Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
ingming

隠蔽率を命中率に変更を

8 comments in this topic

Recommended Posts

Member
6 posts
1,670 battles

隠蔽率というのに異見です。

 

大型戦艦は大きいから発見しやすく駆逐艦ほど、小さいから発見しにくいというのは理解できないことはありませんが

大型の主砲を持つ戦艦ほど、本来は艦橋が高く水平線彼方まで見渡せると思います。(主砲の射程に比例する)

対して駆逐艦に近くなるほど艦橋は低く、必然的に視界が狭まるはずです。(大人と子供の目線、または、2階建てと30階建ての視界的感覚)

 

ここは隠蔽率を、命中率に変えられませんか?

目標が駆逐艦ほど命中しない、ような。

至近距離で駆逐艦から見えるのに、戦艦から見えないとは現実離れし過ぎかと。(煙幕は除く)

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
118 posts
1,827 battles

個人的にはWoT以来の隠蔽率という名の光学迷彩性能値の概念はこのゲームには合わないと思っているので、ingmingさんの仰ることにはある程度同意なのですが、それはそれとして。

 

隠蔽率を命中率にかえるということは、同じ砲で10㎞先に泊まっている駆逐艦と戦艦を狙ったとき、駆逐艦を狙った砲撃は戦艦を狙った砲撃に比べ、あからさまに散布界が広がるというような補正が掛かるという解釈でよいでしょうか。

今でも迷彩やアップグレードなどで最大散布界に補正がかかる仕様ですが、戦艦を狙った弾は素直な弾道なのに、駆逐艦を狙った弾ばかり明後日の方に飛んでいくようになるのも、中々ストレスが溜まる気がするのですがどうでしょう。

 

一つの意見として、隠蔽率が純粋に艦橋やマストの高さで決定されていると言う前提ですが、被発見距離が長い艦船(艦橋の高い艦船)は敵艦の発見距離にプラスの補正が掛かるというのはどうでしょう。例えば、被発見距離20kmの戦艦と13kmの巡洋艦が、被発見距離6kmの駆逐艦を見つけようとする場合、戦艦は駆逐艦の10km手前からこれを発見できるが、巡洋艦はこの駆逐艦を発見するまで6kmまで近づく必要があるという感じで。勿論、艦長スキルやアップグレードによる隠蔽率の補正は勘定に含みません。

これならingmingさんの仰る、艦橋が高いほど遠くを見渡せるという意見も反映できると思うのですが。

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
6 posts
1,670 battles

確かにShipsnavisさんの仰るとおり、発見距離に補正を掛けるというのが現実的かと思います。

命中率の件は、そうでもしないと駆逐艦ではゲームにならない、というご意見があるのではないか

と配慮したうえでの考えでしたので。

 

現時点では潜水艦を相手にしている訳ではないのに、魚雷だけが突然飛んでくるというのに違和感があるわけです。

対水上戦闘である以上、BBの方が見渡せるのに艦影さえ把握出来ないというのは筋違いと考え、今回の要望をしました。

今後もより一層質の高いゲームとして発展してくれたら、と思っています。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
272 posts
2,733 battles

見えてる駆逐艦から発射された魚雷が当たる可能性ってどれくらいあるんでしょうか?

 

そもそも駆逐艦本体が見えていなくても当たらない・当てられないのが普通、当たってくれたら万々歳、一部の艦は面制圧で強引に当てに行けるオプションはあるけどあまりにリスキー(一点に全部賭けて相手の行動を読みきれてたら撃沈確定の魚雷の幕で捕えられるけどそれを外せば二分超待ちor爆速魚雷で航空機と駆逐艦に怯えながら特攻)

真横に着けて(と言っても信管が作動する程度で)打てば見えてても当たる(かもしれない)けどそんな状況まず起こらない

(平均すると1試合に1本当てられるくらいとかなんとか)

 

という認識ですが「砲弾が当たらない」というだけで駆逐艦、特に日本の駆逐艦に何が出来るでしょうか?

補正での補填にしてもなんだったらロックオンしないでも当てられない訳ではない(それどころか煙幕内部で見えていない(大雑把な位置のみ推測可能な)駆逐艦を砲撃して撃沈、というのも現実的なプレイの範疇)ですし、補正の度合い次第では

「ロックオンしたら悪い補正が掛かるからロックオンしないで順次射撃して沈めれば良い」

なんていうのがセオリーになるかもしれません。

 

攻撃面に関しても

当てなくても魚雷で仕事が出来る仕様(至近魚雷でポイントゲット、(魚雷に限る必要はないけど)回避運動中は砲撃不能とか)にする

もしくは

見えてても当たる超爆速魚雷orホーミング魚雷に変更する

 などの調整が無い限りは駆逐艦の内日本のほぼ全ての駆逐艦は完全にゴミと化し、高ティアのアメリカ駆逐艦の長所(隠蔽状態での魚雷運用も出来る)は大きく損なわれ

それに伴いソ連の駆逐艦や対空能力の低い巡洋艦の価値も暴落するのではないでしょうか

(自分は戦艦と防空巡洋艦と空母だけで回る戦場に今から転換するのはバカらしいと思います)

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
6 posts
1,670 battles

ゲームバランスを考えると、視界がいかに

重要か分かる奥の深い問題かもしれません。

 

リアルに考えると戦艦は視界確保が優位になるはず、

ですがそうすると駆逐艦の価値が下がる…

 

本来駆逐艦は小回りのきかない戦艦を撃破ができる

艦種であり、魚雷と高速性能という機動性でもって

戦う船ですので、命中率の方が現実的なんでしょう

か…

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
118 posts
1,827 battles

仰るように駆逐艦が潜水艦の役割を食っちゃってたり、あとは見えない巡洋艦が弾を飛ばしてくる様はさながら水平線の向こうから対艦ミサイルを撃ってくる現用軍艦じみていて、

なまじ艦船モデルがリアルなだけにこういったゲーム的な演出にはモヤモヤする次第ですが、一方でこの隠蔽システムがゲームバランスの根幹に関わっているのも事実なので、

ここに手を付けて、最初から船体が丸見えの状態で始まるようにする大がかりなゲームバランス変更に繋がると思います恐らく命中補正云々ではどうにもならないほどに。

先述した私の意見も、光学迷彩じみた隠蔽システムを前提として、艦橋の高さの利点を表現したにすぎませんし。

後、常時船体が見えるようになったら一番割を食うのは空母な気がします。狭いマップなら始まった瞬間敵戦艦の射程圏内ですし、駆逐と違って船体も大きいし、小回りもきかないし。

 

現状でも歪ながらゲームとしての体をなしてはいるので、リアリティを求めた結果、ゲームバランスを大幅に変更することを良とするプレイヤーがどれだけいるのか分かりませんが、

こんな限界集落みたいなローカルフォーラムからこのような意見が出ていることを、開発が認識してくれるよう願ってやみません。

ていうか、折角公開テストという便利な制度があるのだから、船体が常時見えっぱなしな仕様で実証実験やってくれたりしないですかね。

もしくは開発内部で類似のテストをやっていたりしたら、その結果を公表してくれるだけでもありがたいと思うのですが、運営さんどうですかね?

 

ある程度場数を踏んだプレイヤーには、駆逐の姿が見える=魚雷が投下されているかもしれない、という認識でしょうから駆逐の姿が見えっぱなしだとそりゃあ警戒レベル常時最大でしょう。

ただ、駆逐に限らず全艦船が予め見えている状態が当たり前になってしまえば、意外と駆逐が見えていることに慣れてしまって魚雷に対する注意が鈍ることもあるんじゃないかなーという気がしないでもないです。楽観的すぎますか。

 以下このトピックとは直接関係のない話になりかねないので格納します。

そもそも、現行仕様の魚雷警報が、画面にインジケーターが表示される、音声での警告、割と目立つ魚雷の航跡、忌々しい三角印と、撃たれた側にとって過保護なのも問題な気がしますねー。

この魚雷警報をもう少しマイルドにするだけでも魚雷の命中本数は改善されると思うんですよね。

 

ロックオン補正がなくても当ててくる人は当てるでしょうが、やはり大多数の人はロックオンによる補正込みでの戦果でしょうからそれを基準にして頂いた方がありがたいというか。

個人的には常時船体が見えているが、照準ロックオンされる距離やミニマップに表示される距離は現行の被発見距離と同様という風にすれば、

駆逐は回避盾兼ロックオンサポート兼火力サポート的な立ち位置として活躍できると思います。

現行仕様の、不意撃ちからの大物食いみたいな華々しい活躍は望めないでしょうが。

なんにせよ、船体常時表示モードなんて誰もやったことがないので、一回やってみないとどうなるかわかんないですよね。

Edited by Shipsnavis

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
203 posts
5,263 battles

主に戦艦に乗る身としては駆逐が視界内にいれば見えるというのはありがたい話ですが、CAP制圧のシステムがあるこのゲームではやり過ぎだと考えますね。

 

駆逐の動きを常時監視出来る様にもなりかねないので「戦艦に巡洋駆逐が近づけない」ということにもなるのではないでしょうか?

巡洋駆逐の射程外から常に戦艦は警戒して動けるようになるわけですから。当然ながら駆逐はCAPもできなくなると思いませんか?

現状、命中率低下は散布界の拡大になっていますから、投射量の多い艦であれば当てれます。

 

個人的には「戦艦ゲー」になってしまう気がします。

 

(状況認識もちの)戦艦で「見られてるが敵影が見えない」状況での立ち回りなんかも戦艦の腕の見せ所。

ゲームとして成り立っているかどうかもポイントではないかと。(逆に言えば、すべてでリアルを追及する必要はないかと思います)

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
6 posts
1,670 battles

数々のご意見があって、非常に感慨深いです。

 

ゲーム性とリアリティー性、そのどちらかを優先するという問題に対し、全員一致ということは非常に困難な事情であると存じます。

運営様の方で実証した結果等、現システムを採用した根拠があれば説得力は増すと考えています。

私の感じた疑問点から、このように皆様から意見を頂けたことに改めて感謝申し上げます。

 

命中率だけでなく艦長スキルで対水上艦警戒などで駆逐艦に対する警戒を厳にする、というのもいかがでしょう。

個人的かもしれませんが、自軍の陣地防衛で引き返すと終盤、駆逐艦がcap中の事が多く、皆様もご経験が多いのではないでしょうか。

戦艦ゲーにする意図はありません、ただリアルな印象ですと発見しつつありしが、命中を得ず。または装填間に合わず。といったことがBBは特に多いのではないか

と感じております。

回避力が高く高威力の魚雷があれば、駆逐艦としての醍醐味もあるのではないでしょうか。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×