Jump to content

Search the Community

Showing results for tags '開発者ブログ'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • World of Warships - Asia Language Based Communities
    • English Speaking Community
    • 繁體中文討論區
    • 日本語コミュニティ
    • 한국어 커뮤니티
  • Mod Section
    • Player Modifications
  • Public Test Forums
    • English Speaking Community
    • 繁體中文討論區
    • 日本語コミュニティ
  • Locked Threads
    • Locked Threads

Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


AIM


MSN


Website URL


ICQ


Yahoo


Jabber


Skype


Location


Drag Interests

Found 3 results

  1. 開発者ブログにて公開されていたWarterlineの文章を翻訳・意訳を行いました。 素人のため間違い等ございましたら申し訳ございません、あらかじめご了承ください。 ソース:https://blog.worldofwarships.com/blog/147 発表された内容 潜水艦について イベントモードでの実装やTSTサーバーでのテストを踏まえて、これまで多くの調整を行ってきました。フィードバックを基に、たとえば戦艦や重巡洋艦への対潜装備の実装(戦闘機が指定した地点に爆雷を投下する)など様々な変更を加えました。 今後の流れとして、もう1度TSTサーバーでのテストを行い、そのテストを踏まえてPTサーバーにてテストする予定です。 昨年のテストでは想定より少ないデータしか取れなかったため、現状から潜水艦という新しい艦種を導入することは困難を極めます。今回行う予定の2つのテストが上手くいった場合、ライブサーバーにて潜水艦を交えたランク戦スペシャルシーズンを開催する予定です。ランク戦は多くのプレイヤーが参加しているモードのため、十分なデータを得ることが出来るでしょう。ここで得られるデータが他の戦闘モードでも潜水艦を実装できる準備の一助になることを願っています。 現在予定している潜水艦の調整 潜航するために必要なバッテリーの総量は決められており、基本的に補充することはできません。バッテリーの持続時間は国家やTierで決め、潜航時間は1試合当たり5~11分です。 被発見状態の場合、バッテリーの消耗が速くなります。 バッテリーが無くなると潜航できなくなります。 潜水艦の被発見距離が深度によって短くなるようになりました。 多くのマップに水面下のモデリングをしました(マップ”隣接勢力”など)。 駆逐艦による潜水艦発見のための仕様(ハイドロフォン)を削除しました。 潜水艦専用の艦長スキルを実装します。合わせて、他艦種の艦長スキルに対潜水艦のスキルを実装します。この変更を行う際には無料のスキルリセットを提供します。 潜水艦用の新しい魚雷兵装を実装予定です。性能は後日公開します。 超戦艦について この夏、超戦艦を用いたイベントモードを実装予定です。 このイベントでは2隻の超戦艦を入手できます。 薩摩・・・大和型をベースに510㎜連装砲4基8門を搭載します。 ハノーバー・・・”H-42”設計案をベースに483㎜連装砲4基8門を搭載し、副砲に127㎜砲を搭載します。 入手方法はTier9とTier10の艦艇で戦闘に参加することで入手できるトークンでの交換になります。 また、このイベントでは”修正射撃”というシステムを導入します。 ロックオンした艦艇ないしその付近に主砲が着弾した際に専用のゲージが溜まります。 ゲージが満タンになった時、装填時間短縮などのボーナスを得ることができます。 この効果は戦闘中に複数回発動可能です。 ゲージには持続時間があり、一定時間発砲しないとゲージがリセットされます。 このシステムの導入によってゲームがより多様で面白いものになります。 攻撃機の仕様変更 空母艦載機、その中の攻撃機について、ロケットの発射方法を変更します。 ロケットを発射する前に予め機銃掃射を行います。機銃の着弾地点にロケットが着弾する予定です。現状、機銃掃射でのダメージはありません。また、この機銃掃射の着弾地点は敵味方関係なく目視することが出来ます。 ロケット発射前に機銃掃射を挟むことで、攻撃までの時間が伸びかつ着弾地点を見てからの回避機動が取ることができ、より損害を減らせるようになります。 この変更は近いうちにテストを行います。 内容を見る限り、潜水艦の実装に対してかなり慎重であることが伺えます。 超戦艦が登場するイベントは楽しみですね。 攻撃機の仕様変更はとても気になるので早くテストで試してみたいと思いました。 みなさまはどのように感じましたか?
  2. 開発者ブログにて、次バージョンでのバランス調整の話が来ていました。 参照→https://blog.worldofwarships.com/blog/97 個人的に気になったのはハバロフスクの大口径砲過貫通と北風の隠蔽悪化ですね。 前者はこの調整でプレイヤーが増えるのかどうか、後者はどれだけ戦い辛くなるのか。 個人的な感想として、 ハバロフスクは今回調整された部分以外でも砲射程や転舵所要時間にまだまだ悩まされそうな気がします……。 対して北風は隠蔽が悪くなっても火力や機動性は変わらないので、まだまだ戦えそうな印象を受けました。 みなさまはどのように感じましたか?よければご感想お聞かせください。
  3. 先日開発者ブログで公開された、新しく追加予定の艦艇”Z44”についてです。 個人的には性能を落としすぎなように感じましたが皆さんはどのように感じましたか? 以下、自分の感想を箇条書きで記します。 ※発表された艦艇性能はこちらから確認できます。 →https://blog.worldofwarships.com/blog/65 ・主砲 単装砲5基は扱い辛く(Tier7マースの使用感から)、他艦艇のほとんどが連装砲であることから明らかに劣っている。後述の魚雷性能が高めのためバランスを取っていると考えてれば妥当。 ・魚雷 ドイツ駆逐艦の中では破格の5連装魚雷&射程12㎞で非常に強い。威力の低さを除いてもトップクラス。 ・対空火力 魚雷を主武装にする駆逐艦らしく低い。しかし、駆逐艦単独での対空戦闘が出来る艦艇は限られているためあまり気にならない。 ・機動性 ツリー艦艇と同程度であり特筆して言うことはない。 ・隠蔽性 最良で6.36㎞と非常に悪く、その値はフリースラントと同程度である。魚雷を主武装にする駆逐艦にとって隠蔽性は非常に重要な要素であるため厳しい。 ・その他 消耗品”水中調音”の剥奪は、ドイツ駆逐艦らしさを無くすことと同義である。個性を奪うのは良くない。 ・総評 主砲を弱くして魚雷を強くしたのは良いと思うが、さすがに隠蔽を悪くしすぎではないか。 また、ドイツ駆逐ツリーの特色である水中調音を剥奪するのも些かやりすぎな気がする。 魚雷の装填時間と隠蔽を調整(例えば装填時間を100秒にして隠蔽を6㎞にするなど)するか、水中調音を使わせてほしい。
×