Jump to content

Search the Community

Showing results for tags '対空'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • World of Warships - Asia Language Based Communities
    • English Speaking Community
    • 繁體中文討論區
    • 日本語コミュニティ
    • 한국어 커뮤니티
  • Mod Section
    • Player Modifications
  • Public Test Forums
    • English Speaking Community
    • 繁體中文討論區
    • 日本語コミュニティ
  • Locked Threads
    • Locked Threads

Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


AIM


MSN


Website URL


ICQ


Yahoo


Jabber


Skype


Location


Drag Interests

Found 3 results

  1. 駆逐艦の防御放火について、ちょっとした提案がありトピックをたてました。 大雑把な概要ですので、皆様の追加の案などがありましたら書いていただければありがたいです。 大雑把に言うと、駆逐艦の対空防御放火の効果を向上させるのと、対空消耗品の種類の追加の二つの提案が合わさったような感じです。 詳細は下に書いておきます。 駆逐艦の防御放火の効果調整案 (防御放火を持っている駆逐艦のみが対象) 現状の問題点 駆逐艦の対空火力は、継続ダメージが微々たるもので、主なダメージをバブルのダメージに頼ることになっていると思います。 Grozovoi や Gearing など、バブルが多い駆逐艦は防御放火を用いて効果的に敵機を撃墜することができますが、 特に一部を除く Tier VII - IX あたりの駆逐艦は、バブルが少なく継続ダメージも更に低いため効果が薄いように感じます。 調整案 対空が既存のままでも十分な艦艇に関してはそのまま据え置きとします。(Grozovoi, Gearing など) 防御放火を対空の効果が薄い艦艇 (例えばバブルが 1 つしかないなど / Benson, Ognevoi など) に対して、防御放火使用中の効果にバブルを増やす効果を追加する。 バブルを増やすことで、バブルの回避がしづらくなり、より敵機に対して抵抗しやすくなると思います。 対空消耗品の種類の追加案 (防御放火を持たない駆逐艦も対象, 対空性能による差別化) 現状の問題点 例えば、攻撃機に対して防御放火も短時間煙幕も持たない駆逐艦 (Shimakaze など) は大ダメージを受けやすいのに対し、対空性能が高い艦艇 (Grozovoi, Gearing, Harugumo など) は撃墜によって被害をある程度抑えることができます。 この差によって、現状では攻撃、Cap性能に大きな差ができてしまっているように思います。 また、防御放火を持たない駆逐艦は一部を除きほぼすべての艦艇の素の対空性能が低く、既存の防御放火の効果を適用しても効果が薄いように感じますし、上記のバブルを増やす効果を追加した防御放火を実装した場合 対空駆逐艦との差別化が微妙になるように思います。 調整案 新しく、旧防御放火のように「対空射程圏内の艦載機の散布界を拡散させる効果」に似たような効果を付与するだけの防御放火を追加する。便宜上これを下記では "消耗品X" とします。 消耗品Xは、外側の散布界を広げるのではなく「内側の散布界を広げる効果」や「散布界の縮小を遅くする効果」を付与するものとします。 対空性能が低く、英駆のような特殊な煙幕や修理班を持たない艦艇に追加する形で、航空機から受けるダメージを少なくしつつ、対空駆逐艦と比べ撃墜数は稼げない状態を作り差別化をします。 参考 対空の観点から、以下のようないくつかの分類に分かれることになります。 駆逐艦の対空性能による分類 艦艇の例 対空 防御放火 消耗品X 修理班, 英駆煙幕 回避 Grozovoi 高 〇 - 〇 中 Gearing 低 〇 - - 中 Harugumo 高 - - - 低 Khabarovsk 低 - - 〇 高 Daring 低 - - 〇 中 Shimakaze 低 - 〇 - 中 Yueyang 低 - 〇 - 中 Z-52 低 - 〇 - 中 高対空防御放火あり、低対空防御放火有り、高対空消耗品無し、低対空消耗品無し (修理班と煙幕あり)、低対空消耗品Xありのような感じ。 この辺は大雑把に書いているだけなので、議論で調整したりする必要はあると思います。 長文になりましたが、以上が個人的に思いついたものを何人かと話して軽くまとめた案の概要です。 あくまで実装するのは運営が決めることですし、この案はまだ調整が必要だと思います。 意見等、ぜひ書いていただければ幸いです。
  2.  いくらなんでもやりすぎです。  今回の仕様変更の適用範囲を「短距離対空」にのみ適用することを提案します。
  3. 対空射撃に関しては、現在AIによる自動射撃のみとなっていますが、個人的にはプレイヤーが対空戦闘に介入できる唯一の手段として「主砲による対空射撃」を提案したく思います。 主砲の対空における脅威は史実的にはそう高くもありませんし(両用砲は別として)、今後何らかの形で検討していただきたいなと思います。
×