Jump to content

Search the Community

Showing results for tags '空母'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • World of Warships - Asia Language Based Communities
    • English Speaking Community
    • 繁體中文討論區
    • 日本語コミュニティ
    • 한국어 커뮤니티
  • Mod Section
    • Player Modifications
  • Public Test Forums
    • English Speaking Community
    • 繁體中文討論區
    • 日本語コミュニティ
  • Locked Threads
    • Locked Threads

Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


AIM


MSN


Website URL


ICQ


Yahoo


Jabber


Skype


Location


Drag Interests

Found 102 results

  1. 656394867254680

    空母マッチ

    空母をなくせとはいいませんが、せめて空母は1戦に付き敵味方で各1隻にしてください! 今のwowsは敵に格上空母2隻でマッチングさせるとかマジでクソです。 プレイヤーが空母を選択するなら無理にマッチングさせずに、そのまま待たせとけばいいんですよ。 運営様、何卒ご検討お願いいたします。<(_ _)> ※私がおかしなこと書いてるなら、BAD評価してかまいません。
  2. 水上艦(戦艦)乗りの意見なので、色々とずれていると思いますが、まず御容赦下さい。 昨今、空母に関するいくつものトピックが立てられては、空母乗りとその他水上艦乗りとの間で噛み合わない意見衝突が日々繰り返されています。 (言い方を変えるなら「空母という"貴族階級"と、それ以外の"平民階級"」の争いな訳ですが…) 水上艦側の所謂「空母恐怖症」はだいたいティア4空母によって刷り込まれていると、私個人は見ています。その結果、高ティアの対空能力が高い艦船を使っても、その頃植え付けられたトラウマの影響で「空母はチート、空母死すべし」みたいな意識が醸成されているのだと思われます。 現状、WGの開発は、ユーザー目線で過剰と思える空母の性能を「正常」と見なしている訳ですが、そもそも高ティア帯はともかく、一部の戦艦を除いて対空能力がほとんど皆無な艦船が多いティア4に空母があるというのは、今の環境を考えるに事実上の「空母に対する忖度。水上艦乗りは空母のエサ」という事実を早々に植え付けているだけで、長期的にはユーザー離れを招く要因(ネット上での悪評込みで)となるのではないか?と思っています。 さて、空母単艦の能力の変更要求やらマッチングのONOFF機能要求やら色々と議論されてますが…… 私個人は「ティア4から始まる空母ツリーその物の変更」を唱えたいと思います。 これは以前、別のトピックにも意見として書いた事ですが、それだと流されてしまうみたいなので、敢えてトピックを立てる形で再表明したいと思います。 改めて記しますが、対空能力が一部の戦艦を除いてほとんど皆無なティア帯に空母がいるという一種のアンバランスさが、空母に対するトラウマを植え付けている(ついでにユーザーのプレイスタイルをも歪めている。これに関してはコントリビューターの方も問題だという認識を持っている模様)観点から、空母ツリーの開始をティア6からに変更するべきと考えております。 (それに伴い、現在空席となっている奇数ティアの空母の復活と、空母限定でのマッチング変更(ティア±1の範囲)。及び、正規空母ツリーと軽空母ツリーの分割(軽空母艦載機には潜水艦攻撃能力を付与)。さらに空母艦載機(ロケット攻撃機)の火力のナーフ(ついでにスポット経験値入手量の大幅なバフ)などを行う必要がある。) ※空母ツリー変更をする場合の一例……アメリカ空母ツリーの場合。 ティア6:ラングレー(ティア4より移動)→ティア7:レンジャー(ティア6より移動。昔はここにいた)→ティア8:ヨークタウン(同型のエンタープライズがいる)→ティア9:エセックス(復活組。以前いた)→ティア10:ミッドウェイ(変わらず) これと別に軽空母ツリーを用意する場合、ラングレーを起点に……ティア7:ボーグ(復活組。シナリオ戦で見る限り以前はティア5にいた)→ティア8:レキシントン(正規空母ティア8より移動。元々巡洋戦艦だし)→ティア9:インディペンデンス(復活組。昔はティア6にいた)→ティア10:カサブランカ(新規採用?)or架空艦・計画艦、もしくは正規空母のミッドウェイに繋がる。 こんな感じで考えてみましたが、異論とかあると思います。また軽空母の仕様は正規空母とは異なる味付けになると思われるので、正規空母とは違う使い方になるでしょう。(なお、日本やイギリスの空母ツリーの場合は、またこれと異なるモノになると推定されます。) これは個人的な一案ですが、皆さんはどう思われますか?
  3. もはや空母ゲームと化している。WORLD OF CARRIERにゲーム名変更したら??? いつからこんな嫌な戦いばっかりになったのか。煙幕全盛期にあれほど叩かれたんだから運営はゲームバランスとか学習しろよ。 今までのWOWSの状況の中で最低最悪。 挙句、数時間やっててその全部が空母戦とか異常も甚だしい。 現状、駆逐艦ではもはやゲームできないと断言する。 対空母戦の操作が~、とか戦い方が~、とかの話ではない。そんなの腐るほどやったわ。単純に空母対策ばっかり考えなきゃならなくて、本当につまらない。 開幕索敵で位置と進行方向は即バレ、下手に前に出て艦載機に一旦張り付かれたら相当量のHP持っていかれるし、かといって味方の近くでどうしろと? 対空の低い巡洋艦は延々ストーカーされるから、嫌がってとりあえず島裏で団子状態。 孤立気味の戦艦にも魚雷の往復雷撃のオンパレード。 孤立する方が悪いとか、動き方が悪いとか、今は駆逐艦に乗るなとか、嫌なら高対空艦に乗れとか。そういう議論はもう聞き飽きた。 とにかく「こ ん な 海 戦 は ク ソ つ ま ら な い !」 運営は早急に対処をとるか、しないなら直ちに課金者への返金に応じろ。 [削除しました] 赤文字(モデレーター及びWGスタッフ専用)並びに建設的な議論の妨げになる部分を編集いたしました。 当トピックの編集をもって厳重注意といたします。 投稿の際はフォーラムルールを確認し、ルールに抵触してはいないか 他の利用者から見て不快な表現になっていないかを確認したうえで投稿するようにお願いいたします。                                                seezer
  4.  空母に対しては前から強い不満が上がっていました。今回対空システムの変更によって水上艦の対空能力が強化されましたが(その是非はともかく)駆逐艦に対する粘着や強力すぎる索敵能力などの問題は解決されていません。対空能力の多寡のみではなく、それ以外の部分での仕様変更も必要だと思います。  そこで今後空母に関する議論をする上で、まず問題点の洗い出しを行ってみたいと考えています。  皆さんは空母の本質的な問題点はどのようなものだと思いますか?
  5. ツイッターでも色々な意見が出ていますが、クラン戦season10において空母が出撃できるようになるそうです。これについての皆さんの意見を聞きたいです。 私としては空母参戦に反対です。ただのクソゲーにしかならないからです。今のランダムやランクでさえ空母がいてクソゲーなのに、空母がいなかったクラン戦でさえ空母が出てくるとか流石におかしいと思います。WGさん、KOTSでさえ空母の影響力が大きすぎて出場停止になった経緯を忘れてませんか?確かに空母に関しては色々な調整が入り実装直後よりは弱くなっていると思います。しかし、視界の共有など解決できていない問題も多々あります。確かに欧駆が出てきて駆逐艦が少しは息しているかもしれませんが、私はこのクラン戦は面白くないと考えました。 戦艦とで空母を出撃させるか選ぶという事ですが、WGさんには考え直して欲しいです。
  6. 刷新前も後も空母専門乗りです。 かれこれ刷新から3か月以上たちましたが、今でも旧空母に戻してほしいという思いが強いです。旧空母のほうが刷新空母よりも空母同士の読み合いがあり、プレイしていてとても面白いバランスで作られていたと思います。上手な空母乗りとマッチしたら上手だったと賛辞を送りあったりする空母乗りの間の独特な空気感が好きでした。 何よりオンラインリアルタイムストラテジーとして自分が体験した中で面白い作品でした。リアルタイムストラテジーにありがちな操作しきれないほどの複雑なシステムや操作量があるわけでもなくなおかつその中で読み合いがあるというのが自分をひきつけました。 空母の影響力が旧空母では強すぎたというのはわかりますが、刷新空母後で魚雷の威力を下げたり浸水の確率を下げたりといった調整はなぜ旧空母で出来なかったのでしょうか?まだ調整段階で正式に決まっているかは分かりませんがジュリオチェザーレを調整してtier5からtier6にあげることを考えているようですが、それは旧空母で猛威を振るったサイパンや加賀、グラーフツェッペリンなどでその調整は不可能だったのでしょうか?という疑問が自分には残りました。 旧空母は操作技術が高いともよく聞きますが、自分としてはそんなことはないと思います。どちらかというと初心者に対してのサポートがなかったことが原因だと思いました。tier6に来ても「戦闘機は相手の攻撃機の妨害」が主目的であって「自攻撃機の護衛」や「相手の戦闘機を攻撃すること」が主目的でないということを理解していないプレイヤーが多かったです。また、戦闘機のalt攻撃において「基本的に先攻alt攻撃より後攻alt攻撃のほうがローリスクであること」や「基本的にalt攻撃は優勢な状況のダメ押しであり一発逆転の手として運用しない」といったクセを知らないプレイヤーが多いとも感じました。自分も空母に乗り始めたときは気づかずうまいプレイヤーの乗り方を何十戦も見て気づいたくらいです。そういう乗り方の技術的なサポートをしてあげていれば初心者狩りや旧空母の過疎化を軽減できたのではないかと思います。 刷新空母がダメとは言いません。今後の調整でよくなる可能性があると期待してますが、自分としては刷新空母のほうが旧空母より調整が難しいのではないかと今感じています。旧空母は技術的な難しさから過疎化しましたが、刷新空母では技術的な難しさがなくなった代わりにシステム的調整の難しさが上がったように感じます。現状でも視野共有の問題や単艦孤立している船がひたすら狙われるため固まって艦隊防空し状況が膠着するといった問題、隠ぺいの高く対空の低い船がどうにもならないといった問題を果たして調整できるのかと思います。刷新空母を弱体化させていくのもいいですが、現状の空母の操作の簡単さとリスクの低さから来る嫌われようから通り一辺倒な弱体化調整ではまた別の過疎化が進んでいくと思います。 好き勝手散々に刷新空母を批判して申し訳ありませんが最後に言いたいことは「開発費の問題やイギリス空母の実装、旧空母時代に猛威を振るったプレ艦の再販売をした時点で今更戻せないし戻すつもりもないのはわかります。しかしトレモだけでもいいので旧空母システムを運用させていただくことはできないのでしょうか?」ということです。同じことを考えている方がいらっしゃるのではないかとここに書かせていただきました。また他の方がどう考えているのかも聞いてみたいと考えております。 また同時に刷新空母が旧空母に負けず劣らずのの面白さと奥深さを持つようになることを心から願っております。
  7. 運営の今後の空母の調整は行われるのでしょうか。果たして運営は空母に関するユーザーの意見など気にしているのでしょうか。空母に関する議論は数多くありましたが、あれは運営からするとただの愚痴程度にしか思っていないのでしょうか。運営の方針としては、今後空母をどのように変えていくのでしょうか(そもそも変える気があるのでしょうか)。運営の今後の空母の方針の予想についてユーザー皆様に(運営関係者以外)意見を伺いたいです。そして、これを見ている運営関係者の皆様、改善できそうにないなら誤魔化さずにきちんと報告(個人の感想は必要ないです)をしてください。ユーザー皆様の議論を無駄にしないでください。wowsをただつまらないと言っているわけではありません。
  8. 当トピックは議論を行う場ではありません。削除に賛成か調整を望むのか各々がお気持ち表明をするトピックです。 くれぐれもこの場において、他人の意見に対してクレームをつけないようにお願いします。 最終的にどんな判断をするのかは、運営や開発が判断することです。 また、上記に逸脱した方がいた場合は反論せず無視してください。 と、始めに申し上げて具体的内容へ入っていきたいと思います。 昨年(2018年)の9/3に「CV REWORK」に関する具体的な、問題点、目標、変更点などについて開発が発表しました。 2019/2/1に開発ブログにて、0.8.2(およそ3か月)までスキル無料の延長を行う理由として0.8.0のリリースから1週間では不十分だからとしています。 つまり0.8.2には十分な状態になることを意味していると考えます。 「CV REWORK」に関する具体的内容が発表されてから1年、刷新から7か月が経とうとしています。(CBT含むとそれ以上) 2018/9/3に発表された問題点の改善は進まず、未だに調整続き。そんな状況の中、潜水艦などという新艦種の導入を行うとか。 また、ひと月ほど前にWGJの配信で紹介されたデータや、これまでのアップデート内容を見ても目標に向かって調整を行っているとは思えなかったことを踏まえて私は空母の削除を望みます。 是非、皆さんのお気持ちをお聞かせください! 追記:注意事項の読めない方、トピックの趣旨と異なる発言をする方は当トピックのご利用をお控えください。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 運営の方へ 当トピックの内容を開発へ報告する際は、その旨をお知らせいただけると大変嬉しく思います。
  9. SSが実装されたら、空母と駆逐の関係も変化するんじゃないかな? 現在 駆逐は空母にとっては敵。滅ぶべし。 潜水艦実装後 駆逐が潜水艦を索敵し、大まかな位置を伝えることで空母が予測される位置を索敵し、爆撃などで撃沈。 艦載機による観測中は潜水艦は浮上しにくいし、不用意に浮上すると航空発見からの砲撃等による撃沈が起こりえる。 空母は対潜水艦では良き隣人、いや、切り札になりうる? 現在の関係性 駆逐→戦艦→巡洋艦→駆逐(巡洋が他の3種に比べて有利になってる気もしなくないが…) 空母(駆逐に強く、戦艦には普通で巡洋艦には弱い(対空面)) 実装後? 駆逐→戦艦→巡洋艦→駆逐 ↓ ↖︎ ↙︎ 潜水艦→空母→潜水艦 図が崩れる可能性あり。 このことについて議論をしてみたいと思う。 勿論だが、非難するのはあまりしないで欲しい。思ったことを書くだけにしてほしい。
  10. これはcoop戦での出来事なのですが、ver.0.8.7アプデ後実際空母が使えるかどうか英T8空母インプラカブルに乗って行ってきましたが、問題が発生しました。 雷撃機で攻撃をし、帰投させ再度発艦させたところ、雷撃機がダメージを受けた状態で発艦しいていました。 これは仕様なのでしょうか?今までこういう事例に対面したことがなかったので質問させていただきましたm(__)m
  11. 直近のアップデートで対空の仕様が大幅に変わりました。優先セクターの使い勝手は以前よりも向上し対空圏が重複するようになりました。しかし空母艦載機が落とせなさすぎます。理由としては中距離対空バブルが廃止されたことやDFAAの効率がナーフされたこと、高対空CLがナーフされたこと、そして新スキル大規模対空の仕様により対空に特化したビルドが成立しなくなったことなどが考えられます。原因と結果、そして有効な対策をここで論じても時間の無駄なので応急処置として 艦長スキル「抗堪専門家」 を調整することを要望します。WGが「アップデート0.8.5.0において対空効率が過剰になった」と説明したとき艦長スキル「抗堪専門家」のHP増加幅を上げることでホットフィックスを実施しました。今、直近のアップデートで対空効率が著しく低下したわけですから同じような形でHP増加幅を低下させることで調整できるのではないでしょうか。 https://worldofwarships.asia/ja/news/game-updates/update-0851/
  12.  WGは空母の調整を対空能力の多寡のみで調整したいらしいですが、水上艦が空襲を妨害できるほど落とすと空母がすぐ箱になるしその逆だと好き放題空襲できるのでダメです。ざんねんでした♪  ……そこで「損傷を受けた艦載機の早期自動帰投」を提案します。残りHPが黄色ないし赤になった機体は攻撃の続行が不可能になったとし、確率で一機ずつ勝手に帰投します。  これにより攻撃中隊を現状以上の速さで無力化できる一方で、損傷した帰還機の増加により空母プレイヤーは強力な対空砲による艦載機の損失を過度に恐れずに済みます。  如何でしょうか?
  13.  複葉機がロケット弾積んでるって時代考証的におかしくない? 見た目的にもすごく不自然だと思います!!!!!  到底許されるべきではないと思う。機銃掃射とかにビジュアルを変更しよう(提案)
  14. 迷彩の効果で「自艦を攻撃中の敵が発射した砲弾の散布界(+4%)」について空母の艦載機に対しても 散布界に広げる効果がないのはおかしいかなって思ったので提案させてもらいます。 現在、空母の艦載機の攻撃はダメージこそ少ないですが1回の出撃でほぼ数回連続で攻撃ができてほぼ近くまで収束できるため (ある程度の操作ができれば)全弾ではないものの命中させれるため少しでも回避や命中数を減らせる自衛手段があってもよいと思います。 そこで提案内容ですが、以下の空母の攻撃に対して迷彩の効果を追加してほしい。 艦載機の攻撃時の収束表示は迷彩による散布界の影響を受けないままで、発射若しくは着弾時に迷彩効果の発動が好ましい。 (あくまで案なのでいろんな意見で調整してもらえると助かります。) 案1)艦載機ごとに散布界の影響を変える案  (1)攻撃機    攻撃機は、駆逐艦にはかなり脅威なため効果が多めです。    ・駆逐艦  未集束時15%~最大収束時20%    ・巡洋艦  未集束時10~最大収束時15%    ・戦艦   未集束時5~最大収束時10%    ・空母   最後方にいることが多く火災浸水がすぐ直るので効果5%固定  (2)爆撃機    爆撃機は、どの艦艇でも脅威ですが巡洋艦にはかなり脅威なため効果が多めです。    ・駆逐艦  未集束時5%~最大収束時10%    ・巡洋艦  未集束時15%~最大収束時20%    ・戦艦   未集束時10%~最大収束時15%    ・空母   最後方にいることが多く火災浸水がすぐ直るので効果5%固定  (3)雷撃機    雷撃機は、駆逐以外で脅威ですが戦艦にはかなり脅威なため効果が多めです。    ・駆逐艦  未集束時5%~最大収束時10%    ・巡洋艦  未集束時10%~最大収束時15%    ・戦艦   未集束時15%~最大収束時20%    ・空母   最後方にいることが多く火災浸水がすぐ直るので効果5%固定 案2) 艦載機の攻撃に対して一律20%固定。     案1だと開発コストがかかるので簡単に一律なら取りいれてもらえるかという案です。 個人的に本音で言えば最大収束時は50%にしてほしいくらいです。(ここまで効果あると反対意見がたくさん来ると思いますが) 調整案や追加案や反対意見などのいろんな意見を出してもらってもよいですが 意見が合わないからと言って相手を論破するような攻撃的な発言はしないようにお願いします。 運営さんへ 同様の内容のスレッドがあればそちらに統合又はこちらに纏めてくださってもいいです。
  15. 空母が駆逐艦を攻撃しようとする時、通常は攻撃機中隊を使用します。 この際発射されるロケット弾🚀は発射してから直ちに着弾します。この結果、攻撃時に大きな偏差をとる必要が無いため高い命中率を実現できます。 これは他の艦種が高速で動き回る小さな駆逐艦を数キロ先から射撃する場合と比べて簡単過ぎます。これは問題です。 そこで、ロケット弾の弾速のナーフを提案します。 この調整により、空母が駆逐艦を撃沈出来る可能性を残したまま、空母マッチングにおける駆逐艦の生存性を改善出来ると思います。 皆さんのご意見をお聞かせください。
  16.  以下のスレッドにおいて、「空母の攻撃が回避困難である」ことが挙げられていました。  航空魚雷はダメージ量こそ控えめですが艦中央に命中した場合回復量が少なく、また機関停止や浸水など重大な結果をもたらすことができます。これをほぼ確実に命中させられる距離から投下できるのは問題だと思います。  そこで全ての航空魚雷の信管作動距離の延長を提案します。これによって水上艦が雷撃を回避できるチャンスが大きくなり、本来あるべき空母プレイヤーと水上艦プレイヤーの駆け引きが発生するようになると思います。
  17.  いくらなんでもやりすぎです。  今回の仕様変更の適用範囲を「短距離対空」にのみ適用することを提案します。
  18.  現状、空母が過剰な影響力を行使している要因の1つとして「空母艦載機の異常なタフさ」があると考えました。  これだけの予備機があれば、多少の損害に構わず対空圏に突っ込ませてもそれほど問題にはなりません。実際、極めて高い対空能力を誇るTire10英米巡洋艦を十分に警戒し、「空撃ち」や「スリングショット・ドロップ」などのテクニックを駆使すればゲーム中に航空機が完全に枯渇することはまずありません。それどころか中隊の定数を割ることすら稀です。  これは明らかに過剰な継戦能力を空母に与えています。今の状況では最高の対空を誇る一部の艦以外の対空がほぼ無効化されているに等しい状況です。また、試合終盤においても空母が予備機を十分に残していることにより試合終盤の空母の影響力が相対的に高くなってしまうという現象も引き起こしています。(水上艦の数が減り、また対空砲も損害を受けチーム全体の対空能力が下がっているにも関わらず空母の攻撃能力は衰えないため)  そのため、タイトルの通り「高Tire空母の予備機数、艦載機復旧時間に対するナーフ」を提案します。この能力を削ることによって一機あたりの重要性が高まり、水上艦の対空火力が相対的に向上、空母プレイヤーはゲームの序・中盤にかけてより注意深く行動することが要求されるようになるはずです。またゲーム中を通して水上艦側の「艦載機による攻撃を抑止する」という意味での「対空能力」も向上します。さらに現在よりも艦載機の枯渇が起きやすくなることによって、ゲーム終盤の空母の影響力を適切なレベルまで落とすことができるでしょう。  この提案の利点は、空母には今まで通りのダメージを出すチャンスを与えたままこれらのナーフを行えるという点です。この案なら、いたずらに対空能力のインフレなどをおこさず、また空母の面白さを損なわずにゲームバランスの調整が達成できるはずです。
  19. 頭が御花畑なWGはなんでランク戦に空母入れようと思ったのか意味がわかりません…がもう入れてしまったことは仕方ないのでまた提案です ランク戦には敗北チームで経験値トップを取るとセーブスターが貰えますよね? 現状の仕様だと水上艦はいくら頑張っても最後の最後まで攻撃し続けられる空母によってセーブスターが非常に取りにくい状況にあります。 そこで、水上艦に救済処置と空母への影響力調整として空母戦場で敗北した場合、 どんなに空母が敗北チームで経験値1位取ろうがセーブスターが取得出来ない という条件があっていいのではないでしょうか。この条件が満たされた時セーブスターはだれが取得するのかと言うと、敗北チームの中で最も経験値の高い水上艦が取得できます。 この条件を追加することによって、水上艦にセーブスターを取得することができます。 それでは、空母は全くセーブスターが取れなくなって不公平ではないか?という意見もあるかもしれません。しかし、考えてみてください。7対7のランク戦において空母とは遠く離れたところから沈まない限り永遠と攻撃することが出来ます。また、偵察能力も優れており、隠蔽の高い戦艦や巡洋艦で行っても艦載機に隠蔽を剥がされてしまいます。まさしく水上艦にのって空母とはチート的な艦種なのです。 そんなチート的空母に水上艦の唯一の救いであるセーブスターを取得されてしまうのはあまりにも酷なことです。なので空母にセーブスターはなくていいのです。 いまのランク戦の環境だとどうもセーブスターを取得しやすくランクが落ちにくいから、という理由で与ダメを最優先にして勝利に貢献しない空母が多いと思います セーブスターが取得出来ないとなれば勝利を目指した空母のみが戦場に参加することになり、よりよい戦場になるのではないかと思います。 水上艦もセーブスターが取れると分かれば頑張る意味もでてきますしね。 いろいろと長く書きましたが、次回以降のランク戦に反映できたらと思います。(まぁこんだけ色々言われてて次のランク戦でも空母ありとか言ったらほんとにやばいと思いますが) よろしくお願いします。
  20. 刷新後のCVについて、色々な意見があると思いますが、私から恐縮ですが再調整案を提案させていただきたいと思います 現行のCVの問題点は色々な意見があると思いますが、私は以下のように考えています ・継続spot能力 ・粘着による高火力 ・駆逐艦の長所を大きく食ってしまっていること 上の問題点の多くは刷新によって新たに追加されたロケット戦闘機にあると思います よって以下の提案をします 1.ロケット戦闘機の削除 戦闘機の速さで飛ばすことが出来、1回の攻撃で上手くいくと1万程度のダメージを出すことが出来る(高Tier)上に、火災まで発生させることが出来るとなっており、控えめに言って強すぎです そのため削除してはいかがかと思います 代案については以下で述べます 2.ロケット戦闘機の代わりに戦闘機を配置できる戦闘機部隊というのを実装する 戦闘機部隊は文字通り戦闘機を配置することが出来る艦載機中隊です これまでと同じように戦闘機のスピードで飛ばすことが出来、プレイヤーがロケット戦闘機と同じように操作します ただし 、攻撃は出来ません 艦載機の予備機が無限に回復するということが売りの刷新空母において、空母側の空母に対する防空手段である戦闘機が有限というのは、厳しいです 私としては1回の発艦で2中隊を配置できるくらいを考えています 回復スピードは他の艦載機のように設定し、一定時間で1中隊分回復というのがいいと思います これにより、防空または戦闘機によるスポットをしながら攻撃できるという状態を少なくすることが出来ると思います 3.戦闘機部隊以外の戦闘機配置機能を削除 上に述べた戦闘機部隊による防空が出来るようになるので、他の中隊からは戦闘機配置機能を無くす必要があると思います これにより、防空と攻撃をはっきり分けることで、空母同士の対空戦闘の活発化が見込め、攻撃と防空の差別化が見込めると考えています 私からの提案は以上です 追記になりますが、今回行われ、次回にも検討されている艦載機の機速ナーフですが、対空格差の広がりが顕著になるので賛成しかねます 今回のアップデートにより、艦載機の機速が落ちたことにより、対空の高い船に対しては攻撃を通すことが難しくなりました しかし 、逆に対空の低い船に対してはより容易に攻撃を通せるようになってしまいました 具体的には機速が落ちたことで、粘着して攻撃することが容易になった、という事と、隠蔽のいい船(特に駆逐艦)を発見してから攻撃に移るまでに狙いを定めるのが容易になった、ということが挙げられます これらの点から、艦載機の機速ナーフは一長一短であり、一部の艦に対しては実質バフになってしまっているので、継続して行うべきではないと思います 長文になってしまいましたが、少しでも共感して頂けた方いらっしゃったら、このトピックを盛り上げて頂けると幸いです また、追加の提案や、意見があれば遠慮なく意見していただけると嬉しいです
  21. タイトル通りです。 あなたがた運営は、リリース初期から調整を重ね、多くのプレイヤーを熱くさせてきた駆逐艦を絶滅させていいのですか? たしかに対空強い駆逐は空母戦場の中でもたくましく戦えるかもしれません。しかし、対空の強い駆逐など数ある駆逐艦の中でほんのひと握りしかありません。ほとんどの駆逐艦の対空砲は無いに等しいと言えます。 対空のない駆逐艦は空母によって一方的にスポットされ、艦載機を落とす手だてもなく、煙幕を展開し艦載機が居なくなるのを待つしかありません。また、艦載機の隠蔽により、自分が煙幕を貼ったことで艦載機が見えなくなった暁には、対空砲撃てないし、ひたすら煙幕の中で艦載機に怯えながら居なくなるのを待つしかありません。 空母にスポットされ、煙幕たいたらレーダー…駆逐の良好な隠蔽とはなんなのでしょうか?隠蔽距離とはただの数値なのでしょうか? …まぁいい。愚痴も含めて前置きがかなり長くなりましたが(これ以上書くと文才無さすぎて崩壊しだすので)、提案です。 艦載機のよるスポットの共有にラグを入れていただきたい。スポットの共有を無くせとは言いません。無くしたら無くしたで後半の試合に影響が出てくるので。 艦載機が敵艦を見てから、ミニマップにはすぐにうつるが、実際に見えるのは10秒後とか。対空強い駆逐はそのラグの間に落とせれば、敵艦から見られなくて済みますし、対空弱い駆逐でも、集中放火を受ける前に転舵して少しでも遠ざかることができ、生存率が上がると思います。 要するにレーダーによるスポットの共有と同じような感じと思って貰えればいいかなと思います。 いままで幾度となく空母の調整が行われました。しかしその大半が攻撃力に関する調整です。正直なところ爆撃機の調整はまだ必要だと思いますが、それ以外は今のままで落ち着いているかと思います。問題は空母の攻撃力ではなく、空母の偵察能力です。細かい攻撃力調整などで有耶無耶にするのはやめて頂きたいです 長ったらしく書きましたが、また駆逐艦がランダム戦で増えることを期待したいので、実現化お願いします
  22. 次回ランク戦は、開発者日記によると、Tier10のようです。そして、空母が参加するそうです。 駆逐艦は、どうなるのでしょうね?
  23. 乗る艦種によって見方が異なるのは重々承知しておりますし、 各皆様でもお持ちの意見はかなり変わってくるかと思いますが、 空母の調整について一つご意見を言わせて頂きたく。 空母なのですが、複数空母マッチが原因で駆逐の移動箇所がばれてしまったり、 巡洋艦が発見され、かなり遠い位置から戦艦に撃たれてバイタルを抜かれたりと、 多くの弊害が生まれてしまったように思われます。 また、上手い空母と下手な空母でのダメージ量がかなり出てしまっている他、 戦況に与える影響は以前より少なくなっているとは言い辛いかと考えています。 とはいえ、今更空母削除しろ!と大きな声を出したところで削除は難しいでしょうし、 私も空母乗りとして削除されるのは悲しいです。 いち空母乗りとしては、下記のような調整を行うべきでは? と思うのですが皆様如何でしょうか? -------------------------------------------------------- [1]空母はどのティア帯でも1vs1とする →複数空母が居る事による常時発見を防ぐ為です。 [2]攻撃機廃止とHE爆撃実施時の貫通について →攻撃機廃止は駆逐に対する過剰な火力/炎上を防ぐ為です。  HE爆撃については駆逐に対して命中した場合は必ず過貫通扱いにする事で、  過剰な火力投射を防げるのではないかと考えています。 [3]敵艦艇の発見時の表示について →ミニMAPのみ表示される形式にする事で、  位置はばれるが、相手からは発砲されにくい環境にする事で、  水上艦への負荷を減らします。(特に駆逐) [4]上級射撃訓練と対空の射程距離について →上級射撃訓練を付ける事で空母維新前と同じように、  対空射程を延ばせる事で水上艦側の選択肢を増やし、  空襲の脅威を減らします。 [5]艦載機の一回あたりの中隊数について →1回の攻撃分+予備機(2機)だけとし落とされなかった場合でも往復攻撃を出来ないようにします。  その代り、艦載機の体力を多めにし、また対空砲火の命中率を下げます。 (雷撃は3本固定/信管発動距離はT8では500m程度/速度は今の日空魚雷並み/浸水率は少しだけ上昇する感じで) [6]駆逐の対空について →上記のように、駆逐への攻撃や被発見を軽減する代わりに  対空砲火のダメージを下げます。(現在の三分の二位に) [7]一部巡洋艦の対空調整 →一部の巡洋艦(ウースター等)が異様に高い対空を示しているので  上級射撃訓練のスキルで射程が増えた場合を想定して、  それなりに下げるべきだと考えています。  (空母側の攻撃は通るが、その代り艦載機の被害も大きいレベルがベストだと考えています。   今の状態だと投弾前に全て落とされる場合もあります。) →対空砲開始時は攻撃力低で対空砲を受け続ける時間が長いと  対空砲のダメージが本来の火力を発揮するようにすべきだと考えています。  (ちょっと敵艦艇を見ただけで艦載機のHPが、   一気に3分の1持って行かれるのは違和感を感じています。) [8]攻撃モーション時の対空ダメージについて  最初期にあった対空ダメージ軽減(-15%位?)が欲しいと思います。 [9]対空エースなどの復活について 水上艦が艦載機を沢山落とした場合は対空エース 空母の戦闘機が敵艦載機を沢山落とした場合は空の王者 といった実績が前と同じように貰えるようにすべきだと思います。 (落とした艦載機数については調整がいるとは思いますが…。) 個人的には下手に爆弾をばらけさせられたり、 雷撃の信管発動距離を弄られて攻撃までのモーションが長くなったりして攻撃し難くされるよりは、 艦載機が片道キップになるか、母艦に戻れるかは別として1回の攻撃をしっかり狙えば通る。 また、ちらっと見ただけで対空砲火で落とされたり、大ダメージを負う事は無い。 その代り、対空特化スキルを振ってる艦艇がいるところに、 何も考えずに突っ込むと四散して、艦載機が足りなくなり、 酷い目に合うのが良いのではないかと思います。 ただ、はっきりいって空母は満点な調整は無いと思っています。 調整が難しいとは思いますが、双方が出来るだけ納得できる調整になればと思います。 皆様のご意見頂ければ幸いです。
  24. スタッフ殿へ チケットは問題解決用に見えるため、ゲームへの要望をこちらに書き込みます。 PC版のランダム戦について「航空戦」と「砲雷撃戦」のどちらかを選択できるように希望します。 現状、空母の索敵範囲がとびぬけて広く、空母がゲーム状況を支配する能力も高いため、空母以外のプレイヤーにとって楽しみづらいマッチングが多くなっている印象があります。ここで挙げた楽しさとは、ゲームの勝敗とは関係なく、船ごとのルールを生かして相手チームとの駆け引きを楽しむことを指しています。 空母についていろいろと調整が続いているようですが、空母の能力が高いのはしごく自然のことです。空母に制限を設ける調整をするのは空母を使うプレイヤーの楽しみを奪うことになり、幸せになる人がいません。 そこでランダム戦を、空母あり・駆逐艦なしの航空戦と、空母なし・駆逐艦ありの砲雷撃戦に分離して、選択できるようにしてほしいです。 「航空戦」では空母が4隻程度の参加を前提として駆逐艦は参加しないようにします。空母の航空機損耗率は現状程度とします。駆逐艦がいなくなることで空母がより大胆に行動できたり、空母が増えることで上手な対空艦は100機撃墜を目指せるなど、これまでにない遊び方を模索できると思います。発見されることが前提のゲーム展開となるため空母の索敵能力を調整する必要がなくなります。 「砲雷撃戦」では空母は参加せず純粋な砲雷撃戦を楽しめるようにします。従来の、隠ぺいルールを使った水上艦同士の駆け引きが楽しめるスリリングなゲーム展開になると思っています。 ゲームのローンチ以来、砲雷撃戦を遊び、プレミアム艦をコレクションし、と大いに楽しませてもらいましたが、水上艦が航空機から逃げ回る最近のゲーム展開には疲れを感じています。World of warshipsを末永く楽しめるよう、本件についてご一考いただければ幸いです。
×