Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
Ladygrey

アップデート 0.5.1 AP弾の仕様変更に関するお知らせ

1 comment in this topic

Recommended Posts

Member
4,332 posts
235 battles

艦長の皆さん

 

アップデート 0.5.1により徹甲 (AP) 弾のダメージモデルに関する変更が実装されました。この件に関して現在多くの方から意見を頂いており、詳しい説明が必要だと判断致しました。

 

アップデート 0.5.1 のパッチノートには以下の一文があります。

艦艇
主な変更点:

  • 砲弾が装甲の接合部に命中した際に跳弾しやすくなりました。

 

World of Warships では艦艇のダメージモデルは複数の区画に分けられています。もっとも重要で、もっとも装甲が厚い部分が防郭 (Citadel) です。船体のすべての装甲にはある程度の厚さが必要なのですが、ゲームシステム上ダメージモデルを正常に働かせるための0 mm のダミー装甲が設定されている場合もあります。

 

a6a814cc-8838-11e5-ab17-000c2994974d.jpg

 

単純化された図で見られるように、防郭の外側には (青で表示されている) ダミー装甲と (オレンジで表示されている) 実際の防郭装甲の2 つの装甲判定があります。ダミー装甲 0 mm に設定されており、艦艇の生存性には影響がありません。

 

アップデート 0.5.1 以前はこれらの装甲の接合部で AP 弾がはじき返された場合、防郭を貫通したと判定される不具合がありました。

 

a774dd9a-8838-11e5-ab17-000c2994974d.jpg

 

上記の図では AP 弾はケースメートの装甲を貫通し、装甲甲板まで達しますが、急な角度で装甲に当たったため跳弾し上部ケースメート隔壁内で爆発します。

この場合ダメージを受けるのはケースメートだけのはずなのですが、不具合により防郭にダメージが入ってしまっていました。

 

見ての通り内部装甲を無意味にしてしまう重大な不具合であったため、問題が発覚したのちにすぐに修正対応を行いアップデート 0.5.1 で実装いたしました。

残念ながら、まだ事態の完全な解決まで至っておらず:

  1. 想定していた以上に大きな影響が出てしまいました。
  2. 修正対応によりダメージモデルに別の問題が発生している可能性があり、現在あらゆる事態を想定してAP 弾の挙動の確認を行っています。

 

これらの問題により現在のゲーム内の状況が発生しています。防郭へダメージを与えることが非常に困難になり、多くの艦艇の生存性が上昇し、ゲームバランスが大きく変わってしまいました。

 

アップデート 0.5.1 により大きな問題が一つ解決されましたが、問題による副作用が無いかどうかダメージモデル全体を検証し、皆さんが安心して楽しくプレイできる環境を取り戻すことが急務となっています。

 

このたびの変更は、皆さんのゲームプレイをより良くするために実装したものですが、結果として皆さんに不快な思いをさせてしまいました。大きな仕様変更を突然実装してしまったことをお詫び申し上げます。

現在ダメージモデルのチェックおよび修正を急ピッチで進めております。いましばらくお待ち頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

進捗状況などに関しましては、近日中に再度報告させていただきますので、よろしくお願い致します。

 

Cheers!

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×