Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

HMAS Perth 発見!

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

 

艦長の皆さん!

 

HMAS Perth が World of Warships のスーパーテストで調整を行っており、その姿を現しました!

今回は、スーパーテストサーバーで確認できた HMAS Perth の姿をいち早く公開します!

また、彼女の実装が待ち切れない方は、下記の歴史背景を読み、イギリス海軍から渡った経緯などを学びましょう!

 

Action Stations!

 


 

010f8640-7896-11e6-a674-38eaa7374f3c_290 03ffe228-7896-11e6-ac33-38eaa7374f3c_290

 

HMAS Perth の艦歴

HMAS Perth (パース) はオーストラリア海軍向けに改修されたリアンダー級巡洋艦です。イギリスのポーツマス造船所で軽巡洋艦 HMS Amphion (アンフィオン) として、1936年06月15 日に就役し、まずはイギリス海軍艦艇として活動を開始しました。

Amphion は 2 年間を南アフリカで過ごし、その後改修の為にポーツマスに戻りました。この時にスーパーマリンシーガル飛行艇を搭載できるカタパルトが設置されました。 Amphion はその後、オーストラリア海に売却され、 1939年06月に HMAS Perth としてオーストラリア海軍に編入することとなります。

 

彼女は短い間ですが平時活動にも参加し、1939年のニューヨーク万国博覧会ではオーストラリアを代表して参加しました。 年の瀬にはオーストラリアに戻る予定でしたが、世界情勢の悪化から西インド及び西大西洋での護衛任務にそのまま就くことになりました。 トリニダードとベネズエラ航路を通るオイルタンカーを護衛し、カリブ海からドイツへ向かうドイツ艦船の妨害を行いました。 しかし、これらは彼女の障害の中でも比較的平和的なものでした。

 

1941年にマルタで活動中に Perth はドイツ航空機による爆撃を受けて小破し、修理に入ります。 2ヶ月後の 1941年03月には修理が完了し、初の大規模海戦であるマタパン岬海戦に参加します。

その後も戦いに参加し、HMAS Perth と USS Houston は 1942年02月には、連合軍が日本海軍に惨敗したスラバヤ沖海戦をなんとか生き延びます。 Perth はタンジュンプリオクで補給をした後に HNLMS Evertsen (エバーツェン) と共にスンダ海峡チラチャプへ向かいます。

日本軍との接触は予定されていませんでしたが、バンタム湾から来た日本艦隊と接触してしまい、巡洋艦 5 隻、駆逐艦 12 隻との戦闘になってしまいます。

 

数的に劣っている圧倒的な不利な状況でも HMAS Perth と USS Houston の搭乗員は最後まで戦い続けましたが、砲弾魚雷の雨嵐を受けて、最終的にはスンダ海峡に沈んでいきました。

681 名の HMAS Perth の乗組員の内、生き残ったのは 353 名で、328 名は捕虜となりました。そして、戦後オーストラリアに帰れたのはわずか 214 名でした。

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×