Jump to content

super_swift

Member
  • Content Сount

    5
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    2239

About super_swift

  • Rank
    Ensign
  • Insignia

Recent Profile Visitors

The recent visitors block is disabled and is not being shown to other users.

  1. 先日、陽炎のモデリングが改善され、史実に近くなりました。(雪風が実装されたときに元に戻らなければいいのですが) そこで、吹雪と初春のモデリングをやり直していただきたいと思います。 初春のモデリングの件は以前に私が別トピックに書いたので割愛します。 昔より今のほうがモデリングが改善しているとは思いますが、昔のモデリングが残っている艦がまだまだ多いです。 すでに東雲がプレ艦で実装されているので、吹雪は東雲から第二砲塔を取り除いたりTierに合わせて微調整して、すぐにできるのではないでしょうか? 以前、吹雪は一時的にリアルなモデリングで実装されたことはありましたが、東雲の実装で元に戻されましたよね?(マジで謎) wowsは艦の見た目にこだわっていたはずです。 モデリングのリアルさに魅かれてwowsを始めたプレイヤーが多いはずなので、空母の調整で忙しいとは思いますが、早急に改善してください。
  2. 先日のアップデートで空母が駆逐艦にとっての大きな脅威になりました。 駆逐艦が艦載機に追われて逃げ回っているのを以前よりもよく見ますし、 駆逐乗りの私としても艦載機に発見されることがかなり増えたと実感しています。 1チームの空母の数や無限に出撃できる艦載機などバランス的に様々な問題がありますが、 それらを踏まえての意見として艦載機に航続距離的な概念を追加してはどうかと思います。 例えば、艦載機は出撃してからある一定の飛行距離または飛行時間に達すると強制的に帰投させられるというものです。 このようにすれば、現在、無限に飛び続けて偵察できる艦載機の運用をより慎重に行う必要が生じ、 駆逐艦の運用がやりやすくなると思います。 また、空母からしても航続距離を考えながら操作することは苦よりも面白さの要素になるのではないでしょうか。 魚雷みたいなものです。無限に進み続けられる魚雷は面白くないですよね?
  3. このままでは空母乗りが増えても駆逐乗りが減りますよね... 艦載機にスポットされ続けては隠蔽もクソもありません。
  4. 全ての艦艇は通常、戦闘している際に艦艇をズームインするとモデリングが詳細になり、ズームアウトすると簡易モデリングになります。 迷彩無しの白露をズームインした時、羅針艦橋窓はクリヤーで表現されていて、ズームアウトするとグレーになります。 しかし、迷彩を装備してズームアウトするとグレーになるのは羅針艦橋横の張り出し部の窓だけで、その他の羅針艦橋窓は無くなってしまいます。 ちなみに、ズームイン時は正常にクリヤーになります。 この現象は私の知っている限り白露のみに起こり、また全ての迷彩で起こります。 のっぺらぼうの艦はとても違和感があるので、改善してほしいです。
  5. 初春のモデリングは少々再現度が低く、言い始めたらきりがないのですが、特に気になる点として魚雷発射管があります。初春型の魚雷発射管は特型と同じく61cm三連装なのですが、初春型は次発装填装置の関係で3つ全ての管の高さが同じになっているはずです。また、二基ある魚雷発射管のうち、前部発射管の基部が異様に長くて気持ち悪いです。この長い基部のせいで次発装填装置の高さと合わなくなってしまっています。このようになってしまったのは、おそらく前部煙突基部後方の傾斜が強すぎるためと前部発射管の位置が前部煙突に寄りすぎているためだと思われます。さらに前部魚雷発射管の後方上部にある25mm三連装対空砲の位置も実物はより後方にあり、白露型と同様に後部煙突にめり込む形になっています。改善点を以下にまとめます。 ・魚雷発射管の管の高さをそろえる ・前部魚雷発射管の位置を少し後方に移動 ・前部魚雷発射管の位置を下げ、基部の長さを短くする ・前部煙突基部後方の傾斜を緩やかにして魚雷に当たらないようにする ・前部魚雷発射管の後方上部の25mm三連装対空砲をより後方に移動 これらの部分を変えるだけで再現度は向上すると思います。どうでしょうか?
×