Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

台湾駆逐艦洛陽、DD-14 "Lo Yang" 登場!

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

艦長の皆さん!

 

World of Warships に新しいプレミアム艦が間もなく登場!

初の中華民国海軍艦艇、DD-14 “Lo Yang” (洛陽) が1月末にプレミアムショップに登場、海を制覇しにやって来ます!

 

I0PRIMF.jpg

 

駆逐艦 洛陽、DD-14 Lo Yang の物語

World of Warships に登場するすべての船には物語があります。一つの海軍の元生涯を過ごす艦艇もあれば、複数の旗のもとに戦い、異なる戦場で戦果を収めたものもあります。

「洛陽 (Lo Yang)」 の名与えられた艦艇は中華民国 (台湾) 海軍の歴史上 2 隻あります。そのうち1隻がもう間もなく World of Warships に登場します。

洛陽は元々アメリカの初代海軍作戦部長、ウィリアム・シェパード・ベンソン提督の名を冠する駆逐艦ベンソン (DD-421) としてマサチューセッツ州のクインシーのベスレヘム造船フォアリバー造船所で1938年5月16日に起工、1939年11月15日に進水、1940年7月25日就役しました。

ベンソン級はシムス級の改良型で、新しい煙突と分離シフト配置の機関を搭載しました。複数の主機・主缶を離して配置し、一回の被雷による動力の完全喪失のリスクを減らしました。ベンソン級の排水量は基準1,620トン、満載2,575トンで全長は103.9メートル、全幅は11メートルでした。バブコック・アンド・ウィルコックスボイラー4缶とジェネラル・エレクトリック式SRギアード・タービン2基を搭載し、50,000軸馬力を出せました。最大速力37.5ノットで、14ノット巡航時は6,000海里を航行できました。主砲に5インチ両用砲、対空砲として.50口径機関銃6機、533mm魚雷を10門、そして爆雷投下軌条を2つ装備していました。

第二次世界大戦ではUSSベンソンは主に大西洋や地中海での任務に就き、船団護衛そしてシチリア島や南フランスなどの上陸作戦にも参加しました。1945年4月に太平洋戦線へ転属され、6月にウェーク島の攻撃に参加したアメリカ空母の護衛を行いました。第二次世界大戦中の活躍によりベンソンは4つの従軍星章を受章しました。

第二次世界大戦後の1946年3月18日にベンソンは米海軍を退役し、1954年2月26日にチャールズタウン海軍工廠で中華民国海軍に引き渡され、洛陽 (DD-14) という名前を与えられます。この時期、洛陽には40mm連装機関砲が2機、そしてK型爆雷投射機が4機追加されていました。その後の改装でヘッジホッグ対潜迫撃砲や6機の Mk 32 短魚雷発射管が追加されました。中華民国海軍は洛陽を入手したことで、はじめてアメリカ海軍の駆逐艦、そして砲塔付きの5インチ砲を得ることができました。

 

lur0KXP.jpg j2fDKoS.jpg

 

JhqNTjA.jpg 31nGfOb.jpg

駆逐艦 洛陽 (DD-14) Lo Yang (写真: 国家文化資料庫)

 

中華民国海軍に引き渡された後に洛陽は何度か艦砲射撃を行いました。1958年8月に蒋介石が乗艦する海軍旗艦に指定され、金門島と馬祖島の視察を行いました。金門砲戦にはパトロールや護衛任務にも就きました。洛陽はアメリカの第7艦隊との合同演習にも参加しており、その時の中華民国海軍の練度の高さが評価されています。中華民国海軍はその後アレン・M・サムナー級を購入し、素晴らしい実績を残した初代洛陽は1974年11月1日に退役を迎えます。

今後さらなるニュースを公開していきますので、ポータルサイトを常にチェックしましょう!

 

Action stations!

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×