Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

週刊「ぷかぷか艦隊」 Vol.3

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

※ 当記事は、画像等の一部情報を省略して掲載されています。 全て閲覧される方は World of Warships ポータルページをご参照ください。

 

 

教えて宮永さん! 艦種の歴史をわかりやすく解説!

 

PFb7g4t.jpg

先日実装されたバージョン「0.5.4」で、ついにソ連の巡洋艦ツリーが実装されました!
いままでの駆逐艦ツリーに加えて、プレミアム艦を含めたソ連艦は全 20 種類以上。「どれを選んだらいいか迷うぜ!」というプレイヤーの嬉しい悲鳴が聞こえてきそうです。

そんなわけで、今回は艦艇の選択に悩む「ぷかぷか艦隊」のメンバーに向けて、Wargaming Japan ミリタリーアドバイザーの宮永忠将に艦種の歴史を語ってもらった!
WoWS の合間に、ちょっと軍艦の歴史でコーヒーブレイク♪

B2m7osp.jpg

ソ連の巡洋艦が大量に追加! ソ連海軍のチカラを見せつけよう。

 


 

■ そもそも駆逐艦や戦艦って、なんで艦種がわかれてるの?

6BdkBZB.jpg
WoWS で艦艇の開発を行うとき、初めに悩むのは「どのツリーを育てたらよいか?」という問題。開発ツリーがひとつなら悩まずに済むのに、なんで巡洋艦、駆逐艦、戦艦、空母の4種類も存在するの?

宮永アドバイザーに話を伺ってきた。 

 

宮永: 話すととても長くなるんだけど、簡単に紹介するぜ!

遠い昔、海軍国家として名を馳せていたイギリス海軍は、大量の戦艦を持っていて世界中の海でブイブイ言わしてたんだ。そんなイギリスと敵対国家であったフランスは、いつ攻め込んで来るかわからないイギリス軍にビクビクする毎日。そりゃぁそうだよね、フランスとイギリスはドーバー海峡を挟んで対岸にあるから。

 

フランス 「チョー強力な戦艦に対抗するには、どうすればよいザンス?」

 

宮永: フランスも戦艦を作れば対抗できるんだけど、そんな予算も時間もない。フランス海軍の偉い人が知恵を絞っていろいろ考えた結果、「そうだ、アイツらが紅茶をすすってる間に魚雷でやっつけるザマス!」ということになったんだ。当時実用化されはじめた魚雷ならば、強力な戦艦も沈められる!・・・かもしれない。というわけで、フランス軍は魚雷を積んだ小型高速の水雷艇とか魚雷艇を大量に用意して、イギリス海軍の戦艦が襲ってきたら対抗しようと準備を整えた。

なんだかヤケクソな気がしないでもないけど、意外なことにこれが効果的だったんだ。

それを知ったイギリス軍は、「せっかく高価な船を作ったのに、そんなちっぽけなヤツに沈められたらたまったもんじゃない、ムキー!」と大激怒。戦艦の主砲は撃つのに時間がかかるので、水雷艇がが何隻もワラワラとやってきたらやられてしまう。イギリス軍は「対水雷艇」用の新たな艦艇を作るはめになってしまった。

そこで誕生したのが、WoWSにも登場する「駆逐艦」。もともとは「水雷艇を駆逐するための船」という意味だった。魚雷艇を沈められる程度の小型の主砲が装備されていて、水雷艇並みに高速に移動できる。これがあれば、戦艦を魚雷艇から守りながら、イギリス海軍の大火力艦隊を運用できるデース!

結果として、フランス海軍の必殺兵器「水雷艇」の価値は小さくなった。しかも皮肉なことに、駆逐艦が水雷艇から引き継ぐように魚雷を積むようになったんだ。魚雷から戦艦を守るために開発された駆逐艦が、その後、戦艦を沈めるための船に進化したという歴史はおもしろいと思わない?

 


 

■ 空母の歴史は? もともとは主砲が搭載されていた!?

SfBxw7F.jpg
WoWS で最重要艦種のひとつ「空母」。この歴史も興味深い。そもそも、なぜ海上にあれほど大量の飛行機を持って行こうとしたのだろうか?

宮永アドバイザーに聞いてみた。

 

宮永: 初めて誕生した空母と現在の空母は、運用方法が少し違っていたんだ。WoWS に実装されていないので説明しにくいんだけど、空母「赤城」と「加賀」は艦尾に主砲が搭載されていて、なんと口径は 20 cm! これは重巡洋艦並みの立派な主砲。こんな物騒な装備をつけていた理由は、当時の空母の運用方法を見るとわかってくる。

 

あのころの空母は、飛行機を飛ばして敵を発見するだけでなく、遭遇した敵艦との砲撃戦も想定して開発されていた。いま考えると、かなり乱暴な使い方だと思うよね。艦の数が少ない日本軍らしい考え方だ。飛行機を飛ばして敵を発見したら、主砲を向けてバンバン撃つんだから。あぁ、恐ろしい!

 

だけど時代が進むと、飛行機の性能がどんどん上がってきて、主砲よりも飛行機で攻撃した方が効果的なことが判明してしまった。なので、その後に開発された空母は主砲が不要になり、自分の身を守る最低限の副砲だけが搭載されるようになった。そりゃそうだよね、戦艦大和の主砲の射程が 40 km なんだけど、空母の攻撃範囲はその何倍もある。わざわざ危険を犯して敵艦の射程圏内に入るくらいなら、遠方から飛行機で攻めたほうが被害が少ない。あ、これは史実の話ね。WoWS でもそうだったら、ゲームにならなくなっちゃうから!

 

実際に歴史上で空母同士が初めて戦ったのは、日米の珊瑚海海戦。日本の「翔鶴」と「瑞鶴」、アメリカの「ヨークタウン」と「レキシントン」が参戦。翔鶴とレキシントンは WoWS にも登場するので、使ってる人も多いんじゃないかな?両軍とも空母機動艦隊同士の戦いははじめてだから、動き方も変だし、間違いだらけだった。WoWS で初めて空母を手に入れたプレイヤーも、みんな初戦は戸惑うから同じような感じだろうね。初めて空母をゲットしたプレイヤーは、翔鶴とレキシントンの艦長の気持ちを仮想体験してくれ!

 


 

■ ぷかぷか艦隊が考えた「最強の軍艦」に宮永さんが物申す!

uwh01t1.jpg

 

山本かもめ率いる「ぷかぷか艦隊」が、WoWS に実装してほしい「最強の軍艦」を考案。設計図(イラスト)を持って宮永アドバイザーに意見を聞いてきた。宮永さん、どうでしょうか!?

 

宮永: ハハハハ! ロシアの航空巡洋艦で、似たような軍艦があるよ。こういった艦は、みんな考えるんだけど、実際には活躍できないんだ。え~っと、なにから話せばいいかな? ひとつずつダメ出しするぜ。

 

まず、主砲と飛行甲板がついてる船はナンセンス。主砲を撃つのと飛行機を操作するのは、司令系統がまったく別なので艦長が大混乱する。この「盛杉」みたいな船を無理やりにでも運用するとしたら、艦長をトップにして、航空専門と主砲専門の指揮官を用意することになる。そしておそらく、この2人はとても仲が悪くなる。

主砲と甲板がこんな近くにあるので、同じタイミングで使えるのはどちらかひとつ。つまり飛行機を優先しているときは主砲は撃てず、主砲を撃とうとしているときは飛行機は飛ばせない。常にどちらかがムダになってしまって、用意した戦力の半分しか発揮できない、とてもザンネンな船だね。1隻にかけた費用に見合わない活躍しかできないってわけ。

実際に現在アメリカにある 10 万トン級の原子力空母でさえ、ミサイルを積んでない。あれだけ大きなプラットフォームだから、「対艦ミサイルくらい積んだらいいじゃん?」と思うけど、飛行機を飛ばすのと敵艦を攻撃するのはまったくオペレーションが違うんだ。もしもミサイルを搭載してスムーズに運用したいんだったら、指揮系統を構築するために、何百人ものスタッフを追加しなければならない。これではムダが多すぎる。

 

そしてもっと大きな問題なのが、軍艦のアップデート。艦はだいたい作ってから 25 年は運用するんだけど、数年に一度ドッグに入れて改修を行う。戦艦なら戦艦のアップデートだけをすればいいけど、空母の機能もついていたら空母のアップデートも必要。となると、ほぼ毎年ドッグに入っていて、なかなか出て来られない軍艦になっちゃう。大金かけて作った軍艦なのに、運用できるのは数年に一度、そんな軍艦はいらないでしょ?

あと、「盛杉」の説明に「駆逐艦のスピード」と書いてあるけど、コレも大問題。この大型の艦を駆逐艦並みのスピードを出させる主機をつけるとなると、うーんどうしようかな?

 

ひとつ例を出そう。一般的な空母は 30 ノットくらいだけど、空母「翔鶴」と「瑞鶴」は 34 ノット出せる。約 4 ノット速いんだ。「1 ノット=約 1.85 km/h」なので、4 ノットは約 8 km/h。だいたい自転車をゆっくり走るくらいかな? 普通の空母よりも、たった自転車のスピード分速くするために、翔鶴と瑞鶴は 16 万馬力という恐ろしいエンジンを積んでいるんだ。16 万馬力がどれくらいかわからない? 戦艦「大和」が 15 万馬力だよ! 翔鶴と瑞鶴は、あんなツルツル(ダジャレ)の形をした艦なのに、なんと大和より出力が大きい!! そこまでした艦で、やっと 34 ノット出せる。

ということをふまえて、この「盛杉」は「駆逐艦並みの速度」ということは、約 36 ノットくらい出せるということだよね? それにはおそらく 40 万馬力くらい必要だと思う。主機のパワーを上げるには缶を増やすしかないので、船体もどんどんデカくなる。艦が大きくなると抵抗も増すので、またまた遅くなってしまう。

策を練ろう・・・・抵抗を減らすには喫水を減らして海面を滑るようなデザインにすればよい? これもまた問題があって、喫水が浅いとバランスがとれなくなり、主砲を発射すると艦がひっくり返ってしまう。それなら「装甲を外して船体を軽くする」という選択肢もあるが、そうすると今度は船体の強度が足りなくて、軍艦として使いものにならない。

 

軍艦というのは、絶妙なバランスで上手くできてるんだよね。ということで、結論!

軍艦は「主砲も航空機もどちらも使えればよい」というワケにはいかない

艦艇は機能に特化したほうが効率がよい。万能軍艦の限界は、おそらく巡洋艦くらいが限度だろうね。WoWS で「なんでもやってみたい」と思っている諸君は、巡洋艦を選んでください!

 

frrRPAo.jpg

ぷかぷか艦隊は毎週金曜日最新話を公開します!来週もお楽しみに!

 


 

関連リンク

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×