Jump to content
Sign in to follow this  
You need to play a total of 10 battles to post in this section.
shoshinwasurubekarazu

海水温や塩分濃度によって喫水高さなどが変わるようにしてください

8 comments in this topic

Recommended Posts

Member
3 posts
236 battles

現実世界の船は海水温や塩分濃度で喫水高さが大きく変わりますから、それを取り入れてください

マップに死海(塩分濃度は飽和で密度が最大)、海水、汽水湖(海水と淡水が入り混じる、大河の河口でも良いです、日本では宍道湖や浜名湖などです)、淡水(川とか湖とかですね、日本では琵琶湖や芦ノ湖や中禅寺湖などです)

海水温も熱帯から極地まで様々な温度設定してください

喫水高が高くなれば被発見距離が長くなり遠くからでも発見されやすくなりますが、魚雷はそもそも命中せず船底の下を通り抜けてしまう設定にしてください、駆逐艦や魚雷を発射できる巡洋艦などは魚雷封印の代わりに砲撃を恐ろしいほど強化して欲しいです

喫水高が低くなれば被発見距離が短くなり近づかないと発見できません、魚雷の命中率が高くなります

 

あと、極地は流氷を用意し、衝突してもダメージは食らわないけど速度が大幅低下する設定にし、砲撃を少し防げる遮蔽物(戦車のWOTの家と同じく砲撃で破壊される、流氷への命中も命中弾として命中率にカウントしクレジットや経験値をくれるとなお良いです)

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
649 posts
306 battles

海水温・塩分濃度を考慮するならば、大気圧・気温・湿度も考慮してください。

マップによって海水だったり淡水だったりするのならば、マップによって緯度も変化させてください。(地域が違うのですから)

 

そうなると、コリオリ力やポアソン効果・マグナス効果による弾道偏差も影響を受けることになり、現在の一律の着弾散布

や弾道描画とは異なりマップ毎、欲を言えば(夜戦も導入される予定だそうですから)昼夜による温度差も影響して

射撃諸元が変動すれば、照準の偏差量も微妙に変わることになり、よりリアルなゲームとなるでしょう。

 

そもそも、東西南北どちらに発射するか、自艦がマップのどのマスにいるか(緯度が変化する)によっても弾道偏差は

異なるので、そこもきちんと計算していただけるとなお良いです。

 

そういえば別の要望で「海流を導入してほしい」というものも過去にありました。そうなると、魚雷も海流の影響を受ける

はずですね。どこにどんな海流が流れているかの情報はプレイヤーに伏せておき、経験から把握させるようにすれば

プレイヤーの修練で魚雷の命中率を上げていくことも可能ですね。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
288 posts

 

面白そうだったので調べてみました。

三段論法的な考察なので、飽くまでも参考程度に…。

 

妙高型重巡洋艦:排水量14,984トン、吃水6.37m(Wikiから)

 

載貨重量トン数 DWT(トン)が、5,000トンの貨物船とタンカーが、それぞれ満載喫水 d(m)が、6.4m。

妙高の吃水に近い船(誤差3cm)という事で…。

(ttp://www.mlit.go.jp/common/000206874.pdfから)

 

下記pdfのP27の画像、喫水6.6mの船の満載喫水線標及び満載喫水線円環から読み取ると、

妙高の吃水に近い船(誤差23cm、ただしここの誤差は今回の考察にはあまり影響しない)という事で…。

(ttp://www.gard.no/Content/20735297/27_Load_lines_jp.pdfから)

S 海水での夏期の最深許容喫水(基準)に対し、F 淡水での夏期の最深許容喫水 との差は約+15cm

F 淡水での夏期の最深許容喫水と、T 海水での熱帯の最深許容喫水は、同じ高さ(差異0cm)

S 海水での夏期の最深許容喫水(基準)に対し、W 海水での冬期の最深許容喫水 との差は約-15cm

S 海水での夏期の最深許容喫水(基準)に対し、WNA 海水での冬期北大西洋の最深許容喫水 との差は約-20cm

となり、約1万5千トンの妙高型重巡洋艦(吃水約6.4m)でさえ、海水温や海水(塩分濃度3.4~3.5)と淡水の違いによる差は、15cm(画像には無いがTF 淡水で熱帯なら最大+30cm、-20cmに収まる様です。船によっても多少誤差はありますが、載貨重量トン数11万トンの貨物船でも載貨重量トン数5,000トンの貨物船の+15cmが+23cm位になる位の差の様ですので、残念ながら…「魚雷はそもそも命中せず船底の下を通り抜けてしまう設定にしてください」という要望には無理が有る様です。なお、軽巡や駆逐艦は、重巡より排水量が小さいので、この重巡での15cmが、(推定ですが)9cmとか5cmとか付近になると思います。

 

海戦があり得る海の中で一番塩分濃度の高い紅海でさえ、3.6~3.8%(海水の平均塩分濃度との最大差0.3%)ですので、夏季の海水(3.5%)と淡水(0%)の塩分濃度差から受ける差の15cmより充分小さい(1~2cmほど?)と思われます。

 

100歩譲って、仮に喫水が「魚雷はそもそも命中せず船底の下を通り抜けてしまう設定」を受けるほど影響する塩分濃度としたとしても、恩恵を受けれるのは…当時の日本魚雷の誤作動して自爆する深度3mより、喫水が浅くなってくれるかもしれない軽巡と駆逐艦くらいですね…。駆逐艦より軽巡は、若干転覆しやすくなる危険性は増します…。更に、重巡や戦艦で喫水を3m以下にすると敵の攻撃を受ける以前に、トップヘビーとなり、最大速度で旋回しただけで転覆するかもしれません^^

 

死海相当の塩分濃度約30%の海での海戦でも通常海域用の艦にウェイト(おもり(海水注水とか))を積んで、喫水高さ調整対応するか、塩分濃度30%の海専用の艦の設計になるでしょうから、「魚雷はそもそも命中せず船底の下を通り抜けてしまう」という戦艦や重巡は上記の仮定の様に最低限必要な喫水高さ(転覆しない様に重心を下げる必要性)がある為、難しいと思われます。

 

課金アイテム「海流マップ」 魚雷照準時に、その位置毎に自動で海流補正をしたガイドラインを映し出す…。ですね…分かります。

 

P.S. WG社のニコ生のWoWs放送でのロシア海軍やロシア駆逐艦の解説で言われてましたが…黒海とか内洋用の艦と、外洋用(冬季北大西洋など激しく荒れる海でも運用可能)の艦が混在しているのですが… それは… ゲームだから不問でいいですよね? お、大らかさも必要だし…(震え声
(外洋の波が実装される迄は… ←おい)

 

Edited by ten_ma

Share this post


Link to post
Share on other sites
Super Tester
516 posts
5,751 battles

確かに興味深いですが、実装するのは若干難しいのではないでしょうか。。。今の駆逐艦から魚雷を奪うともうなにも残らないので。。あと、砲撃を強化しても、また新たにバランスが崩れかねないかもしれません

流氷の件については賛成です、マップの追加要素としては面白そうなので

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Moderator
1,269 posts
4,007 battles

そこまで物理的な再現をするとなると、当然復元性不足から来る転覆まで再現ですよね。波で叩かれて機能不全起こす兵装とかも。

台風化とはいえ実際に転覆しちゃってる米駆勢や外海を考慮されてない一部の小艦艇なんかは影響凄そう。

 

……ところでこれはシミュレーターなんでしたっけ……??

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
649 posts
306 battles

まぁ、リアル追及はともかく、最近ではバラケる着弾にすっかり慣れてしまいました・・・満足している訳はありませんけれど。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Beta Tester
495 posts

WOWsはリアルシュミレーションゲームではなくカジュアルゲームだから実装ハ難しいだろうね・・・・・

*雰囲気を実装なら可能性はあるが・・

Share this post


Link to post
Share on other sites
Member
288 posts

 

運営さんのエイプリルフールネタとしては使えると思いますw

 

例えば、「WoWsが遂に海水の物理モデルを全面刷新!海水温や塩分濃度で変わる喫水高さを再現!今日だけ先行で体験出来ます!」という謳い文句とかでw

 

ゲーム開始画面で、「マップ名、気候:熱帯、7月3日、快晴、コンディション:海水(塩分濃度3.5%)等」を文字表示、強制ズームアップで、自艦の喫水指標部分を映し出し、「標準喫水:6.4m」の文字表示、そして…「予め用意されている自艦の喫水線位置が6.6mになっているムービーを挟む」だけで…他は一切変更なしw 分かる人だけがニヤリと出来るネタですがw

 

まぁ、これ実際に実装されても全長200mの重巡の場合で、15cmは1/6.67m、WoWsの母港画面で全長50cmで表現された時、縮尺は1/400、その時15cmは1/2670m=0.000375m=約0.4mmで、ユーザーに体感させる方が難しいんですよねぇ…。

 

洗面器に、水、お湯、塩水(塩分濃度3.5%)を入れた各場合で、温度計付きの船を浮かべても喫水線位置の変化が、サイズエフェクトで小さすぎて分からないのと同じですね…。

 

Edited by ten_ma

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×