Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
178usagi

プレイヤー操作空母の削除

109 comments in this topic

Recommended Posts

17
[FITT]
Member
112 posts
1,570 battles

もう水上機大幅baffでいいじゃないか(爆撃、対空戦闘、偵察、観測、何でもこなすマルチロール機化)

「空母一強なら水上艦にも多少空母の仕事をできるようにすればいい。」という考えなのですがどうでしょう。

(まあでももはやここではそういう提案をするべきではないような気もするので気が向いたときにでもトピック建てるか。)

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
35 posts
1,581 battles

もう水上機大幅baffでいいじゃないか(爆撃、対空戦闘、偵察、観測、何でもこなすマルチロール機化)

「空母一強なら水上艦にも多少空母の仕事をできるようにすればいい。」という考えなのですがどうでしょう。

(まあでももはやここではそういう提案をするべきではないような気もするので気が向いたときにでもトピック建てるか。)

空母を弱体化することなくその重要性を削ぐのなら航空戦艦の実装を要望するという手もあります。

12cm30連装噴進砲を対空兵装を装備していたり、彗星が配属予定だったり、接近する魚雷を高角砲で防御射撃して止めたりトンデモ性能ですが。

さらに航空巡洋艦も実装すれば、少なくとも現在のバランスとまったく違うゲームになるのは間違いないです。

別の機会、別でトピックをたてる際には是非ご一考を。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
42
[AZITO]
Member
61 posts
17,434 battles

私は空母関連の問題解決のために必要なものは【機銃の強化】だと考えます。そのため、【機銃強化等の対空砲の調整】を提案します。

 

私は空母の削除の必要性はないと考えます。

しかし、空母と水上艦のバランスが良くないとも思えます。

バランスを悪くしている原因として、自分の経験とさまざまな記事やフォーラム等から以下を挙げます。

 

1、熟練空母乗りによる手動雷撃のオーバーパワー

2、主に熟練空母乗りによる敵飛行機のソ連・日本駆逐艦スポット(自衛がほぼ不可能or撃墜に時間がかかりすぎている現状)

 ↑t5以上米駆逐艦には対空スキルがあるため、あらがうことが可能。ゆえに、米駆逐艦は除外しました。

3、戦艦(特に手動対空スキルを持った独戦艦)の対空上昇による高ティア空母の減少

 

以上かと思われます。

本トピックの最初で挙げられていた問題は、「現状、空母にあらがうことができるのが空母だけであるが、その空母同士の腕の差があった場合、水上艦が一方的に被害をうける」ことが問題であると読み取りました。ゆえに、水上艦が一方的に被害をうけなければ(あらがうことが可能なら)問題ないのです。

 

このために必要なことは、【機銃の強化】だと思います。

機銃の特徴は3つあると考えています。〈短射程〉〈低耐久〉〈どの船にも一定以上存在している〉←一部の低ティア艦艇を除く

これらの特徴から、上で書いた1,2,3の問題を考えていきます。

 

1、熟練空母乗りによる手動雷撃のオーバーパワー

 これの原因は手動雷撃によって信管作動ぎりぎりのところに魚雷が投下され、回避がほぼ不可能なことであると思います。

しかし、【機銃を強化】することにより、〈短射程〉のAAは増加することになります。ゆえに、信管作動ぎりぎりのところで魚雷を投下かするためには、これまで以上に雷撃機の被害を覚悟する必要が出てきます。これは船に雷撃機を近寄らせにくくすることになり、距離があれば回避できる可能性が出てきます。結果として、手動雷撃にあらがうことが可能となります。

 また、これは手動雷撃の削除等の水上艦だけを優遇する策とは異なり、空母側にもメリットがあります。そのメリットとは、手動雷撃による攻撃の選択肢が2つになるのです。一つが被害覚悟で行う信管作動距離ぎりぎりの手動雷撃(これまで通りの攻撃)。もう一つが、被害を抑えるべく機銃射程外から行う遠距離からの手動雷撃。空母プレイヤーは手動雷撃に関してこの2つを戦略的に用いる必要が出てきます。

 

 

2、敵飛行機によるソ連・日本駆逐艦の一方的なスポット(自衛がほぼ不可能or撃墜に時間がかかりすぎている現状)

現状、空母は日本駆逐艦のスポットにリスクを負う必要がほぼありません。(ほぼと書いたのは、落されるリスクや、攻撃機でスポットを行う際には攻撃回数が減るというリスクがある為)そのため、日本駆逐艦に乗っているプレイヤーは飛行機のスポットに対してあらがうことが厳しいことが問題であると思います。(味方艦の対空圏内に入るという手段もあるが、戦況を悪化させてしまうので、厳しいと書きました。)

 しかし、日本駆逐艦にも航空発見距離と同等な〈短射程〉を持つ機銃は装備されています。【機銃の強化】により、航空発見距離圏内にいる飛行機に関しては撃墜の可能性や、撃墜スピードを高めることにより、あらがうことが可能になると思われます。もちろん、即撃墜することはできないため戦線を下げる必要は出てきますが、駆逐艦を自由にさせない

ことが空母の仕事の一つであるため、この機能を空母から取り上げることは現実的ではないと考えます。

 

3、戦艦(特に手動対空スキルを持った独戦艦)の対空上昇による高ティア空母の減少

 これにより、空母プレイヤー人口が減るだけでなく、熟練空母乗りが低中ティアに流れてしまったことによる空母レベルの格差も生んでいます。

 これは長射程対空砲が強化され、戦艦に近づくだけで飛行機が攻撃も出来ずに撃墜されてしまっている現状にあります。つまり、対空砲が強すぎる為です。また、機銃が強い日本・米戦艦より、両用砲が強い独戦艦の方が対空値は高く、また近寄ることすら許されない現状です。(ある空母乗りいわく「コロラドとグナイゼナウがいたら、コロラドを狙う」)現状、空母は戦艦にあらがいにくくあるのです。もちろん、対空スキルのある巡洋艦はもってのほかです。そのため、空母は駆逐艦しか狙うことが出来ず、ある程度空母を知っているプレイヤーは駆逐艦を倒したり、スポットをしたりし、空母を知っていないプレイヤーは戦艦や巡洋艦に飛行機を溶かし続けるという更なる格差も生まれていきます。

 戦艦等の長射程対空砲の弱体化、及び【機銃の強化】を行うことで空母が行える仕事を分配することが、空母プレイヤー人口の増加や適性ティアへのプレイヤー分配、さらには2で挙げた問題の解決にもなると考えます。

 

以上より、私は空母関連の問題解決のために必要なものは【機銃の強化】だと考えます。そのため、【機銃強化等の対空砲の調整】を提案します。

 

以下蛇足となります。

レーティングシステムを用いればよいという意見を目にしましたが、レーティングシステムを用いた以上、もうそれはランダム戦ではないと思われます。ランダム戦である以上、チームの腕に差がある点については仕方ないのかなと思います。また、プレイ人口が少ないアジアサーバーでレーティングシステムの実施は厳しいでしょう。

また、このようなことが問題なのではなく、問題は熟練空母乗りに一部の水上艦があらがえない現状です。これをあらがえるようにすれば、空母を削除する必要がないと思います。また、本トピックにも既出でありますが、空母を削除したとしても、かわりに駆逐艦が戦場を支配するという単調なゲームとなるだけだと思います。

また、これは個人的な意見なので、異論質問があれば、たくさんよろしくお願い致します。

Share this post


Link to post
Share on other sites
6
[NC_FM]
Member
53 posts
8,159 battles

>#103

少し違っていると思う点があったので補足を。

 

ここで挙げられている問題点については途中で様々な意見が飛び交ったことがありすれ違っているとかんじます。

問題点をまとめるとこうなると思います。

 

あまりにも下手な空母を味方に引いた際に

”熟練空母乗りに一部の水上艦があらがえない現状”について詳しく書くとこうなると思います。

・.駆逐艦は空母の攻撃・索敵による早期魚雷発見に対して対抗策を持たない。

・.水上艦全般は艦載機のスポットに対して対抗策を持たない。(一部除く(アトランタ等))

 

そして他の方が上げた問題点はこれです。

・空母は水上艦に一方的に攻撃できる。

 

ですがこれについてはゲームの仕様の都合上であり問題ではないと思っているのと、本筋とは外れるためあまり追求しないことにします。

低tierに於いては予備機の問題があり、中・高tierに於いては水上艦の対空が強いことから致命的には至っていません。

 

また、現状で空母による差が発生しやすい副次的な原因がこれです

・アメリカ空母が日本空母と比較すると弱い。(ラングレー・ボーグを除く)

 

こちらについてはバランス調整をいれてほしいですが本筋とは外れると思うためこの話題は除外します。

 

続いて1~3までの原因の個人的な補足を。

 1.

 水上艦でも同様のことが言えるのと、ここで最初に議論されていた話題とは違っています。

 また、現状でも対空が高いため実行しているプレイヤーも多く選択肢が増える、と言った空母のメリットにはなりづらいです。

 そこは空母と水上艦の読み合いであり空母の腕の差が原因、とはいえないため今回の問題ではないです。

 あえて言及するならば日本空母の複数編隊雷撃機による駆逐への必中攻撃ですが・・・これはこのスレッドの話題外になるのと2で詳しく述べますが味方の両用砲の射程を考えて動くことが重要になってきます。

 

 

2.

 これについては同tier以上の空母相手ならアメリカ駆逐もスポットに対しては対抗策があるといえるほど対空が高くなく、低tierでは対空防御砲火を使うにはC船体を使う必要性があり砲門が減ることから使用していないプレイヤーも居ると思われます。

また、対空防御砲火を使ったとしてもそれは空母の攻撃に対しての妨害にはなりますがそれも30秒間だけでありそれ以上にはならず、スモークに引きこもる等出来ますが一時的なもので根本的に駆逐艦で艦載機を撃墜するのは厳しいのが現状です。

 

空母の対駆逐に関する味方空母が何もしなかった場合の問題点を整理するとこうなります。

 

1.隠蔽状態になるまで撤退するのが困難

空母の艦載機、巡洋艦や戦艦の両用砲による防空網が対抗策です。 

 

2.こちらの魚雷は一方的に感知され当たらない

空母の艦載機のみが対抗策です。

 

 

1を駆逐の機銃強化でもし無効化できるようになってしまった場合、駆逐の機銃で落とされ、巡洋艦・戦艦の両用砲と機銃で落とされ、結局誰にも攻撃できない戦場が出来上がってしまいます。

巡洋艦が対空砲の射程を伸ばしていて駆逐が突撃せず、距離を保ってくれていれば1は無力化出来るためこれ以上の対空強化は空母にとってさらに不利であると感じます。そこに関しては意見が違いますね。

対空砲の射程を巡洋艦が伸ばしていないのは悪く言えば巡洋艦が駆逐を空母から守ろうとしていないのが原因であり、これが一方的に空母の責任であるとはいえないです。

ただし、駆逐と巡洋艦の連携をランダム戦でするのは分隊のメンバーでもない限り難しいのもあります。そういった対策を取る人がまだ少ないというのもありますが。

また、ソ連駆逐ではもとから隠蔽が悪くやや後方でうち合いができることもありそこまで苦しい状況ではないです。

しかし、2に関しては日本駆逐にとって致命的で機銃強化では根本的な解決にはなりえません。 

これは機銃を強化したところで変わらないですし、それで撃墜できるようになってしまえば高tier空母にとっては攻撃できる艦艇が皆無になります。

また魚雷の索敵に関してはやはり対策が取れません。

 

3.

アメリカ戦艦については8以降は両用砲を大量に搭載しているため対空は高く、コロラドとグナイゼナウならどちらに攻撃するかというのはどちらも対空が高く攻撃できない可能性のほうが高いためナンセンスです。

ただし、機銃はHEで破壊されやすいこともあり終盤になり破壊されていればコロラドには攻撃しやすいとはいえます。序盤では正直どちらも攻撃できないです。

 

 

ここから機銃強化に対する私の結論です。

 

・全体的に機銃中心にするのは厳しい

・駆逐の機銃強化ではここで上げられている問題が解決しない

 

機銃中心にするバランスへの変更を行った場合、昔の戦場と同じく殆どの駆逐艦は自衛できるようにならず、巡洋艦の防空網が消失し、戦艦は狙われやすくなるため、全体的に機銃中心にするのは厳しいです。

駆逐艦については機銃を強化したところで攻撃機から身を守るのは難しいですからやはりツライです。しかし現状では機銃が弱体化されすぎたため日本駆逐に関しては機銃か両用砲の調整、両用砲のない陽炎の対空には何らかのテコ入れが必要だと思います。また、魚雷のスポットや水上艦が一方的にスポットされ続ける状況については解決しません。

 

個人的に貴方の案をもとに私の考えで案をあげるとこうなります。

まあ、あまりこのスレの本筋と関係ないのですが・・・

・対空兵装の手動制御の下方修正

・戦艦の両用砲の下方修正、機銃の上方修正

・日本駆逐艦の機銃・両用砲のバランスの取れた上方修正

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
720
[LSPC]
Beta Tester
574 posts
15,716 battles

私としては

日本駆逐の魚雷は発射の瞬間以外、航空発見不可能という案を推したいですね。

日本魚雷の特徴を活かすならこういった形の方が良いかと思われます。

そして同時に警戒スキルの性能も+25%→+30%と上昇させることも希望します。

  • Cool 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
17
[FITT]
Member
112 posts
1,570 battles

私としては

日本駆逐の魚雷は発射の瞬間以外、航空発見不可能という案を推したいですね。

日本魚雷の特徴を活かすならこういった形の方が良いかと思われます。

そして同時に警戒スキルの性能も+25%→+30%と上昇させることも希望します。

 

かつての悪夢が再来しそうなんでいやです。

というかむしろ水上艦による「目視」発見不可のほうがいいと思うんですか…(空から見ればわかると思いますよ?)

  • Cool 1

Share this post


Link to post
Share on other sites
720
[LSPC]
Beta Tester
574 posts
15,716 battles

 

かつての悪夢が再来しそうなんでいやです。

というかむしろ水上艦による「目視」発見不可のほうがいいと思うんですか…(空から見ればわかると思いますよ?)

 

全く見えない魚雷よりはいいでしょうよ。

あと水上艦の目視不可は航空発見不可よりも状況が悪化するので駄目、というかまず却下される

Share this post


Link to post
Share on other sites
31
[RDT]
Super Tester
251 posts
7,728 battles

私としては

日本駆逐の魚雷は発射の瞬間以外、航空発見不可能という案を推したいですね。

日本魚雷の特徴を活かすならこういった形の方が良いかと思われます。

そして同時に警戒スキルの性能も+25%→+30%と上昇させることも希望します。

 

ゲームバランスとして破綻しそうなので反対ですね

いくら警戒スキルあがってももともと早い雷速よけられるとは限りませんし

Share this post


Link to post
Share on other sites
61
[OMI-F]
Member
295 posts
5,560 battles

横から割り込んで申し訳ないのですが、一度議論をやめて全体で問題点の共有をしませんか?

空母が索敵しないのが問題とおっしゃっている方と、空母に一方的に発見され続けるのが問題とおっしゃっている方がいらっしゃるのですが、矛盾してませんか?

しばらくは一旦議論をやめて問題点をあげていきましょう。

Edited by yamatomo1945

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×