Jump to content

aurumf

Member
  • Content Сount

    10
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    8820
  • Clan

    [AZITO]

Community Reputation

11 Neutral

About aurumf

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia

Recent Profile Visitors

The recent visitors block is disabled and is not being shown to other users.

  1. This mod displays the time since you was detected when you are detected by radar or hydro. It helps you estimate the remaining action time or determine which ship use the consumbles. * I have confirmed that it works with version [0.9.2.1] / The source file has been simplified. (01-04-2020) MOD Preview How to Install 1. Place the "radar_timer.exe" file in the following directory. "...\res_mod\{ver}\radar_timer.exe" 2. Open "radar_timer.exe" file. Then MOD files are automatically generated. 3. I recommend deleting "radar_timer.exe" file after installation. Download Link https://drive.google.com/drive/folders/13fQ3arrN19hLXH67hammZpCjncKFFoP3?usp=sharing If you want the MOD files directly, plz download "souces.zip" and unzip it. Exe files contain them, so you don't usually need to download it. This is my first time posting a MOD. If you notice something, please give me feedback.
  2. 観測ダメージを勝利貢献度として経験値に反映させる、という提案には賛成です。 しかし、観測ダメージを得ることによる経験値増加が少なく感じることに関しては、経験値算出方法以前の問題として観測ダメージのシステムの問題も多いように感じています。 はじめの投稿に貼っていただいているページを参考にすれば、観測ダメージとは 「自艦の観測によって、”敵艦艇を直接視認できない味方”が敵艦艇に与えたダメージ」 であり、さらに次の条件が記載されています。 1.スポッターは砲弾が命中する瞬間に目標を発見している必要がある。 2.スポッターが複数いた場合、得られる報酬(経験値)は等分される。 3.火災や浸水といった継続ダメージは観測ダメージにはならない。 ゲームシステムの簡便化のためにはこのような条件にするしかなかったのだと思いますが、このシステムに問題があると考えています。 例えば、駆逐艦が敵戦艦を発見し味方戦艦がその敵艦に対して発砲、ダメージを与えた場合を考えます。 通常の交戦距離であれば味方戦艦の発砲から着弾までは10~15秒程度かかると思いますが、この間に敵戦艦が発砲ペナルティで見つかった味方戦艦に発砲することができます。 このとき味方戦艦と敵戦艦の間に島等の遮蔽物がなければ、着弾時には味方戦艦は発砲ペナルティによって”敵艦を直接視認している”ことになり、観測ダメージにはなりません。 また、直接視認できなかったとしても、自分以外の味方艦艇が発砲ペナルティによって敵艦を見つけた場合も観測ダメージは加算されるものの、その数値は半分以下になってしまいます。 この状況での敵艦へのダメージが駆逐艦のスポットによるものであることは明らかであるにも関わらず、結果としては観測ダメージとして正当に評価されていないということです。 また、交戦に入った後でも、隠蔽に入りたいが駆逐艦にスポットされているので発砲する、といった状況は存在すると思います。(初心者は何も考えず発砲するかもしれませんが、このトピックに書き込んでいるような上級者の方であれば経験が多いと思います。) このとき、敵艦艇を継続的にスポットできているのは駆逐艦の存在があってこそですが、敵艦艇が発砲ペナルティによって見つかってしまえば観測ダメージは加算されません。 そのほか、着弾までに敵艦が隠蔽状態に入った場合なども観測ダメージは加算されないことになります。 私自身、駆逐艦を使用している際にスポットしているつもりでも、上記のような状況で観測ダメージが増えていかないことも多く、スポッターとしての役割に不満を覚えることが多々あります。 その一方、観測ダメージがしっかり数字として得られている状況では、そのほかの活躍の割に基礎経験値が高いと感じたこともあります。 素人意見ですので、システム的に難しかったり、これでも実際の貢献度にそぐわなかったりということはあるでしょうが、 観測ダメージの加算条件を”発砲時に発見している艦艇”に変更 等分ではなく目標への距離に応じた係数を用いる などのシステムの変更が必要だと考えます。 たしかに、大多数のプレイヤーはスポットの重要性を理解していないでしょう。しかし、それは観測ダメージは設定から表示設定をONにするか詳細タブを開かないとそもそも実感できない成果であり、経験値としてのリターンも少ないからではないでしょうか? むしろ観測ダメージを、もっとわかりやすい形の成果として表示し経験値にも反映させることで、スポットの重要性を広めることができるのではないでしょうか? (WoTでは通常のダメージと同様に画面上中央に観測ダメージが表示され、WoT初心者の私でも”仕事をした”という実感がわきます)
  3. アップグレードの変更に伴い、解除費用が無料になるというのはありがたいのですが、変更によって要らなくなってしまったアップグレードの売却費用(置き換え時)に関しても購入時の金額相当にしていただきたいです。 具体的にはスロット3の対空兵装改良1など、爆発数の増加のために使用していましたが、変更後の効果であれば他のアップグレードを優先して使用するつもりです。勝手に置き換えられた挙句、売却で損をするというのは納得がいきません。
  4. aurumf

    テア可愛いよテア

    てろめあさん、テアちゃん再販おめでとうございます!! テアちゃんかわいいやったー
  5. ゲーム内、パーソナルタスクのオータムシーズンクリア条件とニュースに記載の条件が異なるようですがどちらが正しいのでしょうか?
  6. サマーシーズン最終報酬に関してチケットを切って確認をしました。 現在配布準備中で、7/31配布予定のようです。 内容とは関係ありませんが、別のスレッドで私の質問より後の質問に公式が回答を行っているのを見てモヤっとしてしまいました。。。
  7. 15勝ミッションのコンテナはアップデート後に追加されるとありますが、追加されていません。 しばらくたってから追加されるのでしょうか?(確認はできませんがPT内の15勝のミッションは確かにクリアしたはずです) また、0.8.4~0.8.6のPTの最終報酬に関しても、おそらく達成しているはずなのですがいつ頃手に入るのでしょうか? (こちらに関しては3か月前のことなので、もしかすると自分が失敗しているだけかもしれませんが)
  8. お二人とも、投稿ありがとうございます。 もちろん史実よりゲームバランスが重要という点については同意いたします。 >改大鳳型でそのものである保証はない しかし、現在削除されている大鳳そのものにおいても甲板全体が装甲されていたことから、日本空母の装甲モデルを作成時と今回の英国空母の装甲モデル作成時で史実の装甲配置に対する考え方が変化しているのは間違いないと考えています。 また、私もまだ白龍ミッドウェイは開発できていないため自分での比較はできておりませんが、オーディシャスに関してはやはり他国空母に比べて撃たれ弱い印象をうけます。 とくに白龍およびミッドウェイは現実的な範囲で(射程延長+観測器などで理論上は可能)戦艦のAP弾が甲板から貫通することがないため、敵艦載機に見つかっても大ダメージを受けることは少ないようですが、オーディシャス乗艦中には遠距離からの戦艦砲で甲板を貫通されることも少なくありません。 >艦載機が甲板上の機数 甲板上の機数だとすると40を超えたりすることはないと思われるのですが、、、 時間とともに回復するシステム等たしかに史実にはないものなので単純な比較ができないという点に関しては同意します。 >ゲームバランス、ゲームとして成り立たなくなる 冒頭にも述べたようにゲームバランスが最も重要だということは承知しています。 しかし、オーディシャスは装甲面に関しては明らかに他2隻に劣っていると考えます。 史実通りの装甲モデルで劣っているのであればともかく、日本空母のみ謎のバフを受けているというのはゲームバランスの面でもおかしいのではないかと思い投稿した次第です。 とはいっても実装から時間がたっておらず、まだバランス調整を行う段階ではないと思うので、今後の調整を期待しておきます。
  9. 日英空母の仕様に関して2点質問させていただきます。 フォーラム初投稿なので至らないところがあるかもしれませんがご容赦ください。 まず1つ目が装甲甲板の扱いに関してです。 日本の空母である大鳳型および改大鳳型は史実として装甲甲板をもっていた(として計画されていた)わけですが、甲板全体ではなく前後のエレベータ間にのみ装甲が施されていたとされています。 しかし、現在ゲームで実装されている白龍(改大鳳型)には甲板全体に装甲が施されています。 一方、現在実装済みのイギリス空母InplacableおよびAudaciousは、ゲーム内においても史実通り航空機格納庫上のみに装甲が施されています。 この装甲甲板の扱いの差はどのような理由によるものでしょうか? 2つ目は艦載機の搭載数についてです。 史実においては改大鳳型およびAudaciousどちらもおよそ60機の艦載機を搭載できたとされています。 しかしゲーム内においてはアップグレードなしの状態において、 白龍:攻撃機14、雷撃機24、爆撃機18 計56機 Audacious:攻撃機14、雷撃機14、爆撃機14 計42機 と搭載数に14機もの差があります。 今ほかに戦闘機の存在や、ゲームバランスとして英空母の艦載機の耐久値が高いことなども考慮しなくてはいけませんが、史実との相違という点ではこの差にも疑問を覚えます。 このほかMidwayについても議論したいのですが、具体的な甲板装甲の情報を見つけ出すことができませんでした。 ご存知の方がいましたら是非情報を書き込んでいただきたいです。
×