Jump to content

aurumf

Member
  • Content Сount

    2
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    4296
  • Clan

    [S-H-F]

Community Reputation

0 Neutral

About aurumf

  • Rank
    Ensign
  • Insignia

Recent Profile Visitors

The recent visitors block is disabled and is not being shown to other users.

  1. お二人とも、投稿ありがとうございます。 もちろん史実よりゲームバランスが重要という点については同意いたします。 >改大鳳型でそのものである保証はない しかし、現在削除されている大鳳そのものにおいても甲板全体が装甲されていたことから、日本空母の装甲モデルを作成時と今回の英国空母の装甲モデル作成時で史実の装甲配置に対する考え方が変化しているのは間違いないと考えています。 また、私もまだ白龍ミッドウェイは開発できていないため自分での比較はできておりませんが、オーディシャスに関してはやはり他国空母に比べて撃たれ弱い印象をうけます。 とくに白龍およびミッドウェイは現実的な範囲で(射程延長+観測器などで理論上は可能)戦艦のAP弾が甲板から貫通することがないため、敵艦載機に見つかっても大ダメージを受けることは少ないようですが、オーディシャス乗艦中には遠距離からの戦艦砲で甲板を貫通されることも少なくありません。 >艦載機が甲板上の機数 甲板上の機数だとすると40を超えたりすることはないと思われるのですが、、、 時間とともに回復するシステム等たしかに史実にはないものなので単純な比較ができないという点に関しては同意します。 >ゲームバランス、ゲームとして成り立たなくなる 冒頭にも述べたようにゲームバランスが最も重要だということは承知しています。 しかし、オーディシャスは装甲面に関しては明らかに他2隻に劣っていると考えます。 史実通りの装甲モデルで劣っているのであればともかく、日本空母のみ謎のバフを受けているというのはゲームバランスの面でもおかしいのではないかと思い投稿した次第です。 とはいっても実装から時間がたっておらず、まだバランス調整を行う段階ではないと思うので、今後の調整を期待しておきます。
  2. 日英空母の仕様に関して2点質問させていただきます。 フォーラム初投稿なので至らないところがあるかもしれませんがご容赦ください。 まず1つ目が装甲甲板の扱いに関してです。 日本の空母である大鳳型および改大鳳型は史実として装甲甲板をもっていた(として計画されていた)わけですが、甲板全体ではなく前後のエレベータ間にのみ装甲が施されていたとされています。 しかし、現在ゲームで実装されている白龍(改大鳳型)には甲板全体に装甲が施されています。 一方、現在実装済みのイギリス空母InplacableおよびAudaciousは、ゲーム内においても史実通り航空機格納庫上のみに装甲が施されています。 この装甲甲板の扱いの差はどのような理由によるものでしょうか? 2つ目は艦載機の搭載数についてです。 史実においては改大鳳型およびAudaciousどちらもおよそ60機の艦載機を搭載できたとされています。 しかしゲーム内においてはアップグレードなしの状態において、 白龍:攻撃機14、雷撃機24、爆撃機18 計56機 Audacious:攻撃機14、雷撃機14、爆撃機14 計42機 と搭載数に14機もの差があります。 今ほかに戦闘機の存在や、ゲームバランスとして英空母の艦載機の耐久値が高いことなども考慮しなくてはいけませんが、史実との相違という点ではこの差にも疑問を覚えます。 このほかMidwayについても議論したいのですが、具体的な甲板装甲の情報を見つけ出すことができませんでした。 ご存知の方がいましたら是非情報を書き込んでいただきたいです。
×