Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

ドイツ戦艦ツリーの全貌紹介

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

艦長の皆さん!

 

迫り来るドイツ戦艦の情報が明らかになりました!

皆さんが乗りたい艦艇はどれですか?今から技術ツリーを進める計画を練りましょう!

 

Action Stations!

 


 

ドイツ戦艦ツリー

 

Tier III : Nassau

 

cNjRUst.png

戦艦ナッサウは、ドイツ帝国海軍としては初の弩級戦艦の艦級のネームシップであり、その特長は信頼性の高い装甲、優れた対水雷防御、強力な副砲でした。 そして本艦が採用していた 283 mm 砲は、他の国々の競合艦の多くに比して口径では劣っていましたが、総合性能では見劣りしないものでした。

 

Tier IV : Kaiser

 

SSwH58H.png

戦艦カイザーは、その装甲厚においては当時のあらゆる戦艦の中で最高を誇っており、蒸気タービンの採用により、戦艦としては優れた速力を有していました。 そしてその主砲の装甲貫通力は、当時の超弩級戦艦の主砲に匹敵するものでした。 

 

Tier V : Konig

 

U1yi7so.png

ケーニヒ級戦艦は、カイザー級戦艦の発展型であり、極めて強力な装甲という前級の特長を引き継いでいました。 主砲配置の合理化が図られたことにより、片舷側に全主砲を指向することが可能でした。

 

Tier VI : Bayern

 

g8F77xU.png

バイエルン級戦艦は、ドイツ帝国海軍において建造されたものとしては最後の戦艦でした。 本級の強力な 380 mm 主砲は、弾道特性と発射速度の両面で極めて優れており、類似の砲システムの中では突出した性能を誇っていました。

 

Tier VII : Gneisenau

 

3kpLOZS.png

戦艦グナイゼナウは、巡洋戦艦に迫るほどの速力を備えていました。 近代化改装により 380 mm 砲への換装が図られ、同時期のより大型の戦艦に対抗し得る火力を得たものの、主砲の門数の少なさと、脆弱な水平装甲が欠点でした。

 

Tier VIII : Bismarck

 

OnDpLmR.png

二次大戦の勃発当初においては、先進的な射撃管制システムと強力な主砲を備えたこのビスマルクは、世界最強の戦艦のひとつでした。 頑丈な構造を有し、複雑に区画分割されており、膨大な装甲が配された本艦は、高い耐久性を実現していました。

 

Tier IX : Friedrich der Grose

 

jMAljWH.png

フリードリヒ・デア・グローセは、ドイツ海軍の大幅拡張計画の一環として開発された計画案です。 ビスマルク級戦艦の発展型であり、より強力な主砲を搭載し、対空火力の強化が図られていました。

 

Tier X : Groser Kurfurst

 

rEhZk9P.png

戦艦グローサー・クルフュルストは、ドイツ海軍における戦艦設計の最終段階において開発された計画案のひとつです。 二次大戦の勃発時に設計された三連装の主砲塔の搭載を予定していた本案は、戦訓を活かして開発されたものであり、強力な対水雷防御、強化された水平装甲、より先進的な対空兵装を誇っていました。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×