Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

[5/25 更新] [メンテナンス] バージョン 0.5.6

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

※ 当記事は、画像等の一部情報を省略して掲載されています。 全て閲覧される方は World of Warships ポータルページをご参照ください。

 

艦長の皆さん!

 

下記の日程にて、バージョン 0.5.6 へのアップデートに伴うメンテナンスを実施いたします。

メンテナンス開始: 日本時間 2016年05月26日(木) 07:00
メンテナンス終了: 日本時間 2016年05月26日(木) 09:30

 

詳細情報は下記のパッチノートをご覧ください。

 


 

パッチノート

 

無期限制迷彩 追加!

次の艦艇に無期限制の迷彩を追加しました:

Yorck、Hiryu、Roon、Hatsuharu、Myoko、Shchors、Dmitri Donskoi、Kiev、Ranger、New York、Cleveland


プレミアム艦艇

  • 次のプレミアム艦艇を港画面からダブロンで購入することが可能となりました。対象艦艇は今後のアップデートで追加される場合があります。アップデート 0.5.6 時点でダブロンでの購入が可能な艦艇は次の通りです: Ishizuchi、Atago、Texas、Atlanta、Aurora、Murmansk、Mikhail Kutuzov、Tirpitz、Campbeltown、Warspite、Blyskawica
  • アメリカ Tier VII プレミアム巡洋艦 Indianapolis をテスト目的で一部の Wawrgaming スタッフやスーパーテスター、ライブストリーマーに配布しました。これにより、本艦艇はアップデート時点では購入できませんが、戦闘で遭遇する場合があります。
     

艦艇バランス調整

主に新しい船体を追加した艦艇や船体を一新した艦艇について、一部上方修正を行いました。さらに、大部分の艦艇の対空砲や副砲の性能や構造をわずかに上方修正しました。ゲームのバランス調整に関する詳細は下記の内容をご確認ください。

 

ソ連

 

対空砲 46-K、66-K、70-K

一部の艦艇の対空砲の射程を増加しました。

 

37 mm 46-K AA: 射程が 0.3 km 増加 (3.2 km から 3.5 km) しました。

該当艦艇:

  • Budyonny、船体 ( B )
  • Shchors
  • Udaloi、船体 ( B )
  • Khabarovsk

 

37 mm 66-K AA: 射程が 0.3 km 増加 (3.2 km から 3.5 km) しました。
該当艦艇:

  • Chapayev、船体 ( A )
  • Kiev、船体 ( B )
  • Udaloi、船体 ( A )


37 mm 70-K AA: 射程が 1.2 km 増加 (2 km から 3.2 km) しました。
該当艦艇:

  • Orlan、船体 ( A )
  • Kirov、船体 ( B )
  • Molotov
  • Budyonny、船体 ( A )
  • Gnevny、船体 ( B )
  • Gremyashchy
  • Ognevoi、船体 ( B )
  • Kiev
  • Tashkent、船体  ( A )


Udaloi

魚雷発射角をわずかに調整しました。

  • 艦尾側の魚雷発射管の発射角が 7 度増加しました。
  • 舷側の魚雷発射管の発射角が 2 度減少し、艦首側へ発射角の向きが変更されました。


Svietlana

最上位船体の対空火力をわずかに上方修正しました。

  • 船体 ( B ): 対空砲 4х1 45 mm 21-K を 9х1 76.2 mm Lender に置き換えました。これにより、対空砲の射程が 0.5 km 増加 (2.5 km から 3 km) し、対空砲の平均ダメージが 6 ポイント増加 (8 ポイントから 14 ポイント) しました。
  • 軍艦旗を聖アンドレイ旗に変更しました。


Molotov

対空砲火をわずかに上方修正しました。

  • 対空砲 37 mm 70-K 4 基を第 2、第 3 砲塔の上部に追加しました。これにより、対空砲の射程が 1.2 km 増加 (2 km から 3.2 km) し、対空砲の平均ダメージが 22 ポイント増加 (46 ポイントから 68 ポイント) しました。


Moskva

副砲を上方修正しました。

  • 副砲の射程が 1.5 km 増加 (5 km から 6.5 km) し、砲弾の着弾分布が 25% 減少しました。

 

ドイツ

 

Karlsruhe

対空砲をわずかに上方修正し、魚雷発射管 2 基を最上位の船体に追加しました。

  • 船体 ( B )新しい船体に置き換えました。新しい船体は魚雷発射管を舷側に 2 基搭載 (新船体では合計 4 基搭載) し、対空砲 88 mm L/45 MPL C/13 を搭載しています。
  • 射程 ;3 km の対空砲の平均ダメージが 2 ポイント増加 (3 ポイントから 5 ポイント) しました。
  • 主砲塔の装甲を改良しました: 防盾下部の装甲を 5 mm 厚くし、背面装甲を 1 mm 薄くしました。

※ 本艦艇はその他の Tier IV 艦艇と比較して性能的にわずかに劣っていたため、魚雷発射管を後期船体に追加しました。

 

Königsberg

射程の長い対空砲の平均ダメージをわずかに上方修正しました。

  • 船体 ( B ): 新しい船体に置き換えました。新しい船体には水上戦闘機を発艦させるカタパルトと対空砲 4х1 20 mm Flak 38、4x2 37 mm Flakzwilling 30、3x2 88 mm L/76 Dop. L. C/32 を搭載しています。これにより、射程の長い対空砲のダメージを再調整しました
  • 射程 2 km の対空砲の平均ダメージが 6 ポイント増加 (6 ポイントから 12 ポイント) しました。
  • 射程 3.5 km の対空砲の平均ダメージが 28 ポイント減少 (38 ポイントから 10 ポイントしました。
  • 射程 4 km の対空砲の平均ダメージが 16 ポイント増加 (8 ポイントから 24 ポイント) しました。
  • 副砲は追加された連装砲塔により強化されました。

※ Königsberg はカタパルトを搭載したことにより、他国籍の同 Tier 巡洋艦 (Omaha、Furutaka、Kirov) と比較してよりバランスの取れた性能となりました。

 

Nürnberg

カタパルトと魚雷発射管 2 基を除外した代わりに、対空性能を大幅に強化した船体を追加しました。

  • 船体 ( C ): 追加しました。この船体は船体 ( B ) 研究後に研究可能となります。また、この船体はカタパルトと魚雷発射管 2 基を除外 (新船体では合計 2 基搭載) した代わりに、対空性能が大幅に強化されています
  • 6х1 20 mm Flak 38、14x2 20 mm Flakzwilling 38、2x4 20 mm Flakvierling 38 (射程 2 km: 平均ダメージ 89 ポイント)
  • 8x1 40 mm L/56 Flak 28 (射程 3.5 km: 平均ダメージ 60 ポイント)
  • 4x2 88 mm L/76 Dop. L. C/32 (射程 4 km: 平均ダメージ 32 ポイント)
  • アップデート前にエリートステータスとなっていた場合は、経験値を消費せずに船体 ( C ) を研究することができます。
  • 史実に基づいて、本艦艇の喫水線の位置がわずかに高くなりました。アップデート後は船体がより水に沈むようになります。

※ 新しい船体が追加されたことにより、Nürnberg は中 - 高 Tier 帯の戦場でも有効な防空巡洋艦として運用できるようになりました。

 

Admiral Hipper

艦首をアトランティックバウにし、カタパルトを搭載した上位船体を追加しました。また、船体 ( B ) 及び船体 ( C ) では、以前の HE 弾より強化されています。

  • 船体 ( A ): 対空砲 20 mm Flak 38 2 基が除外されました。これにより、射程 2 km の対空砲の平均ダメージが 6 ポイント減少 (30 ポイントから 24 ポイント) しました。
  • 船体 ( B ): 新しい対空砲を搭載した船体に置き換えられました
  • 6x1 20 mm Flak 38、8x2 20 mm Flakzwilling 38: 射程 2 km の対空砲の平均ダメージが 16 ポイント減少 (68 ポイントから 52 ポイント) しました。
  • 4x2 37 mm Flakzwilling 30、6х1 40 mm L/56 Flak 28: 射程 3.5 km の対空砲の平均ダメージが 10 ポイント増加 (45 ポイントから 55 ポイント) しました。
  • 6х2 105 mm L/65 Dop. L. C/31: 射程 4.5 km の対空砲の平均ダメージには変更がなく、100 ポイントのままとなります。
  • 艦首をアトランティックバウにし、船体 ( B ) と比較して対空砲を強化した船体 ( C ) を追加しました:
  • 4х2 20 mm Flakzwilling 38、6x4 20 mm Flakvierling 38 (射程 2 km: 平均ダメージ 53 ポイント)
  • 18x1 40 mm L/56 Flak 28 (射程 3.5 km: 平均ダメージ 135 ポイント)
  • 6x2 105 mm L/65 Dop. L. C/31 (射程 4.5 km: 平均ダメージ 100 ポイント)
  • 船体 ( B ) 及び船体 ( C ): 203 mm Spr.gr. L/4.7 Bdz HE 弾を 203 mm Spr.gr. L/4.7 Kz HE 弾に置き換えました。これにより、HE 弾の最大ダメージが 200 ポイント増加 (2300 ポイントから 2500 ポイント) し、火災発生率が 2% 増加 (11 % から 13 %) しました。
  • 船体 ( B ): アップデート前に研究していた場合、船体 ( C ) は経験値を消費せずに研究することができます。
  • 船体 ( B ): アップデート前に購入し、かつ、港に所持している場合、船体 ( C ) は経験値及びクレジットを消費せずに研究し、搭載することができます。
  • 船体の研究及び購入のコストを調整しました。艦艇の研究に必要な合計のコストに変更はありません。
  • カタパルトと水上戦闘機の配置を史実に基づいて調整しました。

※ 特徴的な形状をもつ上位船体が追加されました。これにより、高 Tier 戦場でもより有効な対空砲を搭載し、駆逐艦に対して有効な HE 弾も強化されました。

 

Roon

上位船体の対空砲を大幅に強化しました。また、より強化された新しい HE 弾を搭載するようになりました。

  • 船体 ( A ): 対空砲 20 mm Flak 38 3 基を追加し、37 mm Flak LM/42 3 基を除外しました。これにより、射程 2 km の対空砲の平均ダメージが 9 ポイント増加 (21 ポイントから 30 ポイント) し、射程 3.5 km の対空砲の平均ダメージが 31 ポイント減少 (148 ポイント から 117ポイント) しました。
  • 203 mm Spr.gr. L/4.7 Bdz HE 弾 が 203 mm Spr.gr. L/4.7 Kz HE 弾に置き換えられました。これにより、HE 弾の最大ダメージが 200 ポイント増加 (2300 ポイントから 2500 ポイント) し、火災発生率が 2 % 増加 (11% から 13%) しました。
  • 船体 ( B ): 新しい対空砲が搭載されました
  • 8х2 20 mm Flakzwilling 38、4x4 20 mm Flakvierling 38: 射程 2 km の対空砲の平均ダメージを 5 ポイント増加 (55 ポイントから 60 ポイント) しました。
  • 16x2 37 mm Flak LM/42: 射程 3.5 km の対空砲の平均ダメージが 58 ポイント増加 (107 ポイントから 165 ポイント) しました。
  • 6х2 105 mm L/65 Dop. L. C/37: 射程 4.5 km の対空砲の平均ダメージには変更がなく、100 ポイントのままとなります。
  • 203 mm Spr.gr. L/4.7 Bdz HE 弾は 203 mm Spr.gr. L/4.7 Kz HE 弾に置き換えられました。これにより、HE 弾の最大ダメージは 200 ポイント増加 (2300 ポイントから 2500 ポイント) し、火災発生率は 2% 増加 (11% から 13%) しました。

※ 上位船体により、巡洋艦 Roon は敵艦載機をより効果的に撃墜することができるようになりました。また、強化された HE 弾は敵駆逐艦の迎撃に役立つことでしょう。

 

Hindenburg

新しくなったより強力な HE 弾を搭載するようになりました。

  • 203 mm Spr.gr. L/4.7 Bdz HE 弾が 203 mm Spr.gr. L/4.7 Kz 弾に置き換えられました。これにより、HE 弾の最大ダメージが 200 ポイント増加 (2300 ポイントから 2500 ポイント) し、火災発生率は 2% 増加 (11% から 13%) しました。
  • 主砲の近距離における攻撃範囲を拡張しました。
  • 対空砲が変更され、平均ダメージがわずかに減少しました:
  • 4х2 20 mm Flakzwilling 38、9x4 20 mm Flakvierling 38: 射程 2 km の対空砲の平均ダメージが 5 ポイント減少 (77 ポイントから 72 ポイント) しました。
  • アップデート前に射程 3.5 km の対空砲が除外されました: 射程 3.5 km の対空砲の平均ダメージは 30 ポイント減少 (30 ポイントから 0 ポイント) しました。
  • 8х2 105 mm L/65 Dop. L. C/31: 射程 4.5 km の対空砲の平均ダメージには変更がなく、133 ポイントのままとなります。
  • 2x1 55 mm L/77 Gerat 58、7x2 55 mm L/77 Gerat 58 Zwilling: 射程 5 km の対空砲の平均ダメージが 18 ポイント減少 (224 ポイントから 206 ポイント) しました。

※ 強化された HE 弾で敵駆逐艦の迎撃に役立つことでしょう。対空砲は有効性が高すぎる統計データがあったため、その他の艦艇に合わせてわずかに下方修正しました。

 

Tirpitz  

対空砲をわずかに上方修正しました。

  • 主砲塔上部に搭載していたが、使用していなかった対空砲 2x4 20 mm Flakvierling 38 が動作するようになりました。これにより、射程 2 km の対空砲の平均ダメージが 6 ポイント増加 (78 ポイントから 84 ポイント) しました。
  • 艦艇の舷側に搭載されていた魚雷発射管の発射範囲を調整しました。左舷側の魚雷発射範囲は艦首側に 1 度シフトし、右舷側の魚雷発射範囲は 1 度拡張されました。

※ ゲーム内のシステムを改良し、主砲塔に搭載されていた対空砲が動作するようになりました。

 

アメリカ

  

Omaha

外観をわずかに変更しました。

  • 船体 ( B ): 使用していなかった対空砲を主砲塔から除外しました。本艦艇の性能には変更はありません。

 

Cleveland

副砲を強化しました。

  • 副砲の射程が 1km 増加 (4 km から 5 km) しました。
  • 対空砲の耐久性をその他の艦艇と同等になるよう調整しました。

 

South Carolina

外観をわずかに変更しました。

  • 主砲塔の測距儀のモデルを改良しました。

 

Texas

対空砲を強化しました。

  • 対空砲 12x1 20 mm Oerlikon Mk4 を第 2、第 4 砲塔に追加しました。これにより、射程 2 km の対空砲の平均ダメージが 43 ポイント増加 (115 ポイントから 158 ポイント) しました。

※ ゲーム内のシステムを改良し、主砲塔に対空砲を追加できるようになりました。

 

New Mexico

上位船体の対空砲をわずかに上方修正しました。

  • 船体 ( C ): 対空砲 3x1 20 mm Oerlikon Mk4 を第 3 砲塔上部に追加しました。これにより、射程 2 km の対空砲の平均ダメージを 11 ポイント増加 (49 ポイントから 60 ポイント) しました。

※ ゲーム内のシステムを改良し、主砲塔に対空砲を追加できるようになりました。

 

Colorado

上位船体の対空砲をわずかに上方修正しました。

  • 船体 ( C ): 対空砲 4x1 20 mm Oerlikon Mk4 を第 3 砲塔上部に追加しました。これにより、射程 2 km の対空砲の平均ダメージを 14 ポイント増加 (119 ポイントから 133 ポイント) し、射程 3.5 km の対空砲の平均ダメージを 9 ポイント増加 (152 ポイントから 161 ポイント) しました。

 ゲーム内のシステムを改良し、主砲塔に対空砲を追加できるようになりました。

 

North Carolina

対空砲を大幅に強化しました。また、副砲もわずかに上方修正され、主砲の命中精度が向上しました。

  • 船体 ( A ): 対空砲 2x 20 mm Bofors Mk1 は全て 4x 40 mm Bofors Mk2 に置き換えられました。これにより、射程 3.5 km の対空砲の平均ダメージが 27 ポイント増加 (132 ポイントから 159 ポイント) しました。
  • 船体 ( B ): 対空砲 4x 20 mm Oerlikon Mk20 は全て 1x 20 mm Oerlikon Mk4 に置き換えられました。対空砲 2x 20 mm Bofors Mk1 は全て 4x 40 mm Bofors Mk2 に置き換えられました。対空砲 4x 40 mm Bofors Mk2 1 基は第 3 砲塔上部に追加されました。これにより、射程 2 km の対空砲の平均ダメージは 10 ポイント減少 (168 ポイントから 158 ポイント) し、射程 3.5 km の対空砲の平均ダメージは 53 ポイント増加 (185 ポイントから 238 ポイント) しました。
  • 副砲の射程が 0.5 km 増加 (4.5 km から 5 km) しました。
  • 主砲塔の旋回範囲を拡張しました (アップデート前は対空砲で旋回範囲が制限されていました)。
  • 主砲の着弾分布を調整して命中精度を向上させました。

 他の高 Tier アメリカ戦艦に合わせて、North Carolina は全体的に上方修正され、主砲の命中精度が向上しました。さらに、対空砲が強化され、主砲塔の艦尾方向への旋回範囲が拡張しました。これらの変更により、中-長距離での主砲のパフォーマンスがわずかに向上しました。対空砲の強化により、他の同 Tier 戦艦と差別化されました。

 

Iowa

対空砲を大幅に強化しました。また、副砲も上方修正され、主砲の命中精度が向上しました。さらに、艦艇の最高速度が増加しました。

  • 船体 ( A ): 対空砲 2x 20 mm Bofors Mk1 は全て 4x 40 mm Bofors Mk2 に置き換えられました。これにより、射程 3.5 km の対空砲の平均ダメージが 65 ポイント増加 (158 ポイントから 223 ポイント) しました。
  • 船体 ( B ): 対空砲 2x 20 mm Bofors Mk1 は全て 4x 40 mm Bofors Mk2 に置き換えられました。これにより、射程 3.5 km の対空砲の平均ダメージが 83 ポイント増加 (203 ポイントから 286 ポイント) しました。
  • 船体 ( C ): 対空砲 4x 20 mm Oerlikon Mk20 は全て 1x 20 mm Oerlikon Mk4 に置き換えられました。対空砲 2x 20 mm Bofors Mk1 は全て 4x 40 mm Bofors Mk2 に置き換えられました。対空砲 4x 40 mm Bofors Mk2 1 基が第 3 砲塔上部に追加されました。これにより、射程 2 km の対空砲の平均ダメージが 30 ポイント増加 (165 ポイントから 195 ポイント) され、射程 3.5 km の対空砲の平均ダメージが 80 ポイント増加 (222 ポイントから 302 ポイント) しました。
  • 副砲の射程が 1 km 増加 (5 km から 6 km) しました。
  • 第 1、第 2 砲塔の旋回範囲を拡張しました (アップデート前は対空砲で旋回範囲が制限されていました)。
  • 主砲の着弾分布を調整して命中精度を向上させました。
  • 主機「推力: 172,000 馬力」の最高速度が 2.2 ノット増加 (26.6 ノットから 28.8 ノット) しました。
  • 主機「推力: 212,000 馬力」の最高速度が 2.5 ノット増加 (30.5 ノットから 33 ノット) しました。
  • カタパルトの配置が正しくなかった問題を修正しました。
  • ※ 最高速度が増加したことにより、戦艦 Iowa はマップエリア間を移動しやすくなりました。その他の変更は North Carolina の変更と同様で、砲塔旋回範囲の拡張、命中精度の向上、対空砲/副砲の強化が行われました。これらの変更により、本艦艇のパフォーマンスが向上し、より快適にプレイすることができるでしょう。

 

Montana

対空砲と副砲を強化し、主砲の命中精度が向上しました。さらに、艦艇の最高速度が増加しました。

  • 対空砲 45х1 20 mm Oerlikon Mk4 が 20x1 20 mm Oerlikon Mk4 plus 20х2 Oerlikon Mk20 に置き換えられました。対空砲 4x 20 mm Bofors Mk2 1 基が第 3 砲塔上部に追加されました。これにより、射程 2 km の対空砲の平均ダメージが 32 ポイント増加 (162 ポイントから 194 ポイント)し、射程 3.5 km の対空砲の平均ダメージが 16 ポイント増加 (302 ポイントから 318 ポイント) しました。
  • 副砲の射程が 1 km 増加 (5 km から 6 km) しました。
  • 主砲の着弾分布を調整して命中精度を向上させました。
  • 最高速度が 2 ノット増加 (28 ノットから 30 ノット) しました。

※ 最高速度が増加したことにより、戦艦 Montana はマップエリア間を移動しやすくなりました。これらの変更により、本艦艇のパフォーマンスが向上し、より快適にプレイすることができるでしょう。

 

Saipan

外観を変更しました。

  • 搭載したモジュールに応じた艦載機が甲板に全て表示されるようになりました。これには艦長スキル「制空権」習得後に追加された艦載機も含まれます。

 

日本

 

Kuma

上位船体の対空砲を強化しました。

  • 船体 ( B ): 対空砲 2х1 7.7-mm/80 Type90 が 2х1 13-mm/76 Type93 に置き換えられ、6х2 25-mm/60 Type96 Twin mod.1 が追加されました。
  • 射程 1 km の対空砲の平均ダメージが 0 ポイントになりました (3 ポイントから 0 ポイント)。
  • 射程 1.2 km の対空砲の平均ダメージが 5 ポイントになりました (0 ポイントから 5 ポイント)。
  • 射程 3.1 km の対空砲の平均ダメージが 20 ポイント増加 (10 ポイントから 30 ポイント) しました。

※ その他の Tier IV 巡洋艦に合わせて艦艇バランスを調整するために対空砲を強化しました。

 

Furutaka

上位船体の性能が向上しました。

  • 船体 ( C ): 新しい船体に置き換えられ、性能が向上しました。
  • 主砲が強化されました: 単装砲 6 基から 2 連装砲 3 基に変更されました。艦首及び艦尾に配置された 2 基の主砲塔により利便性が高まり、旋回速度が向上しました。
  • 魚雷発射管が強化されました: 3 連装 2 基 から 4 連装 2 基に変更されました。新しく追加された魚雷発射管は装填速度が遅くなりますが、1 基分多く魚雷を撃てるというメリットがあります。
  • 新しい対空砲が追加されました: 2х2 13 mm/76 Type93 Twin、4x2 25 mm/60 Type96 Twin mod. 1、4х1 120 mm/40 10th Year Type mod. B2/C:
  • 射程 1 km の対空砲の平均ダメージが 0 ポイントになりました (3 ポイントから 0 ポイント)。
  • 射程 1.2 km の対空砲の平均ダメージには変更がありません (7 ポイント)。
  • 射程 3.1 km の対空砲の平均ダメージが 20 ポイントになりました (0 ポイントから 20 ポイント)。
  • 射程 4.5 km の対空砲の平均ダメージが 10 ポイント増加 (10 ポイントから 20 ポイント) しました。
  • 巡洋艦 Aoba と同様の対水雷防御を追加しました。
  • 船体 (В): 転舵所要時間と経験値を船体 ( C ) と同等にしました。

※ 主砲が強化された特徴的な近代化改修を船体が反映するようになりました。後期の日本巡洋艦に近い特性に変更されたため、この艦艇を利用するプレイヤーは戦術を少し調整する必要があるかもしれません。

 

Aoba

艦艇の耐久性を向上し、対空砲を強化しました。

  • 船体 ( A ) 及び船体 ( B ): 対空砲 4х1 120-mm/40 10th Year Type mod. B2 が 4х1 120-mm/40 10th Year Type mod. B2/C に置き換えられました。これにより、射程 4.5 km の対空砲の平均ダメージが 10 ポイント増加 (10 ポイントから 20 ポイント)しました。
  • 船体 ( A ): 艦艇の HP が 4,200 ポイント増加 (26,300 から 30,500) しました。
  • 船体 ( B ): 艦艇の HP が 1,400 ポイント増加 (30,500 から 31,900) しました。

※ 性能が向上したことにより、前任艦 (Furutaka) と差別化されました。

 

Myogi

上位船体の対空砲が強化されました。

  • 船体 ( C ): 対空砲 4х4 12 mm/62 "HI" Type と 4х2 40 mm "HI" Type91 は 8х2 25 mm/60 Type96 Twin mod. 1 に置き換えられました。これにより、射程 1.2 km の対空砲 (平均ダメージ 8 ポイント) と射程 2 km の対空砲 (平均ダメージ 32 ポイント) が、射程 3.1 km の対空砲 (平均ダメージ 40 ポイント) に変更されました。結果、対空砲の平均ダメージには変更がありませんが、射程が増加しました。

 

Fuso

上位船体の対空砲を強化しました。

  • 船体 ( B ): 主砲の近距離での砲撃範囲を拡張しました。
  • 船体 ( B ): 対空砲 13 mm/76 Type93 Twin 2 基を追加しました。これにより、射程 1.2 km の対空砲の平均ダメージが 30 ポイント増加 (29 ポイントから 59 ポイント) しました。
  • 船体 ( C ): 射程 1.2 km の対空砲 13 mm/76 Type 93 が全て 10x1 25 mm/60 Type96 mod. 1 plus 8x2 25 mm/60 Type96 Twin mod. 1 に置き換えられました。これにより、射程 1.3 km の対空砲の平均ダメージが 0 ポイント (46 ポイントから 0 ポイント) となりましたが、対空砲の射程 3.1 km の平均ダメージが 58 ポイント増加 (23 ポイントから 81 ポイント) しました。結果、対空砲の平均ダメージと射程が増加しました。

※ より快適にプレイできるよう、敵艦載機への対空防御を増加させるために対空砲を強化しました。

 

Nagato

上位船体の対空砲を大幅に強化しました。

  • 船体 ( B ): 対空砲 25-mm/60 Type96 Twin mod. 1 が主砲塔上部に追加されました。これにより、射程 3.1 km 対空砲の平均ダメージが 15 ポイント増加 (55 ポイントから 70 ポイント) しました。
  • 船体 ( C ): 対空砲 24х1 25 mm/60 Type96 mod. 1、8х2 25 mm/60 Type96 Twin mod. 1、2х3 25 mm/60 Type96 Triple mod. 1 を追加しました。これにより、射程 3.1 km の対空砲の平均ダメージが 95 ポイント増加 (93 ポイントから 188 ポイント) しました。
  • 船体 ( B ) 及び船体 ( C ): 測距儀を第 2、第 3 砲塔に追加しました。船体の全主砲塔の装甲厚をより正確になるよう調整しました。主砲塔側面の 280 mm の装甲板を厚さの異なる 2 枚の装甲板 (前面寄りの 280 mm および背面寄りの 229 mm) に変更しました。

※ より快適にプレイできるよう、敵艦載機への対空防御を増加させるために対空砲を強化しました。

 

Amagi

上位船体の対空砲を強化しました。また、副砲も上方修正しました。

  • 船体 ( B ): 対空砲 13-mm/76 Type93 Quad AA を主砲塔上部に追加しました。これにより、射程 1.2 km の対空砲の平均ダメージが 30 ポイント増加 (29 ポイントから 59 ポイント) しました。
  • 船体 ( C ): 対空砲 25-mm/60 Type96 Triple mod. 1 を主砲塔上部に追加しました。これにより、射程 3.1 km の対空砲の平均ダメージが 36 ポイント増加 (189 ポイントから 225 ポイント) しました。
  • 副砲の射程が 0.5 km 増加 (4.5 km から 5 km) しました。
  • 船体 ( B ) 及び船体 ( C ): 主砲塔の装甲厚を再調整しました。主砲塔側面の 280 mm の装甲板を厚さの異なる 2 枚の装甲板 (前面寄りの 280 mm および背面寄りの 229 mm) に変更しました。


オーディオおよび音響効果

  • 要塞港 「横須賀」 にオーディオトラックを追加。
  • ゲーム全体のサウンドデザインを改良。低設定でプレイ中にカメラトラッキングを利用して砲弾、魚雷や飛行隊を追跡している時のサウンド、中距離での対空砲や撃沈の音声の改良。
  • オーディオシステムに負荷をかけずにクリアな音声を再現できるよう砲撃音を改良。
  • オーディオトラックの保存方法を変更。変更により今後のオーディオトラック関連のアップデートサイズが軽減されます。


インターフェイス一新
バージョン 0.5.6 では戦闘結果画面が一新され、より詳細な戦闘結果や他のプレイヤーに与えた・与えられたダメージなどの情報を確認できます。

 

  • 合計与・被ダメージに関する情報を個人スコアタブに追加。
  • 詳細報告を一新。モジュールへの損害を含む各艦艇に与えたダメージの詳細を確認できるようになりました。ダメージの種類により分類された与・被ダメージに加え、チームキラーステータスや解除されるまでの戦闘回数などもこのタブに表示されるようになりました。
  • ゲームエコノミー関連情報は 「クレジットおよび経験値」 という別タブに移動されました。このタブで支出はマイナス (-) で表示されます。

 

271aefcc-1b13-11e6-9808-38eaa7374f3c_660
29c569dc-1b13-11e6-8638-38eaa7374f3c_660

 

ミニマップが大幅に改変され、表示される情報量が増えました。

  • プレイヤーの艦艇の進行方向に対して白い線が表示されるようになり、どの方向を向いているのかがわかりやすくなりました。
  • 照準ロックしたターゲットをミニマップでわかりやすく表示するアイコンを追加。
  • 航空母艦使用時に航空隊の目的地や経由地をミニマップから直接設定できるよう変更。

 

また、ミニマップで表示する情報をカスタマイズできるようになりました。

  • 海面および航空機からの被発見距離を表す円の表示。主砲発砲などによる変数の変化を反映してこの円の大きさは自動的に変化します。
  • 主砲、副砲、対空砲そして魚雷の射程を表す円の表示。
  • 敵艦艇が最後に確認された位置の表示。

※ 被発見距離、主砲および魚雷の射程はデフォルトで表示されています。

 

178b755e-1b13-11e6-9808-38eaa7374f3c_660
1a3212b8-1b13-11e6-8fa4-38eaa7374f3c_660

 

フィードバックを反映し、インターフェイスのその他部分にも改良を施しました。

  • 対空砲・副砲がオフの状態でも、優先目標を設定 (通常: Ctrl+左マウスボタン) すると、対空砲・副砲が砲撃を行うようになりました。
  • プレイヤーが味方にダメージを与えると、チャットに警告文が表示されるようになりました。
  • 一度クリックすることで観戦モードのヒント表示が消えるようになりました。
  • 各戦闘内でプレイヤーが戦闘に参加する以前のチャットログも表示されるようになりました。
  • 観測機や水上戦闘機への距離が表示されるようになりました。
  • 主砲弾が島などに当たりそうな場合、警告が出るようになりました。
  • 島影にいる敵を狙った時に、島の裏の敵艦艇ではなく島に主砲が向いてしまう場合がある問題を修正。
  • 艦艇の経験値バーの上をマウスオーバーすると対空砲や副砲の状況などの艦艇の特性が表示されるようになりました。
  • 破損した魚雷発射管の状況が砲撃・魚雷モードのダイナミックアイコンでよりわかりやすく表示されるようになりました。
  • 戦闘開始時のカメラの初期位置を設定で変更することができるようになりました。
  • 表示の共通化のため、経験値・クレジットなどの係数の情報を 「x1.5」のような表示から 「+50%」 のようなパーセント表示に変更しました。

 

ゲームエコノミー

 

新しい戦闘結果画面に合わせて、またゲームエコノミーの仕組みをわかりやすくするために、戦闘報酬の計算方法が調整されます。計算方法の変更により最終的な数値が微妙に変わることがあります。 計算方法の例は以下の通りです。

  • 獲得経験値 1,000 XP、戦闘に勝利、プレミアムアカウント有り、信号機 Equal Speed Charlie London (+50% XP) を使用。
  • 以前の計算方法 (バージョン 0.5.5): [基本経験値] х 勝利ボーナス 1.5 x プレミアムアカウントボーナス 1.5 х (1 +0.5 Equal Speed Charlie London ボーナス) = 1,000 x 1.5 x 1.5 x 1.5 = 3,375
  • 新しい計算方法 (バージョン 0.5.6): (基本経験値] х 勝利ボーナス 1.5 x プレミアムアカウントボーナス 1.5) + 獲得した経験値に対するボーナス = 2,250(1,000 x 1.5 х 1.5) + 1,125(2,250 х 0.5) = 3,375

 

戦闘後のペナルティの計算方法も更新されました:

  • 以前の計算方法 (バージョン 0.5.5): 味方へのダメージに対するペナルティはプレミアムアカウントなどの係数と共に経験値に適用されていました。
  • 新しい計算方法 (バージョン 0.5.6): 味方へのダメージに対するペナルティはすべての係数適用後の最終的な経験値に対して適用されます。

※ これによってプレミアムアカウントや信号旗の有無にかかわらず一律のペナルティが科されるようになりました。

 

次のプレミアム艦艇のクレジット売却価格を調整:

  • Arkansas Beta: 375,000 から 2,137,500 へ変更。
  • Albany: 375,000 から 1,162,500 へ変更。
  • Diana: 375,000 から 1,237,500 へ変更。
  • Iwaki Alpha: 375,000 から 1,987,500 へ変更。
  • Tachibana: 375,000 から 712,500 へ変更。
  • Kamikaze: 3,750,000 から 1,762,500 へ変更。
  • Kamikaze R: 3,750,000 から 3,000,000 へ変更。

 

マップおよびゲームモード

  • 史実のロケーションをベースに作られた美しい島々での戦闘、Tier VII - X 艦艇用に新マップ 「Okinawa」 を追加しました。
  • Tier VII - IX 艦艇用に制圧戦および通常戦に新マップ 「Estuary」 を追加。このマップ中央の山脈は砲撃戦を無効化するかとおもいきや、射線が通る谷間があるため油断は禁物です。
  • Tier V - IX 戦艦、巡洋艦、駆逐艦、Tier VI - IX 航空母艦用に新マップ 「Neighbors」 を追加。このマップはイギリスと占領下フランスをイメージした海域です。このマップには面白い特徴があり、各チームは相手のエリア付近で戦闘開始します。
  • Tier I - III 艦艇用に新マップ 「Polar」 を追加。このマップは小さく、氷山が点々とあり、細かい動きのあるダイナミックな戦闘に向いています。
  • 戦術的な役割が薄く、移動の妨害となっていたため、「北方」 マップの G9 にある小さな島を削除。
  • マップ 「北方」 および 「北極光」 を Tier VI - X 艦艇用に変更。

 

グラフィック

  • カモフラージュの適用方法を改良。副砲へのカモフラージュがより自然な形で適用されるようになりました。
  • プレイヤーから遠い位置の島などのオブジェクトに発生した 「Zファイティング効果」 を軽減。
  • 艦艇撃沈のパターンを増やし、ゲーム環境をより多様にしました。

 

チームキルペナルティ
「非スポーツマン行為」 通報機能は以前からゲームの一部でしたが、変化する情勢に必ずしも対応できていませんでした。以前のシステムは違反者に対応するには不十分で、チームキルやフレンドリーファイヤーがあまりにも頻繁に繰り返されてきました。今回のシステム改良により違反者に対する罰則は厳しくなり、フェアプレイを心がけているプレイヤーがより快適にプレイできるようになりました。

  • 少しのダメージでも 「チームキラー」 ステータス与えられるよう、ステータス付与までのしきい値を減少させました。
  • 戦闘機の 「Alt 攻撃」 により味方の航空機を撃墜した場合や、火災や浸水による味方へのダメージも 「チームキラー」 ステータスが与えられるようになりました。
  • 味方にダメージを与えた場合、その戦闘で稼いだクレジットに関係なく修理費の全額を請求されます。ダメージを受けた側に対して一定額は補填されない事をご了承ください。
  • 頻繁にルールを破り、「チームキラー」 ステータスになっている方ほど 「通常」 の状態に戻るまでにより多くの戦闘数が必要になります。
  • チームダメージの常習犯には特別なチームキルペナルティが科され、味方に与えられるダメージが 90% 減少し、そして自分へ跳ね返されるダメージペナルティが元のダメージより 100% 以上に増加します。

 

チュートリアルミッション

  • 味方艦艇の副砲の射線に入っても誤射されないようになりました。
  • 移動および消火に関するヒント画面がスクリーンに表示され続ける問題を修復しました。

 

その他修正や変更点

  •  「抗堪専門家」 スキルが稀に魚雷による被ダメージを軽減した問題を修正。
  • 再訓練に関する艦長スキルヒントを修正。
  • イベント終了後も特別イベントの通知がクライアントに表示され続けていた問題を修正。
  • 戦闘中のヒントに消耗品の残り使用回数が表示されなかった問題を修正。
  • 駆逐艦が撃沈された時に動いていなくてもスクリュープロペラが回って表示され続けていた問題を修正。
  • 港画面で表示される最大射程を実際の弾道に則した値に修正(一部小口径砲でゲーム内での射程を超える値が表示される可能性があります)。
  • チームバトルの戦闘統計表示時にクライアントがシャットダウンした問題を修正。
  • 目標艦艇が 「対空防御砲火」 を使ってきた場合、雷撃隊の内一機の攻撃範囲が正しく表示されなかった問題を修正。
  • 航空カメラがに対して正しい気象効果が表示されていなかった問題を修正。
  • 不完全なチームで戦闘に入ろうとした時にウィンドウが正しく動作しなかった問題を修正。
  • クライアント再起動時にマウス・キーボードの設定がリセットされる問題を修正。
  • 魚雷発射管の照準が一部の角度でずれていた問題を修正。
  • 32 ビット OS を利用している場合 OS のバージョンに関係なく、テクスチャ品質を自動的に 「低」 に設定する用に変更。
  • 使用する兵器を変更した後も 「照準ロック」 状態がミニマップでリセットされない問題を修正。
  • Intel ® HD Graphics を利用しているノート PC で ARP Myoko の魚雷効果が正しく表示されなかった。
  • 性能特性のパラメーター測定単位の整合性を高めました。
  • マップ 「ホットスポット」 の開始地点が間違っていた問題を修正。
  • 艦長再訓練時にモジュールデータが表示された問題を修正。
  • インターフェイス上同時に 2 カ所に照準ロックが表示された問題を修正。
  • 攻撃機の突入半径が消える問題を修正。
  • 「GUI のコントラストを高める」 設定のステータスが間違っていた問題を修正。
  • チュートリアルミッションで 「右マウスボタンで辺りを見渡そう」 のヒントが表示されない問題を修正。
  • マップ 「新たなる夜明け」 でローディング中に数秒真っ黒な空が表示される問題を修正。
  • 攻撃に向けて敵艦に接近する雷撃機の照準の問題を修正。
  • 有効化されていないコンパクトカルーセル表示が行われてしまう問題を修正。
  • グラフィック 「低」 設定で迷彩表示が消えてしまう問題を修正。
  • チームキラーステータスを受けた場合の戦闘機隊の情報ディスプレイを修正。
  • 港で修理が必要な艦艇の表示を修正。
  • 浅瀬が反射する問題を修正。
  • 再装填速度を小数点一桁で表示するよう変更。
  • 一部設定により戦闘開始時に画面が暗転した問題を修正。
  • サーバーと再接続時に主砲塔の旋回角方位がずれてしまった問題を修正。
  • 攻撃隊が突入体勢に入った後に攻撃タイミングを調整できないよう変更。
  • クライアント起動時に空のサーバーリストが表示された問題を修正。
  • ヘルプウィンドウのアイコンを更新。
  • 最後の航空隊を攻撃している時の音声とアニメーション表示を正しい物に修正。
  • 近距離で副砲が正しく動作しなかった問題を修正。
  • 再接続前にプレイヤーの艦艇が撃沈されるとクライアントがクラッシュした問題を修正。
  • 空母利用時に 「Shift」 キーによるカメラ変更を無効化する設定を追加。
  • 新たに追加された港「Zipangu」を選択できるようになりました。 [5/25 更新]

 

Action Stations!

 

Edited by Ladygrey_JP

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×