にはオススメです。

敵駆逐への接近に失敗してHPが減ったら前線に踏みとどまれませんが、AAでなら仕事が出来たりもします。

どう転んでも一応やる事があるので、隠蔽専門家・上級射撃・対空防御砲火が安定かなというところですね。

アトランタは使いこなせれば他の艦では味わえないスリルとしてやった感を味わえる艦です。

TTaro_さんが良きらんらん道を極める事を草葉の陰から応援しております(笑)

 

長文失礼しました。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×