Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
TANETSUKE_OJISAN

艦艇・武装のプレイヤー毎のステータスカスタマイズ(微調整)ができたら楽しそう

9 comments in this topic

Recommended Posts

Member
81 posts
12,802 battles

他のゲームで同じ装備でも連射性に特化していたり威力特化にしていたりとプレイヤーのスタイルによって装備・機体がカスタマイズ・調整できる機能があったりしますが、このゲームにおいてもプレイヤー毎に艦艇や武装のステータスのカスタマイズ・微調整ができたら多様性が出て楽しそうだなぁと思いました。

 

現状、艦艇や武装のステータスは決まっています(※艦長スキルやアプグレで耐久・雷速・火災発生率、装填速度・射程等は調整できますが)

 

それを、プレイヤー毎に攻撃特化にできたり、耐久特化にできたり微調整できたらやりこみ要素ではないかもしれませんが、遊ぶ幅は広がるのかなと。

魚雷なら威力・装填時間・雷速・被発見距離などで、主砲なら威力・初速・貫徹力・装填速度・砲旋回速度など、艦艇で言うなら速力(旋回性/加速性)・装甲・耐久・対空などでしょうか。

何かを上げるかわりに何かが下がる、等メリット・デメリットを定めれば調整する試行錯誤の楽しさも出るでしょうし、ユーザー同士での情報交換/交流も増えたりするのではないかと。

アプグレや艦長スキルと被る部分があるので、そのあたりをどうするかも課題ですし、どこまで強化・弱体するのかもありますが・・・。

調整した数値の保存機能もあれば「今日は●●特化の巡洋艦でいこうかな、支援メインで動いてみたいから●●特化に変えて行こう」って遊ぶ幅も多少は増えるのではないかと思います。

※課金艦や他の艦艇の特色もあるので、大幅な強化・弱体はしないようにしないと1つの艦艇で調整変えるだけで色々なロールが出来てしまう問題もでてきますので、難しいとはお思いますが

 

現状のこのゲームでツリーを開発し終えた人も数多くいるでしょうし、新しいツリー待ちながらランダム出撃して遊ぶかーだけだと面白みも少ないのかなと。

やり込む要素や自分なりにカスタマイズ・調整する楽しさもあれば、このゲームに楽しむ要素が1つ増えるのではないかと思いました。

 

ふと思い立ったことなので、煮詰まった提案でもなく稚拙な文章で申し訳ありません…

このゲームで遊ばせて頂いている1人のユーザーとして、少しでも多くの楽しみやユーザーが増えたら良いのになと思い書かせて頂きました。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
106 posts
1,566 battles

トピ主に同感です。

戦車や航空機と違って武装の自由度が高いのが戦艦のはずだからなぁ。もう少しモジュールを自由に積み替えたいですよね。船体を変えるなんて変な方法ではなく。(そりゃ大規模に改装するときは船体の形変わるんでしょうけど。睦月のあれはひどい。)

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
391 posts
4,120 battles

 

確かに遊びの幅は広がると思いますが、単純に「各国の艦ごとの個性が無くなる」からやらないんじゃないですかね?

 

例えば日本艦に高い耐久力と強力な対空迎撃力を与えてしまうと、米艦の立場がなくなります。

逆に米艦に日本艦並の射撃精度と弾速と魚雷を与えてしまえば、日本艦の立場がなくなります。

 

船体の基本スペックを弄れなくすればいいじゃん、いう簡単な話でも無いです。

もし船体スペックは固定のままで武装だけは自由という状況にすると、今度は「戦艦が使いたいなら大和に対空砲を強化しまくって魚雷を載せたもの一択」「駆逐艦を使いたいのならギアリングに日駆の射撃精度とソ駆の射程を与えろ」という状況になってしまいます。

 

船体の性能と武装の性能の両面でバランスを取っているこのゲームから、武装を好き勝手に弄れる機能をつけてしまったら、その時のレギュレーションで最高性能の船体にひたすら武装を強化しまくった艦を作るだけのゲームと化します。

 

 

一応対策が無くも無いですが、それはそれで実装が難しいと思うので以下に例を出しながら解説します。

 

アーマードコア(以下AC)という伝統ある名作ロボットゲームのシリーズがありますが、このシリーズの中に一部パーツや武装を好みに調整することの出来る作品があります。

しかし基本的には「1つの性能を上げれば他の全てのスペックが低下する」や「チューンに必要なポイントが全項目共有で、そのポイント上限以上のチューンはできない」という制限があります。

例:武器Aの命中率を上げるために、チューン用ポイントの3を全て命中率に使用すると、連射速度と1発の攻撃力が下がる。等

 

また、チューンの主な用途も基本的には「これさえ装備しておけば安心な強パーツをさらに強化する」や「強いけど、あと少しスペックが欲しいパーツ」の補強等に使うものですが、ここからが大事で「特化パーツの長所はチューンしても大して伸びず、弱点ほど伸ばしやすい」傾向が強いです。

理由は、特化パーツの長所をさらに伸ばしてしまうと他のパーツではどう足掻いてもその項目には勝てず、バランス崩壊を起こすからです。

例:高い防御力が売りのパーツは装甲強化の効果が低く、軽量化の効果が大きい。など

もちろん、重装甲の代償で重いパーツはいくら軽量化しても、元から防御を捨てて軽さを追及したパーツのパラメーターを上回ることはありません、あくまで使用者の感覚にあわせる為の調整です。

 

しかも、バランスが崩れない程度のチューンでは、元が弱い物はいくらチューンしても結局弱いままでした。

 

以上の経験から、後からチューンシステムを実装しても、特化艦をさらにチューン可能にすればバランスが崩れ、特化能力のチューン効果を弱くすれば今度は国籍ごとの個性が無くなる。 という状況になるでしょう。

 

ちなみにこのACのチューンシステムですが、チューン不可の部分にもしっかりと影響を及ぼしてようやく全体のバランスと取ることが出来ています。

例:より重武装を可能にするために、本体の積載限界重量を向上させた結果、合計重量が増加して機動力が下がる。

 

 

というように、現状のWoWsにこのようなシステムをバランスを維持したまま導入するにはゲームシステムの大幅な見直しが必要で、それこそほぼ新規のゲームを作るレベルの話になってしまいます。

 

ベータテスト版ならまだしも、既に正規版のサービスが始まってしまった段階でこれほどのシステム変更を行うのはほぼ不可能でしょう。

 

自由に魔改造した架空戦記艦を使いたければ、鋼鉄の咆哮というゲームをおススメします(中古しかないけど)

 

Edited by delta38

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
358 posts
3,244 battles

ACか…懐かしい響きだ…。
 

あのゲームは武装の厳選と、武器の組み合わせ、機体毎の特徴を考慮し研究する中で、テンプレアセンと呼ばれる物が生まれました。

 

 WOWSでは、どのような艦とマッチされるのか不明なので、模範的な行動方針が予め立てられないことが、遊びの幅であり、難しさでもあると思います。

 それでも、経験を積めば自ずとその状況毎に、自分の役割を理解して行動することは可能。そして、それこそがACでもとても重要な要素でした。

 テンプレな構成を真似しただけでは、ただ外見を真似ただけで、強い人と同じようには決して成績を残せません。それはWOWSでも同じですね。その機体特性と相手の構成を見て、自分に求められている最適な行動が出来なければ活躍できません。

 更にあのゲームの恐ろしい部分でもありますが、ガチ勢とエンジョイ勢では決して超える事の出来ない、操作方法によるPスキルの差がありました。

 同じアセン同士なら、100戦しても、100戦勝てます。それくらいの歴然とした差があのゲームにはありました。

 それに比べると、wowsは初心者にはまだ優しいゲームだと思います。

 詳細な動かし方などのハウツーが無いのは同じですが、このゲームにAC程のPスキルが干渉する割合は少ないと思います。

 

 戦艦に関しては、副砲は射程5kmまで!みたいな感じで設定されているので、副砲の射程を駆逐や巡洋艦と同じような射程に変更できれば有りかもしれませんね。機銃少なめ、140mm砲マシマシなどのカスタマイズは面白そうかなと考えます。

 

 でもそうすると、駆逐艦は長射程の魚雷でも積まないと、対抗手段はないかもしれませんねぇ…。

Edited by ekuneko

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
40 posts
15,215 battles

私は反対です

軍艦にロマンを求めている人間にとっては史実を忠実に再現するのはモチベーションを保つのには必須なんです。ワールド・オブ・タンクで日本陸軍の夢想戦車が登場した時点で一切やらなくなりましたから。

ただ、史実にのっとった兵装の選択や同型艦に変更できるようなアイテム、イベントなんかを組んでほしいなとは思っています。駆逐艦なんかは同型艦、姉妹艦が非常に多いので選択肢も増えるかなと。

ただ僕の場合は兵装なんか変わらなくても好きな名前の艦に乗れるだけでワクワクするんですけどね。

特型「響」に乗りたい

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
106 posts
1,566 battles

リアルじゃないという意見はさておき(異論は認める)古鷹は砲塔だった部分にカタパルトを搭載しているんですが、はっきり言って効果の薄すぎる水上機なんぞより155mm単装砲のほうが使えるだろ乗せさせろよ、位のことを考えてたんですがね。

何で対空砲増やす方向に行ったのか。むしろ砲戦特化にしてほしいな。

日本巡洋艦で対空砲を増やすことのできる艦はほぼ無し、逆にアメリカ巡洋艦で主砲を強化することはできない、位で対策できるんじゃないですかね…あ、もちろん重量が増える分耐久が(大幅に)下がるというデメリット付で。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
391 posts
4,120 battles

リアルじゃないという意見はさておき(異論は認める)古鷹は砲塔だった部分にカタパルトを搭載しているんですが、はっきり言って効果の薄すぎる水上機なんぞより155mm単装砲のほうが使えるだろ乗せさせろよ、位のことを考えてたんですがね。

何で対空砲増やす方向に行ったのか。むしろ砲戦特化にしてほしいな。

日本巡洋艦で対空砲を増やすことのできる艦はほぼ無し、逆にアメリカ巡洋艦で主砲を強化することはできない、位で対策できるんじゃないですかね…あ、もちろん重量が増える分耐久が(大幅に)下がるというデメリット付で。

 

それやったら他国艦の長所が潰されるって言ったんですけど?

 

ただでさえ砲精度と弾速が優秀な古鷹に155mm砲なんて乗せて装填速度が増したら格上なのにクリーヴランドの立場がなくなるでしょうが。

 

クリーヴ同様精度と弾速を落せば言いという話でも無いです。

 

クリーブランドは現状でもう長所である対空能力が空母マッチングの現象で役立たずと化し、砲撃力では同格のソ連艦に負けています。

 

そこからさらに格下である古鷹にまで負けたらもうやってられませんよ。

 

解決策は装填速度と砲の旋回速度を据え置き、もしくは最上のように逆に遅くすることですが、そうしたら今度は155mm砲である必要が無くなるでしょうね。

(古鷹には最上のような短所を補うだけの能力は無い)

 

まあ、一応クリーヴと古鷹両方乗っている身としてはクリーブ砲の有効射程まで近づけば砲門数の差で潰せなくも無いでしょうが、古鷹には魚雷という強力な一発逆転の手段があることもお忘れなく。

 

 

そして弾速が遅くても問題なく狙われ炎上で削り殺される戦艦や、接近する関係上弾速が遅くても回避しきるのが難しい駆逐艦がブチキレますよ。

 

 

あと本題からは逸れますが、水上戦闘機が効果薄すぎるという意見ですが、自分はアレ重宝してますよ。

 

水上戦闘機最大の利点は「視界を確保できる」ということです。

 

防空よりも駆逐艦を狩りに行く時に飛ばしてみてください。

 

相手が対空砲を切り忘れていれば煙幕を展開していても発見してくれ、さらに戦艦の着弾観測機よりも飛行時間が長いので駆逐艦が撃った魚雷を見つけて知らせてくれます。

 

水上戦闘機は自衛も出来る偵察機として使うと途端に便利なアイテムになると思います。

 

 

正直、今のモジュール交換システムだけでも結構調整が甘い部分が多いのでそんな状況でアセンシステムなんて実装したら確実に不具合・調整ミスだらけになるのは目に見えてます。

(最上を155mmと203mm交換しても射程・発砲時被発見距離は203mm扱いで統一されてるとか)

 

やるならバランス調整がしっかりしてからにして欲しいですね。

Edited by delta38

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
106 posts
1,566 battles

 

それやったら他国艦の長所が潰されるって言ったんですけど?

 

ただでさえ砲精度と弾速が優秀な古鷹に155mm砲なんて乗せて装填速度が増したら格上なのにクリーヴランドの立場がなくなるでしょうが。

 

クリーヴ同様精度と弾速を落せば言いという話でも無いです。

 

クリーブランドは現状でもう長所である対空能力が空母マッチングの現象で役立たずと化し、砲撃力では同格のソ連艦に負けています。

 

そこからさらに格下である古鷹にまで負けたらもうやってられませんよ。

 

解決策は装填速度と砲の旋回速度を据え置き、もしくは最上のように逆に遅くすることですが、そうしたら今度は155mm砲である必要が無くなるでしょうね。

(古鷹には最上のような短所を補うだけの能力は無い)

 

まあ、一応クリーヴと古鷹両方乗っている身としてはクリーブ砲の有効射程まで近づけば砲門数の差で潰せなくも無いでしょうが、古鷹には魚雷という強力な一発逆転の手段があることもお忘れなく。

 

 

そして弾速が遅くても問題なく狙われ炎上で削り殺される戦艦や、接近する関係上弾速が遅くても回避しきるのが難しい駆逐艦がブチキレますよ。

 

 

あと本題からは逸れますが、水上戦闘機が効果薄すぎるという意見ですが、自分はアレ重宝してますよ。

 

水上戦闘機最大の利点は「視界を確保できる」ということです。

 

防空よりも駆逐艦を狩りに行く時に飛ばしてみてください。

 

相手が対空砲を切り忘れていれば煙幕を展開していても発見してくれ、さらに戦艦の着弾観測機よりも飛行時間が長いので駆逐艦が撃った魚雷を見つけて知らせてくれます。

 

水上戦闘機は自衛も出来る偵察機として使うと途端に便利なアイテムになると思います。

 

 

正直、今のモジュール交換システムだけでも結構調整が甘い部分が多いのでそんな状況でアセンシステムなんて実装したら確実に不具合・調整ミスだらけになるのは目に見えてます。

(最上を155mmと203mm交換しても射程・発砲時被発見距離は203mm扱いで統一されてるとか)

 

やるならバランス調整がしっかりしてからにして欲しいですね。

 

・・・誰が主砲にすると言った(言い訳)

というか200mm/203mm単装砲でしたわ。どっちにしろWGが違う砲を混ぜて主砲というグループにしてくれるとは思えませんが。

それとWGの射程制限、測距儀の位置だと思うんですがね…。

Edited by frou01

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
391 posts
4,120 battles

 

・・・誰が主砲にすると言った(言い訳)

というか200mm/203mm単装砲でしたわ。どっちにしろWGが違う砲を混ぜて主砲というグループにしてくれるとは思えませんが。

それとWGの射程制限、測距儀の位置だと思うんですがね…。

 

副砲だとしたら、もっと期待はずれの産物が出来上がりますよ。

このゲーム、副砲の調整結構適当です。

 

T4プレ艦夕張の単装一基しかない副砲がT3で試作・限定配布の香取が装備してる副砲にスペック負けてるみたいですし。

 

モンタナ、アイオワの副砲はTier10駆逐のギアリング主砲だけど装填速度をギアリングより遅くされてたり。

 

バランス調整で副砲は物凄いスペックダウンされるゲームなんで、まだ主砲仕様の方がマシかも。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×