Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

週刊「ぷかぷか艦隊」 Vol.25

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

 

※ 当記事は、画像等の一部情報を省略して掲載されています。 全て閲覧される方は World of Warships ポータルページをご参照ください。


 

「装甲レイアウト」機能で艦の弱点を知ろう

CqUl8M1.png


この記事が公開されるころは、日本最大のゲームの祭典「 東京ゲームショウ 2016 」が開催されているころでしょう。 おそらく今年のウォーゲーミングジャパンのブースでは、『 World of Warships 』(以下、WoWS )はもちろん、『 World of Tanks 』や『 World of Tanks Blitz 』など、数々の発表が行われているはずです。 はたして会場でどのような発表が行われるのか!?

とても気になるところではありますが、東京ゲームショウ 2016 のレポートは後日掲載するとして、今回は WoWS に加わった新機能「装甲レイアウト」を紹介します。

 


 

船体構造が丸裸に!

ついに実装された「装甲レイアウト」機能

WoWSを起動させて「港」が表示されると、画面右上に新たな項目「装甲レイアウト」が増えているのに気づくはず。これを使うと、装甲厚や船体構造を確認できます。

 

739GGS4.png

XNLdHgH.png

 

では、船体の装甲厚と構造がわかるとナニがよいのか? 自分の艦の弱点が視覚的にわかるんです! すでに WoWS をプレイしている読者のみなさんなら気づいているだろうが、 WoWS は被弾箇所によって受けるダメージ量が異なるし、場合によっては徹甲弾( AP )をはじくこともある。

さらに主砲や副砲、対空砲に命中すると、それらの兵器が使用不能になる。 そして忘れてはいけないのが、「重要区画」の貫通。 敵の弾が艦の心臓部に命中してしまうと、たった 1 発で数千 ~ 1 万以上のダメージを受けることも珍しくない。

 

65YQdrz.png

 

当然、攻撃するときは相手の弱点を狙って砲撃したいし、攻撃を受けるときは強固な装甲で自艦を守りたい。 いままでの WoWS では装甲厚の数値は表示されていたが、具体的にどの箇所の装甲かは明らかにされていなかった。 それが、今回実装された機能「装甲レイアウト」によって明らかになったのです!

 


 

■出撃前に自艦の装甲をしっかりチェック

「装甲レイアウト」をクリックすると、艦の上に装甲厚ごとに色分けされた区画が表示される。 装甲の厚さは、青が薄い部分で、赤になるにつれて厚くなっていく。

 

Hn8WpiV.png

 

また、装甲のアイコンをクリックすると、部位ごとの表示 / 非表示を切り替えられる。 重要区画は装甲板によって守られているため、正確な位置を知りたい場合は表示を切り替えてチェックしよう。

 

M0kaj03.png

 

日本の戦艦「金剛」の場合、艦首甲板は 19mm だが、艦首装甲帯は 76mm 。 そして艦でもっとも装甲が厚い部分は主砲塔装甲で、なんと 254mm もある。 これを見ると、戦艦の主砲がなかなか壊れない理由がよくわかる。 さらに弱点である重要区画は、装甲厚は 63 ~ 151mm と強固。 ただし面積はとても広いため、貫通されそうな相手と戦う際には被弾面積を下げる姿勢で立ち向かうべきだ。

 

3kyU95O.png

 


 

■持っていない艦の装甲レイアウトも見られる!

装甲レイアウトの機能は、自分が所持していない艦もチェックできる。 やり方は簡単。 「技術ツリー」で調べたい艦を選んでから、「装甲レイアウト」をクリックするだけ。 こうすることにより、未所持であっても確認できるので、戦場で何度も出会う宿敵艦がいる場合は事前に相手の弱点を確認しておくと有利に戦えるはず。

 

gbmmE5w.png

 

「装甲レイアウト」機能をしっかり使って、戦場で活躍してください!

 


 

 

ぷかぷか艦隊は毎週金曜日最新話を公開します! 来週もお楽しみに! 

 

 

 

関連リンク

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×