Jump to content

GM0115JP

Member
  • Content Сount

    14
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    748

Community Reputation

4 Neutral

About GM0115JP

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia

Recent Profile Visitors

The recent visitors block is disabled and is not being shown to other users.

  1. GM0115JP

    潜水艦のテスト

    現実性を出すなら、それぞれの潜水艦のティア、または国ごとに潜水できる最大深度を設定して、深いほど爆雷の被ダメージが減少する。 消耗品の最大深度によってその艦の最大深度より深い深度に潜水可能にして、最大深度以下の深度では浸水の状態のように一定ダメージを食らう。 さらに現実味を出すなら、酸素のシステムを再導入し(艦種で最大酸素量を変える)、浮上時に10秒ほどでMAXまで空気の入れ替えをする。酸素がゼロの時にはソナーピンガーや魚雷の再装填や消耗品の準備時間が長くなり、消耗品の効果が低下する(例:応急工作班は効果時間が短縮、修理班は回復する量の低下、水中聴音は効果範囲の縮小化など)                                          などの要素を追加するべきでは?
  2. GM0115JP

    潜水艦のテスト

    おそらくBOTはハイドロフォンの状態で攻撃しないのではないと思います。
  3. GM0115JP

    潜水艦のテスト

    MrK_Taikutsuotokさんは何故日本語コミュニティで英語を打ってるのかは知りませんが、 テストに参加できないのは下記の時間以外の時間でプレイしているからではありませんか? プライムタイム: 13:00 ~ 20:00 UTC、01:00 ~ 04:00 UTC Isn't it because you're playing outside of the above times that you can't take part in the test? I use google translate.
  4. 航空機1機にそれぞれの対空兵装がwould of warplanesと比べて強さがあるので は難しいと思います。 それにコラボするとしたら、would of warplanesの爆撃機などは対地を想定しているので、爆撃機を消すことになります。また、現実的には空母の航空機は翼を折りたためるように設計されるので、地上から離陸する航空機は空母に搭載できません。
  5. でこの時点では触れることを想定していないので賛成がいるとは断言していませんが、2番目の動画目の題名にある「賛否両論の潜水艦」で反対派と賛成派がどっちもいるとでているので賛成派がいないことはないと思います。
  6. muhvadさんが といったのでURLを張っただけです。
  7. 反対ではない意見のyoutuber(ver.1)
  8. 潜水艦としては周りが駆逐艦だけの場合潜水しているより浮上している状態の方が圧倒的有利なのです。 なぜなら、駆逐艦の主砲は弱いので潜水して爆雷をくらうより、浮上して魚雷を直接打ったほうが良いので、浮上することはあるでしょう。 そして、これは感覚ですが、バッテリーの回復も浮上時の方が潜水中の4分の1航行より速い気がします。
  9. GM0115JP

    潜水艦の実装をしないでほしい。

    空母のバランスが悪いため空母に強い艦種を追加させることで悪かったバランスが良くなるのではないでしょうか。
  10. 駆逐艦や軽巡洋艦などに爆雷を追加することによって戦艦や空母は潜水艦に弱いので駆逐艦や軽巡洋艦に守ってもらい、駆逐艦や軽巡洋艦などは航空機に弱いので戦艦や空母に守ってもらうのようにして、協力プレイや戦略を使うようになり初期のverよりすごく良いゲームになると思いますよ。
  11. そろそろ潜水艦が追加されて空母特攻が起きると思われるので空母有り無しを追加する必要はないと思います。 空母が嫌なら空母になってみるというのはどうでしょうか?操作性などが分かるようになります。 操作性を理解することによって良い回避行動をとれるようになるかもしれません。
  12. 相性的には駆逐艦<空母<潜水艦<駆逐艦・・・(駆逐艦は空母に弱く、空母は潜水艦に弱く、潜水艦は駆逐艦に弱い)ので 駆逐艦・空母・潜水艦を巡洋艦からか戦艦からのツリーがいいのでは?
  13. 赤くなったのはバッテリー切れです。水中で4分の1以上で航行すると消費し、それ以下で航行すると回復します。水上でも回復して、ソナーピンガーの発射にはバッテリーが必要です。 2を押しても発射されないのはおそらく角度の問題です。魚雷の発射口は前後にあります。横向きで発射しようとしても発射されません。 1のソナーピンガーを当てなくても発射できます。
  14. 上の3人の意見に反対で、潜水艦はあるべきです。 空や水中から一方的にやられているわけではありません。 YouTube界は潜水艦反対じゃない人もいます。 現状は、空に対しては潜水艦以外の艦種全てに対空兵装があり、特に大型艦が有利であって、駆逐艦を中心とした対空兵装が弱い艦種は水中に対抗するための爆雷を装備しています。 ・改良すべき点 爆雷の威力が大きすぎる。爆雷を再使用するまでが短い、連続でできるのが強すぎる。消耗品「最大深度」を使用しても、頭上で停止されれば撃沈する。航空母艦が潜水艦によって早く撃沈する。 消耗品「最大深度」を使用した時には爆雷の攻撃を受けない代わりに効果時間が短めにし、震度が深ければ深いほど爆雷のダメージを軽減できる。そのかわりに、潜水・浮上がしにくくして、音響誘導魚雷が深度の移動を遅くするべき。こうなる事によって、水上艦に雷撃するときに浅い場所からするようになり、駆逐艦の爆雷の効果を発揮し、ずっと水中にいることを防ぐ。 潜水艦の説明を「(音響誘導魚雷で)敵大型艦を撃沈せよ。敵潜水艦を発見せよ。」にするべき。 駆逐艦の説明に「爆雷で潜水艦を攻撃(撃沈)せよ。」を付け足すべき。 2020/5/31 GM0115JP
×