Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Golden_ratio_S

空母のマッチングについて

4 comments in this topic

Recommended Posts

Beta Tester
384 posts
12,363 battles

このゲームのマッチングに問題があるのは今に始まったことではないですが、それを顕著に感じたのは高Tierの空母乗りです。

 

知っての通り、空母というものは他の艦種とは違い、RTSの要素が非常に強いです。

そのため、試合では重要な位置に立つことが間々あります。

特に高Tierだと空母の巧拙が勝敗に直接関わるといっても過言ではないでしょう。

このゲームのマッチングがどんなシステムになってんのかは皆目見当がつきませんが、

片や空母乗りの名手、片や空母のいろはすら知らんnoob

これで試合になりますかね?

 

そこで「空母の勝率層制限マッチング」を提案します。

端的に言えば、一定の勝率の範囲(50~55%55~60%の範囲)にいる人同士を優先的にマッチングさせる仕様です。

 

無論、「中Tierの空母と高Tierの空母は動かし方が異なる」という人も出るでしょうし、単なる中Tier空母の勝率稼ぎの人もいると思いますので、そこでさらに

「一定戦闘数(20回だとか30回だとか)に達していない空母を使う場合、その前のTierの空母(例えば龍驤を初めて使うのであれば瑞鳳が対象)の勝率を参考にする」システムを追加で用意すべきです。

 

「ではプレミアム艦の空母はどう扱うべきか」と思うでしょうが、基本は同じTier、でなければ前のTierの勝率を参考にするべきでしょう。

プレミアム艦の空母が初めての空母だった場合はどうするのかって?

まず空母の戦闘数が一定数に達してない人には空母のプレミアム艦を使わせるべきではないのでは?

 

WGはこれから加賀だとか赤城だとかをプレミアム艦として売り込むのでしょうが、

そんなことをしたら某コレクション系ゲームのプレイヤーから「憧れ」だけで乗り込んでくる人が出てくるのはほぼ間違いないでしょう。

前々から思ってることだけども、このゲームには「憧れ」だけで入ってくる奴らが多すぎる。

勿論それが悪いことだとは言わないが、それを暴走させた結果があの北上の件でしょう。

きちんと経験を積ませてから乗らせるべきであり、それが試合の勝敗のカギを握る空母ならなおさらです。

せめて空母だけは上手い人同士、下手な人同士で戦ってほしいものです。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
617 posts
4,472 battles

マッチングのトピックでも述べましたが、勝率をマッチングの指標に利用するのは問題があると考えます。上手い人同士、下手な人同士をぶつけ続けると、最終的に全プレイヤーの勝率は50%付近に収束します。

私は自分より上手い人にぶつかり、それに圧倒され、いつかその立場に立ってやろうと鍛錬するのがこのゲームだと思います。よって、勝率を利用したマッチングは反対です。

 

しかし、空母の戦闘数はある程度マッチング指標に加えてもいいと思います。

現在ある初心者保護システム、つまり戦闘数が一定以下のプレイヤーは基本的に戦闘数が一定以上のプレイヤーとマッチしないシステム、の基準戦闘数や細かい仕様が不明なので、この仕様によっては手慣れの空母プレイヤーと新規の空母プレイヤーがぶつかる可能性が高いからです。

順当にtier4から乗り継いでいった場合、高tierで空母の扱いがわからないということはないでしょう。しかし、初めて大鳳に乗る人が大鳳で何百戦も行っている猛者と当たった場合、たとえ翔鶴で大暴れしていた空母乗りでも返り討ちに遭ってしまう可能性が高いです。プレイヤースキル差はもちろん、艦長スキル差もあります。

なので、(この空母乗り不足の中可能かどうかは別として)空母のマッチングの際、ランダム戦においてその空母で何戦したことがあるのか、をマッチング指標に加え、可能な限り適用することを提案します。

例えば、戦闘数の基準を「tier x 12」としてマッチング待機者が「戦闘数10:エセックスA、300:大鳳A、150:エセックスB、40:大鳳B」なら、大鳳AとエセックスB、エセックスAと大鳳Bでマッチングするということです。

 

空母のプレミアム艦については別トピックで取り上げられているのでここでは触れません。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
384 posts
12,363 battles

マッチングのトピックでも述べましたが、勝率をマッチングの指標に利用するのは問題があると考えます。上手い人同士、下手な人同士をぶつけ続けると、最終的に全プレイヤーの勝率は50%付近に収束します。

私は自分より上手い人にぶつかり、それに圧倒され、いつかその立場に立ってやろうと鍛錬するのがこのゲームだと思います。よって、勝率を利用したマッチングは反対です。

 

しかし、空母の戦闘数はある程度マッチング指標に加えてもいいと思います。

現在ある初心者保護システム、つまり戦闘数が一定以下のプレイヤーは基本的に戦闘数が一定以上のプレイヤーとマッチしないシステム、の基準戦闘数や細かい仕様が不明なので、この仕様によっては手慣れの空母プレイヤーと新規の空母プレイヤーがぶつかる可能性が高いからです。

順当にtier4から乗り継いでいった場合、高tierで空母の扱いがわからないということはないでしょう。しかし、初めて大鳳に乗る人が大鳳で何百戦も行っている猛者と当たった場合、たとえ翔鶴で大暴れしていた空母乗りでも返り討ちに遭ってしまう可能性が高いです。プレイヤースキル差はもちろん、艦長スキル差もあります。

なので、(この空母乗り不足の中可能かどうかは別として)空母のマッチングの際、ランダム戦においてその空母で何戦したことがあるのか、をマッチング指標に加え、可能な限り適用することを提案します。

例えば、戦闘数の基準を「tier x 12」としてマッチング待機者が「戦闘数10:エセックスA、300:大鳳A、150:エセックスB、40:大鳳B」なら、大鳳AとエセックスB、エセックスAと大鳳Bでマッチングするということです。

 

空母のプレミアム艦については別トピックで取り上げられているのでここでは触れません。

本当なら戦闘数層に加えて与ダメや平均撃墜数、基礎ポイントなどを参考にすべきところですが、それではマッチングに支障が出る恐れがあるので、指標としてよりわかりやすい「勝率」にしました。高tier空母なら勝率はほぼ巧拙に関わりますからね。

一番手っ取り早いのはランダム戦にも(乗る艦それぞれについた)ランク制を導入することですがね。

 

あと「私は自分より上手い人にぶつかり」のくだりですが、その手の話はあくまでその人自身の思想に依存する話であり

個人的にですがそういった思想を野良の味方がするかどうかについて信用する事は全くできません。

自分が楽しければそれでいい、なんて奴らも少なからずいるわけですしな。

扱いもできない癖に乗って自分から突っ込んで自滅する奴の尻拭いは誰がするとでも?

 

理想的な思想の話をしないでください、私は現状の問題点の話をしてるんです。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×