Jump to content

Search the Community

Showing results for tags 'クラッシュゾーンα'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • World of Warships - Asia Language Based Communities
    • English Speaking Community
    • 繁體中文討論區
    • 日本語コミュニティ
    • 한국어 커뮤니티
  • Mod Section
    • Player Modifications
  • External testing groups
    • Supertest Academy
    • Supertest
    • Clantest

Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


AIM


MSN


Website URL


ICQ


Yahoo


Jabber


Skype


Location


Drag Interests

Found 1 result

  1. 前回のクラン戦シーズン6 隣接勢力の時のように、今回のクラン戦で各艦艇がピックされた理由、対処方を書き連ねていこうと思います。 今シーズンCAMPはハリケーンリーグで終了したため運用等がハリケーン~タイフーンリーグ目線になります。ご了承ください。 基本コンセプト クラン戦の直前にあったKotsでのTKRが採用していた多数のスターリングラードによるライン戦、これに対してどうメタを張るのかが上位クランは悩まされたかと思います。 ・クレムリン ランク戦でもランダム戦でも誰もが思う。「誰が撃破するの?」そう、誰も撃破できる人がいないのである! そのためクラン戦ではスタグラより隠蔽がいいこともあって前面に押し立ててラインを上げ、敵陣のCAPを取る。という運用がされました。 対処方としては、目には目を歯には歯を戦艦には戦艦をということでラムすることによって阻害することが多かった中、終盤にはいざラムをするというときにクレベールロケット魚雷というのも見られました。 ・大和 クレムリンと違って耐久力がないため一歩引いた形での火力投射をする形。またクレムリンより弾道が高いことと射程が長いので逆サイドの敵の行動を制限させることもできる。 ・コンカラー クレムリンのメタとして起用、スモレンスクと併用することでクレムリン、スタグラを足止めすることができる。ただしプッシュができないので逆サイドが勝てるという絶対の条件が必要になる。 ・GK クレムリン亜種。前述のようにクレムリン同士のラムの時にロケット魚雷で介入されることをソナーによって予見、回避するもの。 ・ブルゴーニュ 戦艦に対してというよりスタグラに対して使われる印象が大きかった艦。エンジンブーストでマップ外側まで開き、HEとリロードブースターでひたすら焼くというもの。正直スモレンスクでもいいのではないかと思った。 ・スターリングラード シーズン4から採用され続けている艦。安定した散布界、NCに迫る貫通力と、信頼性は高い。以前と違う点はスモレンスクの実装により前線を張り続けることができなくなったので射程UGを選択するようになったことだろうか。 ・スモレンスク 今シーズン初期からスターリングラード、クレムリンのメタとして採用されていた艦。ギアリングかサマーズの煙幕を使って敵戦線を押し下げることもしばしば。しかしプッシュをすることはできないため逆サイドが勝つという絶対条件が必要になる。 ・吉野 スモレンスクとのタクティクス的互換性のある艦。長距離魚雷をちらつかせたり高貫通HEでダメージを与えたりとやることはあるが耐久性は皆無なため一度減らされてしまうと虚無と化す。 ・ベネチア スモレンスク怖さに引き撃ちするスタグラを餌にする。ST段階もだったが、状況によりけりな艦なため自分からハメ殺すような形にできない場合は採用しても意味はないだろう。 ・アンリ シーズン5ではチームの両翼をになったが今期では全く見ることはなかった。大きな理由はクレムリンの60mm甲板が貫通できないことだからだろう。またスモレンスクと相対したとき一方的に撃たれ続けるというのも大きい。 ・デモイン 安定と信頼のデモイン。説明する必要ある? ・マイノータ― 戦艦を1隻ずつ各サイドに割り振るよりも一極集中が流行りだしたときに逆サイドをクレベールと2枚のみで防衛するときに必要になった。隠蔽レーダーが使えるので敵駆逐にとっては大きな負担になるだろう。 ・デアリング シーズン5の終盤に採用されだして今回も採用されている。トップクランで採用していないところはなかった。 他に説明いる? ・サマーズ/ギアリング デアリングにはできない長距離雷撃によってスタグラ、クレムリンのHPを削るのが主目的。スモレンスクの項で述べた通り、煙幕提供などを行う。 ・クレベール 今期の悩ませ役その2。戦士の道での開幕CAPからの駆逐への牽制、ラム阻害と忙しい艦。これもクレムリン同様目には目を歯には歯をクレベールにはクレベールをということで採用していくクランが時期が進むにつれ増えた。 ・プレイする環境について 8人制であること、開催時期が年末であること、この2点が非常に大きくCWを回せないということが多かったかと思う。 また、今期では勝率が5割前半であってもタイフーンリーグに昇格していたクランが多いことからストームリーグ以下の負けポイントがシーズン6の時と同じではないかと思う。その反面タイフーンリーグ、ハリケーンリーグの負けポイントはとても大きく維持でも5割5分は必要で昇格には6割以上勝率を維持しなければならない。おそらくタイフーンリーグ以上になるとマッチング対象クランが少なく、待機時間が長くなったことからマッチング対象を多くする狙いがあったのではないかと考察する。 ・他サーバーの戦略 我々CAMPは毎期どこかのサーバーに戦略のヒント得たり、様子を見る為に出張CWをすることがしばしばあります。その時に見た戦略でNAクランレーティング1位、グローバルレーティング2位の[EGIRL]のタクティクスを残しておきます。 編成は、クレムリン1、スモレンスク1、スタグラ1、スポッターとなる駆逐1、クレベール4  です。 戦艦を1枚減らし、クレベール4枚による群狼作戦です。 1.クレベール4でCAPが2つある側に向かって1つCAP。 2.CAPが終わり次第、即敵陣側のCAPへ 3.敵に発見され次第フォーカスし、一隻一隻丁寧に撃破していく。 といったものでした。ぱっと見あほらしすぎるタクティクスですが、これで9割以上勝利しているので驚きです。
×