Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Bellsephone

Tier9-10のCVに関しての問題点と修正案。

12 comments in this topic

Recommended Posts

Beta Tester
43 posts
3,222 battles

 

標題の件の問題点と修正案について提案したいと思います。

 

 

まず、日米共にTier9以上にあがった場合、雷撃機が1中隊ずつ増加する航空管制が追加されます。

その結果、EssexやMidwayに関してはLexingtionに比べてプレイヤーの平均ダメージ約2倍ほど増加しています。

TaihoやHakuryuに関しては、米CV程ではありませんがShokakuに比べプレイヤーの平均ダメージが約1.5倍ほど増加しています。

※プレイヤーの平均ダメージは以下の外部有志サイトから引用させていただいています。

http://maplesyrup.sweet.coocan.jp/wows/ranking/20151219/asia_week/average_ship.html

 

 

0.5.2になり、全滅による整備時間のペナルティの増加で多少は緩和されるとは思いますが、それでもなお雷撃機が1中隊多いという状態には変わりありません。

 

 

また、Tier9以上のCVからは「攻撃機の生存性+15%UP」のアップグレードが使用できます。結果的に、対空砲では非常に落ちにくく、かつ数も多いという状態になっております。

また機体の速度自体も早いため、対空砲にさらされる時間が少ない。

 

 

そこで、修正案として

EssexとMidwayに関しては、雷撃機2中隊の瞬間ダメージを抑えるため戦闘機に変更し、米国らしさを出すか、爆撃機に変更して攻撃力を抑えつつも確実にダメージを出せる構成に変更する。

 

 

Essex&Midway

現航空管制:戦闘機1、雷撃機2、爆撃機2

 

 

新航空管制案1:戦闘機2、雷撃機1、爆撃機2(Essex限定)

新航空管制案2:戦闘機1、雷撃機1、爆撃機3

 

 

TaihoとHakuryuに関しては、雷撃機3中隊の高速回転力によりCAの対空スキルが意味を為していないので、雷撃機1中隊を爆撃機1中隊に変更する。

 

 

Taiho

現航空管制:戦闘機2、雷撃機3、爆撃機2

 

 

新航空管制案:戦闘機2、雷撃機2、爆撃機3

 

 

Hakuryu

現航空管制:戦闘機2、雷撃機3、爆撃機3

 

 

新航空管制案:戦闘機2、雷撃機2、爆撃機4

 

 

以上になります。

よろしくお願いします。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
134 posts
4,697 battles

提案の意図が見えにくいですね、私も空母の本格的な運用はしてませんが

米空母の雷撃火力を半分低下させるのはさすがに不公平だと感じます

それに中隊数の低下は攻撃力だけではなく、戦術の選択肢も狭くなってしまうでしょう

その提案では制空編成で戦闘機3~4中隊を有する、日本空母のほうが結果的に大きく有利に見えます

 

それにあなたもいってたように、その問題点の解決法は単に

CAの対空スキルを使用回数と準備時間の強化、日本雷撃機の速力低下や整備時間延長をし、米雷撃機単機のHP修正すればいいのでは?

これならほぼ今までの使用感覚で使えて、編成を変えるより、空母プレイヤーたちにいい提案では?

 

ですが、空母あまりやってない私でも、個人的に上方微調整はありでも、あらゆる空母の弱体化は反対です

空母の存在や立ち位置はこのゲームで非常に大きいな要素であり、戦場でのその重要性は

WOWSにただの殴り合いではなく、戦術的な意味を与えてると思います

Edited by ayahina

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
43 posts
3,222 battles

>ayahinaさん

 

>提案の意図が見えにくいですね

これに関してですが、

>まず、日米共にTier9以上にあがった場合、雷撃機が1中隊ずつ増加する航空管制が追加されます。

>その結果、EssexやMidwayに関してはLexingtionに比べてプレイヤーの平均ダメージ約2倍ほど増加しています。

>TaihoやHakuryuに関しては、米CV程ではありませんがShokakuに比べプレイヤーの平均ダメージが約1.5倍ほど増加しています。

ここにしっかりと明記されてると思われるのですが…。

ダメージの平均値が他の艦船に比べて異常なくらい跳ね上がってるんです。

 

>米空母の雷撃火力を半分低下させるのはさすがに不公平だと感じます

元々、米CVには2中隊雷撃機が存在しました。ですが、日CVの実装と共にTier4-8の米CVから雷撃機が取り払われました。(Tier9-10はそのまま)

その後、1中隊しか雷撃機がない米CVのみ魚雷ダメージ強化と爆撃ダメージ強化が行われました。

結果的に、雷撃機2中隊(+爆撃機2中隊)を擁するTier9-10の攻撃力が異常なほど跳ね上がってる現状が生まれています。

 

>それに中隊数の低下は攻撃力だけではなく、戦術の選択肢も狭くなってしまうでしょう

そうでしょうか?私はそうは思いませんが。

 

>それにあなたもいってたように、その問題点の解決法は単に

>CAの対空スキルを使用回数と準備時間の強化、日本雷撃機の速力低下や整備時間延長をし、米雷撃機単機のHP修正すればいいのでは?

>これならほぼ今までの使用感覚で使えて、編成を変えるより、空母プレイヤーたちにいい提案では?

これを行うと、Tier4-10全てのCVに対して効果が及んでしまいます。

現仕様でオーバースペックと思われるのはTier9-10に限られるので、それ以下のCVには影響を及ぼしたくないためです。

Edited by Bellsephone

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
43 posts
3,222 battles

Tier8-10のTBの本体から20km地点までの到達時間 参考用資料

速度アップのアップグレードモジュールは無しで考える。

直進で旋回とは行わない場合の時間である。

速度に対しての距離進行度がまったく当てにならないため、

ストップウォッチで直接計測しました。

 

 

Lexingtion 113kt 125sec
Essex 132kt 107sec
Midway 152kt 93sec
Shokaku 133kt 106sec
Taiho 140kt 101sec
Hakuryu 156kt 91sec

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
134 posts
4,697 battles

ティア9からの大幅強化、ティア10でのチート化はどのツリーでも言えることでは?

それに今のマッチングシステムはよっほどの事がない限り、格差ある空母マッチはないです

例え9と10がどれほど強くても、7か8でマッチしたときは必ず協力できる同じティアの味方空母がいる

ですのでなにが問題なのかが見えないです

 

それと意図とは言葉の裏にあるものであって、表面上のものをではありません

「そうでしょうか?私はそうは思いませんが。」

その発言には特に興味があります、1中隊だとクロス雷撃や、初弾誘導ができない上に、

たった戦闘機1~2隊でほぼ無力化されるのは明らかなのに、ティア10の戦闘で簡単に「思いません」って済ませていいでしょうか?

WGの米空母はずっと1隊だけだから、9と10は2隊にして強化と共に戦術幅をひろげたのでは?

 

そして

「現仕様でオーバースペックと思われるのはTier9-10に限られるので、それ以下のCVには影響を及ぼしたくないためです。」

そこをティア9~10に限定するなら、あなたは私の「仮設提案」で納得できますか?意図を知るためにそこがしりたいです

 

でも2度いいますが、これ以上空母の弱体化はWOWSのゲームで特有の味を損なわれてしまいそうなので

私自身が言った「仮設提案」も含めて如何なる提案、どんなティアの空母での下方修正も反対の立場です、空母あんましやってないけど!

Edited by ayahina

Share this post


Link to post
Share on other sites
[VOR]
Beta Tester
4 posts
13,479 battles

現時点で私はこの提案に反対です。


 

現時点で、としたのはBellsephoneさんが何を問題としてこの提案をしたのか不明瞭だからです。


 

 

 

>まず、日米共にTier9以上にあがった場合、雷撃機が1中隊ずつ増加する航空管制が追加されます。

>その結果、EssexやMidwayに関してはLexingtionに比べてプレイヤーの平均ダメージ約2倍ほど増加しています。

>TaihoやHakuryuに関しては、米CV程ではありませんがShokakuに比べプレイヤーの平均ダメージが約1.5倍ほど増加しています。

 

 


 

これが理由であるとしていますが、確かにLexingtionからEssexで2倍弱平均ダメージが増加したというのは大きく両艦の性能差はかなり大きなものであると思います。

しかし、Tierが上がれば平均ダメージが増加することは当たり前のことではないでしょうか。


 

このゲームはTierが上がるごとに強力な艦を使用できます。

空母もTierが上がるごとに、より速く、より落ちにくい航空機を使用でき、母艦もより多くの搭載機数と中隊数を操れ、強力なアップグレードを装備できるようになります。


 

そしてそれは空母だけに限ったことではなく巡洋艦は修理班の使用が可能となり大幅に継戦能力が強化されます。

戦艦も対空砲が増強され、HPも上昇、それに伴い毎秒最大HPの0.5%(大和のみ0.75%)を回復する修理班の効果は上昇します。

またその修理班は先のアップデートで使用回数が増加しました。


 

このように周囲の艦の能力も急上昇しているため、それに合わせて空母の雷撃機中隊が増えるべきです。

そのため雷撃機中隊が増えたEssexとLexingtionの平均ダメージ差は許容できると考えます。

Tier8-10の平均ダメージ差については蔵王、島風の2倍以上を筆頭に大体どの艦も少なくとも1.5倍の差が付いてるのでここでは割愛してLexingtionとEssexの攻撃差を中心に取り上げました。


 

もし仮に提案された編成を実装した場合、日本空母は制空編成に、アメリカ空母はバランス編成になり制空権争いしか仕事がなく、それでは空母を使う意味があるのか疑問です。

また、攻撃機の減少に伴いアメリカ艦全般、特にアメリカ巡洋艦の対空砲火が強いという利点が意味をなさなくなるのではないでしょうか?


 

これは私の考えですがTier9、Tier10の空母の任務はその瞬間火力で敵艦を確実に屠り隻数差を作ることだと考えています。

HP満タンの戦艦などは沈められませんが、ある程度HPが減っている戦艦や油断している巡洋艦ならば十分です。

 

HPを削るプレイングの場合、瞬間的に大ダメージを与えても修理班で魚雷ダメージは50%、炎上と浸水は100%回復するので戦局に与える影響が低いと考えているからです。

もちろん敵駆逐艦のスポットや索敵もできる限り行いますが…。


 

それと2つ質問があるのですが

第一に

>新航空管制案1:戦闘機2、雷撃機1、爆撃機2(Essex限定)

とありますが、これがEssex限定ならばMidwayは管制案2ということでしょうか。

 


 

第二に

>TaihoとHakuryuに関しては、雷撃機3中隊の高速回転力によりCAの対空スキルが意味を為していないので、雷撃機1中隊を爆撃機1中隊に変更する。

とありますが、高速回転力とは攻撃後再出撃してから到達する時間が対空防御砲火スキルのクールタイムより短いという意味でしょうか。


 

 

最後にフォーラム初投稿で勝手があまりわからないので何かミスがあれば指摘していただけると助かります。

長文失礼しました

Edited by Veritas_Vincit

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
43 posts
3,222 battles

ご意見ありがとうございます。

 

平均ダメージは例として出しましたが、

現Tier9-10のCV戦の場合、何らかの攻撃により片側のCVが開幕から序盤にかけて撃沈すると

それ以降、残った敵側、または味方側のCVが次々敵艦船(主に主力艦を)を撃沈させていくという光景が良く見られます。

これはCAが対空防御についていてもです。

全員で文字通り団子になれば防御可能ですが、それはそれでまた別の問題が浮上してきます。

あまりにも影響力が強すぎるというのが正直なところですね。

 

Tier8以下では、余程の事がない限りそれは見られません。

EssexやMidwayに関しては、HP満タンのTier8-9の戦艦を1アプローチで撃沈できるスペックすら持ち合わせております。

(もちろん、HakuryuやTaihoも可能です。)

Tier8以下で格下のBBを満タンから落とそうとする場合、技術もそうですが相当の運が要求されます。

 

急激にnerfさせろとは言いませんが、あきらかに異常な光景です。

Tier8以下ではあまり見られません。

 

最終的に、どのような修正になるかはわかりませんが、

片側のCVが落ちた時点で試合の流れが決まるという事にならないレベルまで影響力を落としたいというのが目的です。

 

>>新航空管制案1:戦闘機2、雷撃機1、爆撃機2(Essex限定)

>とありますが、これがEssex限定ならばMidwayは管制案2ということでしょうか。

書き込んでる最終に、Midwayには素でこの編成があったなって思い出してこうなりました。

 

>第二に

>>TaihoとHakuryuに関しては、雷撃機3中隊の高速回転力によりCAの対空スキルが意味を為していないので、雷撃機1中隊を爆撃機1中隊に変更する。

>とありますが、高速回転力とは攻撃後再出撃してから到達する時間が対空防御砲火スキルのクールタイムより短いという意味でしょうか。

そうですね。

いつだったか良く覚えておりませんが、CAの防御砲火スキルのクールダウン時間が増加したせいで、全然間に合わなくなってますね。

 

Edited by Bellsephone

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
209 posts
9,321 battles

EssexとMidwayについてですが、数値上どうなのか、というのはこの際あまり意味は無いと思います。

(もちろん、実際に数値もぶっ飛んでいるのですが…)

これは、「現実のゲームにおいてどうなっているか」が重要であるという意味です。

 

現実問題として、特にT9・T10米空のいる戦いにおいては序盤の空母同士の刺し合いでゲームが決まってしまう事が多く、「ハズレ」を引いた水上艦側からすると何も面白く無いゲームとなってしまいます

空母2のマッチにおいてはこの傾向が特に強く、事実上防空艦が専属で空母に付く事が必須ですが、その行動に対する見返りはほぼ無いに等しく、上記のような状態にならない為という非常にネガティブな動機での護衛となっています。

ましてや護衛する側からしてみれば、雷爆編成の、いわば「自分で敵を倒してスコアを得たい」空母の為の奉仕作業でしか無い訳で、制空編成にしていれば本来は必要が無い護衛を「否応なく事実上強制されている」状態に他なりません。

この状況は、実質的に「雷爆編成で攻撃を行う側が、防御側に対して有利」なゲームバランスになっている事が拍車をかけています

 

自分としては、単純に火力を落とすといった事での対処ではなく、「瞬間火力の低下」と「防御側有利となるバランスへの調整」が必須だと思っています。

※話は逸れますが、この「瞬間火力」の問題は空母のみならず例えば駆逐の魚雷等にも言える話です。

前者については、瞬間火力の低下を図ると共に、リロード速度の向上等によって総火力自体は維持するなど(それでも、EssexとMidwayについては総火力自体の低下が必須だと思いますが)。

後者は、あまりにも航空機に対する索敵能力が低すぎる事が根本の原因であると思いますので、これの大幅な改善が必要です(航空機の視認距離が短すぎて、全域どころか局所すらカバーが難しい状況なので)。

 

私としては、総合的な能力として「空母が強い」状況は、ほぼ必須であると思っています。

これは、他の水上艦に対して何かしらのアドバンテージが無ければ、そもそも存在意義が無いと考えるからです。

ただし、こと火力面での価値を求める事には反対です。

特に「瞬間火力」については、相当マイルドにする必要があると思います。

その代わりに手数を増やす事で、継続的に戦場に影響し続けられるようにすべきであると考えます。

また、そもそも現状でも空母の価値は火力以外に索敵面での価値が非常に大きく(だからこそ、空母が減って駆逐ゲーになってしまっています…)、「提供できる火力の流動性」もまた価値の一つであると思います。

そうした点で、スコア取得における火力への傾倒を大きく減らすと共に、新たに索敵へのスコア付与と制空への大幅な評価の改善を求めたいです。

 

 

まとめると、下記の通り。

  1. 特に高Tier空母における、瞬間火力の大幅な低下
  2. 引き換えに、艦載機の移動速度・補給速度の大幅な上昇(これは、対空砲からの被害を削減し、総火力を一定水準に維持するという意味もある)
  3. 水上艦から・航空機から共に、航空機の発見距離の大幅な増加(それこそ、Map半分から3分の1程度は常時発見されている状態であるべき。今の発見距離は、現実的に考えても異様に短い)
  4. 航空索敵へのスコア付与
  5. 航空機撃墜へのスコア付与量増加

 

 

現状の高Tier駆逐による魚雷ゲー等にも言える事ですが、瞬間火力が高すぎてワンチャン即死ゲー過ぎるのがゲームとして面白くない、というのが趣旨です。

また、それに対する現実的な対抗手段がない(もしくは、対抗手段は有ってもそれを行う事にネガティブな動機しかない)というのが、過去に空母のバランスについて多くのnerfを求める意見が出ている根本的な理由であると思います。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
43 posts
3,222 battles

ご意見ありがとうございます。

 

私の初期案自体はたたき台レベルとして出したものなのでこれじゃなきゃダメだ!

ってわけでもないです。

 

178usagiさんが言ってる事が大体正解です。

 

ただ、なるべく調整を入れるなら、現状環境がかなり厳しくなっているTier8以下のCVに影響が出ない

Tier9-10だけピンポイントで入れて欲しいというのが本音です。

これ以上、弱くなるとTier8のCV戦は始まらなくなる可能性が出てくるので。

 

制空編成の件に関しては、このトピックの主目的からズレるため

回答を控えさせていただきます。

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
0
[GOCAP]
Member
2 posts
4,597 battles

自分も178usagiさんの意見に賛成ですが

仮に防空艦がつかなくとも双方空母が残っていればtier8以下のマッチングと同様になるのではないのか

と思うので双方の空母の対空火力の大幅な増強(例えばEssexの秒間ダメージを2,3倍にとか)を行えばいいのではないでしょうか

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
43 posts
3,222 battles

ご意見ありがとうございます。

 

雷撃機が1中隊減って攻撃力が落ちてしまう件ですが、

現状ではTier6から航空魚雷は変更なしです。

それを、Tier9-10専用の航空魚雷を追加して攻撃力を増加させるというのも良いと思います。

 

 

 

Edited by Bellsephone

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
4,332 posts
235 battles

プレイヤーの皆さま

 

ご投稿ありがとうございます。
Tier 9 - 10 の CV に関するフィードバック及びご提案につきまして、

開発チームへお送りさせていただきます。

 
尚、フィードバックいただいた内容の進捗状況につきましては、
正式にポータル及びフォーラム等にて告知させていただくまで、
ご案内することはできませんので、予めご理解ご了承くださいますようお願いいたします。

 

よろしくお願いいたします。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×