Jump to content
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
kingfisher007

Tier4 Premium Ishizuchi の大幅かつ抜本的な強化

24 comments in this topic

Recommended Posts

Alpha Tester
308 posts
5,889 battles

こんにちは、しばらく日本ツリーのTier4プレミアム戦艦として販売されているIshizuchiですが、0.5.5で主砲装填時間30秒から25秒へ短縮という大幅な強化をされたにもかかわらず、戦況はたいして変化していないように感じられます。

これはおそらく主砲以前にも問題が数多くあるからだと思われますが、これらについて個人的な所感をまとめましたので、次回強化・弱体化の際の参考にしていただければと思います。

 

まず、この艦自体の性能がプレミアム艦の範疇を超えて圧倒的に弱いのではないでしょうか?

・速力は見るべきものがありますが、旋回半径は日本戦艦特有の劣悪さ。

・船体装甲はさすがの巡洋戦艦?というべきか、真正面を向けていてもあまり弾けないためKongo等他戦艦から有力なダメージを被る。すなわち被弾面積減少以上の意味がない。

・対空火力がないに等しい、よって敵航空機に対する抑止力は全くなく、短い主砲射程による射撃機会の少なさ、また短射程による被ターゲット率の圧倒的な高さからくる敵巡洋艦からのHE着火と相まって、攻撃時間をたいして稼げないまま2,3斉射程度で沈められることもしばしばある。なお味方の対空援護がTier3-5帯において望むべきでないことは言うまでもない。更に悪いことにはこのTier帯において空母2マッチングというのは非常に高い確率で起こることである。

 

また、結局のところ艦砲にも致命的な欠点が残されているため、この艦砲の圧倒的な装填時間というのがなかなか戦果に貢献していないように感じられます。

・被発見距離16.1 kmに対して主砲射程12.9 kmが短すぎるため、敵から優先的に狙われ、かつこちらからは何もできないことがしばしば発生する。致命的なのは米Tier5巡洋艦Omaha等に射程が大きく負けていること。条件によっては何もできないままひたすら着火されて経験値Boxと化す。

・主砲貫通力が高すぎるためかえって取り回しが悪い。例えば独Tier3巡洋艦Kolbergや日Tier4巡洋艦Kuma等に対して距離2-4 km程度でほぼ垂直方向から喫水線およびそのわずかに上方(防郭が存在すると思われる部位)に対してAPで射撃するとほとんどの直撃が800ダメージに留まってしまう(過貫通によるダメージ倍率x0.1)。巡洋艦に対して水中弾を狙わないとまともなダメージが狙えないというのは致命的である。また、水平方向で斜めに着弾することを期待するのも高い射撃精度が要求されるため、あまり現実的とは思えない。

 

これらの劣悪なパフォーマンスがプレイヤーの腕に大きく依存するものではないことは私の戦績をご覧いただければご理解いただけると思います。

 

以上のことから、いくら装填時間だけ良くなろうとも、交戦する前に沈められたり、砲が相手に有効なダメージを与えられないままでは意味をなさない強化だと言えます。

プレミアム艦ですから何か尖っていて総合的には他艦に劣る、というコンセプトは理解できますが、そもそも大して尖ってもいないじゃないかというのが不満の根底にあります。

以上真剣にご検討お願いします。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
308 posts
5,889 battles

追記: (現状の中Tier環境について)

 

結局そこそこ抜かれるとはいえ対戦艦では所謂”昼飯の角度”が依然有効ではあります。

対巡洋艦となると防郭抜かれても気にしないような初心者か近寄らざるを得ない低Tier巡洋艦でなければなかなか難しくなります。

対駆逐艦は魚雷射程も圧倒的に短く、そこまで問題ではない。

 

一番問題なのは対空母で、これは例えばZuihoの自動雷撃隊2編隊でお手軽に被雷確定の状況を作り出せます。もっと言えば1編隊でも横から投雷するというほぼ基本のテクニックに従えば十分ですが。

最初の投稿で述べたように前線で巡洋艦の対空護衛戦闘を十分に受けられない上に対空値の低い戦艦となると、これはもう艦載機が殺到することが目に見えていますね?

別に一次だけの攻撃で瞬殺されるわけではないですよ、腐っても戦艦ですから。でも被雷のダメージって修理班で50%しか回復できないし修理時間もそこまで長くないじゃないですか。航空隊の群れが2-3分ごとに1波来たら結局早々に嬲られて終わりなんですよ。

空母乗りがそれなりに上手ければ可能な限りの回避行動しても魚雷が8本中5本(プラス爆弾)当たるとか現実的なわけです。で、どういうわけか今のTier5って上手い人全然いるんですよね。慣れてきて腕が上がってきたのか初心者狩りしに高Tierから来てるのか知りませんが。

 

更に問題なのが一部マップでの空母の初期配置。これのせいでお互いの空母の至近には、空母の存在しない敵の艦隊(すなわちエサ)が配置されていたりします。この状況で結局空母にとって効率的なのは頑張って敵の攻撃隊を抑えることではなくて一心不乱にエサを貪ること。逆に言えば戦艦にとっての悪夢。

言ってしまえば公式がカルテルを推奨しているような状況なわけで……。

WGさん何がしたいんですかね……。空母推ししたらすたれるよ、このゲーム。充分ご承知だと思いますが、空母は圧倒的に作業量が多く、体力・精神力を消費する艦種なわけで、そればかり乗らざるを得ないとなったらプレイ時間は間違いなく減りますね?

 

本題から発展した結果作業量が増えてしまって恐縮ですが、この辺も翻訳して本社なり決定権のある所に送っていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

 

追記2:

写真からプレイヤー名消し忘れてしまったのですが、ネガティブな晒しではないので大丈夫でしょうか?問題あれば差し替えます。

 

shot-16.05.01_01.57.32-0566.jpg

shot-16.05.01_01.57.42-0054.jpg

shot-16.05.01_01.57.48-0381.jpg

shot-16.05.01_01.58.20-0908.jpg

shot-16.05.01_01.59.28-0344.jpg

shot-16.05.01_02.00.16-0414.jpg

shot-16.05.01_02.01.23-0796.jpg

shot-16.05.01_02.01.56-0219.jpg

shot-16.05.01_02.08.53-0275.jpg

shot-16.05.01_02.08.56-0235.jpg

shot-16.05.01_02.09.00-0925.jpg

shot-16.05.01_02.09.04-0379.jpg

shot-16.05.01_02.09.05-0807.jpg

Edited by kingfisher007

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
308 posts
5,889 battles

以上踏まえまして、常識的と思われる提案は以下の3点です。ぜひいずれか採用してください。さもないと制空Bogueか制空Ryujoで出撃します。

・Ishizuchiのマッチングを優遇マッチングとし、Tier4までに制限する(現状通常マッチング: Tier5まで)

・Ishizuchiの対空を大幅に強化する(Arkansas Betaとアップグレードの個数に差がありすぎるのでそのあたりも込みで弄ってもいいのでは?)

・Ishizuchiの主砲射程を強化する(ゲームバランス的に15-16 km程度まで伸ばしてもいいのでは?)

Edited by kingfisher007

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
121 posts
3,666 battles

石鎚をこよなく愛する者として、意見させていただきます

 

前提として、石鎚はユトランド海戦以前の巡洋戦艦であるということをお忘れなく。

 

まず石鎚の戦い方の話をさせていただきます

AP弾が六号徹甲弾で河内のAP弾にすら貫徹力が負けているので、戦艦相手では近距離でさえバイタルは抜けません。

APは確実に当てられる距離(10km以内くらいでしょうか?)で巡洋艦相手に撃つものです。なんだかんだで砲門数があるので、射角が限られる第三砲塔さえちゃんと向けられれば巡洋艦ワンパンもできます

では戦艦相手はどうするのか。HE弾で燃やせばいいのです。

石鎚には日本戦艦2位の発火率を持つHEがありますので、速力を生かして米戦に接近して燃やしながらどつきまくる。

引き撃ちすれば米戦の精度では中々当たりませんし、充分戦えます。

ただし最終船体の金剛の相手だけは無理です(笑)

全てにおいて上なんで、やりあわないように立ち回るしかないですね

 

次に立ち位置の話ですが

これは射程と関係するのですが、確かに石鎚は被発見が長いことと相まって射程が壊滅的です。

しかし、味方巡洋艦のすぐ後ろに控えるような立ち位置を取れれば、そこまで気になるようなものではありません。

確かにオマハはアウトレンジしてきますが、逆に言えば警戒すべき巡洋艦はオマハ(ムルマンスク)だけのようなものです。

味方巡洋艦たちと行動するだけの足はありますし、さすれば対空の援護も受けられる(かも)しれません(笑)

そのためのフットワークの軽さです。他の日本戦艦に比べれば動きは機敏なほうです。

 

対空砲火ですが、これは仕方がないと思います。

ただ、ない訳ではないので、ラングレーやら鳳翔の艦載機程度ならどうにか対処できます。あとは頑張って回避です(笑)

 

まとめると、射程は短いが味方と行動するように心がければそれなりに戦える。

なんだかんだ巡洋戦艦で戦艦カテゴリには入っているのでHPは多いし、回復もできる。戦艦のAPも角度さえつければそれなりに弾ける。

空母相手は日本戦艦の例によって味方を頼る。

 

こんな感じですかね

 

 

長くなりますが、次に挙げてくださった提案についてそれぞれ

 

一つ目のMM優遇ですが、欲しいと言えばそうなんですが、それなりに戦えるのでいらないかなー…

 

二つ目の対空ですが、はっきり言っていらないです。攻撃機を落とせないのは日本戦艦の宿命ですw

被雷被弾覚悟で頑張って避ける努力を。

 

三つめですが、射程よりも隠蔽を下げて欲しいです。

単純な話12inch砲なので、WoWS的に落とし込むなら石鎚の射程の時点で相当盛ってる状態だと思います。

長くするとしても、散布界がひどいことになりそうです(笑)

隠蔽のほうも、隠蔽ってマストの高さ基準らしいので、石鎚が金剛型並みの近代化改修でもしない限りは隠蔽を下げるのは無理なのかなーと思ってしまうんですが…

 

 

長くなりましたが、結論

石鎚の近代化改装後の姿(Ishizuchi1941)を出しましょう()

 

 

ぐっだぐだになってすみませんw

石鎚はユトランド以前のイギリス巡洋戦艦の如く、ロマンの塊のような船だということです…

 

 

 

 

Edited by ataccer

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
121 posts
3,666 battles

好きが故に長くなってしまったことをお許しください

全く論理的な話になってないんですが、まあ自分は石鎚はロマン艦だと思ってるんで、装填が速くなっただけでも超強化に感じてしまうくらいなのですw

 

 

追記

ちなみに今回のアプデで分かったことなんですが、地味に主砲の初速がかなり速いです。

ただやはり砲弾が軽いんでしょう、最大射程付近ではかなり山なり弾道ですが…

ただ、石鎚の得意とする10km前後で25秒の装填速度と弾速の速さで戦えれば、相当な脅威になることは間違いないと思います

スクリーンショット (6053).png

Edited by ataccer

Share this post


Link to post
Share on other sites
Super Tester
175 posts
5,065 battles

そうですねー、たしかに運用が難しいのはわかります。でもプレ艦としては尖った性能を持ちつつ、明確な弱点もある。WGの他のプレ艦と比べてもなかなか良いバランスでまとまってると思いますけどねー。海面発見距離は長すぎな気はしますがね・・・、あと1㎞くらい短くても良いんじゃ無いかな?


 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
308 posts
5,889 battles

ご意見ありがとうございます。

確かに乗り回してみて石槌はそれなりにやれる船だということがわかりました。

”強い巡洋艦”のスタンスでそれなりに押していけるのを実感しつつあり、評価も一転しつつあります。

ただAPの貫通力については腑に落ちない点があります。先述した通り大方の巡洋艦には過貫通が出る。最近は照準をさらに上、すなわち艦橋構造物あたりに定めれば防郭貫通が出てきたりしてやっぱり貫通力落としていかないと駄目なのかと推察しています。

対して、対戦艦の砲撃ではおっしゃる通り貫通力不足の傾向が出ています。例えばWyoming相手に4km程度から土手っ腹斉射しても全弾弾かれたりとか。でも艦橋とか艦首狙いで斉射してやればメジャーなダメージが入って全然撃ち勝てるのはあるので与ダメージが安定しつつも大きく狙えないHEより良いんじゃないかと思います。

 

貫通力についてはこの一見矛盾する結果をどうとらえるかも問題ですね。

結局貫通力が中途半端なのかな?帯に短したすきに長しという…。

 

引き撃ちすれば米戦艦の精度以前にプレイヤーの腕からして大体回避できますね。

 

対空はないわけではないというよりもう実質ないんですよ。

対空ダメージ18だかで悪くはないですが、攻撃前に射程2.1km圏内をうろついてくれる艦載機は通常いない。

そんなわけでラングレー・鳳翔の時点で有効な防空はできない。Bogue・Zuihoでは何をかいわんや…。

一番フラストレーションがたまるのがこの、自分ではほぼ何もできず一方的に嬲られて沈むのを待つという戦艦の性で、それがこの船ではどうしようもないぐらいに際立っているのが問題。

あぁ空母全盛期の日本駆逐艦を彷彿とさせる…。

んー…そうすると提案は空母のパフォーマンスの均質化になるのかな?現状上手い人と下手な人の差がありすぎてここでも運ゲーになっちゃってますから…。

 

追記:

石鎚の主砲初速も0.5.5で地味に強化されたとかそんな話聞きましたけどどこソースだったかな…。

私も戦艦というからには駆逐艦のような布張り天井の艦橋じゃなくて塔型なりパゴタマストなりつけてほしいです。改装後として隠蔽改善の案に落ち着きそうです。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
308 posts
5,889 battles

他艦と協働とは言いますがね、わざわざ迂回して芋りに行ような船と協働できるわけないですよ。

そもそもTier3, 4の対空などたかが知れているので。

Tier5巡洋艦といえども必ずしも有効ではない。

 

以下に追加した添付写真で巡洋艦との協働並びに随伴してもらうことでの対空戦闘の無力さをご理解いただきたく思います。

 

また、この投稿の写真13枚目はYubari相手に過貫通の800ダメージを連発している状態となります。

こちらも参考としてお納めください。

shot-16.05.01_14.29.25-0982.jpg

shot-16.05.01_14.29.27-0192.jpg

shot-16.05.01_14.29.48-0596.jpg

shot-16.05.01_14.29.49-0700.jpg

shot-16.05.01_14.32.32-0214.jpg

shot-16.05.01_14.35.03-0236.jpg

shot-16.05.01_14.59.29-0544.jpg

shot-16.05.01_15.00.10-0578.jpg

shot-16.05.01_15.00.39-0918.jpg

shot-16.05.01_15.00.39-0918.jpg

shot-16.05.01_15.00.54-0038.jpg

shot-16.05.01_15.01.03-0637.jpg

shot-16.05.01_15.01.55-0908.jpg

shot-16.05.01_15.02.10-0335.jpg

Edited by kingfisher007

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
121 posts
3,666 battles

えー貫徹力の話がよくわからないです…

戦艦相手だと貫徹力不足になるけど巡洋艦相手だと貫徹力が高すぎるってことでしょうか。

それは恐らくバイタルを抜けていないだけではないでしょうか…貫徹力が戦艦相手か巡洋艦相手かで変わるっていうのはないと思いますし(っていうか石鎚でも普通に喫水狙いでバイタル抜ける)

上から落として抜けるっていうのは多分最大射程辺りの話ですよね。石鎚の弾道は山なりなんで、このTier帯の巡洋艦たちのほぼない水平装甲に上から落とせばそらバイタルは抜けますよ。

 

 

あと対空のお話ですが、それを言ってしまうと日本戦艦はもうみんなそうですよw

石鎚は稀に1機落としてくれるくらいの対空はありますし、爆撃なら回避運動込みで全弾回避できることもありますし

あと上でも言いましたが旋回性能は決して悪くないので、被雷も1本程度に抑えることも十分可能です。

 

そもそも戦艦なんて空母相手にはそういう覚悟が必要なものです…

 

 

追記

戦艦というからには駆逐艦のような布張り天井の艦橋じゃなくて塔型なりパゴタマストなりつけてほしいです。改装後として隠蔽改善の案に落ち着きそうです

 

これは聞き捨てなりませんな。上でも言いましたが石鎚は金剛の原案。第一次世界大戦当時の巡洋戦艦なのです。

この外見こそ、まさに旧世代の戦艦なのです!

Edited by ataccer

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
308 posts
5,889 battles

貫通力の話については巡洋艦は過貫通できて戦艦は十分に貫通できない範囲、すなわち100-200mm程度の貫通力があるものと推察しました。実際のところはどうなのか知りません。

過貫通でも防郭を通過すればバイタルヒットの判定になるのでしょうか?それとも他に倍率x0.1になる判定があるのかな……?

 

いやー被雷1本は敵空母がよほど下手こかない限りないですよ

どう回避しますか?フェイントにならないフェイントかますか、頑張って艦首向け続ける努力して結局戦艦の旋回性では追いつけない艦載機の旋回性に絶望しますか?

私はほぼ駆逐か巡洋艦乗ってたもので、どうも航空機に主導権を握られるというのが慣れないのですね。確かに戦艦はそういうものだと知っているつもりですが、それでもまだIshizuchiに対する艦載機のやりたい放題はひどすぎるのではないかと感じざるを得ません。

同じTier4課金戦艦でもArkansas Betaは旋回半径小さいので航空魚雷全回避とかできてまだやりようがあるんですよ。装甲も結構弾くし。

Ishizuchiは本当にそういう次元ではないと思いますよ。ataccerさん、良かったら対空スキルもそろわない艦長で10戦ぐらい回って低ティアのカオスっぷり思い出してみてください……。空母にねちっこく狙われるみじめさとか、高Tierの防空それなりに行き届いた環境とは全く違う世界が待ってると思います。

 

>これは聞き捨てなりませんな。上でも言いましたが石鎚は金剛の原案。第一次世界大戦当時の巡洋戦艦なのです。

この外見こそ、まさに旧世代の戦艦なのです!

やーでもかっこ悪いし……。ゲーム的にも被発見距離伸ばす元凶だしなぁ……。ドレッドノートとか昔の戦艦の写真見てみれば低い艦橋が一般的だったというのは理解できるのですが、やっぱり船体も砲兵装類もゴテゴテゴツゴツの船に艦橋だけちんまり乗ってるのってバランス悪いというかロマンがなくないですか?

Share this post


Link to post
Share on other sites
Super Tester
175 posts
5,065 battles

個人的にはこの初期状態好きなんだけどなぁ

とりあえず見た目の問題は置いておくとして・・・

私もよく航空機に執拗に絡まれて攻撃されることありますが、それはまぁどのティア帯でも戦艦乗ってある程度前に居ればよくあることなので・・・、まだ下のティアの石鎚のほうが航空機の編隊数が少ないんで捌きやすいかなーと。

艦長スキルのほうも私は育成に石鎚使うんで、スキル1ポイントしかついてないとか普通にあります。ぶっちゃけ15スキルついてようが、1ポイントだろうがそこまで差は出ない感じがしますね・・・対空無いし隠蔽下げようが元が大きすぎて意味ないし、消耗品準備時間が早くなってもそこまで前に突っ込まないし・・・

貫通力についてですが、上げてくださった夕張を撃ってる画像なんですが、照準がこの位置だと上を狙いすぎてて上部構造や艦首尾にかすって微ダメしか出ない状態かと。この距離なら巡洋艦相手なら普通にバイタル取れるはずなんですが・・・結局石鎚に載ってる砲は河内と(弾種や射程以外)変わらないと思っているので。

あと、巡洋艦相手にAPでダメ取れないならならHE使用の方がいいですよ、機関、砲も壊せるし安定して3000ダメ取れるし、なんと言っても爆沈させやすいですから()

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
121 posts
3,666 battles

個人的な石鎚の変更希望ですが

 

まず先に行われた35000t以上の戦艦の旋回半径及び時間の増大についてです。

石鎚は金剛の設計案ですが、見た感じの大きさは金剛の初期船体と同等。ってか金剛の船体を弄っただけにも見えます。

巡洋戦艦金剛の進水時の排水量ですが、常備排水量が28000tほどで、満載だとしても35000tには引っかからないはずです。

そもそも石鎚の販売開始時点でのうたい文句は機動力でしたし、これを若干殺されてる感は否めません。

そこで機動力を戦艦の調整前のものに戻すか、あるいは旋回アップグレードを付けられるようにしてほしいと思います。

(そもそも記憶違いで先の戦艦ナーフに入ってなかったらすみません)

 

 

そしてもう一つは、プレミアム艦としてクレジットの収支をもう少し上げてみてはどうかという点です。

現状でもTier4のプレミアム艦としては妥当な数字ですが、個人的な我が儘としてもう少し稼げるようにしてほしいかなーと(笑)

 

以上です

Edited by ataccer

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
2 posts
6,107 battles

 

私の個人的な変更希望としては隠蔽性を12km程度かそれ以下にすることです。

以下に詳しい経緯を書きました。

 

私も石鎚のバランスには強い疑問を感じています。

艦のバランスの悪さとしては射程と隠蔽性の関係が劣悪である点、

これによるゲームバランスの悪さとしては、

1.敵に空母がいる 2.敵及び味方に軽巡が多い 3.遮蔽物の無い(少ない)マップに当たる

のうち1つ以上が該当する場合と、すべて無い場合で戦果が違いすぎる点が気になります。

 

艦の走攻守のバランスは概ね悪くないと思います。

即ち高速性(大きな機関部)と、多砲塔(重い・場所をとる)によって防御力が犠牲になり、

更に砲塔5基という重武装では、妙義並みの29ノットまでは発揮できないだろうという設定は極めて自然だと思います。

旋回半径が若干大きすぎる点と、射程と隠蔽性の関係が大きな違和感を生み出していると感じます。

 

旋回半径についてですが、先の方の指摘がとても分かりやすかったのですが、35000トン制限の影響が気になります。

砲塔5基という重武装ではありますが、それでも35000トンには届かない設定でもいい気はします。

同じTier4の巡洋戦艦である妙義との旋回半径の差は10mでしかないようですが、速力も下なので、時間あたりの旋回角度は更に落ちる結果になっています。

 

私が最も気になるのは非常に厳しい隠蔽性の悪さについてです。

マストの高さが基準というのはわかりますが、水平線にあの針のようなマストの先端が出ているだけで見張り員が果たして気づくのか、リアリティーとしても疑問です。

扶桑B船体以降の艦橋は上の方にも当たり判定が設定されるほど太い構造物が載っているので、あの隠蔽性でも理解できますが、

石鎚は装甲レイアウトを見ても当たり判定が設定されないほど細い構造物しかなく、とても16km先から見えるとは思えません。

羽田空港から東京タワーの穂先がどれほど見えるでしょうか(17km程度)。発砲ペナルティーが付くと海ほたるから東京タワーまでの距離と変わらなくなります。(27km程度)

アンテナ線が張ってあるだけのマストの高さいっぱいではなく、せめて中ほどの見張り台の高さで隠蔽性が計算されていれば、理屈としてもゲームバランスとしても納得いきます。(おそらく古鷹と同等の12km程度になると思います)

 

現状での対応策も挙げられてはいますが、やはりマッチメイクに戦果が左右される度合いが極めて大きい事は気のせいではないと思います。

味方の巡洋艦と一緒に行動せよとは言いますが、このTier帯の巡洋艦の多くは軽巡であり、速力・旋回性共にとてもついていける機動力差ではありません。

また、射程の面で敵オマハ(ムルマンスク)はどうしようもない事が挙げられていますが、これは同時に味方オマハに随伴して戦う事さえ非現実的であることも意味しています。

つまり、味方オマハの後ろにいては一緒に砲撃することができず、味方オマハの前(敵側)に出てしまうと機動力差でついていけなくなってしまう=的役にしかなれない場面が多くなるわけです。

マッチメイクに戦果が左右され過ぎる事は、戦果統計の信用度を著しく落とすことになるため、ゲームとして問題があると思います。

 

いろいろな修正案が提案されていますが、私としても前ユトランド型戦艦という特色は捨てがたいと感じていますので、近代化改修して射程を伸ばすとか、対空を増強するという方向には賛成しかねます。

隠蔽性に合わせて射程を延長するのも、艦の構造からして不可解になってしまいます。

私がお願いしたい修正案は隠蔽性を改善する事です。12km以下になれば、空母に弱い点はあまり変わりませんが、マップに左右される度合いは下がり、敵味方のオマハに対する無力さも軽減されると思います。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
73 posts
1,714 battles

Ishizuchiって29,000tの設定だったと思ったけど

35,000tの旋回範囲変更に引っかかってたんだ・・・持ってないから知らんかった

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
100 posts

確かに、石鎚はカモだね。それ以外も、それ以上も、それ以下も無い。カモ以外の何者でもない。

オマハや球磨に乗ってて、こいつが敵にいたらシメシメと思うね。

一応、主砲の弾には当たらないように避けながら攻撃はするけど、石鎚に沈められたことは無いなぁ・・・


 

プレミア艦としては最低かもな。三笠のように所有する喜びもないだろうし、何の価値もないだろう。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
391 posts
4,120 battles

サンタコンテナから石鎚出たので使って見ましたが、主砲の上にびっしり並んでる高角砲が全く機能しないハリボテなんですね。

 

コイツを両用砲にしてくれるだけで、大分面白い艦になると思うんですけどねぇ……。

 

主砲使って戦闘中に主砲塔上の対空機銃が普通に対空戦するこのゲームなんだから、今さら主砲と高角砲同時運用できないなんて言い訳は無いですよね?

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
391 posts
4,120 battles

8cm子砲(?)って高角砲でしたっけ?

水雷艇をぶちのめすために搭載されてたそうですけど。

配置のせいで高角砲と勘違いしました。

 

でも、あれが飾りじゃなくなれば大分面白くなると思います。

 

三笠みたいに副砲祭りで。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
73 posts
1,714 battles

ちなみに

実際に金剛型とかが竣工時に載せていたものはなんだったのか知らないのですが

石鎚ちゃんが載せているのはモデリングから見て

http://www.navweaps.com/Weapons/WNBR_3-50_mk1.htm

これ?みたいです。

 

10基-毎分150発撃てることになるので、確かに飾りじゃなかったら面白くなりそうですね。

ただ、副砲は対空砲より精密に射角とか設定しないとならないはずですので、主砲の上に乗っかってるこれは主砲の角度相乗とかで計算がややこしそうです;w

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
96 posts
19,096 battles

 

スキル改変でIFHEが実装されたおかげで火力面が大化けして、申し分ない性能になりました。

が、依然として劣悪な隠蔽のせいで立ち回りがシビアですね、ここさえ改善されれば…。

2-3km位縮まってくれれば大分使いやすくなると思うんですけども。

 

あと主砲の上のアレ、副砲とまでは言わないのでせめて対空砲として機能させてほしいですね、今だとただの飾りですし。

T4としては非常に強力なニコライやUGが全部開放されてるアーカンソーと違って艦自体がそこまで強くないのでせめて対空を気持ちだけでも良いので…バフを…。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
121 posts
3,666 battles

スキル改変でIFHEが実装されたおかげで火力面が大化けして、申し分ない性能になりました。
が、依然として劣悪な隠蔽のせいで立ち回りがシビアですね、ここさえ改善されれば…。
2-3km位縮まってくれれば大分使いやすくなると思うんですけども。
 
あと主砲の上のアレ、副砲とまでは言わないのでせめて対空砲として機能させてほしいですね、今だとただの飾りですし。
T4としては非常に強力なニコライやUGが全部開放されてるアーカンソーと違って艦自体がそこまで強くないのでせめて対空を気持ちだけでも良いので…バフを…。

 

 

そこで隠蔽特化ですよ()

開幕で真っ先に見つかるってことが減るんで、いきなり空母に狙われる事態は割と防げますよ。

 

んーIFHEなんですけど、自分もつけてはみたんですがあんまり差が感じられなかったんですよね。大口径HEなんで元々の貫徹力はありますし。

前も書き込んでいますが、自分も隠蔽の向上か射程の延長をお願いしたいところではあります(弾道的に射程は今でも限界に近いので出来れば隠蔽)。ただ石鎚の平均勝率って外部サイトで見る限りでは50%付近なので、これ以上のバフは望めないかな…ってのが正直なところです。

 

対空に関してはデザインがデザインなのでもう諦めるしかないかなと(笑)

このTierじゃ上級者空母に本気で狙われたら即沈なんてどの船でもそうですしね。

(空母がいないか、味方の空母が分かっていれば活躍できるんです…)

Edited by ataccer

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
279 posts
358 battles

主砲の上の小さい奴は訓練用主砲(いちいち撃ってたら弾代がな!)だったと記憶していましたが・・・

 

石鎚の性能はArkansas(βテストのアレね)とある程度そろえると良いと思うのだ。

主砲が1基少ない分速い程度 なので、隠蔽を下げるとかどうとかじゃなくて、装備品を6種装備できるようにすれば良いと思う。

あとは好き勝手にいじらせればよいかと。そういう趣旨の低Tier船舶が記念限定艦以外に居ても良いと思うし。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Alpha Tester
121 posts
3,666 battles

そもそもプレミアム艦艇に強さを求めるのもなぁ。それを差し引いてのメリットだし。

 

正直それはありますね(笑)

私的には、石鎚の今のちょうどいい性能は好きです。

強すぎず弱すぎず

Share this post


Link to post
Share on other sites

×